Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2038-10-02

Nobuhiro Fukui | web exhibition

MD et / und GR [MD_et_und_GR]

Feburary 18, 2014 - October 2, 2038

on the internet

http://j.mp/MD_et_und_GR_04

続きを読む

2015-01-14 第12期

[][] 291 workshop 「第12期」

2015年1月14日(水)〜3月18日(水)[全10回]+補講

続きを読む

[][] 291 workshop 個人講座《パーソナル・セッション[6か月間・全15講座・各60〜480分]

続きを読む

2014-12-20 [画像のタイトルを入力]“画像のタイトルを入力”

2014-12-19 social in-ex-clusion

social in-ex-clusion

現代革命の新たな考察 « 法政大学出版局

叢書・ウニベルシタス 1020

現代革命の新たな考察


エルネスト・ラクラウ:著, 山本 圭:訳

四六判 / 406ページ / 上製 / 定価:4,200円 + 税 

ISBN978-4-588-01020-0 C1310 [2014年12月 刊行]

ポピュリズムが跋扈する現実社会との対決から、新しい民主主義のための政治理論を創造する。「敵対性」「転位」「偶発性」「ヘゲモニー」といった重要概念を理論的に定式化し、ポストマルクス主義からラディカル・デモクラシーに至る射程へその可能性を展開させた現在の民主主義研究における基礎文献。シャンタル・ムフとの共著論文、精神分析理論と政治理論を節合させたスラヴォイ・ジジェクによる重要な論考も付す。

エルネスト・ラクラウ(ラクラウ,E.)

(Ernesto Laclau)

1935年アルゼンチン生まれ(2014年没)。長年にわたって英国エセックス大学にて研究活動を展開。ポストマルクス主義およびラディカル・デモクラシーの理論家として知られる。邦訳には『資本主義ファシズムポピュリズム――マルクス主義理論における政治とイデオロギー』(柘植書房)、『民主主義の革命――ヘゲモニーポストマルクス主義』(筑摩書房シャンタル・ムフとの共著)、『偶発性・ヘゲモニー普遍性――新しい対抗政治への対話』(青土社ジュディス・バトラースラヴォイ・ジジェクとの共著)、また未邦訳の著書に『(複数形の)解放』、『ポピュリズム的理性について』、『社会の修辞的基礎付け』などがある。


山本 圭(ヤマモト ケイ)

1981年京都府生まれ。名古屋大学大学院国際言語文化研究科単位取得退学。博士(学術)。エセックス大学政治学研究科留学、日本学術振興会特別研究員などを経て、現在、岡山大学大学院教育学研究科専任講師、国際基督教大学社会科学研究所研究員。専門は政治学、政治理論。論文に「ポピュリズム民主主義的効用」(『年報政治学』2012)、共編著に『ポスト代表制の政治学』(ナカニシヤ出版、近刊)、そして共著に『労働と思想』(堀之内出版、近刊)などがある。

謝辞

序文

第吃

第1章 現代革命の新たな考察


第局

第2章 社会の不可能性について

第3章 精神分析マルクス主義

第4章 釈明なきポストマルクス主義──シャンタル・ムフとともに


第敬堯南アフリカについて

第5章 エルネストへの書簡──アレッタ・J・ノーバル

第6章 アレッタへの書簡


第孤堯インタビュー

第7章 ニューレフトの形成

第8章 理論、民主主義社会主義

付録 言説 ― 分析を超えて──スラヴォイ・ジジェク

訳者あとがき

事項索引

人名索引

http://www.h-up.com/bd/isbn978-4-588-01020-0.html

Site In Residence

サイト・イン・レジデンス「環世界」

 「サイト・イン・レジデンス」はある一つのサイト(=場所)との関わりを重視したアーティスト・イン・レジデンス プログラムです。私たちアーティストサイトの創造的な出会いを媒介し、新たな発想をつかむプロセスを協働して生み出していきます。アーティストは一定期間サイトに通い、リサーチ(調査)や創作活動に取り組みます。

 サイトとなる元米海軍「深谷通信所(Fukaya Communication Site)」周辺地域は、私たちの立つこの土地と人との関わりについて、深い問いかけを発する場所です。 この土地は、先の大戦中に日本海軍用地買収で生まれ、戦後は米海軍に接収され送信基地として利用されてきました。それと同時にここは、地域の人々が家庭菜園野球場ゲートボールコートなどを自主管理する、人々の憩いの場でもありました。

 

 軍事戦略上の必要から生まれ利用されてきた土地が、人々に開かれた共有地でもある。直径1キロ、円周3キロの環状の境界線で区切られたこの円形の土地では、そんな特異な土地利用が実践されてきました。そして現在、この土地は新たな利用への移行期にあります。

 

 3人のアーティストがこの土地を訪れ、一旦閉じられつつあるこの円環を前に、それぞれの時間を過ごします。

http://www.siteinresidence.org/

BMW Tate Live: Meiro Koizumi - YouTube

2013/06/14 に公開

A second chance to watch Meiro Koizumi’s performance of The Birth of Tragedy captured live Thursday, 13 June, 2013 at Tate Modern.


