Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2038-10-02

Nobuhiro Fukui | web exhibition

MD et / und GR [MD_et_und_GR]

Feburary 18, 2014 - October 2, 2038

on the internet

http://j.mp/MD_et_und_GR_04

続きを読む

2015-02-01 AT (P)EACE

マル激トーク・オン・ディマンド 第721回【5金スペシャル映画が描くテロとの戦い » VIDEO NEWS

 5週目の金曜日特別企画無料でお届けする恒例の5金スペシャル。今回の5金では「テロとの戦い」をテーマにした映画を取り上げながら、テロの背後にある貧困歴史の問題やその対応の是非を議論した。

 今回取り上げた作品は2013年日本でも公開された、CIA女性分析官がオサマ・ビンラディンを追い詰めていく過程を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』、ジャーナリスト綿井健陽氏がイラク戦争とその後の混乱に翻弄される家族を10年間にわたり追い続けたドキュメンタリー映画イラク チグリスに浮かぶ平和』、そして『スーパー・サイズ・ミー』で注目されたモーガン・スパーロック監督の『ビンラディンを探せ!〜スパーロックテロ最前線突撃!』の3本。いずれもテロテロリストテーマに、その最前線や狭間で生きる人々を描いた作品だ。

 9・11の同時テロ以前からテロリストの最大の標的となり、テロとの戦い最前線に立ち続けるアメリカは、今もテロリストの掃討に血道をあげる。その甲斐あってか、9・11以降は大規模なテロの押さえ込みには成功しているように見える。しかし、その一方で、テロとの戦いは、イラクアフガニスタン一般市民や、掃討するアメリカ側にも多くの犠牲を生みながら、テロとの戦いは全く出口が見えてこない。同時に、テロとの戦い当事国では一般市民犠牲が増えるごとに、イスラム圏ではアメリカや西側諸国への怨念が強まり、それがまた新たなテロリストを生むという悪循環を繰り返している。そして、その悪循環は、遂に中東では「イスラム国」を名乗り、テロ行為を繰り返す擬似武装国家の登場まで許してしまった。

 そして日本も遅ればせながら、イスラム国と戦う有志連合に名を連ね、今回の中東訪問でも安倍首相ISISとの戦う姿勢を明確に打ち出している。

 確かに、先進国の平穏な市民生活を守るためにはテロリストに付け入る隙を見せてはならないだろうし、暴力には力で立ち向かうことが必要な時もあるだろう。しかし、現在アメリカの「テロとの戦い」を続けることで、本当にテロを根絶することは可能なのか。

 テロの背景にはオスマントルコ崩壊後の欧米諸国による中東地域理不尽な統治の歴史や、その後の度重なる紛争とその結果生まれている貧困絶望などが根強く横たわっていると言われる。そのような土壌の上で、アメリカ先進諸国が圧倒的な軍事力に物を言わせた掃討作戦などを強行した結果、イスラム諸国の市民生活破壊され、一般市民に多くの犠牲者が出れば、それがまた次のテロリストを生んでしまう負のサイクルに陥ることは避けられない。

 われわれはこれからも出口の見えない「テロとの戦い」を続けるのか。そして、日本はそこに全面的コミットしていく覚悟があるのか。それともテロの背景に目を向け、その解決に本気で踏み出すのか。テロとの戦いを描いた映画から見えてくるさまざまな問題を、ゲストピーター・バラカン氏とともにジャーナリスト神保哲生社会学者宮台真司が議論した。

http://www.videonews.com/marugeki-talk/721/

journal — 芸術作品の脱物質化(抄訳)

芸術作品の脱物質化(抄訳)

ルーシー・R・リパード&ジョン・チャンドラー

Alberro and Stimson(eds.), Conceptual Art: A Critical Anthology, The MIT Press, pp.46-50

http://ryoheiito.tumblr.com/post/107397561913

National Gallery of Art :: Robert Frank Collection Guide :: From the Bus 1958

The Robert Frank Collection


From the Bus, 1958

In the summer of 1958, several months before The Americans made its debut in France, Frank began experimenting with moving pictures. But before turning wholeheartedly to filmmaking, he made another series of still photographs, From the Bus. After the unparalleled freedom of the Americans project, Frank vastly restricted his point of view by shooting these pictures through the window of a moving New York city bus. Capturing pedestrians walking, waiting, and sometimes in motion themselves, these photographs bridge the gap between still and moving pictures.

http://www.nga.gov/content/ngaweb/features/robert-frank/from-the-bus-1958.html

絵画における支持体と視覚

―― 等伯マティスステラ、シュポール・シュルファス、桑山忠明 ――

http://www22.ocn.ne.jp/~comparan/supports_surfaces.htm

Roberta Latow - Wikipedia, the free encyclopedia

Muriel Roberta Latow (September 27, 1931 – February 4, 2003)[1] was an American art expert, gallery owner,[2] interior designer, and erotic author. She has been credited with giving Andy Warhol the original idea to paint Campbell's Soup Cans and the 200 One-Dollar Bills silkscreens, and her written works reflect her travels throughout Europe. Her later erotic fiction also reflected her knowledge and experience in the worlds of art.[2]

Latow was born September 27, 1931 in Springfield, Massachusetts. She had an early interest in art and moved to New York City to study interior design at Parsons School of Design.[3]

She then worked as an interior designer in Manhattan, during which time she befriended numerous prominent abstract and pop culture artists of that era, including Mark Rothko and Andy Warhol.[3] She actively participated in the "pop art scene" in the 1960s and became "famous for her generosity and the wild parties in her Mayfair apartment. The carpets were of fur, indoor trees reached to the high ceilings, from which canaries sang in cages and Roberta herself looked magnificent in extraordinary jewelry and eastern garments."[4]

In 1960, she opened an art gallery in Manhattan. She'd opened it with encouragement from her friends but had to close it six years later because of competition from more established galleries.[3]

