Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2038-10-02

Nobuhiro Fukui | web exhibition

MD et / und GR [MD_et_und_GR]

Feburary 18, 2014 - October 2, 2038

on the internet

http://j.mp/MD_et_und_GR_04

続きを読む

2014-12-16 It was seventeen years later.

1997nen12gatsu16nichi [oblique perspective] (2014, dimensions variable) *1 *2

続きを読む

in-between [interlaced frames, 1997.12.16, digitalized] (2014, dimensions variable)

続きを読む

*1:【警告】PSE[光過敏性発作]が起こる可能性もあるため、次の3点に十分留意したうえで、体験されることを推奨いたします。(1)万全な体調での観賞 (2)明るい部屋での観賞 (3)モニタから十分離れての観賞

*2:【WARNING】Please check the risk of PSE before watching this http://j.mp/PSE_EPI

2014-11-29 coded code codes codes / coded codes code codes

coded code codes codes / coded codes code codes

12x18 [216 websafe colors] (2014, dimensions variable)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           







648 [216 websafe colors x3] (2014, dimensions variable)

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■







2014-11-28 “timid ghosts of color”

“timid ghosts of color”

La Nuit américaine [11777 Foothill Boulevard, Los Angeles, CA] (after Lewis Baltz, Joel Sternfeld and Paul Graham?)

f:id:n-291:20141126072217j:image


>>>Palm Trees (after Edward Ruscha?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20091101p2


>>>White Asparagus (after Peter Fischli & David Weiss?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110913p6


>>>Partial Truth and/or Virtual Truth (after Bruce Nauman?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110702p2


>>>Basel (after Lewis Baltz)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20141127p16


>>>Codes & Numbers (after Mel Bochner?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140405#p3 & http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140406p2


>>>A-moment (after Barnett Newman? / by the Suns of the Manhattan Project)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20141013p4


>>>Control Room (before / after Gerhard Richter, Thomas Ruff & Thomas Demand?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120621p3


>>>ear-t-h (after Thomas Ruff?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120623p2


>>>Concrete Ball (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130511p6


>>>Pure Waters (after Andreas Gursky?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130912p4


>>>Tokyo Shibuya 03/04 (after Beat Streuli?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090215p4


>>>Carriage, Berlin, 2007 (after Robert Frank?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110209p3


>>>Vadret da Morteratsch I (after Walter Niedermayr?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130711p8


>>>Toward Split Wall with Drains [Glass Wall with Drain] (after Robert Gober?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140607#p1


>>>Someday N.F. Prince Will Come (after Osamu Kanemura?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110604p2


>>>A Downhill (after Tomoko Yoneda?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20081231p2


>>>Tokyo 2003 (after William Klein?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090217p5


>>>BSL 6372 (after Taiji matsue?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110619p11


>>>0001 (after James Welling?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110726p3


>>>Untitled [Ferry] (after Daido Moriyama?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20111229p2


>>>Still Water [near The River Sumida, for Example] (after Roni Horn?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20100331p2


>>>Shibuya Crossing, Tokyo [Shibuya-ku], 2012 (after Thomas Struth?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120110p2


>>>Diatribe [unwomaned] (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20131102p4


>>>Anonymous Installation, Tokyo Station Underground Concourse, January 25, 2014 (after Shigeo Anzai [Anzaï]?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140126p2


>>>Before a hunting scene (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070114p2


>>>A hunting scene (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070117p2




Pictures : July 6-July 31, 2005, Gallery Hyundai. (書籍, 2005) [WorldCat.org]

Pictures : July 6-July 31, 2005, Gallery Hyundai.

著者: Kaellŏri Hyŏndae (Seoul, Korea)

出版: Seoul : Gallery Hyundai, 2005.

ジャンル/形式: Exhibitions

関連の人物: Dirk Braeckman; James Casebere; Sharon Core; Thomas Demand; Roe Ethridge; Claus Goedicke; Yoon-Jean Lee; Vik Muniz; Jane Wilson; Louise Wilson

ドキュメントの種類: 図書

すべての著者/寄与者: Kaellŏri Hyŏndae (Seoul, Korea)

OCLC No.: 670288513

注記: Catalog of an exhibition held at Gallery Hyundai, Seoul, July 6-31, 2005.

Includes works by Dirk Brackman, James Casebere, Sharon Core, Thomas Demand, Roe Ethridge, Claus Goedicke, Yoon-Jean Lee, Vik Muniz, and Jane & Louise Wilson.

物理形態: 1 v. (unpaged) : col. ill. ; 24 x 28 cm.

その他のタイトル: Photographs of Dirk Braeckman ...[et al.]

http://www.worldcat.org/title/pictures-july-6-july-31-2005-gallery-hyundai/oclc/670288513


◇ 2005: Pictures - Dinaburg Arts

Pictures

Dirk Braeckman, James Casebere, Sharon Core, Thomas Demand, Roe Ethridge, Claus Goedicke, Yoon-Jean Lee, Vik Muniz and Jane and Louise Wilson