Performance Room is a series of performances commissioned and conceived exclusively for the online space. Performances are streamed live from the Performance Room at Tate Modern and then made available to watch online after the event. Find out more about the 2013 Performance Room Series: http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/eventseries/bmw-tate-live-2013-performance-room


For the Performance Room, Meiro Koizumi has adapted his 2012 video It’s a Comedy, which blurs the lines between comedy and cruelty. The Birth Of Tragedy is a unique online performance in which a performer reads from The Anti-Christ by Friedrich Nietzsche whilst five other performers are invited to intervene.


Meiro Koizumi (b. 1976, Gunma, Japan) lives and works in Yokohama. Koizumi’s practice combines video work with collage and drawing, often constructing scenarios which build up to a situation becoming out of control, breaking or distorting social rules. Recent solo exhibitions include the Museum of Modern Art, New York (2013), Art Space, Sydney (2011) and the Mori Museum, Tokyo (2009). He has participated in numerous group shows such as Future Generation Art Prize, Pinchuk Art Center, Kiev (2012), Hara Museum, Tokyo (2011), Liverpool Biennial (2010), Media City Seoul (2010), and Aichi Triennale, Japan (2010).

http://youtu.be/7vpL5oax9DM

Franz Erhard Walther in conversation with Hans Ulrich Obrist » Audio » Study » Drawing Room

http://drawingroom.org.uk/study/resources/franz-erhard-walther-in-conversation-with-hans-ulrich-obrist


◇ Franz Erhard Walther, Changing the Definition of Sculpture - archivespacethroughaction

http://arttattler.com/archivespacethroughaction.html

ZKMのアーカイヴ記事のミラーもしくはコピー


>>>Franz Erhard Walther | Exhibitions | WIELS

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140930#p9

Slide Piece, 1972-73 - Coleman, James - Macba

http://www.macba.cat/en/slide-piece-1972-73-2751


◇ James Coleman - YouTube

Vidéo installation Museo de la reina Sofia - Madrid

http://youtu.be/db-MdUWgWK0


◇ James Coleman - Box (ahhareturnabout) - Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía

Date: 1977

Edition/serial number: 4/4 + 1 CA + 1 CTSA

Media description: 16 mm black and white film with synchronized audio narration

Duration: 5 min. 02 sec.

Colour: Black and white

Sound: Optical sound

Category: Cinema, Installation

Entry date: 2009

Register number: AD05430

Courtesy of James Coleman ©

http://www.museoreinasofia.es/en/collection/artwork/box-ahhareturnabout

Johan Grimonprez

http://www.johangrimonprez.com/


◇ dial H-I-S-T-O-R-Y by Johan Grimonprez Trailer 1 - YouTube

http://youtu.be/vWyiY0JywC4


◇ dial H-I-S-T-O-R-Y by Johan Grimonprez Trailer 2 - YouTube

http://youtu.be/WQKkUHF0pkM


◇ Dial H-I-S-T-O-R-Y - Wikipedia, the free encyclopedia

Dial H-I-S-T-O-R-Y, a 68 minute-long film by director Johan Grimonprez, traces the history of airplane hijackings as portrayed by mainstream television media. The film premiered in 1997 at the Musée National d'Art Moderne (Centre Georges Pompidou (Paris); and at Catherine David's curated Documenta X[1](Kassel). "This study in pre-Sept. 11 terrorism"[2] is composed of archival footage material — interspersing reportage shots, clips from science fiction films, found footage, home video and reconstituted scenes — the work is interspersed with passages from Don DeLillo's novels Mao II and White Noise, "providing a literary and philosophic anchor to the film."[3] According to the director, "Dial H-I-S-T-O-R-Y's narrative is based on an imagined dialogue between a terrorist and a novelist where the writer contends that the terrorist has hijacked his role within society."[4] The film`s opening line, taken from Don DeLillo`s Mao II, introduces the skyjacker as protagonist. Interplaying fact and fiction, Johan Grimonprez said that the use of archival footage creating “short-circuits in order to critique a situation”,[5] may be understood as a form of a Situationist Détournement.[6]

http://en.wikipedia.org/wiki/Dial_H-I-S-T-O-R-Y

Glimpses of the U.S.A. Film | Eames Office

1959

For its first USSR-USA cultural exchange, the U.S.I.A. commissioned the Eames Office to make this film on “a day in the life of the United States.”

The thirteen-minute film was narrated by Charles Eames. It was projected onto seven twenty-by-thirty foot screens, which were installed in a 250-foot diameter geodesic dome designed by Buckminster Fuller, in Moscow’s Sokolniki Park.

The multiple images communicated what no typical lecture could. They demonstrated that (for better or worse) highways and automobiles were part of the fabric of American life; however, the images also depicted loving images of families hugging goodbye before work and kissing goodnight before bed. A modern marvel of technology was being used to show its overseas viewers the humanity of their rivals.

