Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2038-10-02

Nobuhiro Fukui | web exhibition

MD et / und GR [MD_et_und_GR]

Feburary 18, 2014 - October 2, 2038

on the internet

http://j.mp/MD_et_und_GR_03

続きを読む

2014-10-08

[][] 291 workshop 「第11期」

2014年10月8日(水)〜12月10日(水)[全10回]+補講

続きを読む

[][] 291 workshop 個人講座《パーソナル・セッション[6か月間・全15講座・各60〜480分]

続きを読む

2014-09-04 もし世界が100人の●●●●だったら(●●●●に人名を入れる)

もし世界100人の●●●●だったら(●●●●に人名を入れる)

2014-09-03 隔離部屋/ミダス王の理髪師/ベンツ寺

隔離部屋/ミダス王の理髪師/ベンツ

2014-09-02 キキノジダイ

[]

◇ Nobuhiro Fukui(@n291)/2013年02月03日 - Twilog

作家が裸の王様アートもあれば、鑑賞者を無意識のうちに裸の王様化させることによって作品価値付けさせるアートもある。……みたいなことについて少し考えが整理できました(@昨晩のプチ合宿)。

http://twilog.org/n291/date-130203/allasc

これはアートに限らない話。「アート」に他の何かを代入しても成立すると思います。

2014-09-01 “ある論理形式をある論理を批判するために適用した場合、その論理形

2014-08-31 インターネットの個室化

ジャン・ル・ロン・ダランベール - Wikipedia

ジャン・ル・ロン・ダランベール(Jean Le Rond d'Alembert、1717年11月16日 - 1783年10月29日)は、18世紀フランス哲学者数学者物理学者。ドゥニ・ディドロらと並び、百科全書派知識人の中心者。

1743年に『動力学論』を刊行し、全ヨーロッパで脚光を浴びる。次いで「流体の釣り合いと運動論」「風の一般的原因に関する研究」などの物理学研究を次々に発表した。その研究パリ社交界でも注目され、科学関係者だけでなくディドロ、ルソーコンディヤックらの哲学者と知り合い、関心分野を広げた。その知名度と関心の広さを見込まれ、ディドロとともに『百科全書』の責任編集者となり、その刊行(1751年)にあたっては序論を執筆した。

『百科全書』には、他に「力学」「原因」「加速的」など150の項目を執筆、それらをとおし「力学は単なる実験科学ではなく、混合応用数学の第一部門である」との説を主張した。ダランベール力学の大きな功績は、ニュートン力学肯定しながらも、そのなかにみられた神の影響を払拭した点にある。また「動力学」の項目では「ダランベール原理」を明らかにしている。

1757年ヴォルテール訪問し親交を結んだ。またこの年『百科全書』に執筆した「ジュネーヴ」の項がルソーらの反論を呼んだ。この事件に追い打ちをかけるように、王権からの『百科全書』刊行に対する圧力が強まるなかで、1759年には責任編集者を退いた。その後1761年に『数学小論集』の刊行を開始し、1780年に完結させた。ただし1760年代以降のダランベールは、関心が哲学文学に向かったことや健康状態が悪化したことなどのため、執筆活動は衰えている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB