Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-04-01

[][] 291 workshop「第13期」

2015年4月1日(水)〜6月24日(水)[全10回]+補講 ※5月6日(水)・6月17日(水)休講予定

続きを読む

[][] 291 workshop 個人講座《パーソナル・セッション[6か月間・全15講座・各60〜480分]

続きを読む

2015-03-31

個展企画「Parrhesia」出展作家オーディション開催中

新年度清澄白河オルタナティブ写真ギャラリー TAP Gallery で3つの展覧会「Parrhesia #001, #002, #003」*1を企画し、以下の日程で個展を開催いたします(個展を開催するにあたって、費用はいただいておりません。ギャラリーを利用するための料金等はまったくの無料です。ただし、出展作家は、“写真”というメディウムを扱っている作家に限ります)。そこで、個展の開催を希望する作家オーディションを開催中です。オーディションは、私(福居伸宏)との一対一でのポートフォリオレビューというかたちになります(ただし、現状では5月の個展で私が紹介したい作家の人選を行っています)。そのうえで、個展開催候補者の絞り込みに難航した場合は、最終的に候補者同士がプレゼンテーションを行い、互いに討論するような場も設けたいと考えています(また、仮にすぐに個展開催へと結びつかなかった場合も、TAP Galleryに開設予定のポートフォリオライブラリでのポートフォリオ展示の出展候補者となり、その作品活動概要を来廊された方々に広く伝えていきたいと考えています)。


2015年5月26日(月)〜6月7日(日)

Parrhesia #001 ■■■■「■■■■■■■■」展TAP Gallery


2015年8月18日(月)〜8月30日(日)

Parrhesia #002 ■■■■「■■■■■■■■」展TAP Gallery


2015年11月24日(月)〜12月6日(日)

Parrhesia #003 ■■■■「■■■■■■■■」展TAP Gallery


TAP Gallery

http://tapgallery.jp/ Tel/Fax 03-3643-6885

東京メトロ半蔵門線都営大江戸線 「清澄白河」駅 B2A3出口 徒歩5分

〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8


オーディションポートフォリオレビュー)への参加を希望する方は、

fknb291(at)gmail.com

上記アドレスの「(at)」を「@」に変更して、

下記のメールをお送りください。

メール件名》

Parrhesia オーディション参加希望 *2

メール本文》

1.お名前

2.メールアドレス

3.生年月日

4.ご職業 *3

3.略歴等 *4



*1http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2

*2:お問い合わせの方は「Parrhesia 問い合わせ」としてください。
  場合により、メール未着のこともあるかもしれませんので、こちらからのご返信に時間がかかっているようでしたら、
  本ブログコメント欄から直接その旨をお伝えいただければ幸いです。

*3:必ずしも記入する必要はありません。学生の方は学校名をご記入ください。

*4:必ずしも記入する必要はありません。

2015-03-07 サンルイ(セントルイス)

2015-03-06 今日もローマンは来なかったbot

2015-03-05 「受かる」(専門用語)

Chantal Pontbriand & Allan Sekula - Platform Mutations - Paris Photo 2011 on Vimeo

The world is changing, so is photography. Through these exchanges and events, in 4 days, Paris Photo is exploring different aspects of these changes and their links to the medium: Geography (on Thursday), Technology (on Friday), Society and Media (on Saturday), and the Body (on Sunday).

For its 15th edition, the Paris Photo Platform invites you to a daily noontime encounter with a special guest hosted by Chantal Pontbriand ”Noontime Encounters”), meetings with artists (“Artists Views”), and a series of round-table discussions with artists, critics, curators, collectors, as well as performances linked to photography...

Saturday 12 november : Society / Media

Noontime Encounter: Interview by Chantal Pontbriand, curator, Paris Photo Platform with Allan Sekula.

https://vimeo.com/101308153


Talking Heads – Allan Sekula on Vimeo

Allan Sekula, Cinéaste, photographe, écrivain

En conversation avec Jean Perret, responsable du Département Cinéma/cinéma du réel de la Head – Genève, et Pascal Beausse, critique d’art et professeur à la Head – Genève.

23 février 2011

(Part 1)https://vimeo.com/78894811

(Part 2)https://vimeo.com/78894811


◇ Allan Sekula, excerpt of Lottery of the Sea, 2006 on Vimeo

Allan Sekula

Lottery of the Sea, 2006

single-channel video, color, sound

179 min., dimensions variable

edition of 5

https://vimeo.com/100348109

New Topographics at George Eastman House on Vimeo

Speaking with curator Alison Nordstrom at George Eastman House in Rochester, New York on the New Topographics exhibition.

https://vimeo.com/6295934

Ai Weiwei Provisional Landscapes - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Ai+Weiwei+Provisional+Landscapes&espv=210&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=Cp4zU-TrNIznkAXxhoGQCA&ved=0CCgQsAQ&biw=1436&bih=806

例えば、アイ・ウェイウェイ艾未未 Ai Weiwei)の場合。これまた多種多様な作品展開の一部。そして、一枚一枚よくできているのに、この使い方。

Panel Discussion w. Allan Sekula, Catherine Taft and Mario Pfeifer moderated by Andrew Freeman at LAX ART, Los Angeles, 2011 on Vimeo

The book discusses Mario Pfeifer’s recent 16mm film installation Reconsidering The new Industrial Parks near Irvine, California by Lewis Baltz, 1974. This installation, consisting of two synchronized, looped, and parallel projected films, takes its point of departure from the first monograph of Baltz’s work, published by Castelli Graphics, New York in 1974.

Over the last four decades, Lewis Baltz has continuously produced highquality photographic books. This publication functions as a critical reader, reevaluating “New Topographics” as representations of landscapes. Looking at Pfeifer’s installation, which re-visits a Baltz’s photographic site, Vanessa Joan Müller negotiates the terms realism / reality and the way Pfeifer discovers the mis-representation of a modern industrial building in Irvine’s Industrial Park in 2009. Martin Hochleitner contextualizes Pfeifer’s film installation within the context of the original “New Topographics” exhibitions (1975), which, since 2009, are being shown throughout the United States and Europe. In addition, this publication consists of film stills, production stills, and a rare interview by Mario Pfeifer with Lewis Baltz.

In her introduction to this critical reader Julia Moritz notes the following:

"One of the rare interviews given by Lewis Baltz — published here for the first time in conversation with Mario Pfeifer — highlights the difficulty in formulating the open questions generated by that particular photographic work, as well as its distributive processing. With and beyond Baltz, the struggle for an adequate terminology and the meaning of socio-political context for such images emerges as Pfeifer’s urgent questioning of the conceptual tradition. It becomes apparent that Baltz’s interest was geared more toward abstract,formal painting — and its political implications — rather than toward a genuinely photographic engagement. In which context then should Baltz’s work be discussed appropriately? The republishing of Baltz’s short, untitled text from 1974 provides a clue as to the horizon of Baltz’s conceptual tradition.

Alongside his work as an artist, he has published writings — albeit under a pseudonym — as an architecture critic and theorist. “Untitled” combines the aesthetic and discursive strategies of conceptual art in an illuminating way: a list of typical characteristics — similar to the serial images themselves — of the utility buildings duly depicted (“typical characteristics” include: locations, considerations in site selections, site planning, construction techniques, functions, names, environmental relations, and economic considerations). Typicality appears to be the principal structural feature of the image-oriented utilitarianism that Baltz, by means of his photographic close reading, exposes as the driving force of postmodern conceptions of environment, work, and, indeed, life. But what is typical of Baltz’s own photographs?"

In his acclaimed essay Photography between Labor and Capital (1988), Allan Sekula proposes:

"What should be recognized here is that photographic books (and exhibitions), frequently cannot help but reproduce these rudimentary ordering schemes, and in so doing implicitly claim a share in both the authority and the illusory neutrality of the archive. Herein lies the 'primitivism' of still photography in relation to the cinema. Unlike a film, a photographic book or exhibition can almost always be dissolved back into its component parts, back into an archive. ... Photographer, archivist, editor and curator can all claim, when challenged about their interpretations, to merely passing along a neutral reflection of an already established state of affairs. Underlying this process of professional denial is a commonsensical empiricism. The photograph reflects reality. The archive accurately catalogues the ensemble of reflections, and so on."

Andrew Freeman is an artist and currently a faculty member of the Photography and Media program at The California Institute of the Arts.

Allan Sekula is a photographer, writer, and filmmaker based in Los Angeles, where he teaches in the Program in Photography and Media at the California Institute of the Arts. He has explored an experimental social documentary practice since the early 1970s. His books include Photography Against the Grain, Fish Story, Geography Lesson: Canadian Notes, Performance under Working Conditions, and TITANIC's wake.