The film made for a dynamic introduction to the American National Exhibition. It concluded with an image of forget-me-nots—a metaphor that was not lost on the audience, since the translated name for the flowers is the same in Russian as it is in English.

http://www.eamesoffice.com/the-work/glimpses-of-the-u-s-a-film/

再録(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140903#p5

◇ 小特集:研究ノート:プレ・メディウム的条件──拡張映画とニューメディア論(古畑百合子)- 表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉

ここ数年、美術史家のロザリンド・クラウスによって提唱された「ポストメディウム的状況」という言葉が映画学メディア研究の領域で使われることが増えてきた。「ポスト」という形容詞は時代的な転換、あるいは状況の変化を示唆する。そのせいか、90年代以降のニューメディア論の領域ではポストメディウム的状況という概念は、デジタル革命以降のメディア環境、つまり記録・伝達媒体としての近代メディアが独立性を失って融合していく技術的な状況と重なるものとして意外と短絡的に捉えられることが多い。しかし、クラウスが意味するポストメディウム的状況は、もともと60年代から台頭したインターメディア、そしてインスタレーションという「芸術一般」(art-in-general)へと向かう作品がコンセプチュアル・アート以降急増していった歴史的状況を分析するために使われた概念である(※1)。アートの「可能性の条件」としてのメディウム固有性を擁護するクラウスにとって、デジタル・コンバージェンスなどの言説に代表される90年代以降のメディア環境の変化は、必ずしもポストメディウム的状況とは重ならない。なぜなら、フリードリヒキットラーマークハンセンなどのニューメディア論者が唱える「メディウム」概念と、クラウス美術史の文脈から引き出す「メディウム」概念は同義ではなく、別々の認識論的な見地に基づいているからだ(※2)。もちろん、重なる部分は少なくない。けれども、この二つの文脈が取り替え可能なものとして誤解されることで、逆に見えなくなってしまうテクノロジーアート歴史的な関係性がある。そのためにも、いったんニューメディア論の言説から離れてクラウスメディウム論に戻ることで、ポストメディウム的状況という概念を映画学メディア研究の領域に再度取り込む作業が必要とされている。そのような必要性を前提に、この小論では固有性ではなく一般性へとアートが向かうポストメディウム的状況への批判としてクラウスが展開した「メディウム」の再定義、とくにそれを支える「技術的支持体」と呼ばれる概念に注目し、60年代に台頭した拡張映画(エキスパンデッド・シネマ)をケーススタディとして「プレ・メディウム的」とでも呼びうる技術的支持体の条件について考えてみたい。

http://repre.org/repre/vol21/post-museum-art/note01/

Image ForumさんはTwitterを使っています: "メカス誕生日を挟んで久しぶりにシアター・イメージフォーラムで『リトアニアへの旅の追憶』を上映します。12/13〜26(18、25は休映)連日11:30モーニングショー日本語字幕付35mmブローアップ版上映です。"

https://twitter.com/image_forum/status/538322383082233857

http://www.imageforum.co.jp/lithuania2014/index.html

ニュース】「バーネット・ニューマン 十字架の道行き」展 ゲストキュレーターに大島徹也氏 | Art Annual online

来年3月にMIHO MUSEUM(辻惟雄館長)で春季特別展バーネット・ニューマン 十字架の道行き」が開催されるのに伴い、メディア向けセミナー11月17日に東京・大手町で開催された。

セミナーには辻館長のほか、同展を担当するゲストキュレーター愛知県美術館主任学芸員・大島徹也氏、春季に同時開催される「曽我蕭白『富岳図屏風』と日本美術の愉悦」を担当する同館学芸員・岡田秀之氏が出席。来春に開催の2つの展覧会について、セミナー形式で詳細を紹介した。

バーネット・ニューマン 十字架の道行き」展はジャクソン・ポロックマーク・ロスコらとともにアメリカ抽象表現主義の中心的存在として知られるバーネット・ニューマン(1905〜70)の後期連作であり、傑作として称される「十字架の道行き」14点および「存在せよ 供廚鯑本で初めて公開するもの。辻館長は今展実現の経緯について、「通常、ワシントンナショナル・ギャラリー(以下NGA)に展示されている同作だが、このたび同館のリフォーム休館にあたり、館から直接展示の打診があり、実現に至った。またNGAとMIHO MUSEUMは設計が建築家I.M.ペイであるという共通項があり、今展実現のきっかけの1つともなっている。また作品に必要な保険料もNGAが全額負担となる」と説明。またゲストキュレーターを招へいしたことについて「当館は現代美術、特にニューマンに詳しい学芸員がいない。そこで大原美術館館長の高階秀爾氏に紹介してもらい、大島氏にお願いすることになった」とした。