July 2005

Gallery Hyundai, Seoul, Korea

http://www.dinaburgarts.com/projects/pictures.html


◇ 새로운 도전, 희망 비전사진학원

http://www.visionphoto.co.kr/wwwhome/news/news_list.html?mode=view&num=218

211 [展示] PICTURES  ビジョンジキミ 2005/07/08

PICTURES 展示場所:ギャラリー現代(02-734-6111) 展示スケジュール:2005-07-06〜2005-07-31 ギャラリー現代は2005年の夏、現代美術の重要なジャンルとして注目されている現代写真界の9作家の展示、「PICTURES」をお楽しみいただけます。今回の展示では、トーマス·デマンド(Thomas Demand)をはじめ、クラウスボディケア(Claus Goedicke)、ジェームズ·加瀬ベル(James Caebere)、ビッチムーニーズ(Vik Muniz)、ジェーン·アン·ルーウィスウィルソン(Jane&Louise Wilson)など、世界的に関心されている作家の作品と、ローイエットリッジ(Roe Ethridge)、シャロン·コア(Sharon Core)、ダークブレーキのみ(Dirk Braeckman)など国内より国際的にさらに注目されている作家はもちろん、国内作家イ·ユンジンの新作も披露です。 今回の展示「Pictures」は、私たちの視野を介して見えるものと写真という媒体を介して受け入れる「現実」や「客観性」について争点化しています。ジェーン·アン·ルイス·ウィルソン(Jane&Louise Willson)とイ·ユンジン、そしてダークブラックのみ(Dirk Breackman)の作品のように真実を捉えているドキュメント的写真技術法を用いたのに対し、トーマス·デマンド(Thomas Demand)とジェームズ·加瀬ベル(Jam Casebere)、ビッチムーニーズ(Vik Muniz)とシャロンコア(Sharon Core)のような作家の作品は、見るものを信じることが対等ではないということ、したがって、私たちの目に見えるすべてのものが「客観的」とか「現実的」ではないということを明らかにしています。 トーマスデマンド(Thomas Demand b.1965)は、デュッセルドルフアカデミーでアンドレアス·ガールスキーAndreas Gursky)やトーマス·ストルース(Thomas Struth)とは異なり、彫刻を専攻した作家としての建築の構造について研究して空間、構造物を作成写真で表現する作家です 。Thomas Demand、Drafting Room、1996 C-print diasec 183.5 x 285 cm ジェームズ加瀬ベル(James Casebere b.1953)は、米国生まれで、実際の場所のように建築物のモデルを製作して、空のスペースの静寂を撮影して、私たちが実際に見て写真のアイデンティティを表現した作家です 。James Casebere、Yellow Hallway 2、2001 Digital chromogenic print mounted on plexiglass 175 x 217.5 cm ジェーン·ルイス·ウィルソン(Jane Louise Willson b.1967)は、姉妹作家としてイギリスロンドンに住んで作品活動をしている作家たちに大きな工場のスペースやパイプを撮ることにより、モダンミニマルな抽象化のような写真を演出します。 Jane&Louise Wilson、Safe Light、Divided Ballroom、2003 C-type print on aluminum in Perspex、180 x 180 x 2 cm ビッチムーニーズ(Vik Muniz b.1961)は、ブラジルで生まれ、1980年から米国で活動している作家です。彼は有名な画家たちの作品を雑誌の中の広告や新聞を利用した非常に小さな部分をモザイク式に操作します。 Vik Muniz、Bouquet、After Matisse(from Pictures of Magazines)、2004 Chromogenic print 255.3 x 182.9 cm シャロンコア(Sharon Core b.1965)は、米国のポップカルチャーを代表するケーキキャンディーを油絵で表現する作家ウェインティーボ(Wayne Thiebaud)の作品を新たに再現する作家で鮮やかな色のケーキお菓子を製作して写真に作業します 。Sharon Core、Bakery Counter、2004 C-print 139.7 x 182.9 cm ダークブレインクメン(Dirk Braeckman b.1958)は、空いているスペースと、物事を白黒写真で表現して、写真の「真実の捕捉」について問題化している作家です。 Dirk Braeckman、ADF-SB4-03、2003、Gelatin silver print on aluminum、180 x 120 cm ローイエットリッジ(Roe Ethridge b.1969)は、米国生まれでファッション雑誌や広告の中のイメージを借用して、コラージュする作業をしている作家で、今回の展示には、自然の風景を光とテクニックを利用して商業写真の芸術的な写真の組み合わせを示しています 。Roe Ethridge、New York Water(White Pine Camp)、2000 C-print 81.3 x 127 cm クラウスボディケア(Claus Goedicke b.1966)は、ドイツで生まれイ·ユンジンと同様にデュッセルドルフアカデミーで勉強した後、一般に馴染みのある静物や物事を、カラフルで絵画的に撮る作家です。 イ·ユンジン(Yoon-jean Lee b.1972)は、写真の歴史の中で最も活発だった1990年代デュッセルドルフアカデミーでベルント·ベホ(Bernd Becher)とトーマス·ラフ(Thomas Ruff))に師事されて日常空間を盛り込んだStill-Lifeシリーズドイツと韓国で活発に活動しています。 Yoon-Jean Lee、Still Life Nr。33、2004、C-print diasec、200 x 164 cm PICTURES リナ者(Reena Jana)1859 年パリのサロンの展示のためにビピョンロンを提出することにしたチャールズしなやかレア(Charles Baudelaire)は、その時点で発生器にあった写真撮影(photography)に対して非常に刺激的な記事を書いたことがある。同氏によると絵画の主観的な視点に比べて写真撮影は客観的に物事を捉えすればそれまでの作家の筆の先端の創造的な視点にろ過いた世界とは全く関係がない別の視点で世界を見ることになるだろうと推測した。彼は警告するように、「真実を認識する私たちの欧米は-きちんと書き込まれるの優れを除いて-美の欧米を無視する」と述べた。つまり、会話は、私たちに時を与える一方、写真は散文を与えるという意味だった。かつて真実を捕捉するためのツールとして、またはメトリックの的に考えていたカメラが、現代の作家たちによって芸術的な想像を表出するためのツールとして使われるようになったことを豊かに見せる今回の展示は、しなやかレアがこの記事を書いた一世紀半が経っこの時点で、もし彼が今回の展示「Pictures」を見たら、自分の文章をキャンセルさせるかという考えまでにする。しなやかレアの言葉をそのまま引用する場合、21世紀の作家たちは写真撮影を最終的に「正常」書くになったのだといえるだろう。現代の写真撮影は、現代美術の中で最も柔軟性のあるツールで写真撮影の歴史だけでなく、絵画の歴史、また彫刻、そしてそれよりもさらに新しい概念芸術ミニマリズムに至るまでに関連している。 今回の展示のタイトルである「Pictures」は、美術で最も多く使われる用語であるメディアイメージにも対応されてよく書けた幅広い言葉である。今回展示されたすべての作品がカメラを使用して作られていることはあった私たちがよく知っている絵や写真はありません。この作品は、一つ一つ見ても展覧会全体的に見ても、写真撮影だけでなく、私たちが知っている「美術」という概念に挑戦状を出した。さらに一歩進め、しなやかレアの文のように写真をただ文書のツールとしての視点に反して「Pictures」の展示に含まれている作品は、私たちが知って受け入れる「現実」や「客観性」を問題化している-カメラのレンズをを通じて、または私達の目自体を介して見えるものについてだ。この作家は、見るものを信じることが対等でないと、このように私たちの目に見えるすべてのものが「客観的」とか「現実的」ではないということを明らかにして。そして、私たちは、この作品の主観性と抽象性を見ることができるようになる。 今回の展示の作品が現代の写真に吹く新しいメトリックな風とそれに対する美術史と写真の歴史に及ぼす影響を理解するには、一度今回の展示の作家たちの中で最も未知の作家の作品から察することが興味深いようだ。これらの中で年齢が最も若い作家の一人であるイ·ユンジンは、ソウルで生まれて美術の歴史の中の写真の歴史の中で最も活発だった1990年代のクンストアカデミーデュッセルドルフ(Kunst akademie Dusseldorf)で有名なベルント·ベホ(Bernd Becher)(そして、ベルント·ベホとヒラベホの弟子であるもう一つの有名な作家トーマス·ルフ(Thomas Ruff))に師事た。ラージフォーマット(4 x 5インチのレンズサイズ)のカメラで撮影した彼女の作品は普通の人が住んでいる空間を捕捉する。しかし、彼女の写真の中の空間は、そこに住む人々は、排除された静物の写真で絵画の歴史の観点の中の静物伝統の中でもでも写真の静止画のテクニックで捕捉した彼らの肖像画のようだ。イ·ユンジンの作品は、目に見えない人物の所有物を対象にして彼らの肖像画を描いたものである。また、イ·ユンジン自分が言うように作品に現れた空間とスタッフはそのまま押されたのであって、実質的に飾るものではない。といって、このスペースを勝手に選んで撮影されたものではない。非常に長く、複数の空間を見て考えた後慎重に選んで撮影した空間である。 例として、「Still-Life Nr.33「(2004)で、彼女は赤いテーブルの上に半飲んだコーヒーカップベルベットにされたソファ椅子の前に置かれた姿を妙な意外な角度で撮影した。コーヒーカップはまた、小さな鏡の前に奇異に置かれていますが、白い自己の形が見る人に鏡の中で重複するようにする。写真の構成で最も手前になる左下のコーナーには、銀色のが私一つヘアピンが置かれている。ヘアピンの銀色の色は、金属製で作られた机の上のランプとコーヒーカラフェを模倣するようである。作家が芸術的にどの人物の所有物を、まるでちょっと席を外した間に捕捉されたように芸術的に撮影をそういえばしたが、彼 ​​女が捉えた写真は、ちょっとの間に撮った写真とは関係が遠い。作家と彼女のターゲットの人物が作り出した空間はなくても作家は芸術的な構成に慎重にフレームして所有物が所有者に代わって代替になるようにした。ヘアピンとミラーとコーヒーまで写真に含まれているすべてのものが時間的空間を超えて記述の中の瞬間的なように、この写真は、最終的に二つの場面の間の瞬間的なものである。この写真を見る観客はどうしようもなく、この写真のすぐ前とすぐ後の日を想像して、写真対象の人物が帰ってきた後にどうなるか?その人が戻ってくる?などの質問をすることになる。 トーマスデマンド(Thomas Demand)もイ·ユンジンさんのようにデュッセルドルフ美術アカデミー(Kunst akademie Dusseldorf)で勉強した。しかし、イ·ユンジンや彼のドイツ人の先輩たち(ベホの学生など)であるアンドレアス·ガールスキーAndreas Gursky)やトーマス·ストルース(Thomas Struth)とは異なり、写真の代わりに作品を専攻した。イ·ユンジンのように、そしてベホの伝統に続いてデマンドまた、写真には見えない人間が住んでいる空間を写真に文書化して解析し、建築の構造への関心を持っています。それに対し、イ·ユンジンやベホとは異なり、デマンドは、写真の中の空間を実際のサイズで段ボール紙を使用して再現し、照明をして撮影をする。この最後に現象されている写真は、最初にモデルにした写真とほぼ同様に出てくる、これは通常使われる写真は、新聞や雑誌、 ​​またはインターネットからプリントして出した写真である。彼作って写真撮影する立体モデルの中にはプール、家のインテリア、またはテレビ局まである。最初の接触で明らかに調べてみることはないものの、、彼がモデルとして作成された空間は、ほとんどの歴史的な重要性を持つ場所である。例として、彼がモデル化された場所の中で、2000年米国大統領選挙でジョージ·ブッシュGeorge W. Bush)の大半の選挙の証明を問題化していたフロリダ州(Florida)の選挙の場所があり、またはサダム·フセイン(Saddam Hussein)が米国の兵士たちから生け捕りにされたイラクの地下の隠れ家的なキッチンもある。デマンドが作成された写真は、彼が最初に新聞などで切り抜き写真とほぼ似たことを見私たちはしばしばメディアで見る写真の信憑性を問うされ、歴史自体の変化資格と朴弱、そしていつまでも気まぐれな歴史の性質を見ることができるようになる-どのような火災が宣伝運動と広報活動に応じて変化する様子、またどのよう政府の機関が道徳的腐敗に弱く、そして戦争時に政治制度というものがジョンイトジャンのように簡単に破壊されるなどだ。 ジェームズ加瀬ベル( James Casebere)また、デマンドのように実際の場所を撮影したようにモデルを作成し、そのモデルを写真に撮った。その中、米国前大統領トーマス·ジェファーソン(Thomas Jefferson)が住んでいたバージニア州モンティチェロ大農場がある場合は、ドイツベルリン市の下水道があり、または教会の写真もある-しかし、カゼインベルの写真のモデルは、完全仮想化の場所だ。加瀬ベルの最近の作品は、空っぽの空間にガラスのような水にロックされたエレガントなモデルにApse(1996)とYellow Hallway 2(2001)などがある。加瀬ベルの姻戚がいないがらんと空間の、まるで捨てられたような、生命のない姿は、有名な写真家ユージンアート第(Eugene Atget)の写真の中で暗く空っぽパリの建物との距離、そして戸口を捕捉した様子を連想させる。加瀬ベルの作品が展示されたとき、彼は戦略的に写真を展示する、彼は重量のある作品をこの作品の美しくも終末的な空間に誘う入り口に使用する。加瀬ベルのインテリアシーンは、実際に小型の建築モデルであり、水に浸かった効果を駆使するに使われた水は、easy waterという流動性プラスチックで、主に鉄道模型を作るファンがモデル湖を作成するときに使うものである。加瀬ベルも雑誌、 ​​新聞や本の出版された写真にとしてより作品の出発をサムヌンダ。そして、一つ一つのバンタム人形サイズのモデルを慎重に作成写真を撮る。デマンドのよう加瀬ベルも写真撮影を作品自体というよりは作品の最後の段階で見る。加瀬ベルの作品は、私たちにとって、私たちの目に見えるすべてのことについて、もう一度質問に、また、デマンドと同様に、私たちが見る写真のアイデンティティを問題化するようにする。また、彼は写真家であると同時に彫刻家と見なければならない。彼の作品は、空間、特に建築的な空間を、小さなスケール路でも扱うからである。彼は自分の作品を最後の段階で写真撮影するということは、間接的にロバートスミソン(Robert Smithson)と一緒に写真を作品の記録として使用し始めたこれらの関連結ぶようにする。スミソンの「土地公社」シリーズの中で「スパイラル埠頭」(Spiral Jetty)が作品自体であるかの作品を写真で記録した文書として認知不確かさの中で議論したのと似ているからである。 これに対し、ジェーン·ウィルソンとルイス·ウィルソンは、実際の現場を直接撮影する、といって従来のドキュメント的な写真撮影を書くだけすることができません。これらの作品は、驚くべきことに、抽象であるからである。今回の展示に出品された作品は、彼らの"Safe Light」(2003)シリーズの中でいくつかの作品なのに、高度技術のハイテク機器と機械を素材としたインテリアを主に撮影した。ドキュメンタリーのような性質を持つこの作品は、意外にもクラシックミニマリズムの冷たい抽象化的な感じを与える。Safe Light、Divided BallroomとSafe Light、Ballroom、両方順次並ぶ白い照明の、白い天井パネルの、正6面体のテーブル、そして白い長方形のキャビネットなどを実用的な同時Donald Judd(ドナルド·ジャッド)、Sol Le Witt(ソル·ル·ウィット)、Carl Andre(カールアンドレ)、またはEva Hesse(エヴァ·ヘッセ)のような彼らの作品の構成を連想させる。もう一つのシリーズの中で、「Fab Unit "(2003)でウィルソン姉妹は、ビルのパイプや、電線の、チューブ、またはバルブなどを撮影したが、このような工業的な空間を芸術的に想像したウィルソン姉妹は、写真のプロアルテミンを介して完全に神秘的な抽象化で再び変形させる私たちにとって多分Gerhard Richterの空中で撮影した都市風景を見ているような感覚を持つようにしながら、極めて平凡でつまらないな物事がまさに私たちの目の前で不思議して不思議な構成になるようにする。 ウィルソン姉妹と一緒に今回の展示に含まれているすべての作家たちのように、ダークブレインクメン(Dirk Braeckman)もふりを持っていない空き領域と堅くかエレガントなもの、そして写真の「真実の捕捉」について問題化するものに魅了されている。彼は黒と白の写真を撮影するために、壁にもたれている椅子やモドンプン食卓セットがドアの間にプアルテミンがされていそうに見え、また、ガラステーブルの上に映されたレースカーテンの反射された姿がすべての香水のノスタルジックジアを呼び起こす。このような彼のテクニックは、写真に撮られたものとスペースの過去の強い認識を吹いてくれる19世紀の写真家アート第(Atget)の感性と現代のインドの作家だけだモニターシン(Dayanita Singh)の白黒で撮影した空のスペースこの歴史性を浮かび上がらせる。 クラウスボディケア(Claus Goedicke)も素朴ながら優雅なイメージを追求するために、一つの他の面といえば、彼は活気に満ちた色を使用するというものである。高ディーの作品は、モドンプンの静物画のようだよジオモランディ(Giorgio Morandi)のような作家を連想させるし、モランディのように、彼もやはり普通の病気やボウルなどを捕捉する。そして、モランディのように、市販の病気や器などを決め見えなくして、未登録商品のように-サインではなく、形としてのみ-使用する。彼の先輩たちのように、彼も体の清潔と見覚えがあるイメージを使用することに関心を持っています。彼はまた、市販の雑誌の写真撮影のようなテクニックを使用して、物事を合理化の直接的なマナーで整形する。もちろん、同時に美術史にも挨拶しながら高ディーはフォーヴィスムの画家たちが主に使うセクドゥル、例として濃い赤色、オレンジ色、またはピンクの色を主に使用する。私たちはもう一度、彼の作品の中で仮想体験をする写真の歴史の遠い昔をさかのぼって、ウィリアム·ヘンリー·フォックスタルボ(William Henry Fox Talbot)さんが、19世紀に並んで並んでいるものを撮影したことを浮かび上がらせる。フォックスタルボさんがいたままとボディケアのものを次々と立っている兵士たちと似た姿で陳列して撮影するのが特徴である。 写真の歴史にもう一つの参照をザラザラとボディケアの作品は、1920年代のエゾニュウサクリカイトの動き(Neue Sachlichkeit)のロザリンド·クラウス(Rosalind Krauss)が言った「蓄積の反復的なリズム」(「repetitive rhythm of accumulation ")を浮かび上がらせており、1920年代写真家たちがこの時の記録に対応のモデルを伴うことを教えている。このデスクトップから見ると、高ディーがガラスびんを続けリサイクルした素材で書くことは写真が早く実用的にも芸術的にも使用時点で、理解することができる。 ニューヨークの呼びクリーン生まれの作家ローイエットリッジ(Roe Ethridge)もやはりリサイクルと再収容の美的哲学を、今回の展示に出品されたすべての作家たちと一緒に共有する。デマンドと加瀬ベルガモ本や雑誌で見つけた画像を使用するように、エリッジも見つけた画像を使用して、新しいものを創造する。彼女が使用するこのテクニックは、1920年代のハンナハルク(Hannah Hoch)がプリント広告物を切り抜き作品に貼りコラージュを作成したのと同様である。エリッジの作品は、自分が切り抜き書く広告写真だけ大衆雑誌風にしたスタイルファッション雑誌旅行雑誌の満月の写真や木に囲まれた湖のようだ。彼女は写真の歴史の中の歴史性を参照するだけでなく、近代の写真の歴史の中で写真が継続的に芸術と産業を合流する起因する。 ビッチミューニーズ(Vik Muniz)また、再生したことを再生する作家だ。彼有名になったきっかけは、チョコレートシロップで描いた絵を写真撮影してあった。彼の特徴的に知られている作品は、有名な画家たちの作品を非常に小さな破片にモザイク式に再現するものである。例として、Bouquet、After Matisse(from Pictures of Magaznies)」(2004)は、フランス印象派の画家マーティ書きの油絵を雑誌の部分で作ったものだ。彼は雑誌の作品を一つ一つ丸い穴を作る機構で切り取って無数にモザイクを飾った。ムーニーズの作品は、綿密な計画の中で誕生したものである。彼はマーティ書きのオリジナル油絵の色一つ一つをプリント広告染色の中でいちいち見つけたのだ。そして不思議なことに、私たちは彼の立体的な紙の層の中ではほとんど融和的な効果を見つけることができるだろう。ミューニーズの他の作品の中で「New York City by Night、After Bernice Abbot(from Pictures of Diamonds)」もダイヤモンドの写真をいちいち切り抜き、それを切り取った円に代わって作成した、元の作品が油絵ではなく、写真だからこそ、この作品のダイヤモンド一つ一つは、テレビコンピュータ画面のピクスル一つ一つであるようだ。しかし、ミューニーズにとってこのコラージュ自体は作品ではなく、それよりも大きな作品である写真におけるプロセスであるだけだ。かといって、マティスの油絵を再現した、彼のコラージュが記録的だが、ではありません。むしろ、彼はマティスイメージを再利用してプアルテミンをする。ムーニーズテクニックは、デマンドや加瀬ベルのようなものである。 また、コミュニズのようなシャロンコア(Sharon Core)は、ウェイン·ティボー(Wayne Thiebaud)の油絵を新たに再現して、彼のケーキ、パイ、そしていくつかのデリカテッセンなどを幻想的カラフルピンクと青の色で(そしてとてもおいしそうなリアルな色のチョコレート色に)描いた後の写真を撮った。コアの写真の色と構成が融和的な面は、TiVoのキャンバスでの油絵が写真的なものだけに信憑性がある。コアの作品の中で「Candy Corner」(2005)は、37年前ティーボの同名の油絵を記録するために写真を撮ったのか、自立的な写真であるか、もちろん私は、、到底区別がつかないほどである。彼女がティーボの党とデリカテッセンを入念に調査したことが明らかに入って出るほど明確な再現作なのに、彼女のチョコレートコーティングは、針を回しするほど輝いて見えて、キャンディの表面は、ボトルの中に働いても光沢が出る程度である。コアは、カウンターの棚の一つ一つまで、TiVoが特徴的に書いたピンクと青、黄と緑の塗りした彼の太い筆運びまで丁寧に再生した。 今回の「Pictures」前で見られるように、写真撮影は続け変遷してフォックスタルボ( Fox Talbot)の「Pencil of nature」以上のうち広げて行っている-これは現代の歴史的なパスで、もししなやかレアが今生きていれば、間違いなく大幅に衝撃を受けただけのことである。そのような一方多分19世紀末から20世紀初頭に融和的な効果を写真に構想しようと追求した映像主義的写真家たちにはあまり驚くほど奇妙なものではなかったかもしれない。「Pictures」前の作家たちは、モダニズムと現代美学に(特にミニマリズム、抽象性、そしてコンセプトアートなどで)部分まで付いた作品を作るにはしたが、言葉だ。ここに展示された画像は、写真とすることができる。種類を区別することが、もし不適切なされた場合、美術の様々な媒体の本が不確実したのか-それはカメラのせいか、カメラがあってもそのようにされたのだろうか?それに対する答えを探そうとするのは、現在のと同じくらい、過去が重要だと考えている。ラズロ某ホーリー-ナギ(Lazlo Moholy-Nagy)がいつか言ったように、「新しさの創造の可能性は...よくゆっくり発掘され、古い形、古い楽器、あるいは古い設定が新たに表示されるものにジトバル付ける前の最後の陶酔的にピア南通ってある。」 著者であるリナ者(Reena Jana)氏は、ニューヨークに住んで活動している美術評論家/編集可です。彼女の物語はBookforum、Artnews、Art in America、Art and Auction、Time Out New York、Wiredなど米国の広く知られている多くの芸術雑誌に載ります。彼女はまた、2006年に出版され予定New Media Art(新しいメディア芸術)の共同執筆者である。 参考文献: (1)Baudelaire、Charles。「The Modern Public and Photography、「Trachtenberg、Alan編集。Classic Essays in Photography。New Haven、CT:Leete's Island Books、1980、p.85 (2)Baker、George。「Photography between Narrativity and Stasis:August Sander、Degeneration、and the Decay of the Portrait、 "October 76、Spring 1996 (3)Benjamin、Walter。「A Short History of Photography」in Trachtenberg、Op。Cit。、p.212

