ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

みんなどこか変わってるから大丈夫

2018-03-15

核発電輸出は「儲かる」んじゃなかったのかね?

自民党政権と財界は、たしか、「核発電輸出」を「成長戦略の柱」に位置づけてて

それは「核発電輸出は儲かる」という前提だったはず…やねんけど

なんか話が違うやんけ…↓

トルコ原発費用、想定の倍 日本政府が輸出推進、採算ピンチ
(朝日:2018年3月15日)

 三菱重工業など日本企業がトルコで手がける原発建設計画の総事業費が、想定の2倍以上にふくらむ見通しであることが分かった。計画は原発輸出を成長戦略に掲げる安倍政権が推進しているが、2011年の東京電力福島第一原発事故後、原発の安全対策費がかさみ、日本企業が採算を取るのが難しくなっている。〜

 当初、事業費は4基で2・1兆円程度と見込まれていた。だが、事業関係者によると、日本側が事業化に向けて調査する過程で1基あたり1兆円を超え、総額4兆円以上にふくらむ見通しが分かった。23年までに完成させるのも厳しそうで、日本側は今年、トルコ側に水面下で伝えた。トルコ側からは「失望した」との感想が漏れたという。

 参加企業がいったん建設費を負担し、発電事業による利益で建設費を回収する仕組みを想定しているため、事業費が膨らんだ場合、高い料金で電気が売れなければ事業は採算割れしかねない。

 ただ日本政府はあくまで計画を推進する姿勢だ。日本側は近く、事業化調査の最終報告をトルコ政府に提出する。建設する場合、トルコ政府による資金支援が必要なことや、電気料金が高くなることなどを伝える方針だが、トルコ側が応じるめどは立っていない

 原発輸出は企業だけではリスクを背負いきれず、政府が支援する構図になっている。日立製作所が英国で進める原発計画は昨年、日英両政府が官民で総額約3兆円を投融資する資金枠組みをつくることで大筋合意した


この話を簡単にまとめると、「安全設備にお金がかかる」→「建設費が膨らむ」→

「資金回収のために電気代が高くなる」→「実際に電気が売れるかどうかわからない」→

「採算割れする可能性がある」→「採算割れしたら日本政府が尻拭いする仕組みになってる」

…ということになってて、ほな、「日本政府の尻拭い」とはなんぞや?…と言えば

それは「核発電輸出の失敗のツケを税金で払う」…ということやんけ!

(これでは、核発電輸出企業は「ノーリスク」で事業ができる…ということになるけど、
 資本主義社会でそんなん、アリか!?)


…と書いてきて、ちょっと前にもこんなべらぼうな話があったことを思い出したやん↓

原発輸出 政府が債務保証 大手銀など1.5兆円融資 英で新設
(毎日新聞:2018年1月3日)

 日立製作所が英国で進める原発新設プロジェクトに対し、3メガバンクと国際協力銀行(JBIC)を含む銀行団が、総額1・5兆円規模の融資を行う方針を固めた。事故などによる貸し倒れに備え、日本政府がメガバンクの融資の全額を債務保証する。政府系の日本政策投資銀行は出資による支援を行うほか、中部電力など電力各社も出資を検討する。総額3兆円規模に上る原発輸出を、政府主導の「オールジャパン体制」で後押しする。

 JBICや政投銀による投融資も含めると、政府が巨額のリスクを抱える形となる。損失が発生すれば、最終的には国民負担を強いられる懸念もある。〜

 原発建設は、11年の福島第1原発事故後の安全コスト増大で世界的に採算が悪化しており、東芝の経営危機の原因にもなった。だが政府は「技術を絶やさないためにも、英国のプロジェクト獲得は必要」(経済産業省幹部)との立場で、全面支援の姿勢を示している。


で、これらはいずれも「お金の話」で、もちろん、お金も大切な事柄なんだけども

こういう記事には決して出てこない話もあるので紹介しておきますと

日本の企業が核発電を海外に輸出(=核発電所を海外に建設)する場合、

日本政府が金銭的な保証をする…というべらぼうな話以外にも

ぼくたちが聞いて「そんなことになってんのか!」とビックリすること間違いなしの話がありまして

それは、「使用済み核燃料」をはじめとする核発電所から生じる「放射性廃棄物」を

すべて輸出元の日本が引き受ける…という恐るべき内容がセットになってるんです

…なんてコトを正直に言うと、核発電輸出に賛成してくれる人がいなくなるから

日本政府も関連企業も黙ってる…んだけど、彼らが黙ってるからといって

そういう恐るべき契約内容がなくなるわけではないので

核発電輸出を推進する(=日本のリスクを膨らませ、

将来世代に核廃棄物というツケを回す)政策をとってる政権なんか

絶対の絶対に支持したらあきませんよ…

(もう、自民党政権なんか、支持しない理由がてんこ盛りやな…)

ハルハル 2018/03/15 21:06 初めてコメントさせていただきます。
恥ずかしながらこのような政策について、全くの無知でした。
ただ原発には反対だし、ましてやそれを輸出しようなどと言語道断だとは思っていましたが...。
私はいつも、まず東京につくれや!と思ってしまいます。
嫌がらせ等あるかもしれませんが、今後も頑張って下さい。

mzpontamzponta 2018/03/16 19:33  ぼくも、このエントリーで書いた「放射性廃棄物まで日本が引き受ける」という内容は、このエントリーを書くためにネットを調べて初めて知りました。(…というか、当ブログに書いてることはたいてい「最近知ったこと」がほとんどです)
 ちなみに、核発電所の立地基準は「東京から遠いコト」(≒人口密集地から遠いコト)+「過疎地であるコト」だそうで、その基準は今も不変です。これは「核発電にはとてつもないリスクがある」ということを前提にした基準なので、核発電推進派が「いろんなリスクがあることは、フクイチまで知りませんでした」というのはまったくのウソです。(安全なら東京につくれ…という話ですので)

ヘロヘロ 2018/03/18 17:12 >安全なら東京につくれ

全くその通りですよね。私の地元は昔、核発電施設を押し付けられそうになってたんですが、私が学生の頃に時の知事の英断によって立ち消えになった経緯があります。
「安全だ」「地元が活性化する」というのが押し付けたい側の常套句でしたが、私はそんなに安全で地元が活性化するのなら、何故大都市で引き受けないんだと子供心に素朴に思っていました。これは沖縄の米軍基地なんかにも言えることですよね。

mzpontamzponta 2018/03/18 23:27  電力消費地と発電所が離れている…というのは「送電ロス」の原因となって、本来なら「経済合理性」の面でアウト…のはずなんですよね。だから、核発電所は最初から「合理性」では動いてなくて、非合理の塊みたいなもんだったんですね。(でも、利権の塊ではあるから、今日まで続いてる…)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証