今回、ゲストキュレーターとして展覧会を担当する大島氏は愛知県美術館主任学芸員として2011年〜12年にかけ同館で開催された「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」(東京国立近代美術館に巡回)を企画。その功績が認められ、第7回西洋美術振興財団賞・学術賞を受賞している。

http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/43091/

シンポジウム「来たるべきアートアーカイブ 大学と美術館の役割」 レポート:どこへどのように向かうのか? 芸術作品の資料の行方:トピックス|美術館アート情報 artscape

http://artscape.jp/report/topics/10105756_4278.html

ロザリンド・クラウスによる「タスクパフォーマンス」の説明 - Blog: Sato Site on the Web Side

ニューヨークのジャドソン・メモリアル教会に集まったパフォーマーたちによって水路が開かれ、ありふれた動作のダンスあるいは「タスクパフォーマンスtask performance」というこの新しい概念は、「内面」をもたない身振りを作るというひとつの方途を活発に追求していった。バレエ的な身振りは、我々が感じるように、つねに内面に潜む意味を、音楽ないし身体の洗練された情念の意味を、現実の時間と空間が閉じ込められ既に確立された慣習によって構造化されている不可触的な領域の意味を表現する。ダンサーの身体は、決まって、これらの意味を外在化するよう働いている。従って、こうした意味がなければ、身体はありふれており、ジョガーや労働者やただ階段を降りるひとの身体と大差なくなるのである

 「ありふれた動作ordinary movement」というダンスを考えることで、ジャドソンのダンサーたちは、いわば「日常言語ordinary language」という観念との連帯を宣言した。「日常言語」とは、言語についての行動主義的視点の内へ心/身の区別を解消させようとする哲学がもっていた観念である。語の意味はその使用である。彼らはこうしたヴィトゲンシュタインの思考をよく諺として引き合いに出したものだった(実際に読んでいたかどうかはともかく)。語の意味するところが何かを知ることは、ひとが言及するその語の「意味」の像を心の内にもつことではない。むしろ語の意味とは、その語を用い、その語を実際に運用するperformあるひとの隠れようのない能力が持ち合わせている機能にすぎない。もし心の内に想定されている像が全く主観的で私的で、私だけがアクセス出来る何かだとしても、その語が成就することは公的である。つまり、私はそれを正しく使用するか、そうでないかのどちらかでしかない。」(Rosalind Krauss, “The Mind/ Body Problem: Robert Morris in Series” in Robert Morris: The Mind/ Body Problem, New York, 1994, p. 6)

http://blog.goo.ne.jp/kmr-sato/e/55f9637fb7256863c34d990443ea409b

木村覚さんのブログより。

sairblog | npo S-AIR Blog

http://sairblog.wordpress.com/


◎ npo S-AIR: Sapporo Artist in Residence

http://www.s-air.org/

細川護貞 - Wikipedia

細川 護貞(ほそかわ もりさだ、1912年明治45年7月17日 - 2005年平成17年10月3日)は、旧肥後熊本藩主細川家の第17代当主。第2次近衛内閣で内閣総理大臣秘書官を務めた。

1912年明治45年)細川侯爵家の16代目当主細川護立と細川博子の子として生まれる。曾祖父に島津忠義鍋島直正京都帝国大学狩野直喜博士の教えを受ける。同大学法学部卒業後、企画院嘱託。

1940年(昭和15年)、第2次近衛内閣で首相秘書官に就任する。1943年(昭和18年)、昭和天皇の弟宮高松宮宣仁親王の御用掛となり宮中グループを中心に各方面の有識者から情報や意見を収集し、海軍グループで同郷出身の高木惣吉海軍少将に協力して東條英機暗殺未遂事件や終戦工作の一翼を担い、戦時中の動静を「細川日記」として戦後発表している。

戦後は政治から一線を引き、細川家当主として、伝来の書画茶道具などの工芸美術品を管理するため設立された財団法人永青文庫理事長に就任。神社本庁統理、日本工芸会会長、日本ゴルフ協会会長なども務めた。また、美術愛好家として著書を多く出している。

1969年昭和44年)、長男の護熙が政界入りの野心を見せると反対し、「そんなヤクザな道に入るのなら、家とは縁を切ってくれ。カネも含めて今後一切の面倒は見ない」と勘当を言い渡した。護熙は第32回衆議院議員総選挙立候補し落選したが、後に参議院議員熊本県知事に転じた。1993年平成5年)、護熙は日本新党代表として第40回衆議院議員総選挙で当選し、55年体制以降では自民党以外で初めて首相に就任した。しかし、その際のインタビューで護貞は喜ぶ様子もなく「あれの性格ではいずれ投げ出すだろう」という趣旨の発言をし、周囲を唖然とさせた。だが、結果的に翌年4月に護熙は電撃辞任することとなった。

晩年は、高齢で病気がちで表には出なかった。2005年平成17年10月3日心不全のため93歳にて死去。

細川日記

太平洋戦争最中の昭和18年11月から昭和21年10月までの日記。岳父の近衛文麿首相秘書官を務めていた事から、戦中期は近衛の意を受け、高松宮に各種情報を報告する任務についた。この時期を挟む日記で、「昭和史」の貴重な資料と目される。特に、日本が日中戦争から太平洋戦争に向かう時代の、軍部と政界の緊迫する様子や重臣たちの動静を伝えている。師の狩野直喜により「黙語録」と命名された。近代日本史学者柴田紳一は「時局と日本を憂える真情が、冷静な観察眼をもって描かれ、細川という人物の人格をも偲ばせる」と評している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%AD%B7%E8%B2%9E