According to Latow's Amazon.com biography, "She was a noted art expert and gallery owner and has been credited with giving Andy Warhol the original idea to paint Campbell's Soup Cans. While multiple people have taken that credit, many attribute the suggestion to Latow,[3] including Ted Carey - a close friend of Warhol's during the late 1950s/early 1960s - who reports in Warhol's biography, Pop: The Genius of Andy Warhol:[5] "the gallerist Muriel Latow came up with the idea for both the Soup Cans and Warhol's money paintings," and in compensation for that contribution, "on 23 November 1961, Warhol wrote Latow a cheque for $50 [more than $300 in 2010 terms]."[6]

In the early 1970s, Latow moved to Europe. There, she visited and lived in various parts of the Mediterranean. She particularly liked Greece, where she lived for many years and worked as an art dealer and interior decorator,[4] remodelling homes and travelling the world to select antiquities for museums and art dealers.[2]

http://en.wikipedia.org/wiki/Roberta_Latow


◇ Muriel Latow - Google 検索

https://www.google.com/search?q=Muriel+Latow&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=QtTNVLCpNIuF8QXahoL4CQ&ved=0CCYQsAQ&biw=1436&bih=806

貨幣美術

アンディー・ウォーホル 『80枚の2ドル紙幣

80枚の2ドル紙幣

1961年 画商で室内装飾家のミュリエル・レイトウからキャンベルスープ缶とドル紙幣を描くアイデアを買い取る。 「有名になるには有名なものを大量につくればいい。」翌年(1962年)、2ドル紙幣の表裏を並べてシルクスクリーン印刷で『80枚の2ドル紙幣』を製作する。

アンディー・ウォーホル(Andy Warhol, 1928年8月6日 - 1987年2月22日)はアメリカ画家版画家芸術家ポップアートの旗手。

ヨーゼフ・ボイス 『芸術資本

芸術資本  『芸術資本』(1979年)は、10マルク紙幣に「クンスト=カピタル」とマーカーで大書して、ボイスのサインを入れたもの。

ヨーゼフ・ボイスJoseph Beuys、1921年5月12日1986年1月23日)はドイツ現代美術家彫刻家教育者社会活動家。 

J・S・D・ボックス

J・S・Gボッグスは、紙幣精巧に描いて自分サインを入れた後、それを実際の支払いに使う"取り引き名付けられた活動を行うアーティスト

マルセル・デュシャン 『ツァンク小切手

ツァンク小切手  『ツァンク小切手』(1919年)は、レディ・メイド作品。

マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp, 1887年7月28日 - 1968年10月2日)はフランス出身でのちアメリカ活躍した美術家20世紀美術に決定的な影響を残した美術家である。墓碑銘は、「されど、死ぬのはいつも他人」。 

ジョン・ハーバリ 『模造品』

『模造品』  ジョン・ハーバリの『模造品』(1887年)は2枚のドル紙幣を克明に描いた油絵。 

ヴィクトル・デュブルーユ 『金の十字架

『金の十字架』  画家ヴィクトル・デュブルーユはほとんど貨幣紙幣しか描かない画家で、十字架さえ紙幣クロスさせて描いた。『金の十字架』(1896年

http://www.geocities.jp/wxxrx507/moneyart.html

マル激トーク・オン・ディマンド 第721回【5金スペシャル映画が描くテロとの戦い » VIDEO NEWS

 5週目の金曜日特別企画無料でお届けする恒例の5金スペシャル。今回の5金では「テロとの戦い」をテーマにした映画を取り上げながら、テロの背後にある貧困歴史の問題やその対応の是非を議論した。

 今回取り上げた作品は2013年日本でも公開された、CIA女性分析官がオサマ・ビンラディンを追い詰めていく過程を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』、ジャーナリスト綿井健陽氏がイラク戦争とその後の混乱に翻弄される家族を10年間にわたり追い続けたドキュメンタリー映画イラク チグリスに浮かぶ平和』、そして『スーパー・サイズ・ミー』で注目されたモーガン・スパーロック監督の『ビンラディンを探せ!〜スパーロックテロ最前線突撃!』の3本。いずれもテロテロリストテーマに、その最前線や狭間で生きる人々を描いた作品だ。

 9・11の同時テロ以前からテロリストの最大の標的となり、テロとの戦い最前線に立ち続けるアメリカは、今もテロリストの掃討に血道をあげる。その甲斐あってか、9・11以降は大規模なテロの押さえ込みには成功しているように見える。しかし、その一方で、テロとの戦いは、イラクアフガニスタン一般市民や、掃討するアメリカ側にも多くの犠牲を生みながら、テロとの戦いは全く出口が見えてこない。同時に、テロとの戦い当事国では一般市民犠牲が増えるごとに、イスラム圏ではアメリカや西側諸国への怨念が強まり、それがまた新たなテロリストを生むという悪循環を繰り返している。そして、その悪循環は、遂に中東では「イスラム国」を名乗り、テロ行為を繰り返す擬似武装国家の登場まで許してしまった。

 そして日本も遅ればせながら、イスラム国と戦う有志連合に名を連ね、今回の中東訪問でも安倍首相ISISとの戦う姿勢を明確に打ち出している。

 確かに、先進国の平穏な市民生活を守るためにはテロリストに付け入る隙を見せてはならないだろうし、暴力には力で立ち向かうことが必要な時もあるだろう。しかし、現在アメリカの「テロとの戦い」を続けることで、本当にテロを根絶することは可能なのか。

 テロの背景にはオスマントルコ崩壊後の欧米諸国による中東地域理不尽な統治の歴史や、その後の度重なる紛争とその結果生まれている貧困絶望などが根強く横たわっていると言われる。そのような土壌の上で、アメリカ先進諸国が圧倒的な軍事力に物を言わせた掃討作戦などを強行した結果、イスラム諸国の市民生活破壊され、一般市民に多くの犠牲者が出れば、それがまた次のテロリストを生んでしまう負のサイクルに陥ることは避けられない。

 われわれはこれからも出口の見えない「テロとの戦い」を続けるのか。そして、日本はそこに全面的コミットしていく覚悟があるのか。それともテロの背景に目を向け、その解決に本気で踏み出すのか。テロとの戦いを描いた映画から見えてくるさまざまな問題を、ゲストピーター・バラカン氏とともにジャーナリスト神保哲生社会学者宮台真司が議論した。

http://www.videonews.com/marugeki-talk/721/

journal — 芸術作品の脱物質化(抄訳)

芸術作品の脱物質化(抄訳)

ルーシー・R・リパード&ジョン・チャンドラー

Alberro and Stimson(eds.), Conceptual Art: A Critical Anthology, The MIT Press, pp.46-50

http://ryoheiito.tumblr.com/post/107397561913

National Gallery of Art :: Robert Frank Collection Guide :: From the Bus 1958

The Robert Frank Collection


From the Bus, 1958

In the summer of 1958, several months before The Americans made its debut in France, Frank began experimenting with moving pictures. But before turning wholeheartedly to filmmaking, he made another series of still photographs, From the Bus. After the unparalleled freedom of the Americans project, Frank vastly restricted his point of view by shooting these pictures through the window of a moving New York city bus. Capturing pedestrians walking, waiting, and sometimes in motion themselves, these photographs bridge the gap between still and moving pictures.

http://www.nga.gov/content/ngaweb/features/robert-frank/from-the-bus-1958.html

絵画における支持体と視覚

―― 等伯マティスステラ、シュポール・シュルファス、桑山忠明 ――

http://www22.ocn.ne.jp/~comparan/supports_surfaces.htm

Roberta Latow - Wikipedia, the free encyclopedia

Muriel Roberta Latow (September 27, 1931 – February 4, 2003)[1] was an American art expert, gallery owner,[2] interior designer, and erotic author. She has been credited with giving Andy Warhol the original idea to paint Campbell's Soup Cans and the 200 One-Dollar Bills silkscreens, and her written works reflect her travels throughout Europe. Her later erotic fiction also reflected her knowledge and experience in the worlds of art.[2]

Latow was born September 27, 1931 in Springfield, Massachusetts. She had an early interest in art and moved to New York City to study interior design at Parsons School of Design.[3]

She then worked as an interior designer in Manhattan, during which time she befriended numerous prominent abstract and pop culture artists of that era, including Mark Rothko and Andy Warhol.[3] She actively participated in the "pop art scene" in the 1960s and became "famous for her generosity and the wild parties in her Mayfair apartment. The carpets were of fur, indoor trees reached to the high ceilings, from which canaries sang in cages and Roberta herself looked magnificent in extraordinary jewelry and eastern garments."[4]

In 1960, she opened an art gallery in Manhattan. She'd opened it with encouragement from her friends but had to close it six years later because of competition from more established galleries.[3]

According to Latow's Amazon.com biography, "She was a noted art expert and gallery owner and has been credited with giving Andy Warhol the original idea to paint Campbell's Soup Cans. While multiple people have taken that credit, many attribute the suggestion to Latow,[3] including Ted Carey - a close friend of Warhol's during the late 1950s/early 1960s - who reports in Warhol's biography, Pop: The Genius of Andy Warhol:[5] "the gallerist Muriel Latow came up with the idea for both the Soup Cans and Warhol's money paintings," and in compensation for that contribution, "on 23 November 1961, Warhol wrote Latow a cheque for $50 [more than $300 in 2010 terms]."[6]

In the early 1970s, Latow moved to Europe. There, she visited and lived in various parts of the Mediterranean. She particularly liked Greece, where she lived for many years and worked as an art dealer and interior decorator,[4] remodelling homes and travelling the world to select antiquities for museums and art dealers.[2]

http://en.wikipedia.org/wiki/Roberta_Latow


◇ Muriel Latow - Google 検索

https://www.google.com/search?q=Muriel+Latow&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=QtTNVLCpNIuF8QXahoL4CQ&ved=0CCYQsAQ&biw=1436&bih=806

貨幣美術

アンディー・ウォーホル 『80枚の2ドル紙幣

80枚の2ドル紙幣

1961年 画商で室内装飾家のミュリエル・レイトウからキャンベルスープ缶とドル紙幣を描くアイデアを買い取る。 「有名になるには有名なものを大量につくればいい。」翌年(1962年)、2ドル紙幣の表裏を並べてシルクスクリーン印刷で『80枚の2ドル紙幣』を製作する。

アンディー・ウォーホル(Andy Warhol, 1928年8月6日 - 1987年2月22日)はアメリカ画家版画家芸術家ポップアートの旗手。

ヨーゼフ・ボイス 『芸術資本

芸術資本  『芸術資本』(1979年)は、10マルク紙幣に「クンスト=カピタル」とマーカーで大書して、ボイスのサインを入れたもの。

ヨーゼフ・ボイスJoseph Beuys、1921年5月12日1986年1月23日)はドイツ現代美術家彫刻家教育者社会活動家。 

J・S・D・ボックス

J・S・Gボッグスは、紙幣精巧に描いて自分サインを入れた後、それを実際の支払いに使う"取り引き名付けられた活動を行うアーティスト

マルセル・デュシャン 『ツァンク小切手

ツァンク小切手  『ツァンク小切手』(1919年)は、レディ・メイド作品。

マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp, 1887年7月28日 - 1968年10月2日)はフランス出身でのちアメリカ活躍した美術家20世紀美術に決定的な影響を残した美術家である。墓碑銘は、「されど、死ぬのはいつも他人」。 