Catherine Taft is a Los Angeles-based writer and curator. She is a regular contributor to publications including Artforum, ArtReview, Modern Painters, Metropolis M and exhibition catalogs in the United States and abroad.

laxart.org/events/view/book-presentation-and-panel-discussion-on-mario-pfeifers-reconsidering-published-by-sternberg-press-2011/#images

sternberg-press.com/index.php?pageId=1302&l=en&bookId=197&sort=year%20DESC,month%20DESC

https://vimeo.com/87804487

Kappa on Vimeo

https://vimeo.com/107213947


◇ Kappa (excerpt) on Vimeo

Kappa (1986, 26 min, color, sound) By Bruce and Norman Yonemoto in collaboration with Mike Kelley. Kappais a boldly provocative and original work. Deconstructing the myth of Oedipus within the framework of an ancient Japanese folk story, the Yonemotos craft a highly charged discourse of loss and desire. Quoting from Bunuel, Freud, pop media and art, they place the symbology of Western psychosexual analytical theory into a cross-cultural context, juxtaposing the Oedipal and Kappa myths in a delirious collusion of form and content. The Kappa, a malevolent Japanese water imp, is played with eerie intensity by artist Mike Kelley; actress Mary Woronov plays Jocasta as a vamp from a Hollywood exploitation film. Steeped in perversions and violent longings, both the Kappa and Oedipus legends are presented in highly stylized, purposefully “degraded” forms, reflecting their media-exploitative cultural contexts. In this ironic yet oddly poignant essay of psychosexual compulsion and catharsis, the Yonemotos demonstrate that even in debased forms, cultural archetypes hold the power to move and manipulate.

https://vimeo.com/70257643

2015-03-04 「0」か「00」か

「0」か「00」か


f:id:n-291:20150304161425j:image

Jeremy Blake - Wikipedia, the free encyclopedia

Jeremy Blake (October 4, 1971 – July 17, 2007) was an American digital artist and painter. His work included projected DVD installations, Type C prints, and collaborative film projects.

http://en.wikipedia.org/wiki/Jeremy_Blake


◇ AIGA | Remembering Jeremy Blake

http://www.aiga.org/remembering-jeremy-blake/


◇ Kinz + Tillou Fine Art - Jeremy Blake

http://www.ktfineart.com/artists/jeremy_blake/


◇ Jeremy Blake - Honor Fraser

http://www.honorfraser.com/?s=artists&aid=24&c=work


◇ Jeremy Blake - Winchester - YouTube

http://youtu.be/tHdyVydIXII

Gavin Turk | Publication Home Slideshow | Publications

http://gavinturk.com/

Angus Fairhurst - Google 検索

https://www.google.com/search?q=Angus+Fairhurst&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=Kkr0VL2ROqO2mQX9_oLYDQ&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806


◇ Angus Fairhurst - Wikipedia, the free encyclopedia

Angus Fairhurst (4 October 1966 – 29 March 2008) was an English artist working in installation, photography and video. He was one of the Young British Artists (YBAs).

http://en.wikipedia.org/wiki/Angus_Fairhurst

Minimalism Now on Vimeo

Minimalism Now

Feb 27, 2011

Rachel Harrison, sculptor

Miwon Kwon, Professor of Art History, UCLA

James Meyer, Associate Professor of Art History, Emory University

David Raskin, Professor of Art History, Theory, and Criticism, the School of the Art Institute of Chicago

This panel puts the issue of Minimalism’s morphology and relevance to a noteworthy cast of scholars and artists. Harrison has exhibited internationally in leading venues. Kwon is the author of One Place After Another: Site-Specific Art and Locational Identity (MIT Press, 2002). Meyer is the author of Minimalism: Art and Polemics in the 1960s (Yale University Press, 2001). Raskin is the author of Donald Judd (Yale University Press, 2010).

https://vimeo.com/20649298

2015-03-03 けってい

Roni Horn in Conversation | Tate

In light of her exhibition at Tate Modern, Roni Horn discusses her practise with curator and Art Angel co-director James Lingwood and art historian Briony Fer, chaired by Tate Curator Mark Godfrey.

http://www.tate.org.uk/context-comment/video/roni-horn-conversation

この映像のロニ・ホーンは風邪をひいている?


◇ Art:21 Roni Horn - YouTube

http://youtu.be/eepmYQvBl-s

Goshogaoka (1998) - Sharon Lockhart - YouTube

http://youtu.be/koHtPrgf5hA


◇ 美術の民族誌的転回へ向けて (特集 人間科学、表現文化における「民族誌的転回」をめぐって) 野々村文宏 所員・表現学部助教授

シャロンロックハートが“Gosho-gaoka”という63分の映像作品を撮っ

ていることも興味深い。『テアトロアマゾナス』の前駆的作品として関連付

けて語られる事が多いこの作品は、1996年に日本の茨城県アーティスト

イン・レジデンス・プログラム ARCUS のアーティストとして茨城県守谷

市に滞在したロックハートが、地元の御所が丘中学の女子バスケットボール

部員に振り付けをして、中学の体育館で撮影した映画である。少女期という、

女性にとって社会的ポジションのうつろいやすい時期をリリカルに撮影した

映像作品だが、この作品をわれわれが見る時には、図らずも、われわれは「ネ

イティブ」の眼から作品を鑑賞することになる。いや、この映像作品を見る

ことの関係において、われわれとロックハートの側を区分する「ネイティブ

という線引きが生成されるといったほうがよい。

https://www.wako.ac.jp/_static/page/university/images/_tz0518.0a58e9738b4ff50fb15c78e94f998269.pdf


※過去のSharon Lockhart関連

http://d.hatena.ne.jp/n-291/searchdiary?word=Sharon%20Lockhart

Yann Mingard

http://yannmingard.ch/


◇ Yann Mingard's 'Deposit' at Fotomuseum Winterthur, Zürich - The Collector Tribune | The Collector Tribune

http://www.collectortribune.com/2014/03/10/yann-mingards-deposit-at-fotomuseum-winterthur-zurich/

‘Great North Road Garage, Edinburgh, November 1981’ by Paul Graham - FT.com

http://www.ft.com/intl/cms/s/2/d3b31b9c-5a50-11e2-bc93-00144feab49a.html


◇ About Francis Hodgson | Francis Hodgson

I am the Professor in the Culture of Photography at the University of Brighton, in England.


I am the photography critic of the Financial Times and a former head of the photographs department at Sotheby’s.


I am one of the founders of the Prix Pictet.


I am an art adviser specialising in fine photographs. I advise on many aspects of collections (public and private). I also help photographers to market their work and act as a consultant to various image-centred businesses such as stock libraries.

http://francishodgson.com/about/


◇ Paul Grahamn - A1: The Great North Road on Vimeo

Seeing as this books isn't easy to come by, I have made a quick video found here. My apologies for the book's condition but thanks to CU Photography's library as I don't have a copy myself. Let's just say it is good to see a book has been so loved!

(This video is intended to give a feel for the layout, design and sequencing of the book, for a selection of high quality images from this book, head over here paulgrahamarchive.com/a1.html#a)

From the publisher:

Photographer Paul Graham spent two years completing this documentary on the life and landscape of the Great North Road. Throughout 1981 and 1982 he made numerous trips along the A1, crossing and recrossing the length of the nation to record every aspect of life at the verge of this great road. The photographs reproduced in this book build not only into a significant documentary of the A1, but also provide a thread along which we can travel the Great North Road, deep into the nation’s heart, and weave a picture of England in the 1980s.

https://vimeo.com/41306675


The Great Leap Sideways ("It has become a work about seeing, in times of...)

"It has become a work about seeing, in times of freely chosen short-sightedness. A work about reflection, in times of stupidity. A work about time and history, in times of seemingly timeless youth. It is a work against the peddling (or rubbishing) of all values - without finding fresh ones, without finding a new ideology."

— Urs Stahel “Thoughtful Traveller” in New Europe by Paul Graham [Fotomuseum Winterthur, 1993]

http://greatleapsideways.tumblr.com/post/70985634637/it-has-become-a-work-about-seeing-in-times-of


Paul Graham: Photographs 1981–2006 - Read the Education Resource - Whitechapel Gallery

http://www.whitechapelgallery.org/wp-content/uploads/2014/10/Education_Resource.pdf

Walead Beshty - glasshouse-jpg1rotate90cw2rotate90ccw3rotate90cw4rotate90ccw5rotate90cw6rotate90ccw7rotate90cw8rotate90ccw9rotate90cw10rotate90ccw11rotate90cw12rotate90ccw13rotate90cw14 for Sale | Artspace

ABOUT THE WORK

Furthering Walead Beshty's interest in the ruptures created by the photographic artifact, this series takes a single appropriated image, featuring the Philip Johnson Glass House, and corrupts it repeatedly, generating intensely colorful and increasingly abstract images. The result is 20 unique prints sequentially generated from the original image.