知ってなるほど 明治・大正・昭和初期の生活と文化 | 勲章ものがたり 〜戦前の勲章さまざま〜

http://www.jacar.go.jp/seikatsu-bunka/p04.html

暗号形態 - Wikipedia

暗号形態(あんごうけいたい)は、カール・ヤスパースの実存哲学の概念のひとつであり、実存の絶対意識において聞きとれる超越者のことばを意味する語。

ヤスパースによれば、超越者(人格的には「神」と呼ばれる)は、「暗号」というかたち(暗号形態)においてのみ立ち現れる。すべての事象は、超越者による存在意識への最終的な変革に対応して、超越者の「暗号」となり、世界はいわば「暗号の世界」となる。彼は「暗号」は3種に区分されるとし、歴史的瞬間において、その都度1回限り直接絶対意識に映ずる暗号(「超越者の直接的なことば」)を第一言語とした。第一言語が伝達可能なかたちに普遍化されたものが神話や芸術などであり、ヤスパースはこれを第二言語とした。そしてまた、哲学的伝達の可能な第三言語を形而上学における思弁的なことばだとした。

実存は、これらの「暗号」を自らの限界に突きあたる挫折の経験を通して、解読されなければならない。それがヤスパースの唱える「暗号解読であるヤスパースは、暗号を解読するためには、人は日常の生活経験から脱して「限界状況」に立たなければならないとして、これを通して暗号の真の意味をとらえることができ、超越者に直面することができるのだとした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E5%8F%B7%E5%BD%A2%E6%85%8B

妄想 - Wikipedia

妄想(もうそう:delusion)とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのこと。妄想を持った本人にはその考えが妄想であるとは認識しない(むしろ病識がない)場合が多い。精神医学用語であり、根拠が薄弱であるにもかかわらず、確信が異常に強固であるということや、経験、検証、説得によって訂正不能であるということ、内容が非現実的であるということが特徴とされている。日常的な会話でも用いられることもあるがそのときはいかがわしい考えや空想を表し、必ずしも病的な意味合いを含むわけではなく軽い意味で使われている。

妄想と一言にくくっても、その内容や程度は個人差が大きい。軽度で生活に支障をほとんど来さないものから重大な支障を来すようなものまで様々である。本人が妄想であるとは自覚していない(「病識」がない)ことが多いが、漠然と非合理性に気づいている場合(いわゆる「病感」がある状態)、あるいは他者の前では隠すことができ生活に適応している場合(いわゆる「二重見当識」)など様々である

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%84%E6%83%B3

2014-12-18 how to find the origin of a photo on the internet

modules [208 websafe colors, fast]




f:id:n-291:20141217142931g:image













Guggenheim Christopher Wool Symposium - PTG: Abstraction since 1980 - YouTube

Talks by Suzanne Hudson, Mark Godfrey, and Katy Siegel addressing questions of painting and abstraction from the 1980s to the present were given on the occasion of Christopher Wool, on view October 25, 2013-January 22, 2014. Learn more about the symposium and view the full speaker list: http://gu.gg/DDYyo


Presented in conjunction with Christopher Wool on view October 25, 2013–January 22, 2014 at the Solomon R. Guggenheim Museum. Learn more: http://www.guggenheim.org/wool

http://youtu.be/FmyAftacS8A


◇ Christopher Wool - Crosstown Crosstown, artist talk at DCA.flv - YouTube

Artist Christopher Wool talking about his exhibition, Crosstown Crosstown (6 April - 8 June 2003), at Dundee Contemporary Arts.

http://youtu.be/7nbJMXyyMNs


◇ Christopher Wool - abstract painting - YouTube

Christopher Wool gehört zu den wichtigsten Vertretern der abstrakten Malerei und versucht in seinen Bildern die Grenzen des Abstrakten immer neu zu erfoschen. Dabei nutzt er unterschiedliche Medien wie Malerei, Zeichnung, Fotografie und Druck.

Das Museum Ludwig in Köln widmet Christopher Wool vom 21.04. - 12.07. eine Ausstellung, in der vor allem die Arbeiten zwischen 2006 und 2009 vorgestellt werden.

----

Christopher Wool is one of the most important representatives of abstract painting. In his new works he uses different media such as painting, drawing, photography and printing.

The Museum Ludwig in Cologne dedicates Christopher Wool from 21.04. - 12.07. an exhibition which presents works between 2006 and 2009.


ein Film von/a film by Ralph Goertz

Institut für Kunstdokumentation und Szenografie

Vielen Dank an/many thanks to Christopher Wool, Julia Friedrich und Museum Ludwig Köln.