ジョン・ハーバリ 『模造品』

『模造品』  ジョン・ハーバリの『模造品』(1887年)は2枚のドル紙幣を克明に描いた油絵。 

ヴィクトル・デュブルーユ 『金の十字架

『金の十字架』  画家ヴィクトル・デュブルーユはほとんど貨幣紙幣しか描かない画家で、十字架さえ紙幣クロスさせて描いた。『金の十字架』(1896年

http://www.geocities.jp/wxxrx507/moneyart.html

2015-01-30 量産型≠20号

Abstract Artist John Baldessari | Art in Progress | Reserve Channel - YouTube

http://youtu.be/LVAw1muBt_k


Salon | Book Launch | 'More Than You Wanted to Know About John Baldessari' - YouTube

http://youtu.be/phkzFRrnB3U


◇ John Baldessari & Christopher Knight - YouTube

http://youtu.be/7LUfu79XyHY


◇ READ/WRITE/ THINK/DREAM; An Installation by John Baldessari - YouTube

http://youtu.be/eIIEnwoymNY


>>>John Baldessari talks money (he doesn't like it) - UTSanDiego.com

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140309#p7


>>>Contacts vol 3: John Baldessari - YouTube

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140219#p22


過去のJohn Baldessari関連

http://d.hatena.ne.jp/n-291/searchdiary?word=%22John%20Baldessari%22

2015-01-29 「まなざし」の虚構

September 7, 2001 at 11:26 PM in Toronto, Canada [The World's First Glitch in Film History]


f:id:n-291:20150129010919j:image

September 7, 2001 at 11:26:07 PM in Toronto, Canada








f:id:n-291:20150129004831j:image

September 7, 2001 at 11:26:08 PM in Toronto, Canada







2015-01-27 時間を溶かす「沼」

時間を溶かす「沼」


f:id:n-291:20150127235221j:image

戦争画(せんそうが)とは - コトバンク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


戦争画

せんそうが


戦争主題にした各種の絵画。大別して、〔1〕戦闘場面を描いたもの、〔2〕戦争に参加した英雄軍人を描いたもの、それに、〔3〕戦争による被害を描いたもの、の3種となる。第一のものでは、歴史画として扱われる作品もある。

 古代ギリシアローマの浮彫りに先例がみられるこの主題は、ルネサンス以後、多くの画家によって一種の歴史画として描かれており、ウッチェロの『サン・ロマーノの戦い』、アルトドルファーの『イッソスの戦い』、レオナルド・ダ・ビンチの『アンギアリの戦い』などにおいて形式を整えた。その後、ルーベンスの『アマゾンの戦い』、ベラスケスの『ブレダの開城』、メソニエの『1814年』、グロの『エイローのナポレオン』を経て、さらにドラクロワの『キオス島の虐殺』において頂点に達する。

 戦争画は、単に戦闘の場面を描写するだけではなく、その惨状暴露告発する視点にたつことで近代形態をとるに至るが、その源流としてプーサン、ドゥッチオ、ティントレット、ブリューゲルらの「嬰児(えいじ)虐殺」のテーマによる諸作をあげることができる。ジャック・カロの銅版画『戦争悲惨』、ゴヤ連作銅版画『戦争惨禍』、同じくゴヤ油彩画『1808年5月2日』と『同5月3日銃殺』に発する人間主義的な戦争批判作品は、マネの『マクシミリアンの処刑』やアンリ・ルソーの『戦争』を経て、現代作家の諸作に、より鮮明な形で結実している。ドイツ表現主義画家をはじめ、シャガールムーア、ミロたちにも注目すべき作品があるが、ピカソの『ゲルニカ』『朝鮮虐殺』『戦争と平和』は、20世紀における最大の成果ということができよう。

 日本でも中世の絵巻の一群『平治(へいじ)物語絵巻』『後三年合戦絵詞(えことば)』『蒙古(もうこ)襲来絵詞』などにこの主題が表れて以来、さまざまな形で描かれてきたが、歴史画的な傾向が強い。また江戸時代錦絵(にしきえ)には、過去武将戦闘復原する武者絵という大衆娯楽的な形式が生まれている。近代以降には、歴史画として、また相次ぐ戦争の機会に現代作家による戦争画としても描かれる。とくに第二次世界大戦中には多数の作家がその制作積極的に参加した。藤田嗣治(つぐじ)、宮本三郎、小磯(こいそ)良平らの諸作が記憶されるが、近代絵画の一領域形成するほどの芸術的成果を生んだとは考えられない。[瀬木慎一]

https://kotobank.jp/word/%E6%88%A6%E4%BA%89%E7%94%BB-310366


◇ Paolo Uccello - Google 検索

https://www.google.com/search?q=Paolo+Uccello&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=BqnHVIWuEpD38QXx44DABQ&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806

シェイクスピア・アンド・カンパニー書店 - Wikipedia

シェイクスピア・アンド・カンパニー書店( - しょてん)は、パリ5区セーヌ川左岸にある書店。本の販売だけでなく、1万冊の蔵書を持つ英語文学専門の図書室も併設している(閲覧のみ)。この書店はまた無一文の若い書き手に宿を貸すことで知られており、「タンブル・ウィード」の愛称で呼ばれるこれらの若者毎日時間、店の手伝いをすることで食い扶持を得ている。現在書店は、第二次世界大戦期まで存在した店の名を襲名した二代目に当たる。

初代「シェイクスピア・アンド・カンパニー

初代のシェクスピア・アンド・カンパニーは、ニュージャージーから移住してきたアメリカ人女性シルヴィア・ビーチによって1919年に開かれた[1]。場所は当初はデュプイトラン通り8番地で、1921年5月にオデオン通り12番地に移り、以後1941年の閉店までこの場所にあった。この店は書店であると同時に貸し出しの可能な図書室としても機能しており[2]、扱われる書物はビーチ自身の鑑賞眼を反映した洗練されたものであった。