Courtesy of SculptureCenter

http://www.artspace.com/walead_beshty/glasshouse_14

連載的批評--------毛利嘉孝

http://www5e.biglobe.ne.jp/~soap/remap2003/frame.html

RE/MAP 北天神(2003年)にあわせて執筆されたもの。ハル・フォスター「民族誌家としてのアーティスト」についての論と、ローター・バウムガルテンについての論が気になるところ。

kult des kuenstlers - YouTube

Paul Klee, Joseph Beuys, Andy Warhol, Arnold Boecklin, Martin Kippenberger, Albert Giacometti, Marcel Duchamp

http://youtu.be/mHQr9wzO1R0

Adam Curtis - Bitter Lake on Vimeo

https://vimeo.com/118890231

[]291 workshop 読書会 第1回(2014.03.17) スーザン・ソンタグ『写真論』より「プラトンの洞窟で」についてのメモ

▽表紙の写真について

https://twitter.com/n291/status/445705444921581568


▽前書き

※第1回ではここを飛ばしてしまいました。『写真論』所収のエッセーは、そもそも写真をふんだんに使った記事で『ニューヨークレビュー・オブ・ブックス』誌に掲載されたものだった。いずれ元の記事にもあたりたいところ。それほど詳しく検索していませんが、初出のPDFは発見できず。


▽大判カメラフィルム

http://j.mp/1sKRtiS


▽ブローニー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC


▽Brownie (camera) ※いわゆる「The Kodak Camera」

http://j.mp/1sKRYcw


▽ニエプス ダゲレオタイプ フォックス・タルボット カロタイプ

詳しく学びたい方はこちらを→http://www.amazon.co.jp/dp/4422211692

※クエンティン・バジャックはMoMA写真部門の現チーフキュレーター


橋本一径 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E4%B8%80%E5%BE%84


▽ベルティヨン式 - Google 検索

http://j.mp/1sKWlnY


▽洞窟の比喩 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9E%E7%AA%9F%E3%81%AE%E6%AF%94%E5%96%A9

そもそも「プラトンの洞窟」からの脱出は不能。なのに、その議論を冒頭に持ってきており、かつエッセータイトルになっているのはどうか?

プラトンの洞窟の比喩が、カメラカメラ・オブスキュラ)のアナロジーとして使われている。

※読み直すと「写真の眼が、洞窟としての私たちの世界における幽閉の境界を変えている」という文言が重要かもしれません。ソンタグも出られないことはわかっている?


▽映像による知育

写真(光学的な映像)による/工芸的な映像(絵画など)によるの対比。

※ただし、カメラの原型となったカメラ・オブスキュラは、絵画を描くための装置や見せ物として使われてきたという背景もあり。

神戸芸術工科大学紀要芸術工学2007 | 映像装置カメラ・オブスキュラの研究

http://kiyou.kobe-du.ac.jp/07/report/10-01.html


▽イブン・アル=ハイサム

http://web.canon.jp/technology/kids/history/02_ibn_al_haytham.html

http://j.mp/1kTN4FI


▽映画・テレビと写真との比較

ムービング・イメージを想起すること/スチル・イメージを想起することの違いはどこに?


▽「写真映像のいかがわしい魔力」というフレーズ

日本の写真にまつわる言説でも、やたら「いかがわしい」「写真のいかがわしさ」「鵺のような」みたいな言葉が使われます。その源流に、このソンタグの言葉があったりするのかもしれません。


ゴダールの映画『カラビニエ』(1963)

https://twitter.com/n291/status/446136417970683904


▽写真と所有の問題

写真機カメラを持つことで人格が変わってしまったりすることがあること、自動車を運転すると気持ちが大きくなってしまう人がいたりすること、などからある機械なり装置なりメディアが人間の精神にどういった作用を及ぼすかについて話題になったりしました。


▽モダニティの淵源としての写真映像


マルクス主義ソンタグ

ニューヨーク知識人(The New York Intellectuals)

http://twilog.org/n291/search?word=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%9F%A5%E8%AD%98%E4%BA%BA&ao=a


▽「疎外」はマルクス主義のターム?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%8E%E5%A4%96


▽活字→抽象/写真→対象化

対象化できるがゆえに所有できる。

http://kotobank.jp/word/%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%8C%96


▽「あのファウストエネルギーと精神の損傷のおまけも、」

このセンテンスが意味するもの含意しているものがよくわからない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%88


▽活字・絵・デッサン/写真映像

活字・絵・デッサン→ひとつの解釈、取捨選択した解釈

撮影された映像→世界の断片、現実の小型模型、だれにでも作れる

この違い。ただし、後者がフレームによって取捨選択しているという議論に立ち入らない場合。


▽「世界の断片」という言葉

森山大道が多用するフレーズ。「世界の断片をきりもなく収集することこそが写真の本性(ほんせい)」うんぬん……とか。


▽だれにでも作れる

写真はデモクラティック(民主的)なメディアだというふうな話がなされることもしばしばです。

ただし、ウィリアム・エグルストンの「デモクラティック」概念はやや込み入ったものがあるようです。何だかアルフレッド・スティーグリッツの「イクイヴァレント」のような感じも。

※齋木克裕さんの読み

https://twitter.com/ka2saiki/status/224317861852749824

https://twitter.com/ka2saiki/status/224318701195902980

https://twitter.com/ka2saiki/status/224318448874954752

https://twitter.com/ka2saiki/status/224317955905818625

https://twitter.com/ka2saiki/status/312061396605091840

https://twitter.com/ka2saiki/status/312062473161277440


▽「写真は世界の尺度を自在に操るが、自分のほうも縮小されたり、……」

「自分」(原文:themeselves)は、写真のことです。ちょっと面白い発想なので、作品の着想にも結びつくかもしれません。

あと、「自在に操る」の原文は「fiddle」です。どちらかというと悪い意味です。

http://ejje.weblio.jp/content/fiddle


▽本の中の写真

映画と本の違い。流れる時間と留まる時間。


クリス・マルケル『ひとこぶらくだが四頭あれば』(1966)

現在の日本語版タイトルは『もしラクダを4頭持っていたら』。

原題『Si j'avais quatre dromadaires』。

http://youtu.be/yIVU6TDLFFg

http://www.yidff.jp/2013/program/13p3.html

リンク切れ用 http://www.tofu-magazine.net/newVersion/pages/4%20dromadaires.html


パリ・コミューン

写真を証拠にパリ警察が支持者側を検挙。記録写真による正当化。ベルティヨン式に結びついていく。

※当時は大判カメラで高速シャッターが切れないのに、どうして証拠写真が?の件

http://twilog.org/n291/search?word=%E3%83%91%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3&ao=a

中平卓馬の沖縄ゼネスト警察官殺害事件(松永事件)関連

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%BC%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%AE%98%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://www.ipm.jp/ipmj/kohara/kohara72b.html (この章の最後の節を)

※※第10回重森弘淹写真評論賞受賞 小原真史「中平卓馬試論 カメラになった男」

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20060316p6


▽「一枚の写真はそれがどういうものであれ……したがって最も正確な関係を……崇高なる大家にしても、ますなによりも『そこにある』ものを写して見せたいのであって……ぱちぱち撮る写真狂いと変わらないのである。」

ロラン・バルトによる写真の本質(ノエマ)=「それはかつてあった」(Ça-a-été)。

シュルレアリスムと写真。犯行現場とアジェ。

ポラロイドカメラ普及の歴史については要調査。

1970年代。つまりダイアン・アーバスの自死からMoMAでの回顧展、その大反響があって以後の状況というコンテクスト。※この『写真論』全体を貫いているものでもあるかと思います。

一方で、写真にまつわるこうした議論が、なぜいまだ説得的に響くのか?という疑問も提出されました。


▽「絵画や散文で描いたものは取捨選択した解釈以外のものではありえないが、写真は取捨選択した透かし絵として扱うことができる」

「取捨選択」という言葉がここでも。

「透かし絵」が含意しているものとは?


▽「しかし、およそ写真に権威と興味と魅力を与えるものは……」

このセンテンスの読みに注意。要原文参照。

写真家のやる仕事は芸術と真実の間でおこなわれる(芸術家が芸術と真実の間でおこなう)」の意?


▽FSA

FSA(Farm Security Administration; 農業安定局または農業保障局)

FSAプロジェクト

http://ja.wikipedia.org/wiki/FSA%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

FSA(農業安定局)プロジェクト | 現代美術用語辞典ver.2.0

http://artscape.jp/artword/index.php/FSA%EF%BC%88%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E5%AE%89%E5%AE%9A%E5%B1%80%EF%BC%89%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

1930年代の終わり。FSAの写真はドキュメンタリーですが、その背景には機械主義とアヴァンギャルドの思想があるかと思われます。一つ前の段落のポール・ストランド、そしてFSAのウォーカーエヴァンズやベン・シャーン、ここには記されていませんがルイス・ハインなどは、写真のメカニカルな記録性が、よりよい社会を築いていくことに資するといった考え方を持っていたと思います。ストランドは当初から当局にマークされており、戦後は赤狩りでアメリカを追われて欧州に移住します。


▽写真もまた「ひとつの解釈」

絵画やデッサンと同じように、作者の意図(無言の声)から逃れることはできない。

「自分の主題に対していろいろな基準をはめている」

この基準をどんどんと解体していくことが、モダンからコンテンポラリーに至る過程で(日本では一部でまだそれが根強く続いていたりとか)、さまざまなかたちで試みられてきたように思います。ただし、現在それを写真でおこなうことで何らかの優れた作品にすることは、ますます困難になってきていると私は思っています。


▽写真の記録がもつ受動性と遍在性=写真の「メッセージ」であり攻撃性

受動性と遍在性が攻撃性という転倒。※偏在ではなく遍在であることに注意。

無媒介性(受動であるがゆえの直接性)と無差別性と言い換えてもよい?