© IKS/Ralph Goertz

www.iks-medienarchiv.de

http://youtu.be/6RD3K6aBLQ0

PORTIKUS / WADE GUYTON - YouTube

Copyright © 2009 Helke Bayrle, Portikus, Sternberg Press / Editor: Daniel Birnbaum / Editorial work: Sunah Choi / ISBN 978-1-933128-76-4

http://youtu.be/zpY6C58N2as


◇ Wade Guyton at Museum Ludwig - YouTube

http://youtu.be/cxxptVBEVZQ


Vlog: Wade Guyton OS - YouTube

In this vlog, educators Andrew Fisher and Christine S. Kim discuss Wade Guyton's printer paintings.

http://youtu.be/dMtgd3hX2zA


◇ Wade Guyton OS at the WHITNEY MUSEUM - YouTube

http://youtu.be/TxIiSs5_vVY

インクジェットプリンター - Wikipedia

インクジェットプリンター歴史は、ケルヴィン1867年にインク滴に対する荷電実験を行ったことが起源とされる。1879年にレーリーがコンティニュアス型の基本となる液滴生成理論を発表。本格的な研究の取り組みは1950年代からで当時西ドイツシーメンスが液圧搬送、ノズル吐出のコンティニュアス型のプリンター特許が公開された。

1960年代より実用的なオンデマンド型のインクジェット研究が進められた。ピエゾ素子(圧電素子)を用いたピエゾ方式がはじめに考案され、セイコーエプソン社よりピエゾ方式プリンター商品化された[1]。また1970年代にはサーマル方式も考案されヒューレット・パッカードHP)社が1984年にThinkJetとして商品化[2]、キヤノン社も1985年BJ-80として商品化[3]した。

1990年10月にはキヤノンが普及タイプのノートBJ-10vを発売し[4]、一般個人ユーザーにも浸透し始めた。1996年11月には、初めて写真画質を売りにしたPM-700Cをセイコーエプソンが発売し[5][6]、インクジェットの普及に拍車をかけた。それ以降、インクジェットは小型プリンターとしてシェアを拡大し2008年現在ではパソコン用のプリンター出荷台数3分の2以上がインクジェット方式となっている。

インクジェットプリンター歴史は、ケルヴィン1867年にインク滴に対する荷電実験を行ったことが起源とされる。1879年にレーリーがコンティニュアス型の基本となる液滴生成理論を発表。本格的な研究の取り組みは1950年代からで当時西ドイツシーメンスが液圧搬送、ノズル吐出のコンティニュアス型のプリンター特許が公開された。

1960年代より実用的なオンデマンド型のインクジェット研究が進められた。ピエゾ素子(圧電素子)を用いたピエゾ方式がはじめに考案され、セイコーエプソン社よりピエゾ方式プリンター商品化された[1]。また1970年代にはサーマル方式も考案されヒューレット・パッカードHP)社が1984年にThinkJetとして商品化[2]、キヤノン社も1985年BJ-80として商品化[3]した。

1990年10月にはキヤノンが普及タイプのノートBJ-10vを発売し[4]、一般個人ユーザーにも浸透し始めた。1996年11月には、初めて写真画質を売りにしたPM-700Cをセイコーエプソンが発売し[5][6]、インクジェットの普及に拍車をかけた。それ以降、インクジェットは小型プリンターとしてシェアを拡大し2008年現在ではパソコン用のプリンター出荷台数3分の2以上がインクジェット方式となっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

Thomas Demand | Louisiana Channel

We realize how the world looks through models, says German artist Thomas Demand in this interview. And we live with models all the time - in science, media, even the weather-forecast is a model. Without models, we would go mad within seconds.

Thomas Demand is known for his large scale photographs of three-dimensional models, made from paper and cardboard. He constructs the models in life size, photographs them, and destroys them afterwards. The only thing left is an image of a past moment. Many of Demands models can be traced back to public events and images, such as his reconstruction of The Oval Office in the White House, a rendering of the Pont de l’Alma tunnel in Paris (where Princess Diana’s fatal accident occurred) and a recount center in Florida from the much debated US election in 2000.

With his series Model Studies, for the first time Demand turned his camera towards models that are not his own. During a residency at the Getty Research Institute in Los Angeles in 2011, Demand was introduced to the American architect John Lautner’s archive, in which he found twelve architectural maquettes of unrealised projects the architect designed. The models are old and bruised, they each have a biography of their own. However, Demand did not seek to present flattering representations of Launter’s final designs. Instead he depicted the models from various angles, in natural light and from such immediate proximity that the images arouse curious visual explorations - intimate and seductive - independent of the buildings to which they refer, but the objects they became.

“Architecture has always been in the centre of my attention, because it deals with utopias and ideas of a somehow better future”. Nonetheless, Demand’s investigation of Lautner’s models is not merely an architectural historical examination. The photographs can also be seen as documentations of an architect’s thoughts and quarrels. With their sculptural qualities, Demand - echoing his previous work with an abstract rigour - questions the medium as a faithful record of reality, in a search for the construction of new ways of understanding and perceiving the world through models.

Thomas Demand was born in 1964 in Munich. Today, he lives and works in Los Angeles and Berlin. Demand graduated from the Academy of Arts in Düsseldorf, and Goldsmith’s College in London. His solo exhibitions include shows at Neue Nationalgalerie, Berlin; the Museum of Modern Art, New York; the Serpentine Gallery, London; the Museum of Contemporary Art, Tokyo; Boijmans van Beuningen, Rotterdam; the Fondazione Prada, Venice, the Kunsthaus Bregenz, the Lenbachhaus Munich and the Louisiana Museum of Modern Art, Humlebæk. His work is represented in numerous museums and collections


Thomas Demand was interviewed by Marc-Christoph Wagner at Avlskarl Gallery in Copenhagen.