シルヴィア・ビーチが店主を務めた初代シェイクスピア・アンド・カンパニー第二次大戦期まで、パリにおけるアングロアメリカン文学モダニズム文学の中心地であり、アーネスト・ヘミングウェイエズラ・パウンドスコット・フィッツジェラルドガートルード・スタインジョージ・アンタイルマン・レイ、そしてジェイムズ・ジョイスなどがこの書店で多くの時を過ごした。シェイクスピア・アンド・カンパニーは、ヘミングウェイの『移動祝祭日』で店の常連たちとともに繰り返し言及されている。この店の愛顧者は、D.H.ロレンスの『チャタレイ夫人の恋人』のように英米で発禁になった書物も手に入れることができた。

シルヴィア・ビーチのシェイクスピア・アンド・カンパニー1922年アメリカ合衆国イギリス発禁処分を受けていたジョイスの『ユリシーズ』の最初出版元となり、以降の『ユリシーズ』の続刊は「シェイクスピア・アンド・カンパニー」のインプリントの元に出版された[3] 。

デオン通りのシェイクスピア・アンド・カンパニー1941年12月第二次世界大戦中の枢軸国によるフランス占領のために閉店した。伝えられるところでは、ドイツ人士官ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』の残された原稿を渡すことを命じられ、これを拒否したために閉店を命じられたのだという。オデオン通りにあったこの店は以降二度と再開することはなかった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC%E6%9B%B8%E5%BA%97


◇ 一度は行ってみたい文学好きの聖地シェイクスピア・アンド・カンパニー』 - NAVER まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2140724355356935201


◇ 212夜『シェイクスピア・アンド・カンパニイ書店シルヴィア・ビーチ|松岡正剛の千夜千冊

http://1000ya.isis.ne.jp/0212.html

ガートルード・スタイン - Wikipedia

ガートルード・スタイン(英: Gertrude Stein、1874年2月3日-1946年7月27日)は、アメリカ合衆国の著作家詩人美術収集家美術収集家として知られるスタイン兄妹の一人で、パリ画家詩人たちが集うサロンを開いていたことでも知られる。そこに集まる芸術家たちと交流する中で、現代芸術現代文学の発展のきっかけを作ったともいわれている。

1920年代

1920年代、フルリュース通り27番のスタインのサロンは、その壁が前衛美術で覆われ、当時の偉大な作家達を惹き付けた。その中には、アーネスト・ヘミングウェイエズラ・パウンド、ソーントン・ワイルダーおよびシャーウッド・アンダーソンがいた。スタインはこれら海外在留アメリカ人作家の何人かの前で「失われた世代」という言葉最初に使ったとされているが、少なくともこの言葉に関しては3つの逸話がある。2つはヘミングウェイであり、もう一つはスタイン本人によるものである[74]。1920年代にスタインは作家マイナロイ友達になり、その友情は終生続いた。スタインは魅力があり、雄弁で快活だったので、大きな友達の輪ができ、それがスタインを疲れを知らない者にした。その文学美術に関する判断は高度に影響を与えるものだった。スタインはヘミングウェイ相談相手となり、ヘミングウェイの息子が生まれた時は名付け親になってくれるよう依頼された。1931年の夏、スタインは若い作曲家作家ポール・ボウルズタンジールにいくように助言した。そこはスタインとアリス余暇を過ごす所だった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3