この「メッセージ」という言葉は気になるところ。読書会でも話しましたが、ソンタグはパリに留学もしていましたし、もちろんバルトを読んでいたようです。

フランス哲学者・記号論学者R.バルトは〈写真はコードのないメッセージである〉と定義した(《写真のメッセージLe message photographique》1961)。”http://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88

このあたりの関係については今後要調査。


▽「写真術がそもそもの始まりから受け継いできた約束、つまりあらゆる経験を映像に翻訳することによって民主化するという約束の実現」

攻撃性←→受動性と遍在性の裏表。

民主化。共有可能性。このエッセープラトンの洞窟で」の冒頭の議論との結びつき。


▽写真が芸術になった歴史的な経緯

産業化の結果、社会的効用が生まれ、その反動が芸術としての写真の自意識へ。ただし、これはソンタグの読み(ソンタグがいかにそれまでに書かれた写真史や写真論の書物を読んでいたかは、http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-7265-2 を参照)。その読みにアビゲイル・ソロモン・ゴドーらの論がどのように響いているのかは要調査。


▽写真の大衆化

職業写真家アマチュア

1970年代当時では)ありふれた娯楽になった。

家族写真。カメラの普及台数。

家族制度のゆらぎ、核家族化の始まりと家族写真。

「ふつうは拡大家族」という部分も気になるところ。

拡大家族といえば、ナン・ゴールディン。そして後のヴォルグガング・ティルマンスにも結びつく話題。

と思ったら、ナンは拡大家族という言葉を独自に定義していたようです。“”付きの言葉のようです。通常の意味は次のリンクを。

http://kotobank.jp/word/%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E5%AE%B6%E6%97%8F


ツーリズムと写真

観光とカメラ

写真が経験を証明するとともに、経験を狭めたりする話が語られています。今もよく語られる話題。

読書会では、なぜ旅行と写真(カメラ)が強く結びつくのかについて、いろいろな見解が出ました。

ペーターフィッシュリ&ダヴィッドヴァイス (Peter Fischli & David Weiss)「Visible World」http://j.mp/1kEat15 本はいずれ通常のWSでも紹介したいと思います。観光写真の戦略的利用と作家主義写真へのからかい、選ぶこと見ることなどなど。

※N.E. Thing Co. Ltd「Art in America, May/June」(1969)http://vancouverartinthesixties.com/archive/471 フィッシュリ&ヴァイスの先駆となる作品だと思われます。

ディスカバージャパン(1970-)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3 中平卓馬の著作などによれば、プロヴォークのアレ・ブレ・ボケを広告表現に取り入れたとされるが、しかしこの言説は要再検証の部分もあると思います。

※1970 国鉄 DISCOVER JAPAN - YouTube

http://youtu.be/LmVVocTbe_0

※[PDF]ディスカバージャパンをめぐって : 交錯する意思から生まれる多面性

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/25556/1/NG_32_131.pdf

中平卓馬『なぜ、植物図鑑か』

http://d.hatena.ne.jp/imagon/20091007

※メモ

https://twitter.com/n291/status/454815107118145536

https://twitter.com/n291/status/454816001859665921

https://twitter.com/n291/status/454816715528867840

https://twitter.com/n291/status/454817986826600448

https://twitter.com/n291/status/454821337249218560

https://twitter.com/n291/status/454822961954832384


▽「ドイツ人日本人アメリカ人にはとりわけ具合がよい」という指摘。

「過去を奪われた民族は国の内外でもっとも熱心な写真愛好家になるらしい」という一文も味わい深いです。


▽「団体志向の日本人観光客の謎に取って代わられた」

1970年代にすでに指摘されているとは。


ツーリズムの写真と広告写真

そして写真の中には決して姿を見せない撮影者、あるいは撮影者が映り込んでいたとしても、想像的にしか考えることのできない不可視の点、ライトコーン(光円錐)の収束する先。


▽「カメラによって平等にされている」

写真の受動性と遍在性(無媒介性と無差別性)による。

「あらゆる出来事の意味を平均化する」この攻撃性。

そして、写真を撮り写真を見る者が、世界を覗き見るという習性を獲得してしまうということ。


▽「私たちの状況感覚そのものが、今日ではカメラの介入によって明瞭になっている」

この段落、ケビン・カーター(Kevin Carter)の「ハゲワシと少女」の一件とも関連付けて読むことができます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B1%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%88Kevin+Carter%EF%BC%89

https://twitter.com/n291/status/435332562534146048


▽「ヴェトナムの僧侶が」

ティック・クアン・ドック Thích Quảng Đức

http://j.mp/1qnNl66

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF

マルコム・ブラウン Malcolm Browne

http://en.wikipedia.org/wiki/Malcolm_Browne

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3


▽「ベンガルのゲリラが」

http://darrananderson.files.wordpress.com/2012/06/page-11-bengali-guerrila.jpg

ホルスト・ファース Horst Faas

http://blogs.pjstar.com/eye/2012/05/10/legendary-combat-photographer-horst-faas-1933-2012/

http://www.washingtonpost.com/file---in-this-dec/2012/05/10/gIQA3t02GU_photo.html

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9

Sontag – The Photographs |

http://darrananderson.com/sontag-the-photographs/

※『写真論』の他のパートにも言及している良いリンクですが、ただし残酷描写注意。


▽ジガ・ヴェルトフ Dziga Vertov

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%95

『これがロシヤだ』『あるカメラを持った男』『カメラを持つ男』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%94%B7

Man with a Movie Camera

http://en.wikipedia.org/wiki/Man_with_a_Movie_Camera

The Man with the Movie Camera(1929) - YouTube

http://youtu.be/z97Pa0ICpn8


アルフレッド・ヒッチコック『裏窓』

Rear Window - Trailer - (1954) - HQ - YouTube

http://youtu.be/6kCcZCMYw38

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%8F%E7%AA%93


▽「身体的な意味での介入とは相容れないにしても、カメラを使うことはやはり参加のひとつの形式である」

参加型アートなんてものもありますが、この「参加」には何らかの作品に結実する芽があるかもしれません。

http://artscape.jp/artword/index.php/%E5%8F%82%E5%8A%A0%E5%9E%8B%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88

『関係性の美学』N・ブリオー | 現代美術用語辞典ver.2.0

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%80%8E%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%80%A7%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AD%A6%E3%80%8FN%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BC

敵対性 | 現代美術用語辞典ver.2.0

http://artscape.jp/artword/index.php/%E6%95%B5%E5%AF%BE%E6%80%A7

「ヴィデオ ナルシシズムの美学」ロザリンド・クラウス | 現代美術用語辞典ver.2.0

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%80%8C%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%AA%E3%80%80%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AD%A6%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B9


▽「写真を撮る行為は消極的な監視以上のものである」

パノプティコン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%97%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%83%B3

パノプティコン」の検索結果 - IN THE STUDIO:佐藤守弘の講義情報

http://d.hatena.ne.jp/satow_morihiro/searchdiary?word=%A5%D1%A5%CE%A5%D7%A5%C6%A5%A3%A5%B3%A5%F3


▽「写真を撮るということは、あるがままのものごとにそして……共犯関係を結ぶことである」

「あるがまま」は日本の写真にまつわる言説の中でも頻出する言葉。「裸形の現実」とか。

中平卓馬 http://www.amazon.co.jp/dp/4990123948

森山大道 http://amehare-quotes.blogspot.jp/2007/03/blog-post_03.html

清水穣は「砂漠のディスクール」という言葉で、こうした言説を未だに繰り返してしまう愚を批判していたりもします(しかし、本当に可能性はないんでしょうか?もちろんそこから展開していかないと意味はありませんが)。

http://db.10plus1.jp/backnumber/article/articleid/992/


▽「アーバスのポップな言葉を使えば、それはやくざな稼業ということになる」

アーバスの言葉をポップだと表現していることが興味深いです。


ミケランジェロ・アントニオーニ『欲望』

http://j.mp/1qnXZKc

雑貨屋さんで見かけるコレです。90年代的。

http://stat.ameba.jp/user_images/bf/dc/10134300144.jpg

Blow-Up Trailer 1966 Extended Version - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=2Xz1utzILj4

Blow Up on Vimeo(full)

http://vimeo.com/7875387


▽「距離をおいて突き放してこそおこなえることである」

写真を撮るには距離が必要。距離0で対象と接触していては撮影することができません。

しかし、この距離が(写真的な)対象化を可能にします。


マイケル・パウエル『血を吸うカメラ』(Peeping Tom)

https://twitter.com/n291/status/449106937586532353


▽写真と射撃

ブラウン・ベス・マスケット銃

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%B9

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E9%8A%83


▽ヤシカ・エレクトロ35GT YASHICA Electro 35 GT

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0908/25/news003.html


▽エティエンヌ=ジュール・マレーと写真銃

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%8C%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC


▽「銃や自動車と同じく、カメラも使っていると中毒になる妄想機械である」

しかし、「カメラが死を招くことはない」。


▽「ちょうどカメラが銃の昇華であるのと同じで、……ソフトな殺人なのである。」

カメラで撮ることの暴力性。


▽「ハンターたちはウィンチェスター銃の代りに、ハッセルブラードをもち、……銃はカメラに変身した。」

“手つかずの自然”というものがなくなった時代。


▽「写真術は挽歌の芸術」

写真と郷愁。


▽「美しい被写体も年をとり、朽ちて……写真はすべて死を連想させるもの(ルビ:メメントモリ)である。」

メメントモリは伝統的な芸術の主題。

メメント・モリ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%82%B9

ヴァニタス

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%82%B9

荒木経惟アラーキー)の言説。「メメントモリ」→「エロスタナトス


▽「この瞬間を薄切りにして凍らせることによって、すべての写真は時間の容赦ない溶解を証言しているのである。」

「時間の容赦ない溶解」がやや理解しづらい部分。

写真のもつ時間性(経年変化の遅さ)と人間の身体のもつ時間性(経年変化の早さ、寿命の短さ)により生まれる事態について考えることは有効だと思います。


▽近代化・工業化の果てに、環境問題エコロジーに対する考え方が広がった時代

オイルショック(oil crisis)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF


▽「過去との小さなつながりを与えてくれる」


▽「写真は偽りの現在でもあり、不在の徴である。」

ベンヤミン幼年時代ベンヤミンの写真とカフカの写真

ロラン・バルトにとっての母の「温室の写真」(『明るい部屋』)