google自動翻訳。しかし、いろんな物事が繋がってくる感じ。


◇ V.A. / Pictures - SO BOOKS 新着ブログ

韓国のギャラリーHYUNDAIにおける展示に際して刊行。掲載作家は以下のとおり。ディルク・ブレックマン (Dirk Braeckman)、ジェームス・ケースベア (James Casebere)、シャロン・コア (Sharon Core)、トマス・デマンド (Thomas Demand)、ロー・エスリッジ (Roe Ethridge)、クラウス・ゲディケ (Claus Goedicke)、ヨーン・ジャン・リー (Yoon-Jean Lee)、ヴィック・ムニーズ (Vik Muniz)、ジェーン&ルイーズ・ウィルソン (Jane & Louise Wilson)。本体小口付近に一部凹み傷あり。それ以外は良好。

http://sobook.blog9.fc2.com/blog-entry-3366.html

再録(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090511#p3)+α

■Yoon Jean Lee(ヨーン・ジャン・リー)を再チェック

西澤諭志さん(id:areti)の個展(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090505#p2)を拝見したことをきっかけに。


◇ Yoon Jean Lee - Deutsche Börse Group

http://deutsche-boerse.com/dbag/dispatch/en/kir/gdb_navigation/about_us/30_Art_Collection/40_artists/02_F-L/41_lee


◇ Artist Pension Trust - Yoon-Jean Lee

http://www.aptglobal.org/artist_profile_page.asp?ID=5671&ImageID=3553


◇ Yoon-Jean Lee - Past Auction Results

http://www.artnet.com/Artists/LotDetailPage.aspx?lot_id=3070CD5864E0C0AB0BD025A066FB2926

http://www.artnet.com/Artists/LotDetailPage.aspx?lot_id=3070CD5864E0C0AB503355A9A49E6CB5


◇ Photography Explores Space in 'Flash Cube' - The Korea Times

http://www.koreatimes.co.kr/www/news/art/2007/07/148_5898.html


----


◇ LEE Yoon-Jean 이윤진 (ja) - Artist Pension Trust

http://www.aptglobal.org/ja/Artists/Page/5671/LEE-Yoon-Jean


◇ Yoon Jean Lee (Contemporary Art Daily)

“The Inner Life of Things” at Frankfurter Kunstverein

http://www.contemporaryartdaily.com/tag/yoon-jean-lee/


※Yoon Jean Lee - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Yoon+Jean+Lee&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=_0pzVJm5FYW2mQWL1YCoCQ&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806

Roe Ethridge - Wikipedia, the free encyclopedia

Roe Ethridge is a postmodernist commercial and art photographer, known for exploring the plastic nature of photography - how pictures can be easily replicated and recombined to create new visual experiences. He often adapts images that have already been published, adding new, sculpted simulations of reality, or alternatively creates highly stylized versions of classical compositions, such as a still life bowl of moldy fruit which appeared on the cover of Vice magazine,[1] or landscapes and portraits with surprising elements.[2] After participating in the 2008 Whitney Biennial,[3] his work has been collected by several leading public museums, including the Museum of Modern Art, Institute of Contemporary Art, Boston, Museum of Contemporary Art, Los Angeles, and the Tate Modern. In 2010, his work was included in the MoMA's 25th Anniversary New Photography exhibit.[1]

Born in Miami, Florida, in 1969, Roe Ethridge grew up in the Atlanta, Georgia area. He attended Florida State University and graduated with a BFA in Photography from the Atlanta College of Art.[4] In 1997 he moved to New York City[5] and started his commercial photography career, over time providing catalog images, editorial and fashion shots, and working for publications including New York Times Magazine, Allure, Spin, Vice and Wired.[5] The same year he moved, he also had his first solo exhibition, in Zurich, Switzerland, and participated in the Atlanta Biennial, at Nexus Contemporary Art Center.[4] By the 2011 Deutsche Börse Photography Prize competition, the Jury advanced him to the four finalists.[6]

In 2002, Ethridge married fashion model Nancy Hagen.[7] They live in Rockaway Beach, Queens and his studio is in Brooklyn, NY.[8]

"American photographer Roe Ethridge became a recognizable force in the fine art world with his serene but subversive portraits, still lifes, and landscapes." -James Lim, New York Magazine, 2012[8]

Ethridge is widely regarded to have been influenced by fellow photo artists including Thomas Ruff, Michael Schmidt, and Christopher Williams.[3] Critics have frequently noted his seamless switching between commercial assignments and fine art photography.[3] As a commercial photographer,[9] beyond contributing to many magazine editorials, his clients have ranged from fashion, including Balenciaga and Kenzo,[8] to corporate, such as Goldman Sachs.[10] He often appropriates his own work as commercial photographer — as well as newspaper, catalog and stock photography — for his museum and gallery shows.[11] According to the curators of the MoMA: "The pictures acquire their meaning from the salient way in which they have been shuffled, sequenced, and laid out in nonlinear narrative structures. His prints vary widely in scale and source material.[12] Combining and recombining already recontextualized images, Ethridge at once subverts the photographs’ original roles and renews their signifying possibilities."[13]

In 2009, Ethridge returned to a studio-based approach after the international location shooting for his project “Rockaway.”[14] In his 2012 series "Interiors", he investigates the broad world of personal space, featuring images of his own home and studio, magazine photographs of staged bedrooms inspired by the suburban aesthetic, and billboard advertisements.[15]

Ethridge's work has been shown in the United States and internationally, including: Greater New York, MOMA PS1 (2000), The Americans, Barbican Center, London (2001), Hello My Name Is…, Carnegie Museum of Art (2002), Momentum 4: Roe Ethridge, Institute of Contemporary Art, Boston (2005), Whitney Biennial (2008), New Photography 2010: Roe Ethridge, Museum of Modern Art, New York (2010), and Les Recontres D’Arles, France (2011).[16] A major survey of his work, curated by Anne Pontégnie, originated at Le Consortium Dijon, France, and opened at Museum M Leuven, Belgium.[17]

http://en.wikipedia.org/wiki/Roe_Ethridge

再録(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140327#p2

■James Casebere

http://www.jamescasebere.com/

ウェブサイトがあるのを最近になって確認。

ピクチャーズ・ジェネレーション関連。

このタイプの作品について考えるときに、

ワークショップでも言及できていなかったのでメモ。


◇ James Casebere - Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/James_Casebere

CalArtsでJohn BaldessariとDouglas Hueblerに学ぶ。

現在リプリゼントされているギャラリーは、Sean Kelly Gallery、Lisson Galleryほか。

かつてはSonnabend Galleryで作品を発表。


◇ James Casebere - Artist Biography - Sean Kelly Gallery

http://www.skny.com/artists/james-casebere/


◇ James Casebere | Artists - Lisson Gallery

http://www.lissongallery.com/artists/james-casebere

SMBHmag | SuperMassiveBlackHole online photography magazine

http://www.smbhmag.com/

チンポコモン - Wikipedia

Chinpokomon(チンポコモン)はサウスパーク第3シーズン第10話(通算42話)のエピソードである。アメリカでは1999年11月3日コメディ・セントラルで初回放送された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3

Thirty Minutes Over Tokyo - Wikipedia

Thirty Minutes Over Tokyo(サーティーミニッツオーバートウキョウ)は、アメリカアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』の第10シーズン第23エピソード。FOXテレビ1999年5月16日に放映された。タイトル1944年の映画 Thirty Seconds Over Tokyo(邦題『東京上空三十秒』)のパロディ

http://ja.wikipedia.org/wiki/Thirty_Minutes_Over_Tokyo

『あめちゃんの境界線はどこ?』調査 - ウィふり調査団|freeml byGMO

関西地方ではあめ(キャンディ)のことを「あめちゃん」とよく言います。しかし、関東では言わない事を知り関西を中心にどの地方までが「あめちゃん」と言うのか気になって仕方がありません。私では到底無理な調査ですので、ぜひお願いしたく思います。よろしくお願い致します。

兵庫県 tamayoさん)

http://www.freeml.com/wefree/say/candy/

2014-11-27 judgement (twenty) seven

judgement (twenty) seven




Basel (after Lewis Baltz)

f:id:n-291:20141125053028j:image


St. Alban-Tal, Basel





f:id:n-291:20141125053051j:image


Vogelsangstrasse, Basel





f:id:n-291:20141125053105j:image


Beim Goldenen Löwen, Basel #1





f:id:n-291:20141125053117j:image


Beim Goldenen Löwen, Basel #2





>>>Palm Trees (after Edward Ruscha?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20091101p2


>>>White Asparagus (after Peter Fischli & David Weiss?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110913p6


>>>Partial Truth and/or Virtual Truth (after Bruce Nauman?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110702p2


>>>Codes & Numbers (after Mel Bochner?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140405#p3 & http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140406p2


>>>A-moment (after Barnett Newman? / by the Suns of the Manhattan Project)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20141013p4


>>>Control Room (before / after Gerhard Richter, Thomas Ruff & Thomas Demand?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120621p3


>>>ear-t-h (after Thomas Ruff?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120623p2


>>>Concrete Ball (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130511p6


>>>Pure Waters (after Andreas Gursky?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130912p4


>>>Tokyo Shibuya 03/04 (after Beat Streuli?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090215p4


>>>Carriage, Berlin, 2007 (after Robert Frank?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110209p3


>>>Vadret da Morteratsch I (after Walter Niedermayr?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130711p8


>>>Toward Split Wall with Drains [Glass Wall with Drain] (after Robert Gober?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140607#p1


>>>Someday N.F. Prince Will Come (after Osamu Kanemura?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110604p2


>>>A Downhill (after Tomoko Yoneda?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20081231p2


>>>Tokyo 2003 (after William Klein?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090217p5


>>>BSL 6372 (after Taiji matsue?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110619p11


>>>0001 (after James Welling?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110726p3


>>>Untitled [Ferry] (after Daido Moriyama?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20111229p2


>>>Still Water [near The River Sumida, for Example] (after Roni Horn?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20100331p2


>>>Shibuya Crossing, Tokyo [Shibuya-ku], 2012 (after Thomas Struth?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120110p2


>>>Diatribe [unwomaned] (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20131102p4


>>>Anonymous Installation, Tokyo Station Underground Concourse, January 25, 2014 (after Shigeo Anzai [Anzaï]?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140126p2


>>>Before a hunting scene (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070114p2


>>>A hunting scene (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070117p2








Fischli & Weiss room guide, room 1 | Tate

Providing an introduction to Fischli / Weiss’s surprising universe is a selection of black rubber sculptures, cast directly from the original objects. The objects themselves reflect the artist’s interest in the everyday, whether the domestic environment or the natural world. The choice of black rubber, however, adds a disconcerting twist, bringing associations of industry, mass production and sexual fetishism, and making the familiar seem strange.