メモしたい逸話が満載。

FIAT MODES: あなたの所有する風景

あなたの所有する風景


あなたの所有する風景

戦争が行われている風景

文学から知る風景

遠くから見るだけの風景

工場のある風景

想像されもしくは想起される風景

棘のついた植物のある風景

観光客の訪れる風景

テクストのある風景

被害を受けた風景

食べ物生産する風景

シュルレアリスム絵画のような風景

家族暮らし風景

広告で見る風景

道徳的内容のある風景

スモッグに満ちた風景

政府帰属する風景

夜ほんとうに暗くなる風景

アースワークになった風景

あなた性交する風景

価値ある鉱物を有する風景

水を必要とする風景

鉄道車道のある風景

歌によって創られる風景

過度に規定される風景

他の惑星のような風景

古代文明痕跡を示す風景

あなた狂気にする風景

—Lewis Baltz

http://fiatmodes.blogspot.jp/2014/11/blog-post_27.html

倉石信乃さんのブログより。

2015-01-26 インターネット的主体形成の罠と負のスパイラル

Kurimanzutto

http://www.kurimanzutto.com/


◇ kurimanzutto: Art Basel in Miami Beach - Gallery

Eduardo Abaroa

Allora & Calzadilla

Carlos Amorales

Tarek Atoui

Alexandra Bachtzesis

Nairy Baghramian

Miguel Calderón

Mariana Castillo Deball

Marieta Chirulescu

Abraham Cruzvillegas

Minerva Cuevas

Dr. Lakra

Jimmie Durham

Daniel Guzmán

Jonathan Hernández

Gabriel Kuri

Sarah Lucas

Roman Ondák

Gabriel Orozco

Damián Ortega

Fernando Ortega

Wilfredo Prieto

Anri Sala

Gabriel Sierra

Monika Sosnowska

Sofía Táboas

Rirkrit Tiravanija

Adrián Villar Rojas

Danh Vo

Apichatpong Weerasethakul

Akram Zaatari

http://www.artbaselmiamibeach-online.com/en/kurimanzutto,c174274

Guggenheim UBS MAP Global Art Initiative - Latin America

Jennifer Allora and Guillermo Calzadilla

Carlos Amorales

Armando Andrade Tudela

Alexander Apóstol

Tania Bruguera

Paulo Bruscky

Luis Camnitzer

Mariana Castillo Deball

Alejandro Cesarco

Raimond Chaves and Gilda Mantilla

Donna Conlon and Jonathan Harker

Adriano Costa

Minerva Cuevas

Jonathas de Andrade

Wilson Díaz

Juan Downey

Rafael Ferrer

Regina José Galindo

Mario García Torres

Dominique González-Foerster

Tamar Guimarães

Federico Herrero

Alfredo Jaar

Claudia Joskowicz

Runo Lagomarsino

David Lamelas

Marta Minujín

Carlos Motta

Iván Navarro

Rivane Neuenschwander

Gabriel Orozco

Damián Ortega

Amalia Pica

Wilfredo Prieto

Paul Ramírez Jonas

Beatriz Santiago Muñoz

Gabriel Sierra

Javier Téllez

Erika Verzutti

Carla Zaccagnini

http://www.guggenheim.org/guggenheim-foundation/collaborations/map/latinamerica

シネマ・ノーヴォ - Wikipedia

シネマ・ノーヴォ(ポルトガル語Cinema Novo、「新しい映画」の意)は、ブラジル映画運動であり、イタリアのネオレアリズモとフランスヌーヴェルヴァーグの影響下にあって、国際的な評価を得たものである

ポルトガルにおける同時代ニュー・ウェイヴ運動も同語を使用する場合があるが、そちらは「ノヴォ・シネマ Novo Cinema」を参照のこと。

キー・パーソン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A9

Walker Evans: Catalogue of the Collection (Getty Publications)

Walker Evans is widely recognized as one of the greatest American photographers of the twentieth century, and the J. Paul Getty Museum owns one of the most comprehensive collections of his work, including more of his vintage prints than any other museum in the world. This lavishly illustrated volume brings together for the first time all of the Museum’s Walker Evans holdings.

Included here are familiar images—such as Evans’s photographs of tenant farmers and their families, made in the 1930s and later published in Let Us Now Praise Famous Men—and images that are much less familiar—such as the photographs Evans made in the 1940s of the winter quarters of the Ringling Brothers circus, or his very late Polaroids, made in the 1970s. In addition, many previously unpublished Evans photographs, and variant croppings of classic images, appear here for the first time.

Author Judith Keller has written a lively, informative text that places these photographs in the larger context of Evans’s life and career and the culture—especially the popular culture—of the time. In so doing, she has produced an indispensible volume for anyone interested in the history of photography or American culture in the twentieth century.

Also included is the most comprehensive bibliography on Walker Evans published to date.

http://www.getty.edu/publications/virtuallibrary/0892363177.html

Rudolf Lichtsteiner - Google 検索

https://www.google.com/search?q=Rudolf+Lichtsteiner&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=jEHFVMSTIZSD8gWMnID4Cw&ved=0CB0QsAQ&biw=1436&bih=806&dpr=2


◇ Lichtsteiner, Rudolf - SIKART Lexikon zur Kunst in der Schweiz

http://www.sikart.ch/KuenstlerInnen.aspx?id=4002832


◇ Rudolf Lichtsteiner – FotografenWiki

http://www.fotografenwiki.org/index.php?title=Rudolf_Lichtsteiner


◇ Fotostiftung: Annual programme 2015

1914/18 –

Rudolf Lichtsteiner –

On the State of Things

24 Oc­to­ber 2015

to 14 Feb­ru­ary 2016

Rudolf Licht­steiner, born in Win­terthur in 1938, first caused a stir in the pho­tog­ra­phy world when he was awarded the pres­ti­gious Nicéphore Niépce Prize in 1966. At the time, Licht­steiner was part of a Eu­ro­pean avant-garde who lib­er­ated the medium of pho­tog­ra­phy from its purely re­pro­duc­tive func­tion and re­flected on its com­plex re­la­tion­ship to re­al­ity. “Pho­tog­ra­phy is so dif­fi­cult be­cause it’s so sim­ple,” is one of Licht­steiner’s claims, and is in­dica­tive of his philo­soph­i­cal lean­ings. Rudolf Licht­steiner mis­trusts the vis­i­ble and ques­tions our see­ing habits by en­abling to­tally new image ex­pe­ri­ences through pre­cise mul­ti­fac­eted con­cepts. Every­day ob­jects and sit­u­a­tions – a table, a tree or his own room – pro­vide him with an ideal field of ref­er­ence by means of which he is able to look from the out­side to the in­side and dis­cover sym­bols that ex­press a peace­ful, haunt­ing and some­time dream­like po­etry. The ex­hi­bi­tion at the Fo­to­s­tiftung Schweiz, where Rudolf Licht­steiner’s oeu­vre is pre­served, is the first com­pre­hen­sive ret­ro­spec­tive show and clearly il­lus­trates just how con­sis­tently this con­cep­tual artist ad­heres to his cho­sen path.

http://www.fotostiftung.ch/en/exhibitions/annual-programme-2015/

Gabriel Orozco and Damian Ortega - Magazine - Art in America

http://www.artinamericamagazine.com/news-features/magazine/conversation-gabril-orozco-and-damian-ortega/