▽「魔術的な気分」

ジャン・ボードリヤール『消滅の技法』

http://www.amazon.co.jp/dp/4891945591


▽「それらはもうひとつの現実と接触しよう」

ジェームズボールドウィン『もう一つの国』→森山大道「もうひとつの国」


▽「欲望には歴史がない」/「独特感情の方が歴史にはめ込まれており」

「欲望を喚び覚ますのと良心を喚び覚ますのとでは、写真の利用にほとんど正反対の規則が通用する」


▽マシュウ・ブラディ

マシュー・ブレイディ Mathew Brady

http://en.wikipedia.org/wiki/Mathew_Brady


南北戦争の写真

リンクはまた改めて


▽「西海岸の二世が……ドロシア・ランジの写真」

ドロシア・ラング Dorothea Lange

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0

リンクはまた改めて


▽「写真は時間の明解な薄片であって流れではないから、動く映像よりは記憶に留められるといえよう。」

テレビ映像とスチル写真の比較が続きます。ただし、どちらが記憶に留められるかは、何とも言えない部分です。もしスチル写真の方が有利なのであれば、テレビCMの映像が動くことはないでしょう。


ヴェトナム反戦運動に一役買った写真

ナパーム弾を浴びた南ヴェトナムの裸の女の子が……」

http://framednetwork.com/wp-content/uploads/2012/06/Screen-Shot-2012-06-08-at-9.29.01-AM.png

ただし、トリミングの効果に注意

http://i1150.photobucket.com/albums/o617/redsvn/2012/10/Vietnam_World_Press_Photo/Vietnam_World_Press_Photo_06.jpg

フィン・コン・ウト Huynh Cong Út ニック・ウット Nick Ut

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%88

http://en.wikipedia.org/wiki/Nick_Ut

ファン・ティー・キム・フック Phan Thị Kim Phúc

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%83%E3%82%AF


▽フェリックス・グリーン(Felix Greene)

http://en.wikipedia.org/wiki/Felix_Greene


▽マルク・リグー マルク・リブー(Marc Riboud)では? 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%96%E3%83%BC

Vietnam! Vietnam! In Photographs and Text by Felix Greene | propagandaphotos

http://propagandaphotos.wordpress.com/2011/10/20/vietnam-vietnam-in-photographs-and-text-by-felix-greene/


▽「ひとつの事件がまさしく撮影に値する者を意味するようになったとしても、……写真によって道徳的に影響される可能性の決め手は、それに関連した政治的な意識があるかどうかということである。……」

この段落に記されていることは重要かと思います。


▽ドン・マッカリン(Don McCullin) ドン・マッカラン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%B3


▽痩せ衰えたビアフラ人の写真

http://www.harpersbazaar.co.uk/going-out/who-what-where/best-of-don-mccullin-3#slide-9


ウェルナー・ビショフ(Werner Bischof) ワーナー・ビショフ ヴェルナー・ビショフ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%95


インドの飢饉の犠牲者の写真

Werner Bischof - INDIA. 1951 - Magnum Photos

http://www.magnumphotos.com/Catalogue/Werner-Bischof/1951/INDIA-1951-NN145783.html


トゥアレグ族(Tuareg)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B0

http://en.wikipedia.org/wiki/Tuareg_people


▽「写真はなにか目新しい者を見せているかぎりはショックを与える。不幸なことに賭金はこういう恐怖の映像の増殖そのものからもだんだんつり上がっていく。」

センセーショナリズム

http://kotobank.jp/word/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E6%83%85%E4%B8%BB%E7%BE%A9

イエロー・ジャーナリズム

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0


▽「ベルゲン=ベルゼンとダッハウ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%8F%E3%82%A6%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80

Photographs of Dachau Concentration Camp | Jewish Virtual Library

http://www.jewishvirtuallibrary.org/jsource/Holocaust/dachaupictoc.html

Bergen-Belsen Photographs

http://www.jewishvirtuallibrary.org/jsource/Holocaust/belsenpictoc.html


▽「苦悩の映像と暮らすことはまたべつである。……写真など見なかった場合よりはたしかにもっと現実味を帯びる。……しかし何度も映像にさらされると、それも現実味を失ってくる。」


▽アレクサンドル・ソルジェニーツィン『収容所群島』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80%E7%BE%A4%E5%B3%B6

東浩紀デビュー論文「ソルジェニーツィン試論―確率の手触り」(1991/1993)『郵便的不安たち#』所収

http://www.amazon.co.jp/dp/4022613785


▽「ボルノグラフィーに対すると……」

そもそも感覚刺激のすべてにこうした逓減現象がみられるのかもしれません。

限界効用逓減の法則 とは - コトバンク

http://kotobank.jp/word/%E9%99%90%E7%95%8C%E5%8A%B9%E7%94%A8%E9%80%93%E6%B8%9B%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

限界効用 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%90%E7%95%8C%E5%8A%B9%E7%94%A8

苫米地英人による限界効用逓減の法則の解説 - YouTube

http://youtu.be/1DpDYCwqmss


▽「三十年後には飽和点に達したのかもしれない。」

つまり、1975年前後のこと。


▽「この三十年の間に、「社会派」の写真は両親を目覚めさせもしたが、少くも同じくらい、良心を麻痺させてもきたのである。」

現在それが、どういったフェイズに入っているのか考えてみることが大切かと思われます。


▽「写真の倫理的な内容はもろいものである。」


▽「一九〇〇年の写真でその主題ゆえに影響力のあったものが、今日ではむしろ、それが一九〇〇年に撮られた写真であるがゆえに私たちを感動させるという次第であろう。」

この段落の最後、「時間というものは結局はたいがいの写真を、およそ素人ふうのものであろうと、芸術と同列の高さにおくことになる」。


▽「写真の産業化の結果、……有効ではなくなったのである。」


▽「官僚主義と両立する……という推定である。」

次の段落とその次の段落まるまる。ウェブ上の写真サービスインスタグラムなどで写真を撮る・見るということが、ますます日常的になってきた現在と当時を比較してみるのもよいでしょう。参考までに「アーカイヴ」に関連する資料を。

※オクウィ・エンヴェゾーがキュレーティングしたdocumenta 11

http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~fujikawa/02/bs/d11/documenta11.htm

http://www.shift.jp.org/ja/archives/2002/02/documenta_11.html

http://art-u.blog.so-net.ne.jp/2002-07-20

Documenta 11. Kassel, Germany, 2002. Director: Okwui Enwezor

http://j.mp/MYb3aD  http://j.mp/MYbp0O

documenta 11 Impressions, 2002

http://youtu.be/muolWfuVfAI

Okwui Enwezor『Archive Fever: Uses of the Document in Contemporary Art』

http://j.mp/MYbvp8

ジャック・デリダアーカイヴの病』

http://www.h-up.com/bd/isbn978-4-588-00947-1.html


▽「写真映像に支配された世界では、境界(「フレーミング」)はすべての任意のものに思われる。……他のどんなものとも隣り合わせにすることができる)。」

ジョン・ヒリアード(John Hilliard)

http://j.mp/1bChjvt

フレーム | 現代美術用語辞典ver.2.0

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0

パレルゴン/エルゴン | 現代美術用語辞典ver.2.0

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%B3%EF%BC%8F%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%B3

モンタージュ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

クレショフ効果

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%95%E5%8A%B9%E6%9E%9C


▽唯名論 Nominalism

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E5%90%8D%E8%AB%96

http://kotobank.jp/word/%E5%94%AF%E5%90%8D%E8%AB%96

※ティエリー・ド・デューヴ『マルセル・デュシャン―絵画唯名論をめぐって』

http://www.amazon.co.jp/dp/4588007017

著名な本ですが、読めていません。訳が微妙という説もあり。


▽「カメラは現実を原子的な、扱いやすい、不透明なものにする。それは相互連結や連続性を否定するが、」

むしろ、相互連結や連続性を可能にすると思います。もちろん、フィクショナルに。


▽「写真映像の基本的な知識は、「そこに表面がある。さて、その向こうにはなにがあるのか、現実がこういうふうに見えるとすれば、その現実はどんなものであるはずかを考えよ、あるいは感じ直観せよ」といってみることである。自分ではなにも説明できない写真は、推論、思索、空想へのつきることのない誘いである。」

“写真とは表象を持たずにレフェラン(指示対象)だけを持つ特殊な記号である。記号としての写真は、リアリズムともドキュメントとも関係なく、心理とも記憶とも関係がない。写真は、「撮るもの」からも「撮られたもの」からも独立している”http://j.mp/YVzG8d

フランス哲学者・記号論学者R.バルトは〈写真はコードのないメッセージである〉と定義した(《写真のメッセージLe message photographique》1961)。”http://kotobank.jp/word/


▽「理解は世界を見かけどおりに受け入れないことから出発するのである。理解の可能性はすべて否といえる能力にかかっている。」


▽「写真は現在と過去のわれわれの心的絵巻図の空白を埋めてくれる。」

制作者にとっては、写真を撮ること、写真を見せること、とも関連してくる話。


▽ジェイコブ・リース(Jacob Riis)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9

※画像検索

http://j.mp/RggLY5


チャールズディケンズ

“作品(エッセイ・小説)を通しての社会改革への積極的な発言も多く、しばしばヴィクトリア朝における慈善の精神、「クリスマスの精神」の代弁者とみなされる。貧困対策・債務者監獄の改善などへの影響も大きかった。”

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BA


▽「ブレヒトが明らかに指摘しているように、クルップ工場の一枚の写真は」

“A photo of the Krupp factory or the AEG tells us almost nothing about these institutions”

http://j.mp/Rghkky

ベルトルト・ブレヒト Bertolt Brecht

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%92%E3%83%88

クルップ Krupp

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%83%E3%83%97


▽「理解はそれがどう機能するかに基づいている。……物語るものだけが……」

やや、ソンタグらしさが薄れるふわっとした記述のように思われます。


▽「写真による世界の認識の限界は、……まねごとなのであるから。」

写真の無力さ。では、それを“機能”させるには?写真を見るものに“物語る”写真とは?