Fischli / Weiss are often concerned with the hidden and the overlooked. Sewer Workers 1987, which shows a pair of maintenance workers cleaning out sewage pipes, could be seen as a self-portrait. Their careful processing of society’s waste suggests a parallel to the artists’ own investigations, which frequently hint that beneath the surface things are not always what they seem.

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/fischli-weiss/fischli-weiss-room-guide-room-1


◇ Fischli & Weiss: exhibition room guide, room 8 | Tate

Tunnels and hollow spaces provide an underlying theme for this room. The hour-long Kanalvideo 1992 was put together by the artists using footage taken by an electric probe as it travels through the Zürich sewer system. Fischli / Weiss have discussed the sense of claustrophobia induced by the probe’s strangely hypnotic journey through an intricate network of tunnels. The film reflects the artists’ fascination with the hidden and the overlooked, and echoes their identification with the rubber Sewer Workers in Room 1.

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/fischli-weiss/fischli-weiss-room-guide-room-1/fischli-weiss-4


◇ Collection FRAC Lorraine | Peter Fischli & David Weiss:Kanalvideo

Kanalvideo is a found material, a kind of cinematographic ready-made. Supplied by the Zurich highways department at the request of Peter Fischli & David Weiss, the video is made up of an hour of forward travelling shots by a remote-controlled camera inside a sewer, checking its salubrity.

Since then Fischli & Weiss have made more videos: Cleaning the Sewage System and Construction Workers in the Vereina Tunnel. For this pair of Swiss artists, such a marked interest in underground spaces, in the concealed, suppressed underside of the city and its human community, goes hand in hand with its inscription as part of the local mythology – their country’s reputation for cleanliness is here mockingly taken over the top. One of the main threads of Fischli & Weiss’s manifold work could be about seeking to create wonderment at the heart of what at first sight is completely insignificant, through a twofold movement of faith in some metaphysical transcendence of everyday life, and of sending up that belief by taking the mundane and grotesque to new extremes. Once they had laid their hands on this subterranean sequence shot, Fischli & Weiss worked on the tape in postproduction, adding intermittently to the picture, coloured rasters that appear to come from the gallery itself; the light passes from a milky white to a deep red, to almost complete darkness … Only the joins in the pipework punctuate this uninterrupted advance, with time passing by so monotonously as to tend hypnotically towards the point of inertia.

By manipulating the tape in this way, its inept banality is transfigured into a hallucinogenic, almost supernatural image, a cosmic aspiration up into the vastness of space, where spatial and temporal landmarks, up and down, from the infinitely small and the infinitely large, are all the same: an experience of antigravity, of weightlessness.

Some passages have not been reworked and they reveal details that bring the viewer back down to earth – mould on the walls, water trickling down. We soon realize that nothing is going to happen to disturb this imperturbable exploration of the urban intestine. When after twenty minutes a greasy piece of litter crosses the picture, or worse, when two rats appear and scurry off into the darkness, they become perfectly incongruous if not completely absurd events.

With Kanalvideo, Fischli & Weiss build up a movement taking reality off towards a dream world, the recognizable towards the unknown: a metaphor of the journey of initiation, of the labyrinth as a continuous advance towards possible enlightenment. They question our processes of seeing and knowing, the fascination pictures have on the viewer, who has to abandon any speculative thoughts and become hypnotised by reality.

François Piron

http://collection.fraclorraine.org/collection/print/572?lang=en


Carnegie Museum of Art

The Swiss artistic duo Fischli and Weiss practices in a wide range of media—including photography, sculpture, video, film and installation—in an attempt to unearth the beauty and meaning in ordinary things. Using humble means and materials, their humorous and endearing work attempts to infuse a childlike sense of wonder into our everyday lives. For this work, the artists spliced together pre-existing video footage from a survey of underground sewer pipes in their hometown, Zürich. Transported into the space of the gallery and significantly enlarged in proportion to the viewer, this banal footage becomes a visual spectacle. A key aspect of the work hinges on the transformation of its mundane origins into the sublime and universal. The video's "real-time" progression is intended to encourage the viewer to experience the ordinary things we habitually take for granted in a new light; in this case, transfiguring a common sewage drain into a painterly, abstracted psychedelic journey.

http://www.cmoa.org/CollectionDetail.aspx?item=19950&retUrl=CollectionTheme.aspx%3Fid%3D17618&retPrompt=Return


◇ 『ペーターフィッシュダヴィッドヴァイス金沢21世紀美術館で開催 - ARTiT

チューリヒの下水管の調査映像とカラフルな壁紙画像を重ね合わせた幻想的な《パラッツォ・リッタでのカナルヴィデオ》(1992/2008)

http://www.art-it.asia/u/admin_ed_news/XMUbjxhDeq45dkPWYVBl


ペーターフィッシュダヴィッドヴァイス - 金沢21世紀美術館 | 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa.

《パラッツォ・リッタでのカナルヴィデオ》

観る者を無意識の領域に導くかのように延々と映し出されるトンネル。時に赤や黄色、そして白光に包まれる幻想的世界。実際は、チューリヒの下水管。

http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45&d=854


◇ Fischli and Weiss: Visible World | Tate

Fischli and Weiss work across a wide range of media and this exhibition presents their sculpture, installation, moving image and photography. Underlying all of their work is a childlike spirit of discovery which encourages the viewer to look afresh at their surroundings. In Fischli and Weiss’s world everyday objects take on an unexpectedly lifelike quality; they balance on each other, play off each other and collide into one another with a witty intelligence infused by the artists.

http://www.tate.org.uk/context-comment/video/fischli-and-weiss-visible-world

Imagineering - 岡山未来づくりプロジェクト

http://okayama-mirai.jp/imagineering/

街が美術館となり、散歩アートとの出会いになる。

「Imagineering」それは、想像し、創造すること。

歴史的文化資産である岡山城とその周辺を中心に、

国内外から注目を集めるアートコレクション石川コレクション」を展示し

日常の中に芽生える、アートとの出会いを通じて、家族や子どもたち、

市民ひとりひとりが想像し、創造できる場を生み出していきます。

さらには本コンテンツを軸として、都市部から人々が瀬戸内地域を訪れる際に、

岡山市がその導線の中心になり、瀬戸内ハブになるきっかけになればと考えています。

http://okayama-mirai.jp/imagineering/concept.html

http://okayama-mirai.jp/imagineering/artist.html

出展作家がとても豪華です。しかし、今回は訪問できそうにないのが残念です。


岡山未来づくりプロジェクト

http://okayama-mirai.jp/


----


幸福はぼくを見つけてくれるかな? ─ 石川コレクション岡山)からの10作家イントロダクション]|東京オペラシティアートギャラリー

アート私たちをひきつけてやまないのは、色やかたちや素材といった目に見える「もの」の魅力だけではなく、その背後にある意味や考えが、見る者にさまざまな問いをもたらすからではないでしょうか。本展で紹介する10組のアーティストは、私たちをとりまく現代の問題(誰もが感じることはあるが、見過ごしてしまうようなこと)に立脚した制作を続けています。都市と自然、個人のアイデンティティ歴史アートとは何かという問いーアプローチはさまざまですが、彼らの作品は、それらの個人的経験を見る者が自身に置きかえて深いレベルで共有することを可能にします。出品作家の多くは日常に目を向けながら、その視点をずらしたり置き換えたりすることで、私たちに新しい世界の見方を示してくれます。それは、やがて作品を見る私たち自身の問いかけそのものへと変わるでしょう。

本展はコンセプチュアルな作品を多く収集するコレクター石川康晴氏のコレクションより、国際的に注目を集める10組のアーティスト、ミルチャ・カントルオマー・ファスト、ペーターフィッシュダヴィッドヴァイスライアン・ガンダー、リアム・ギリック、ピエール・ユイグ、小泉明郎、グレン・ライゴン、島袋道浩、ヤン・ヴォーの作品を紹介します。

展覧会タイトルについて

幸福はぼくを見つけてくれるかな?」は、本展の出品作家ペーターフィッシュダヴィッドヴァイスの作品から引用しました。幸福とは自分で見つけるもの、誰もがそう考えるでしょう。しかしここには幸福私たちを見つけるかもしれないという視点の変換がみられます。人生に見出すわずかな希望・・・?やるせなさを感じさせるひと言にもとれますが、誰の心にも浮かぶ小さな問いかけをそのままにせず、何気ない日常をさまざまな角度から見つめることで新たな世界の見方は開けるのではないでしょうか。本展がより多くの方にとって現代美術と出会う場となることを願い、このタイトルをつけました。