◇ Gabriel Orozco: Inner Circles of the Wall | Dallas Museum of Art

https://www.dma.org/gabriel-orozco-inner-circles-wall


◇ Gabriel Orozco - Wikipedia, la enciclopedia libre

http://es.wikipedia.org/wiki/Gabriel_Orozco


◇ Damián Ortega – Wikipedia

http://de.wikipedia.org/wiki/Dami%C3%A1n_Ortega

MoMA | Lygia Clark: The Abandonment of Art, 1948–1988

http://www.moma.org/visit/calendar/exhibitions/1462


◇ Lygia Clark: The Abandonment of Art, 1948 - 1988 - YouTube

http://youtu.be/Gw-wxz5-d54

Hélio Oiticica - Museu é o Mundo - YouTube

http://youtu.be/FipU4XoPAsI


◇ Hélio Oiticica - Trailer Oficial - HD - YouTube

http://youtu.be/wPN7trFjE5M

RESIDENCY PROFILE :: I: project space - China Residencies

http://www.chinaresidencies.com/news/56

東京都庭園美術館の新プログラム「TTM: IGNITION BOX」開催 - ARTiT

http://www.art-it.asia/u/admin_ed_news/6PwSgTX4mo57cdez0GlV


東京都庭園美術館|TTM: IGINITION BOX 2015|PROGRAM_D 饗宴のあと アフター・ザ・シンポジウム

PROGRAM_D|AUDIO DRAMA TOUR

饗宴のあと アフター・ザ・シンポジウム

かつて皇族の邸宅だった庭園美術館本館を使った、初の演劇映画作品

過去現在未来、3つの時間の層を繋ぐ、「観客/登場人物」の物語


戦前皇族の邸宅として、戦後外務大臣公邸として、高度成長期プリンスホテル迎賓館として使用されてきた東京都庭園美術館本館。いわば日本近代史の華やかな表舞台であったこの歴史的建物を「記憶の器」と捉え、そこにあり得たかも知れない過去現在未来の3つの時間交錯するフィクションを創出します。観客はヘッドフォンを装着し自由に館内を回遊しながら、そこに存在するかも知れない人物達や空間記憶との対話を通じて、自らも歴史未来を繋ぐ「観客/ 登場人物」として「饗宴のあと」を体感することになるでしょう。


2015年1月17日(土)– 4月7日(火) 10:00–18:00

会場:東京都庭園美術館 本館


参加料|無料・「幻想絶佳アール・デコ古典主義」展(2014年1月17日4月7日)入場者対象


【演出・テキスト藤井 光 

映画監督美術家自然災害を含む、政治的経済的精神的な痛みを被る人間の危機的な状況において、芸術表現は何処へ向かうかを問い続けている。映画現代美術の区分を無効にする活動を国内外美術館映画館で発表。福島南相馬市映画館を題材とした最新作『ASAHIZA 人間は、何処へいく』が国内外で好評を博している。


テキスト深田晃司 

映画監督2008年長編東京人間喜劇』を発表。同作はローマ国際映画祭パリ国際映画祭に選出、シネドライヴ2010大賞受賞。2010年監督脚本プロデュースを務めた『歓待』で東京国際映画祭「ある視点」部門作品賞受賞。最新作『ほとりの朔子』でナント大陸映画祭グランプリと若い審査員賞タリンブラックナイト映画祭最優秀監督賞を受賞。


音楽鈴木治行 

作曲家1996年『二重の鍵』で第16回入野賞受賞。演劇美術映像などとの共同作業を行っている。

2001年映画『M/OTHER』(第52回カンヌ国際映画祭批評家連盟賞受賞)の音楽で第54 回毎日映画コンクール音楽賞を受賞。またドキュメンタリー『よみがえりのレシピ』、『フタバから遠く離れて』の音楽担当

https://www.teien-art-museum.ne.jp/programs/ignitionbox_d.html

Amazon.co.jp: yureruさんのプロフィール: レビュー

http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A29SMSQSPY1KI2/

たとえば、こういった層の方々のレビューは、どういったかたちで写真写真集)の消費がなされているのかを知るうえで役立つ部分もあると思います。

日本における近代性と写真 - 末廣円

コミュニケーションする日本現代写真:

佐内正史ヒロミックス梅佳代


末廣 円

LIA: Spinnerei Halle 18 3F(ドイツライプチヒ

「Passage to the Future: Art from a New Generation in Japan」展にて

2007年12月4日

http://www.photography-japan.net/der3_vortrag_j.htm

京都学派における「主体」形成の問題

京都学派における「主体」形成の問題

西田幾多郎三木清戸坂潤の継承・発展を中心に

吉田傑俊

http://www42.tok2.com/home/yasuiyutaka/yasuiyutaka/yoshida1.htm

2015-01-25 おもうつぼ

おもうつぼ


f:id:n-291:20150125141518j:image

SAC: SAC (Städelschule Architecture Class)

http://www.staedelschule.de/architecture/

Laura Owens

http://owenslaura.com/

ローラオーウェンスの近作は、ますますPaint FX http://paintfx.biz/ 以降といった感じのスタイルになっているようです。

John Gerrard - Solar Reserve (Tonopah, Nevada) 2014

http://www.johngerrard.net/


◇ John Gerrard (artist) - Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/John_Gerrard_%28artist%29


◇ John Gerrard ジョン・ジェラード Sow Farm - RAT HOLE GALLERY

http://www.ratholegallery.com/exhibitions/2014/04Gerrard/release-jp.htm

メディア論のための積木箱」ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー | 現代美術用語辞典ver.2.0

メディア論のための積木箱」ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー

“Constituents of a Theory of the Media”, Hans Magnus Enzensberger


ドイツ詩人文芸評論家ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガーによって、自身主催する雑誌『Kursbuch(時刻表)』に掲載された論文エンツェンスベルガーは、1962年の著書『意識産業』において、アドルノホルクハイマーが『啓蒙の弁証法』のなかの「文化産業」の章で行なったメディア消費社会批判をさらに徹底させる。その後、70年の「メディア論のための積木箱」では、例えば保守的メディア論で頻繁に名前が挙げられるマクルーハン批判しながら、同時に左翼陣営が従来の美学にとらわれて、ベンヤミンブレヒトのようなメディアをラディカルに使用していくポジティヴ視点を持っていないことを批判する。この論文を受けて日本では、73年2月に来日したエンツェンスベルガーを囲んで、東京ドイツ文化研究所フィルムアート社の共催により、「エンツェンスベルガー氏を迎えてのシンポジウムとヴィデオ・トーク」が開催された。日本側のパネラーは、佐々木守東野芳明原広司寺山修司鈴木志郎康津村喬中平卓馬針生一郎今野勉(司会)らで、いわばメディア論時代における「近代の超克」シンポジウムとも呼べるようなものであった。このなかでエンツェンスベルガーは、双方向メディア民主主義的な可能性について訴えるが、日本側は悲観的な状況認識に終始した観があり、議論平行線のうちに終わる。今日その議論を振り返るならば、エンツェンスベルガー一見楽観的ともとれるメディアへの希望を、単なる当時の社会主義イデオロギー幻想と受け取るわけにはいかない。むしろそこに徹底したペシミスティックなメディアへの批判が通底していることをむしろ見るべきであろう。一方で、対立的な論調だった日本側のパネリストにしても、現代メディア消費社会が出現することに有効対抗手段を持ちえず、それについても批判的に考察していく必要があるだろう。