▽「写真では仮定としては理解できるものが黙しているというそのことが、その魅力でもあり挑発的なところでもある。」

この段落の前半の調子から変化。“仮定としては理解できるもの”が、写真を見るものの思い込みではないことが前提になっているのは、ちょっと疑問。写真のリテラシーがあると任ずる者にとって(ソンタグ?)魅力でもあり挑発的な写真は、ひょっとすると一般大衆にはややハードルが高かったりするのでは?


▽「美的消費者中心主義」「産業社会は市民を映像麻薬常用者に変えている」「もっとも抵抗しがたい形の精神公害」

強い調子の言葉が並んでいます。この段落の半ばあたりの記述も味わい深いですが、ちょっと読み取りづらくもあり。そして、実際に経験することと写真を見ることの等価性が語られています。

ダニエル・J・ブーアスティ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3

※『幻影の時代―マスコミが製造する事実』(1964年

http://www.amazon.co.jp/dp/B000JAF6VE

http://semi.natura-humana.net/2007/micromacro/genneinozidai2007.html

新装版も出ています。VIVOやプロヴォークの作家が当時読んでいた基本文献です。

※加藤晴明講義:メディア社会論講義ノート ※読まなきゃと思いつつ読めてないリンク

http://openweb.chukyo-u.ac.jp/~hkato/katoharu/kougi-mdedia-society/info-sub/kouginote.html


ステファヌ・マラルメ Stéphane Mallarmé

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%A1


▽「今日、あらゆるものは写真になるために存在する。」

マラルメの有名な言葉のパラフレーズ

http://j.mp/RglcSx


----



>>>[読書会]ソンタグバルトベンヤミンを読む〔作家の視点から〕

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140222p2

2015-03-02 eeddeerr

Conversations | Artistic Practice | The Artist as Farmer - YouTube

Conversations | Artistic Practice | The Artist as Farmer

Filmed on June 16 2013 at Art Basel


Gianfranco Baruchello, Artist, Rome;

Fritz Haeg, Artist, Los Angeles;

Agnes Varda, Filmmaker and Artist, Paris;

Adrian Villar Rojas, Arist, Buenos Aires;

Zheng Guogu, Artist, Yangjiang

Moderator: Hans Ulrich Obrist, Co-Director of Serpentine Gallery, London

http://youtu.be/YxUQK31oWVk

ヒト・スタヤル インタビュー - ART iT アートイット:日英バイリンガル現代アート情報ポータルサイト

ART iT これまでに映画制作や哲学、批評という領域で活動し、昨今では、現代美術の文脈で作品や思考が注目される機会が増えていますね。参加する場として、美術をどのように捉えていますか。また、実践面ではどのようにアプローチしているのでしょうか。


ヒト・スタヤル(以下、HS) 映像作家として経験を積んできたので、私自身、この領域に対しても自分のやり方でアプローチしていきたいと考えています。ほかの専門領域でも同じかもしれませんが、映像もまた、メディアの再編成やその他諸々の理由から、さまざまな機会や選択肢が失われつつあり、しばらくすると、各々の専門領域での活動に不自由さを感じていた専門家の多くが、どういうわけか美術の領域に集まってきたのです。おそらく、美術は実験的な試みや想像力に働きかけるクリエイティブな労働のために、わずかに残された領域のひとつだったのかもしれません。自分と同じ映像作家のほか、ダンサー建築家、文筆家や哲学者、詩人など、結果的に現代美術へと集まることになった、あらゆる専門領域の人々に出会うことになりました。

もちろん、これだけが今日の現代美術のたったひとつの特徴だということはありません。例えば、アートマーケットや、現代美術と並走したり、現代美術によって加速される経済全体といったものもそうでしょう。とはいえ、最も興味深い特徴のひとつと言えば、異なる領域に属する人々を、さまざまな広範囲にわたる地域から呼び寄せるところではないでしょうか。


ART iT しかし、あなたの各文章からは、美術に対する両義的、もしくは批評的な態度も伝わってきます。


HS 私たちは美術の領域でグローバリゼーションが抱える矛盾について考えることができます。美術はなにかを可能にしたり、自由にする優れた能力を持ち、それまで繋がりのなかった人々や出来事、物事を引き合わせる。その一方で、いわゆる市場の統合や価値の創出、貨幣と無給労働と大規模な搾取を背景に広く行き交う作品によって、グローバル資本主義の前提としても作用しています。それはグローバルなアート市場を一元化し、そのような市場を生み出し、さらには、フリーランスインターンといった身分を広く普及させることで、そのような美術の仕事における社会的地位グローバル化しています。現在、アートワールドは極めて多極化していて、もはや30年前のように、ニューヨークとかどこかひとつの都市に中心があるわけではなく、中心が複数あることで、より面白くなっていると同時により複雑になっています。これは先の仕事における社会的地位についても同じことです。状況を進展させたり、なにかを建設するようなプロジェクトをはじめ、明示的にも暗示的にも、現代美術が無給労働、非正規労働、期限付き労働に依存しているということは明らかです。

http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/eq29Brzv3WmLsbtYuTah

http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/PE7m5OGT6ACdjqWt2HXK

Jon Kessler’s Gifts - Salon 94

​Jon Kessler presents an exhibition of small kinetic sculptures entitled Jon Kessler’s Gifts. The show includes sculptures that Kessler has made as gifts to close friends and family, commemorating birthdays and weddings over the years. Borrowed-back gifts are shown alongside new gifts that offer lyrical objects playing with ideas of balance, mechanics, customization, and personalization. Kessler is known for massive installations that comprise hundreds of screens and cameras, walls of TVs, interactive feedback and often an immersive assault on the senses. Jon Kessler’s Gifts, in contrast, is an exhibition of personal and idiosyncratic arrangements on an intimate scale.

http://www.salon94.com/exhibitions/detail/jon-kesslers-gifts

Fondazione Sandretto - Avery Singer in dialogo con Beatrix Ruf - YouTube

Fondazione Sandretto Re Rebaudengo

12 Febbraio 2015

In occasione dell'inaugurazione della mostra "Pictures Punish Words", l'artista Avery Singer dialoga con la curatrice della mostra Beatrix Ruf, Direttrice dello Stedelijk Museum Amsterdam.

http://youtu.be/EKDjHSp2Gpc

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015、最後の参加作家4名を発表 | Art Annual online

3月7日に開幕する「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」は27日、最後の参加作家となる4名を追加発表した。これで参加作家全40組45名(20の国と地域より参加)が確定した。追加となったのは以下の4作家。


ハルーン・ファロッキ Harun Farocki 1944年ドイツ併合下のチェコスロバキア生まれ、2014年ベルリン

ルイーズ・ローラー Louise Lawler 1947年アメリカニューヨーク州ブロンクスビル生まれ、ニューヨークを拠点に活動

アラン・セクーラ Allan Sekula 1951年アメリカペンシルベニア州エリー生まれ、2013年ロサンゼルス

セクーラを読む人 The Sekula Reader in Japan 番場俊、前川修、佐藤守弘、北野圭介


またこれまで発表されているアーティスト作家は以下の通り。


Lisa Anne Auerbach | リサ・アン・アワーバック

Nairy Baghramian | ナイリー・バグラミアン

Cai Guo-Qiang | 蔡國強

Joost Conijn | ヨースト・コナイン

Stan Douglas | スタン・ダグラス

Simon Fujiwara | サイモン・フジワラ

Dominique Gonzalez-Foerster | ドミニクゴンザレス=フォルステル

Hoefner/Sachs | ヘフナー/ザックス

Yoshimasa Ishibashi | 石橋義正

Emiko Kasahara | 笠原恵実子

William Kentridge | ウィリアムケントリッジ

Ann Lislegaard | アン・リスレゴー

Tatsuo Majima | 眞島竜男

Aernout Mik | アーノウト・ミック

Susan Philipsz | スーザン・フィリップス

Florian Pumhösl | フロリアン・プムヘスル

Pipilotti Rist | ピピロッティ・リスト

Arin Rungjang | アリン・ルンジャーン

Aki Sasamoto | 笹本晃

Tadasu Takamine | 高嶺格

Koki Tanaka | 田中功起

Ana Torfs | アナ・トーフ

Rosemarie Trockel | ローズマリー・トロッケル

Danh Vo | ヤン・ヴォー

Hong-Kai Wang | 王虹凱

Miwa Yanagi | やなぎみわ

Hedwig Houben | ヘトヴィヒ・フーベン

Brandt Junceau | ブラント・ジュンソー

Ragnar Kjartansson | ラグナル・キャルタンソン

Keiko Kurachi & Satoru Takahashi | 倉智敬子+高橋悟

Ahmed Mater | アフメド・マータル

Yasumasa Morimura | 森村泰昌

Gustavo Speridião | グシュタヴォ・シュペリジョン

Jean-Luc Vilmouth | ジャン=リュック・ヴィルムート

Xu Tan | 徐坦

Alexander Zahlten | アレクサンダー・ザルテン

http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/46906/

シリーズ6:“音”の現在形]聴くこと、見ること、知覚すること──音=楽=アートの現在形 畠中実/金子智太郎 2013年12月15日号:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形|美術館アート情報 artscape