原文はドイツ語でFindet Mich das Glück? 日本語2010年金沢21世紀美術館での個展で展示された作品《質問》(2000-2010)のために酒寄進一氏によって翻訳されたものです。また、この言葉は2011年にFOILより出版されたペーターフィッシュダヴィッドヴァイスアーティスト・ブックのタイトルにもなっています。

https://www.operacity.jp/ag/exh163/j/introduction.html

https://www.operacity.jp/ag/exh163/

Michael Schmidt - Berlin nach 1945 on Vimeo

https://vimeo.com/72186057

SFMOMA | Open Space — The Modern Art Notes Podcast: Robert Adams

Today at Modern Art Notes, Tyler Green interviews American photographer Robert Adams. SFMOMA has many pictures by Mr. Adams in the collection, and an interview with the artist is a rare treat. Thanks to Tyler for sharing a clip of the podcast — on Adams in relation to Carleton Watkins — with us! Please welcome him.

http://openspace.sfmoma.org/2012/08/man-podcast-robert-adams/


◇ The Modern Art Notes Podcast: Robert Adams | Tyler Green: Modern Art Notes | ARTINFO.com

http://blogs.artinfo.com/modernartnotes/2012/08/the-modern-art-notes-podcast-robert-adams/


◇ This week’s Modern Art Notes Podcast features a... | The Modern Art Notes Podcast

http://manpodcast.com/post/29555722632/this-weeks-modern-art-notes-podcast-features-a


◇ A Rare Interview with Robert Adams | Fraenkel Gallery

The Modern Art Notes Podcast is a weekly podcast featuring artists, curators, art historians and authors and is an independent production of Modern Art Notes Media. The show is produced and hosted by Tyler Green and edited by Wilson Butterworth. They recently interviewed legendary photographer Robert Adams, whose major 46-year career survey, the first such exhibition since 1989, is on view at the Yale University Art Gallery through October 28.

Adams may be the greatest living American photographer. In the 1960s and 1970s he brought a new sensibility to photographing the most classic subject in American art, the land. By emphasizing man’s impact on Colorado and its suburbs in series such as “The New West” and “What We Bought,” Adams helped pioneer art that addressed our impact on the landscape and on the Earth. While Adams is best known for his work looking at America’s consumption of Western land, he has also photographed the land he loves in ways that remind us why he loves it.”

http://fraenkelgallery.com/a-rare-interview-with-robert-adams

Fraenkel Gallery at 35. - Video

http://video.sfgate.com/Fraenkel-Gallery-at-35--28147365


◇ An Evening with Nan Goldin and Vince Aletti: Remembering Peter Hujar on Vimeo

On January 8th, Fraenkel Gallery hosted a dialogue about the work of Peter Hujar, on the occasion of the exhibition Love & Lust. On hand were Vince Aletti, respected photography critic for The New Yorker, and Nan Goldin, whose 1980s work The Ballad of Sexual Dependency, produced a sea-change in the photographic medium. Both were intimate friends of Hujar’s. The evening was moderated by Jeffrey Fraenkel.

https://vimeo.com/84351746


◇ The Unphotographable - YouTube

Fraenkel Gallery is pleased to announce The Unphotographable, an ambitious survey exploring the history of that which cannot be photographed. Comprised of approximately fifty works, the exhibition interweaves prints by artists as wide ranging as Alfred Stieglitz, Sophie Calle, Man Ray, and Glenn Ligon, as well as works by anonymous and virtually unknown photographers from the nineteenth and early twentieth centuries.


In the book's introduction Jeffrey Fraenkel writes, "From the moment of its invention almost 175 years ago, photography has proven adept at depicting the photographable: the solid, the concrete, that which can be seen. [...] But another tradition exists, a parallel history in which photographers and other artists have attempted to describe by photographic means that which is not so readily seen: thought, time, ghosts, god, dreams. A vast array of strategies has been employed to bring such pictures about, tactics that have intersected and enriched the strains of modern art."


Artists participating in the exhibition include Robert Adams, Diane Arbus, F. Baldet & F. Quénisset, Walead Beshty, Mel Bochner, Sophie Calle, Bruce Conner, Jay DeFeo, Liz Deschenes, Kota Ezawa, Tom Friedman, Adam Fuss, Paul Graham, Idris Khan, Clarence John Laughlin, Richard Learoyd, Glenn Ligon, Adrien Majewski, Man Ray, Christian Marclay, Chris McCaw, Ralph Eugene Meatyard, Richard Misrach, Jakob Ottonowitsch von Narkiewitsch-Jodko, Gerhard Richter, Frederick Sommer, Alfred Stieglitz, Hiroshi Sugimoto, and Wolfgang Tillmans.


The Unphotographable will be on view from January 3 through March 23, 2013, and will be accompanied by a 124-page hardcover book.


More information about the exhibit may be found here:

http://fraenkelgallery.com/exhibitions/the-unphotographable

http://youtu.be/EmBqkQ1_WkU


◎ Fraenkel Gallery

http://fraenkelgallery.com/

Cézanne Painting Catalogue Raisonné Is Now Available Online | ARTnews

http://www.artnews.com/2014/11/22/cezanne-painting-catalogue-raisonne-is-now-available-online/


◎ Welcome | The Paintings of Paul Cézanne, an online catalogue raisonné

http://www.cezannecatalogue.com/

サウスパーク - Wikipedia

日本未放映回

番組内容の過激さもあり、日本では放送されなかった回もある。

上記4つは当時イラク大統領であったサッダーム・フセインが登場するため自粛。

「テレンス&フィリップ緊急特番」は後のDVDBOXの発売の際に新たに日本語吹き替え版を加えて収録され、AXNでも放送された。また、第4シーズンの第10話・11話は字幕版でDVDに収録された。

フセイン逮捕後は自粛を解除したため、第7シーズン第14話「アイクをたずねて3000里」はそのまま放送されることになった。

第7シーズン・第2話「Krazy Kripples(世界征服クラブ)」

スーパーマンであるクリストファー・リーヴをネタにした内容。第7シーズン第一話の最後で予告映像が流れるも、彼が急逝したためにシーズン6の#3が再放送された。

すべて放送されていれば放送100回を迎える記念の回では、ラストで放送100回を祝う内容が入ったために、途中放送されなかったエピソードがあったことがわかる(また日本独自の内容で放送をとばしたことをカイルがつっこんでいる)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

The Roof is on Fire (1994) on Vimeo

Suzanne Lacy, Chris Johnson, and Annice Jacoby produced TEAM’s first large-scale performance art event, which featured 220 public high school students in unscripted and unedited conversations on family, sexuality, drugs, music, neighborhoods and the future as they sat in 100 cars parked on a rooftop garage. This one-hour documentary by Craig Franklin aired on KRON Channel 4, the Bay Area’s local NBC affiliate.

https://vimeo.com/39865636


◇ The Oakland Projects - The Roof is on Fire (1994)

Between 1991-2000, Suzanne Lacy worked with a broad coalition of activists, artists, youth and politicians under the acronym TEAM (Teens + Educators + Artists + Media Makers) to produce large-scale projects that included youth workshops, media intervention, and institutional programs and policies. Socially oriented public performances with youth in Oakland, California challenged negative media images. Funded in part by the Surdna Foundation, The Nathan Cummings Foundation, Oakland’s Kids First Initiative and many others, this was one of the most developed explorations of community, youth leadership, and public policy in visual arts practice.

http://vimeopro.com/suzannelacy/oakland-project

Schlingensiefs Container: Ausländer raus - YouTube

Ein Kunstprojekt des bereits verstorbenen Künstlers Christoph Schliegensief.

Ort: Wien

Jahr: 2000

http://youtu.be/cfiDb2_mMn8

2014-11-26 THAT THAT IS IS THAT THAT IS NOT IS NOT IS THAT IT IT IS

THAT THAT IS IS THAT THAT IS NOT IS NOT IS THAT IT IT IS

THE_SENSATIONAL_SIX (2014, dimensions variable)


f:id:n-291:20141123132435j:image







208 [216 websafe colors by LW minus 8] (2014, dimensions variable)


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               







208 [oblique 216 websafe colors minus 8] (2014, dimensions variable)


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               


               







2014-11-25 IT IT IS IS IS IT IT IT IS

3456 [+192 / websafe colors by Hatena] (2014, dimensions variable)


■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■

■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■■■■







3456 [+192 / websafe colors by Hatena] (2014, dimensions variable) *screen shot

f:id:n-291:20141123130235j:image






2014-11-24 IT IT IS IS

1944 [+108 / websafe colors by Hatena] (2014, dimensions variable)


■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■







R.I.P. Lewis Baltz (1945-2014)

◇ Nobuhiro Fukui(@n291)/2014年11月24日 - Twilog

R.I.P. RT @The_PBM Lewis Baltz . 1945-2014 http://fb.me/1HK68emYD photo (c) by John Gossage

ちょっと前に「The Deaths in Newport」(1996)について改めて調べていたり、ワークショップで「いいかげんボックスセットを買わないと」などと話していたところで、ルイスボルツの訃報FBメッセージ対応も他の海外著名作家とは異なって親切丁寧でした。合掌。

http://twilog.org/n291/date-141124/allasc

昨晩、ジョン・ゴセジ御大Facebookより訃報を知りました。Concrete - Photography and Architecture@Fotomuseum Winterthur http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130520#p1 で、同じ展覧会出展作家に選ばれたのはとても光栄出来事でした。結局、実際にお会いすることはできませんでしたが。。。

心よりご冥福をお祈りいたします。







2014-11-23 It it is, is.