著者: 河合政之

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%80%8C%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E8%AB%96%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%A9%8D%E6%9C%A8%E7%AE%B1%E3%80%8D%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8C%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC

「菅木志雄」展@ヴァンジ彫刻庭園美術館のトークイベント「菅木志雄と周縁—1970年前後美術」(粟田大輔さん×成相肇さん×森啓輔さん)で、成相肇さんが用意していたスライドの中にこの本があり。ただし時間がなかったため、特別言及はなくスキップ

Gabriel Orozco: In Conversation | Tate

http://www.tate.org.uk/context-comment/video/gabriel-orozco-conversation


MoMA | Special Exhibitions Audio: Gabriel Orozco (23)

http://www.moma.org/explore/multimedia/audios/174/


MoMA | Behind the Scenes: Gabriel Orozco

http://www.moma.org/explore/multimedia/videos/83


◇ Gabriel Orozco - Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/Gabriel_Orozco

Specific Object: Art in the Mind

Exhibition catalogue published in conjunction with show held at the Allen Art Museum, Oberlin College, Ohio, April 17 - May 12, 1970. Introduction by Athena T. Spear. Artists include Vito Acconci, Siah Armajani, Michael Asher, John Baldessari, Robert Barry, Frederick Barthelme, Bill Beckley, Mel Bochner, Jonathan Borofsky, George Brecht, Victor Burgin, Donald Burgy, Ian Burn, Scott Burton, James Lee Byars, Luis Camnitzer, Rosemarie Castoro, Don Celender, Fred Cornell Cone, Christpher Cook, Eduardo Costa, Robert Cumming, Roger Cutforth, Royce Dendler, David Dunlap, David Eisler, Robert Feke, Rafael Ferrer, George Gladstone, Dan Graham, Ira Joel Haber, Richards Jarden, On Kawara, Michael Kirby, Paul Kos, Joseph Kosuth, R. Rexinger Lau, Barry Le Va, Les Levine, Gleen Lewis, Sol LeWitt, Martin Maloney, Bruce McLean, Bruce Nauman, N.E. Thing Co., Ltd., Claes Oldenburg, Saul Ostrow, Paul Pechter, John Perreault, Adrian Piper, Mel Ramsden, Glen Rea, Allen Ruppersberg, Thomas Duncan Shannon, Society for Theoretical Art and Analyses, Marjorie Strider, John Van Saun, Bernar Venet, Jeffrey Wall, William Wegman, Hannah Weiner, Lawrence Weiner, and David Nelson. Includes a range of documents, from drawings and sketches to writing and project proposals and outlines. In black-and-white.

http://www.specificobject.com/objects/info.cfm?object_id=10104#.VMSVuWR849l

Exercises de Style (音の「無名状況」)

 以前筆者は、「弱音系」「微音系」「無音系」などと称されることになる動向が、代々木ギャラリーフリー・スペース、オフサイトから、その立地条件による音量制限という外的条件によって半ば必然的に導かれたものである、という主旨の文章を書いたことがある。もちろん、そうした外的条件が重要な要因であったことは確かだと思うが、しかし、あくまでもそれはひとつの機縁としてとらえられるべきだとも考えている。オフサイトという、ある意味特殊場所が、ある動向の形成寄与することによって、こうした日本の状況に先立つ、あるいは同時多発的に起こった、同様の指向性を持つ表現者発見出会いが準備されたということと、そうした動向が胚胎されたことが「半ば必然的」であったことが、当事者たちに、それがなんであったのかを事後的に考察する機会を与えたということではないか。この誌面において実作者からのけして短くはない論考が、こうして活発に発表され続けているということがそれを証明しているだろう。

 この小論では、冒頭にあげたような、近年のサウンド・アートおよび実験音響音楽作品の分野において特徴的な一動向である、微弱音による作品や音の発される部分よりも多くの無音部分を含むような作品、あるいは極小の作為によって制作されているなどの一連の作品の中にみとめられる傾向をとりあげる。そして、「つくることの否定」を通じた「もの」の作品化を標榜した戦後日本美術における重要な動向のひとつである「もの派」の代表的作家菅木志雄の言説や、それに類すると思われる美術家およびその作品について筆者が書いた過去テキストを参照し、それら音響音楽作品適用考察する。そうすることで、それらの(必ずしもそれだけとは限らないが)聴覚作品に、もうひとつ解釈方法を与えようとするものである

 ただし、これは状況論的な考察ではなく、あくま試論にとどまる。それは、筆者がそのような詳細な状況分析による考察を行なうには、この現在進行形音楽動向を把握するのに必要作品演奏に立ち会うという経験が足りないからであり、そうした動向は、録音によって作品化されるものにもまして、日々各所で行なわれている演奏会などの試みにおいて、その実験性および試行錯誤は顕著に表われるものだからだ。

http://exercises-de-style.tumblr.com/post/108977928268

デイキャッチ 国枝昌樹×宮台 真司 「イスラム国による日本人殺害予告期限に…」2015.01.23 - YouTube

http://youtu.be/4AWiPO_nX3o

2015-01-24 “2014年11月14日(金)より2015年2月xx日(x)まで”

2014年11月14日(金)より2015年2月xx日(x)まで”


f:id:n-291:20150125052433j:image