金子──今回は長年、音に関わる展示に携わってこられた畠中さんに、これまでの経緯を振りかえってお話いただく良い機会と考えています。ICC★1は2000年以降の日本のサウンド・アートを主導する施設でした。話のスタートはICCで行われた「サウンド・アート──音というメディア」展(2000)★2にしましょう。ICCのアーカイブを見ると、定期的に音にまつわる展示が開催されていますが、その中でメルクマールになったのだと考えています。その経緯からお伺いできますか。


畠中──1998年に「ポストサンプリング音楽論」というタイトルシンポジウムとミニ・コンサートを企画しました。企画協力には佐々木敦★3さん、クリストフ・シャルル★4さんや半野喜弘★5さん、久保田晃弘★6さんなどにも参加していただきました。そのきっかけは、当時オヴァル★7とクリストフ・シャルルによるアルバム「dok」(Thrill Jockey, 1997)がリリースされたことでした。それは、クリストフ・シャルルによるサウンドファイルをマーカス・ポップがプロセスしてつくられた作品です。まさにクリストフ・シャルルをオヴァル化したような。そういったファイルを交換しながら新しい音をつくるというコラボレーションが当時いくつかあって。そのような音のつくり方に着目し、サンプリング★8の新しい方法論と捉えて行ったイベントでした。

 ICCは1991年から、特定の場所を持たない、電話網の中やウェブでの活動をしていました。また、97年の現在の施設のオープンまでは、いろいろな場所を借りて、メディアパフォーマンス作品の公演なども行なっていました。それで、欧米ではメディアアート★9の分野でも、サウンドによる作品がヴィジュアルの作品と同じくらい大きな領域を占めているのに比べて、日本ではそういうことがそれほど認知されていないのではと感じていました。インタラクティブな作品でのコンピュータグラフィックスと連動するサウンドなどはありました。当時はアカデミックな領域での研究成果のような作品が多かったのですが、サウンドの世界、特にコンピュータ音楽は、もうアカデミズムからラップトップミュージックの時代に移行していたわけで、もう少し現状に即した企画をやりたいとも思っていました。

http://artscape.jp/study/artwordtalk/10094695_18145.html

冨井大裕(MOTアニュアル2011:Nearest Faraway|世界の深さのはかり方) 住友文彦(キュレーター):学芸員レポート美術館アート情報 artscape

 まず彼の作品は、使われている素材が日常のありふれた物であるため、〈自然〉ではなく〈文化〉を扱う20世紀後半の美術史における大きな転換以降の文脈にすぐ結びつけられる。もちろん、美術の歴史的な経緯を無視したとしても、それが特別な素材ではなく、どこでも手に入る大衆的なもの、という直感は誰でもおぼえるはずだ。その大きな流れは、ポップ・アートから、マッピングドキュメント制作的な手法を多用するアーティスト民族誌家的な身ぶりへと展開してきた。そうした1990年代以降の多文化主義的傾向において強調される「日常」は、インスタレーションによる作品展示に結実することが多い。しかし、日本で冨井の作品に関心が向けられる理由は、作品を構成する素材が「日常」に位置するものであるにもかかわらず、モダニズム形式主義が亡霊のようにまとわりついた彫刻を想起させてくれるからではないだろうか。シュルレアリスムの最盛期に他者性よりも「物(オブジェ)」を重視し、行為や知覚との関係から「もの」の概念を掘り起こし、ニューウェーブによって「日常」と結びついた日本の戦後美術の歩みを引き継いでくれるような存在として受容されているようにも見受けられるのだ。

 とっくの昔にメディア=スペシフィックな作品からディスコース=スペシフィックな作品へ移行してしまった同時代的な美術の動向に同調しきれない国内の美術関係者にとって、ある意味で中庸作用を持つ対象と見なすこともできるが、はたしてそれでいいのだろうか。むしろあえて、「彫刻的」な作品として解釈することを積極的に回避することを考えてみたい気がするのである

 現代へと至る芸術の歴史はアートをテクネー(技術)と切り離し、自然や神を描き出す技術や新しい技術を重視するのではなく、固有な考え方の交換を重視する。そのために芸術に自立的な場を用意したのがモダニズムだったが、それを批判的に乗り越えてきた現在のアートは写真や映像を使って生を直接的に扱おうとする傾向が圧倒的に強い。そこには、ハル・フォスターが論文「民族誌家としてのアーティスト」(1996)で指摘したように、アートツーリズムとの親和性や、対象への過度な同一化などの問題点が存在する。そのとき、フォスターは旧来の専門領域の記憶を霞ませないようにと警告をするのだが、冨井はメディウム間に生まれる距離や、生が基盤を置く日常と芸術との距離を独自の方法で獲得することで、歴史的に積み上げられてきた言説(ディスコース)にも居場所を持ちえているように思える。

 もちろん、こうした欧米で積み上げられてきた言説に対応した美術のあり方を拒否して地域に固有の表現を称揚する傾向が、国内には強くあり、また多文化主義の名のもとで欧米にも存在する。それは、伝統芸術に通じる細かい手仕事的なテクネー、あるいは「メディア芸術」と呼ばれているもののことだが、それが美しいとか、凝っている、面白い、と感じることは私も含めておおいにありえても、ファインアートが出発点においてアート=テクネーとは切り離されたことと、その後の言説の積み重ねに背を向けることはできないはずである。なぜなら私たちはそこに西欧の芸術固有の問題を見いだすだけではなく、芸術の感性的な媒介作用を通じて他者との共存に向けた人類の挑戦を見いだすことができるからであり、それゆえに同時代の美術作家の実践をそのなかへと差し向けることには大きな意味がある。

 メディアや美術の歴史といったコンテクストに冨井の作品を置き直す可能性をここでは挙げてみたが、批評はもっと別の方向へ彼の作品を誘うことも可能だろう。冨井の作品をどのようなコンテクストに置くと考えるかは、当然語り手が自覚的にせよ、無自覚にせよ、自分の立場に引きつけることになりがちである。そのときに、共有しえる議論の基盤として、こうした内外の言説の積み重ねがある。しかし、現在は圧倒的にその力が失われてきているように思う。その貧弱さには致命的な問題を感じることがあり、理由はおそらくジャーナリズムの問題だけでなく、批評すべき人がみな、美術館や大学で働いているためとも考えられ、そうすると関係者の多くが公的機関に属して議論が起きづらくなった原子力村と同じ構造にみえてくる。冨井をはじめ、多くの人が関心を持つ作品が、こうした閉塞的な状況を打ち破り、多様な解釈の重ね合わせを産み出していくことに期待したい。

http://artscape.jp/report/curator/10005008_1634.html

MTV Decade 1980-1989 (Full) - YouTube

The 1980s as seen by MTV. This show was broadcasted in December 1989.


0:00 Intro

1:23 1980

5:46 Reagan

11:24 Profit and poverty

17:33 TV

20:04 Style

22:49 Drugs

27:30 Fads

31:11 Racism

38:19 Explicit Lyrics

39:33 Rock, Pop, MTV, Metal, Rap,...