Camera: Klaus Elmer

Edit: Kamilla Bruus

Produced by Marc-Christoph Wagner

Copyright: Louisiana Channel, Louisiana Museum of Modern Art, 2014

Supported by Nordea-fonden

http://channel.louisiana.dk/video/thomas-demand-world-models


MoMA | The Collection | Thomas Demand. Clearing. 2003

http://www.moma.org/collection/object.php?object_id=90063


◇ Doug Aitken – The Source: Thomas Demand | Tate

http://www.tate.org.uk/context-comment/video/doug-aitken-source-thomas-demand

Henning Christiansen & Joseph Beuys "Op.50: Requiem of Art" - YouTube

This is the second side of a (rare and ridiculously expensive) collaboration LP by Joseph Beuys and Henning Christiansen circa 1973. Somebody reissue this (affordably), please!

http://youtu.be/nvz9ch4eKAI


◇ Henning Christiansen - Abschiedssymphonie - YouTube

http://youtu.be/_vCU67S767o


◇ Henning Christiansen - Abschiedssymphonie (Vinyl, LP) at Discogs

Featuring [Telephone] – Joseph Beuys

Mixed By – Jean Martin

Piano, Recorded By, Mixed By – Henning Christiansen

Piano, Violin – Nam June Paik

Recorded By – Ernst Kretzer, Esben Christiansen, Lorenzo Mammi, Thomas Stelter

http://www.discogs.com/Henning-Christiansen-Abschiedssymphonie/release/724720


◇ Henning Christiansen - Symphony Natura Op. 170 (full album) - YouTube

Symphony Natura Op. 170 was initially performed by Henning Christiansen as an eight-hour-long audio sequences in Rome's zoo in 1985 on eight loudspeakers in collaboration with Lorenzo Mammi.


This recording of Symphony Natura Op. 170 was originally released as part of the "Fluxus Anthology 30th Anniversary 1962-1992 Sound Events" a cassette box set with eight C90 cassette tapes, released on Slowscan in 1982 and re-realesed as an individual vinyl album on the same label in 2006.

http://youtu.be/dWgjvotjbn0


◇ UbuWeb Sound :: Henning Christiansen

http://www.ubu.com/sound/christiansen.html

2014-12-16 It was seventeen years later.

1997nen12gatsu16nichi [oblique perspective] (2014, dimensions variable) *1 *2

続きを読む

in-between [interlaced frames, 1997.12.16, digitalized] (2014, dimensions variable)

続きを読む

*1:【警告】PSE[光過敏性発作]が起こる可能性もあるため、次の3点に十分留意したうえで、体験されることを推奨いたします。(1)万全な体調での観賞 (2)明るい部屋での観賞 (3)モニタから十分離れての観賞

*2:【WARNING】Please check the risk of PSE before watching this http://j.mp/PSE_EPI

2014-12-15 所期策

福島喜多方事件」研究顕彰文献目録(1981〜2002) - 大内研究室

http://www6.ocn.ne.jp/~minken/bunken1981-2002.htm


◎ 大内研究室へようこそ 福島県自由民権運動研究

http://www6.ocn.ne.jp/~minken/index.htm


◇ 発祥の地コレクション自由民権発祥地

JR磐越西線喜多方駅から北東に1.5km。

喜多方郵便局の東に 国道459号に面して出雲神社がある。参道を入って社殿の右裏に「自由民権発祥地」と書かれた白い石碑が建っている。

喜多方市は 1882(明治15)年に,自由民権運動の中で起きた農民たちが 圧政に反抗した「喜多方事件」が起きた場所。喜多方事件は,関連する事件を含めて「福島事件」とも呼ばれる。

明治15年 福島県令となった三島通庸は 着任するとすぐに,“三方道路”(若松から新潟山形栃木に通じる県道)の工事を開始した。これは 工事予算がないまま すべて住民の負担によって道路を完成させようとする計画で,人夫または人夫賃を出させるなど 農民に大きな負担をかけた。さらに工事に従事せず抵抗する農民の財産差し押さえ競売に出すなど 強引な手段をとった。

これに対して,県議会議長であった自由党河野広中は 県会無視の県令に対して,“議案毎号否決の決議”(すべての議案を否決するという決議)を行い,自由党と県令は鋭く対立。自由党会津部は農民4000名の賛同を得て“権利恢復同盟”を結成し 裁判所に訴えたが,逆に誣告罪に問われて指導者逮捕される事態になった。

これがきっかけで,2000名近い農民が 喜多方警察署に押しかけ,これに対してサーベルを抜いた警察官が襲いかかり,44名が逮捕されたうえに 多くの負傷者を出した。翌日には同盟の本部が襲われて多くの指導者逮捕されると同時に河野広中逮捕された。その結果 農民323名が罰金刑に,指導者層57名は 国事犯として東京裁判にかけられた。