216 [+12 / websafe colors by Hatena] (2014, dimensions variable)


                  


                  


                  


                  


                  


                  


                  


                  


                  


                  


                  


                  







864 [+48 / websafe colors by Hatena] (2014, dimensions variable)


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■


■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■







2014-11-22 one last time / on last time

one last time / on last time


f:id:n-291:20141122042058j:image

季節の記憶 (仮)|轟音上映会 - KINEATTIC

季節の記憶 (仮)|轟音上映会 @渋谷playroom


渋谷playroomにて只石博紀監督最新作『季節の記憶 (仮)』の轟音上映会を開催!


18:30|OPEN(DJ:noirse)

19:00|SCREENING『季節の記憶 (仮)』(監督:只石博紀)

21:00|LOUNGE(DJ:橋本侑生)

22:00|CLOSE


PLACE:playroom(渋谷)

CHARGE:500円(※飲食のお持ち込み自由)

RESERVE:http://kineattic.com/kisetsu-reserve

OFFICIAL SITE:http://kisetsunokioku.com


※当日受付も可能ですが、来場人数の把握のためなるべくご予約をお願い致します。

http://www.kineattic.com/kisetsu-shibuya#inf

Writing about Africa – Contemporary German Literature - Titles A-Z - Stadt des Goldes - Goethe-Institut

Norman Ohler:

Stadt des Goldes

Reinbek bei Hamburg:

Rowohlt Taschenbuch Verlag, 2002

253 S.

ISBN 3-499-22727-4

(Original paperback edition)

English translation:

Ponte City (David Philip, 2003)

At the end of the apartheid era young Lucy Tshabalala moves from Soweto to Johannesburg and finds herself in Ponte City, the unofficial landmark of the city. It is a 54 floor tower of flats full of hope and fear, allegedly the most dangerous high-rise in the world. There Lucy meets Umshlanga, a charming gangster who uses her to courier drugs to the US, with rather unfortunate consequences. Many years later she returns to Ponte City with Roman Kraner, a reporter for Hustler in Berlin who just wants to travel and to have some fun. But Lucy still has some unfinished business and suddenly they find themselves in a struggle for life and death.

http://www.goethe.de/ins/za/prj/sua/gen/rue/wer/sta/enindex.htm

François Bayle -- Les Couleurs de la nuit (1982; rev. 2012) - YouTube

http://youtu.be/lYSEtGhHLyw


◇ Bayle: "Espaces inhabitables" - YouTube

http://youtu.be/aNHDwHw-M0s


◇ François Bayle - Toupie Dans Le Ciel (New Version 2009) [1979-1980] - YouTube

http://youtu.be/tyCfJbJ8ZSI


◇ フランソワ・ベイル - Wikipedia

1932年4月27日マダガスカルのトアマシナに生まれる。父はフランス植民地官吏。14歳までトアマシナで過ごす。1946年フランスボルドーに移住し、文学と数学を専攻。1954年、パリに移住し、パリ国立高等音楽院にてオリヴィエ・メシアン、ピエール・シェフェールクラスで学び、1960年ダルムシュタットにてカールハインツ・シュトックハウゼンの元で作曲を学んだ。

1958年シェフェールが創設したフランス音楽研究グループ(GRM)に参加。二年間研究生として同機関に所属した後、1966年、役職に就く。1975年に創設されたフランス国立視聴覚研究所(INA)に同グループが一部門として統合されてからは、グループの最高責任者として1997年まで所長の役に就いた。電子音楽業界におけるベイルの最も大きな技術的功績は、アクースモニウムの開発である

1997年フランス音楽研究グループを引退してからは、レーベルMagisonを設立し、主に自身の作品を出版している。また2001年以降は、フランス著作権協会(SACEM)の交響音楽部門の責任者を努めている。

「進展(processus)と強制(pression)、記憶(mémoire)と印象(impression)、瞬時によぎる感動(émotion)、聴覚のこのポイントを引き伸ばし、不可解な物質の流動・砂時計を見る「目」、それが時間である。(中略) 時間は流れ、過ぎ去る。常に時間の知覚の中にあるもの、ある基準のまとまりから知覚されるもの、時間の経過のある点に存在するもの、耳を傾ければ、そうしたものに形を与えることができる。時間の持つ様々な幅、ときには混ざり合ったものや、まとまった単位の音や音の粒子から成るもの、例えば、密集した拍動、音声の破片、衝撃音、水などの持続音、舞曲のリズム、近くの、また遠くの鐘の音きらめきの終わりまでの音、周期性を持った風のそよめき、こうしたものに応じて耳を傾け適切に反応する訓練と研究、これが要するに私のテーマであると言える。時間はその容態において、5つのパッサージュである。」(フランソワ・ベイル

1948年、ピエール・シェフェールミュジーク・コンクレートを創案したことで、コンサートという慣習は劇的に変化した。演奏者の排除である。初めはレコード、そして磁気テープ、現在では情報記憶媒体に音楽が固定されたことから、高音質のオーディオセットがあれば、聴く場所が自宅であっても構わないと考えられるようになった。フランソワ・ベイル (1932年生まれ、シェフェールの後を継ぎ1967年から1997年までGRMを率いた)は、こうした思惑を外してくれる。演奏会場で聴いてこそ意味を成す音楽を生み出しているのだ。」(ピエール・ジェルヴァゾーニ、ル・モンド2002年

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%AB

Nam June Paik: "Prepared Piano for Merce Cunningham" - YouTube

Nam June Paik: "Prepared Piano for Merce Cunningham" (1977), Nam June Paik - piano.

http://youtu.be/qbbTdAujrTc

John Cage: Seven2 (1990) - YouTube

John Cage (1912-1992): Seven2, for Bass flute, bass clarinet, bass trombone, two percussionists (instruments not specified), violoncello and contrabass (1990).

Ives Ensemble.

http://youtu.be/NZ-SSYFdAew

Claus Goedicke „Grüße vom Mond“ - Städtische Galerie Wolfsburg

The Städtische Galerie Wolfsburg presents a space for experience conceived by the photographer Claus Goedicke in the Kunst-Station in the Wolfsburg main train station.

The artist puts together digital compositions that are printed on rolls of wallpaper. In the process, the image material that is collected is not brought together to form a homogeneous image but each motif instead stands for itself alone. Although the images seem to be distributed loosely and without a plan over the entire piece of wallpaper, they actually adhere to a strict choreography. Nevertheless, they do not have any inner connection and they also do not function chronologically or historically.

The basic structure that connects all of them is the pattern on the monochrome background. In the case of the wallpaper “Grüße vom Mond” (greetings from the moon), it is an ornament of a human forearm. On the wallpaper, it is also possible to see photos of, for example, a rocket, the earth, and of birds and peonies. On the other wallpapers, Goedicke arranged parts of the human body, thus giving the wallpaper a superordinate structure.

Ultimately, it is left up to viewers to develop new stories in which new meanings emerge from the motifs. Seen figuratively, the gaps between the individual pictorial motifs also allow space for one’s own associations and interpretations. The title “Grüße vom Mond” also allows a lot of space for one’s own thoughts and reveries. And the information in the images also invites guests to invent their own stories themselves while waiting. Stories of journeys, of arriving and departing, of joyous greetings, of the sadness of goodbyes, the joy and impatience of waiting...

“Grüße vom Mond” is already the sixth project in the “Kunst-Station” in the Wolfsburg main train station. Since 2006, the Kunst-Station has been designed artistically in a collaboration of the Deutsche Bahn AG and the Städtische Galerie Wolfsburg.

We thank the Neuland GmbH for their kind support.

http://english.staedtische-galerie-wolfsburg.de/ausstellungen/satelit/gruesse-vom-mond/

http://www.staedtische-galerie-wolfsburg.de/ausstellungen/satelit/gruesse-vom-mond/

クラウス・ゲディケのその後の展開。


◇ Claus Goedicke: Some Things - Galerie m Bochum

http://www.galerie-m-bochum.de/artist_info2_en.php?SID=HeX1Qws43dO3&aid=180&aifid=209

http://www.m-bochum.de/artist_image.php?aid=180&aname=ClausGoedicke

生もの、義眼、義手などから、Frederic Sommerを想起したりとか。


◇ Claus Goedicke - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Claus+Goedicke&espv=2&biw=1440&bih=806&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=igRuVKeNC6K4mAXW8oKgCQ&ved=0CBwQsAQ


◇ Claus Goedicke | Photography | Hatje Cantz

In his oeuvre, Claus Goedicke has added a new, markedly contemporary perspective to the photographic still life. His subjet usually deals with the most familiar everyday items, plastic containers and fruit. As such they are not only seen as objects of everyday life, however, but are also placed in the historic context of the still life. The pictures, which oscillate between still lifes and factual photographs, mirror the aesthetics of advertising in their reflecting surfaces, precise lighting, and flawless objects in frequently extreme color - aesthetics which Goedicke nevertheless likes to thwart at the same time. In 1999, the artist was awarded the prize for supporting upcoming artists by the state of Northrhine Westphalia. To cite the laudatory speech, "Claus Goedicke builds his photographs like a painter does his picture ... Among the younger photographers, he is the one who is most explicit in his dialogue with painting." This book features selected works from Claus Goedicke's photographic oeuvre, from the beginning of the nineties until today.

http://www.hatjecantz.de/claus-goedicke-1047-1.html


◇ Claus Goedicke ARTBOOK | D.A.P. 2001 Catalog Hatje Cantz Publishers Books Exhibition Catalogues 9783775710534

Claus Goedicke

Published by Hatje Cantz Publishers

Essay by Heinz Liesbrock.