53:15 Sell out (artists making ads)

55:32 Sex

59:11 AIDS

1:06:38 War, conflicts, human rights

1:17:03 Famous for 15

1:19:05 Tech age

1:23:08 Those who left us

1:25:57 Ecology

1:29:37 Politics

1:32:27 Credits, conclusion

http://youtu.be/s9nQjJ_hLXU


◇ The History of MTV | WatchMojo.com

http://www.watchmojo.com/video/id/9782/

キヤノン:「写真新世紀2015年度(第38回公募)の応募受付を開始。25周年を機にオンラインによるデジタル作品(静止画・動画)の応募が可能

写真新世紀2015年度(第38回公募)の実施概要

作品の応募受付を4月1日から6月3日まで行い、7月に開催予定の「優秀賞選出審査会」において優秀賞6名(組)と佳作18名(組)を選出します。その後、12月に開催予定の「グランプリ選出公開審査会」において優秀賞受賞者の中からグランプリ1名(組)を選出します。

グランプリ受賞者には、奨励金100万円と副賞であるキヤノン製品のほか、特典として次年度の受賞作品展における個展開催の権利などを授与します。また、優秀賞と佳作の受賞者には奨励金と今年度の受賞作品展への出展などの権利を授与し、受賞者の今後の創作活動を奨励します。

今年度の審査員は、フリッツヒールスベルフ氏(オランダ写真美術館キュレーター)、澤田知子(さわだともこ)氏(アーティスト)、さわひらき氏(美術家)、清水穣(しみずみのる)氏(写真評論家)と他2名を迎え行う予定です。決定次第、写真新世紀ホームページで紹介します。

Frits Gierstberg

(フリッツヒールスベルフ)

オランダ写真美術館キュレーター1959年オランダハールレム生まれ。ライデン大学にて芸術史を研究し、現代アート、建築、映画、写真を専門とする。2006年から2010年までエラスムス大学の客員教授を務め、メディアジャーナリスト学科においてドキュメンタリー写真の理論について講義を行う。執筆活動も広く行っており、『Dutch Photobook』(2012年aperture)をRik Suermondtと共著で出版。第13回Gjon Mili展(2013年コソボ国立アートギャラリー)のゲストキュレーターを務めた。現在、ブリュッセルのBOZARで1989年からのヨーロッパポートレート写真展のプロジェクトを推進中(2015年、公開予定)。Piet Zwart Institute(ロッテルダム)で講師を務める。

http://web.canon.jp/pressrelease/2015/p2015feb12j.html

Frits Gietsberg: Early birds in Dutch Photography (Nederlands Fotomuseum) - LOOK AT THAT! - Paris Photo Platform (EN) on Vimeo

Frits Gierstberg (Haarlem, the Netherlands,1959) studied art history at Leiden University and specialised in contemporary art, architecture, film and photography. He was Extraordinary Professor of Photography at the Erasmus University Rotterdam from 2006 till 2010, where he taught theory of documentary photography at the Media and Journalism Dept. Currently he is visiting tutor at the Piet Zwart Institute and curator at the Nederlands Fotomuseum, both in Rotterdam. He has he has published widely and was co-author of The Dutch Photobook (Aperture). In 2013 he was guest curator for the XIIIth Gjon Mili exhibition at the Kosova National Art Gallery in Pristina. One of his current projects is an exhibition about European portrait photography since 1989 that opens at BOZAR, Brussels in 2015.


Read more at parisphoto.com/paris/program/2014/the-platform

https://vimeo.com/111870392

Rut Blees Luxemburg | Tate

http://www.tate.org.uk/art/artists/rut-blees-luxemburg-3652

ちょっと前に知った作家。夜景写真小史 http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140128p1 関連メモとして。


◇ Rut Blees Luxemburg - Google 検索

https://www.google.com/search?q=Rut+Blees+Luxemburg&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=qm7zVKXXJYbLmwWAl4KQAw&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806


◇ Rut Blees Luxemburg - Wikipedia, the free encyclopedia

Rut Blees Luxemburg (born 1967) is a German photographer. Her technique is to take photographs at night, mostly exploring the urban landscape. She is a Tutor at the Royal College of Art.[1]

http://en.wikipedia.org/wiki/Rut_Blees_Luxemburg

本を彫る作品についてのメモ

◇ book carving art - Google 検索

https://www.google.com/search?q=book+carving+art&espv=2&biw=1436&bih=806&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=TXrzVJGFJeK3mAXP64CgBA&ved=0CBsQsAQ

以前からたくさんの例があります。


◇ book sculpture - Google 検索

https://www.google.com/search?q=book+sculpture+art&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=dILzVL7JCIPw8gWR6YBg&ved=0CBwQsAQ&biw=1436&bih=806


◇ Featured In Odd Volumes: Book Art from the Allan Chasanoff Collection @ Yale University Art Gallery

http://artgallery.yale.edu/exhibitions/objects/723816

http://artgallery.yale.edu/exhibitions/exhibition/odd-volumes-book-art-allan-chasanoff-collection


◇ Brian Dettmer - Book Sculptures (Bio + interview) - Socialphy

http://www.socialphy.com/posts/art/5237/Brian-Dettmer---Book-Sculptures-_Bio-_-interview_.html

最近では、TEDでもトークを行ったブライアン・デットマーが知名度を上げてきているようです。


ブライアン·デットマー:複雑な芸術として生まれ変わっ古い本-Brian Dettmer: Old books reborn as intricate art | Movelize

http://movie.leveraise.com/ted-business/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%C2%B7%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BC%EF%BC%9A%E8%A4%87%E9%9B%91%E3%81%AA%E8%8A%B8%E8%A1%93%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E7%94%9F%E3%81%BE.html


◎ Brian Dettmer

http://briandettmer.com/


◇ Feel Your Gravity | Taiyo Kimura

http://www.taiyokimura.com/works/feel-your-gravity/

木村太陽さんの有名な作品。


◎ Noriko Ambe

http://www.norikoambe.com/

安部典子さんのウェブサイトSCAI THE BATHHOUSEの作家です。本も紙も彫っています。


◇ 安部典子 - Google 検索

https://www.google.com/search?q=%E5%AE%89%E9%83%A8%E5%85%B8%E5%AD%90&espv=2&biw=1436&bih=806&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=qH7zVMWmHOezmwWL4oKQAw&ved=0CCkQsAQ&dpr=2


◇ Noriko Ambe - Google 検索

https://www.google.com/search?q=Noriko+Ambe&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=14LzVMnnDMXo8AXl5oGAAQ&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806&dpr=2


◇ トム・フリードマン 展 2001 | Tomio Koyama Gallery

http://www.tomiokoyamagallery.com/exhibitions/tom-friedman-exhibition-2001/#.VPODELN849k

私がこのタイプの作品を見た最初の経験は、おそらくトム・フリードマンの展示。しかし、画像は発見できず。。http://j.mp/1CeOdmP


◇ PAPER POWER: JEN STARK | WOW

I’m inspired by all sorts of artists like Tom Friedman, Andy Goldsworthy, Paperrad, and Yayoi Kusama, as well as more classic artists like MC Escher and Salvador Dali.

http://wow.sportmax.com/en/?p=3774

ジェン・スターク。本ではなく紙ですが。トム・フリードマンへの言及あり。


◇ Zarina - Luhring Augustine

Best known as a printmaker, Zarina prefers to carve instead of draw the line, to gouge the surface rather than build it up. She has used various mediums of printmaking including intaglio, woodblocks, lithography, and silkscreen, and she frequently creates series of several prints in order to reference a multiplicity of locales or concepts. For example, her seminal work Home is a Foreign Place consists of 36 woodblock prints, each of which represents a particular memory of home. Each subject is inscribed in Urdu beneath the print to signify the vital role language plays in her work, as well as to pay homage to a mother tongue in decline.

http://www.luhringaugustine.com/artists/zarina/


◇ zarina artist - Google 検索

https://www.google.com/search?q=zarina+artist&es_sm=91&biw=1436&bih=806&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=1MzzVJNml-PwBafFgaAI&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ


◇ Zarina (artist) - Wikipedia, the free encyclopedia

Zarina Hashmi (born 1937) is an Indian artist who produces work in a number of forms, primarily using paper. Her work spans drawing, printmaking, papermaking, sculpture, and drawing. It is abstract and minimal and explores the concept of home.[1]

Born in Aligarh, India, she earned a degree in mathematics before studying a variety of printmaking methods in Thailand, France (where she was apprenticed to Stanley William Hayter),[2] and Japan.[3] She has lived and worked in New York since the 1970s.

The Hammer Museum, Los Angeles organized the first retrospective of her work in 2012.[4] Entitled Zarina: Paper Like Skin, the exhibition traveled to the Solomon R. Guggenheim Museum and the Art Institute of Chicago.[3] Her work has also been shown at the Victoria and Albert Museum in London.[4]

Examples of her work are in the permanent art collections of the Whitney Museum of American Art, Victoria and Albert Museum, Bibliothèque Nationale de France amongst others.[4]

http://en.wikipedia.org/wiki/Zarina_%28artist%29


◇ 「ザリーナ回顧展」 グッゲンハイム美術館 - ニューヨークイベント情報紙 よみタイム

http://www.yomitime.com/011113/0601.html


◇ 第54回ヴェネツィアビエンナーレ ザリーナ・ハシュミ(インドインタビュー - ART iT

http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/amhq3tN48nse0jygA1RL/?lang=ja


----


◇ ArtFacts.net | Ryuta Iida

http://www.artfacts.net/en/artist/ryuta-iida-167383/profile.html


◇ ArtFacts.net | Nerhol

http://www.artfacts.net/en/artist/nerhol-242835/profile.html


◇ 飯田竜太 - Google 検索

https://www.google.com/search?q=%E9%A3%AF%E7%94%B0%E7%AB%9C%E5%A4%AA&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=6HzzVOeNI-XVmgWqzYDAAQ&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806


◇ ネルホル - Google 検索

https://www.google.com/search?q=%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%AB&espv=2&biw=1436&bih=806&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=A4XzVK-eMYPi8AWB24KgAw&ved=0CAcQ_AUoAg

Marcel Duchamp - June 26 - August 29, 2014 - Installation Video - Gagosian Gallery

http://www.gagosian.com/exhibitions/marcel-duchamp--june-26-2014/exhibition-video

2015-03-01 オオカミのいるところ