Claus Goedicke, a student of Bernd Becher, takes color photographs that recall the tradition of still-life painting, with subjects featuring everyday objects like platic containers and fruit. These pictures, with their extreme color, perfect lighting, and flawless appearance, also recall the aesthetics of modern advertising.

http://www.artbook.com/3775710531.html


◇ Claus Goedicke - IfA

Claus Goedicke exhibits his work in the form of wallpaper, departing from what has become the habitual presentation of the photographic print as a framed object. In his digital compositions, Goedicke arranges details of the human body into ornamentation that acts like an oscillating curtain in front of another picture plane with different photographs. The abstraction and the pattern’s arrangement at once disrupt and sensitize one’s contemplation of the photographs, which cite various types of images and play off against each other.

http://www.ifa.de/en/visual-arts/exhibitions-abroad/photography-and-film/presentation-representation/claus-goedicke.html


----


スタッフブログ: MOTアニュアル2014ブログ No.2 「インタビュー 青田真也」

作家の青田真也さんは、洗剤のボトルガラスの瓶、木製の民芸品など生活に身近な日用品の表面をやすりで削ぎ落とし、表層を曖昧にする立体作品を制作しています。

今回は青田さんに、素材選びの話から聞いてみました。

カノ「身近な日用品や、民芸品など、見慣れたものを削って作品にされていますが、何を素材にするかは、どのように選んでいるのですか。」

青田「最初はランダムにいろいろなものを削っていましたが、作業していく中で、普段見ているイメージが強いものや、作品を見た人が元の形を想像しやすいものを選ぶようになりました。

青田「僕の中で、ここまで削る、という基準があって、元の形が分かる程度にとどめます。作品を見た人が、『見たことがあるけれど、もしかしたら違うかもしれない』と感じるような、曖昧なものにしておきたいです。

機能も、出来る限り残しておきたいです。例えば、プラスチックボトルだったら、ボトルが破れるまで削ってしまったら、それは作品ではなくなってしまいます。」

カノ「作品を見た人の意外な反応はありましたか。」

青田 「これはどのような素材で制作したのですか、と聞かれることが多いです。

プラスチックボトルの作品は、粘土で作ったものですか、と言われたり。

この間、視覚障害のあるこどもたちとワークショップを行った際は、手触りだけだと、布を巻いているのですか、と言われたりしました。

そのような反応を聞くのは作家としてすごく面白いです。

多くの人が見たことがあるようなものを素材に使うのも、見る人がどう感じるのか知りたいからかもしれないですね。」

今回の展覧会では、ボトルの作品を多数用いてインスタレーションとして発表する予定です。

ぜひ展示室で、作品の質感に注目してみてください。

http://www.mot-art-museum.jp/blog/staff/2014/01/mot2014no2.html

クラウス・ゲディケの写真作品との比較で。


◇ 青田 真也 « 横浜市民ギャラリーあざみ野

1982年大阪府生まれ。身近な既製品大量生産品の表面をヤスリで削り落とし、見慣れた表層を奪い去ることで、それらの実質や情報などの価値を問い直す作品を制作。近年は「モノ」にとどまらず、「空間」に対しても同様のアプローチを行っている。主な展示に、2010年あいちトリエンナーレ2010』、『個展』(青山|目黒)、2014年『日常/オフレコ』(神奈川芸術劇場)、『MOTアニュアル2014』(東京都現代美術館)など。

http://artazamino.jp/artist/shinya-aota/


◇ Shinya Aota | AOYAMA | MEGURO

http://aoyamameguro.com/shinya-aota/


◎ Shinya Aota / 青田真也

http://www.shinyaaota.com/

大西みつぐ写真展 まちの息づかい−江東、砂町、ある日ある時− - 公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団

日付 2014年11月16日(日)〜11月30日(日)

時間 9:00〜22:00(最終日は15:00終了)

場所 砂町文化センター 2階展示ロビー

料金 無料

http://www.kcf.or.jp/sunamachi/event_detail_010700400068.html

第11回写真「1_WALL」展 リクルートの2つのギャラリー - リクルートの2つのギャラリー ガーディアン・ガーデン -TOPページ-

2014年10月27日(月)〜 11月20日(木)

11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

第11回写真「1_WALL」展 ファイナリスト6名

11月5日の公開最終審査会で、吉田志穂さんがグランプリに決定しました。


吉田志穂 

Shiho Yoshida

1992年生まれ 

「Log」

そこに形を与えたいと思った。


新居上実 

Takamitsu Nii

1987年生まれ

日本写真芸術専門学校卒業 

「平面上の空間」

物体と物体の衝突が創り上げる不均衡な空間の観察。


浦部裕紀 

Hiroki Urabe

1985年生まれ

早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了

「weak」

あらゆるものにつきまとう弱さ。その不安定な様相から変移を聴き取ること。


田中崇嗣 

Soushi Tanaka

1978年生まれ

広島県出身

「ILLUMINATE THE PERIOD 供

光が機械を通過しデータが生成されるという根本的な現象

の中で身体を機械に任せてデータを切り出そうと思った。


北田瑞絵 

Mizue Kitada

1991年生まれ

バンタンデザイン研究所大阪校フォトグラフィ専攻卒業

「性アンドインスティンクトイン彼女」

であるから苦しんで、女に救済される 

骨の髄まで染み付いてる女という存在はなに

下着を脱いで裸になったその先で 

“個人”となる彼女の顔を見たい

漂う性と女性としての本能


高橋由衣 

Yui Takahashi

1986年生まれ

東京綜合写真専門学校卒業

「CLOSET」

幼い頃よく遊んだ母のクローゼット。

再びその扉を開けることになったのは遺品整理の時であった。

母、祖母、私、それぞれのクローゼットを通して母との関係性を探っていく。

http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_wall_ph_201410/gg_wall_ph_201410.html

残念ながら見逃し。しかし、展示や審査会を見た人々からいろいろと話は伺っています。学部レベルあるいは専門2・3年レベルだから仕方ない、と言ってしまえば、それはそうなんでしょうけども、応募者も運営者も根本的なマインドが変わらない限り、何も変わっていかないのでしょう。表面的には、雑誌水準の情報やネットで仕入れた“流行”(といってもカルチャーのもの)を数十倍希釈した手法や仕上げによって、それらしくつくられていたり、その反動としてなのかどうかわかりませんが、素朴な90年代回帰になっているのでしょうけども(実は前者は、80年代回帰であり、それよりも少しアタマを使ったものであれば60年代70年代の美術における写真の使用への回帰であったりしますが、そこには、深刻な記憶喪失または歴史性の欠如があると思われます)。

Richard Prince at Kunsthaus Bregenz (Contemporary Art Daily)

Artist: Richard Prince

Venue: Kunsthaus Bregenz, Bregenz

Exhibition Title: It’s a Free Concert

Date: July 19 – October 5, 2014

http://www.contemporaryartdaily.com/2014/09/richard-prince-at-kunsthaus-bregenz/


◎ KUNSTHAUS BREGENZ

http://www.kunsthaus-bregenz.at/

Amazon.co.jp: Pictures of Paintings (Blindspot Book): Richard Misrach, Weston Naef, Navjotika Kumar: 洋書

内容紹介

What do paintings signify in an age of photographs? How do photographs modify the visual language of paintings? Richard Misrach's Pictures of Paintings showcases photographs of select museum masterpieces. Working primarily in the art museums of the American West, along with The Metropolitan Museum in New York and the Israel Museum in Jerusalem, Misrach photographs paintings to reexamine specific details, not so much as a guide to the artist’s style or technique, but as a means of understanding a lexicon of cultural values, among them race, gender, religion, and power.

By collapsing the barriers between the traditional practice of documentation and the recent strategies of appropriation art, these photographs raise important questions regarding representation itself. This publication marks the first comprehensive compilation of this significant body of work.

Blind Spot Books, a division of Blind Spot Inc. (publisher of the premiere art photography magazine Blind Spot), is now partnering with powerHouse Books to produce elegantly designed, sumptuously produced works of artistic and literary significance. Founding Blind Spot editor and publisher Kim Zorn Caputo will use the same uncompromising production standards and the finest printing available for the series. Each book will be treated as a creative medium that celebrates the integrity of the best in art and literature.


著者について

Richard Misrach was born in Los Angeles in 1949 and received a BA in Psychology from the University of California, Berkeley. His photographs have been widely exhibited and published, and are in the collections of over fifty major institutions, including the Whitney Museum of American Art, The Metropolitan Museum of Art, and The Museum of Modern Art, all in New York; the National Gallery of Art, Washington; the Museum of Contemporary Art, Chicago; the Los Angeles County Museum of Art; the Victoria and Albert Museum, London; and the Musee d'Art Moderne, Paris. Selections from his "Desert Cantos" have appeared in several award-winning monographs, among them Desert Cantos (University of New Mexico Press), Bravo 20: The Bombing Of The American West (Johns Hopkins University Press), Violent Legaices (Aperture), Crimes and Splendors: The Desert Cantos Of Richard Misrach (Bulfinch), The Sky Book (Arena), and Golden Gate (Arena). Misrach is the recipient of four NEA Fellowships, the PEN Literary Award, and the John Simon Guggenheim Memorial Fellowship, among others. Introduction by Weston Naef: Weston Naef has been Curator of Photographs at the J. Paul Getty Museum since 1984, and the author of several books related to exhibitions, among them Era Of Exploration (Little Brown), The Collection Of Alfred Stieglitz (Oxford University Press), and The Truthful Lens (with Lucien Goldschmidt, University of Virginia Press). He is also general editor of the "In Focus" series of monographs. Text by Navjotika Kumar received her Masters degrees in ARt History from the University of Notre Dame and Cornell University, where she is currently working on her doctorate with Hal Foster.

http://www.amazon.co.jp/Pictures-Paintings-Blindspot-Richard-Misrach/dp/1576871479


◇ richard misrach Pictures of Paintings - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=richard+misrach+Pictures+of+Paintings&espv=2&biw=1440&bih=806&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=B5BvVNiMN8HsmAWnyoGgDA&ved=0CAgQ_AUoAQ