この事件をきっかけに 自由民権運動全国的に激化し,1884(明治17)年に 茨城県の「加波山事件」などに発展した。

出雲神社から500m程西の“喜多方市厚生会館”に“喜多方事件百周年記念顕彰碑”があり,碑文には次のように書かれている。

http://hamadayori.com/hass-col/culture/JiyuminkenKitakata.html


自由民権運動 - Wikipedia

自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)とは、明治時代日本において行われた政治運動社会運動

従来の通説では1874年明治7年)の民撰議院設立建白書の提出を契機に始まったとされる。それ以降薩長藩閥政府による政治に対して、憲法の制定、議会の開設、地租の軽減、不平等条約改正の阻止、言論の自由集会の自由の保障などの要求を掲げ、1890年明治23年)の帝国議会開設頃まで続いた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95


◇ うつくしま電子事典<苅宿仲衛>

苅宿仲衛は、1854年、苅宿村(現在の浪江町苅宿)の代々神官を務める家柄に生まれました。宮城師範学校に学び卒業するとしばらく小学校先生を指導する先生として活躍しました。1880年教育の世界から政治の世界に入り、民主主義自由を求める自由民権運動に加わり全国各地に足を伸ばして活動しました。この運動は、当時の政府に反対する運動でしたから、しばしば弾圧を受け、福島事件、加波事件、大阪事件などで警察逮捕されましたが、そのいずれの場合も無罪放免になっています。いつの場合も、放免されるとすぐに牢獄に入っている同志の家族を救うために熱心に活動しました。1886年に県会議員となり、1890年の第1回総選挙立候補落選)した時期を除いて、1898年まで一貫して自由党の県会議員として自由と人権のために闘いました。

http://www.gimu.fks.ed.jp/shidou/jiten/cgi-bin/jnbt.cgi?id=view&cd1=%CF%B2%B9%BE%C4%AE&cd2=%B4%A3%BD%C9%C3%E7%B1%D2


三春自由民権運動三春町歴史民俗資料館 - 三春町ホームページ

明治時代初めの政府は、鹿児島県山口県など、明治維新をなしとげた地域の人々を中心とする専制政府でした。明治政府は、社会のしくみを変える改革を次々に進めましたが、多くの人々の生活は良くなりませんでした。また、当時の日本には国会憲法がなかったため、国民自由を守り、権利を主張する場もありませんでした。このような時代の中で、自由民権運動は、人々が国政に参加し、自由と権利を獲得することを目的としてはじまり、全国的に広がったのです。

三春町出身の河野広中(こうのひろなか)は、多くの同志たちと民権運動に参加し、三春政治結社「三師社」、青年活動家を養成する学塾「正道館」を創設し、数多くの運動家を育てました。また、関東東北地方では例のない政治雑誌「三陽雑誌」を発刊しました。このような活動により、三春東北地方最大の自由民権運動の中心地となったのです。河野らの活動は、福島県内にとどまらず、わが国最初の政党自由党」の結成には代表を送り、党の活動にも積極的に関わりました。

このような動きに対し、明治15(1882)年の秋に起こった喜多方事件を好機として、明治政府の力を背景とした福島県三島通庸は大弾圧を強行し、河野広中・田母野秀顕ら、三春町出身者10名を含む、58名の運動家逮捕しました。この事件は「福島事件」と呼ばれ、逮捕された人々は、国家に対する罪を犯したとして裁判にかけられました。そして、河野と田母野ら10名が有罪とされたのです。

福島事件以後、自由民権運動全国的に激化しました。福島事件により弾圧を受けた県内民権運動家は、明治17年、栃木県令に就任していた三島暗殺を志しましたが、最終的に茨城県加波山で挙兵決起することとしました。「加波山事件」と呼ばれるこの運動に参加したのはわずか16名でしたが、その中には河野広中の甥広体、琴田岩松ら、5名の三春町出身者がいたのです。しかし、この挙兵は失敗し、参加した16名を含む130名もの人々が逮捕されました。そして、三春出身の山口守太郎が獄死し、琴田を含む7名が死刑、河野広体ら5名が無期徒刑となるなど、多数の人が処罰されたのです。

このような運動の高まりの結果、明治政府国会の開設、憲法の発布を検討するようになりました。明治22年、大日本帝国憲法が発布、翌年には第1回の衆議院選挙が行われ、帝国議会が成立したのです。

福島加波山事件を通じ、多くの県内自由民権家が逮捕・処罰されました。その中で三春出身者が多数にのぼったことからも、三春町自由民権運動積極的に関わったとして知られるのです。

http://www.town.miharu.fukushima.jp/site/rekishi/minken.html


◇ 21.自由民権発祥の地を歩く(三春町) / ふくしまの歴史と文化の回廊 - 福島県ホームページ

福島自由民権運動河野広中


  三春町は、自由民権運動先駆者河野広中をはじめ、多くの運動家を輩出した町である

  明治維新により成立した政府は、維新を成し遂げた西国諸藩出身者を中心とする藩閥政府であり、国民自由を守る憲法はもちろんその意志を代弁する国会も置かない不十分なものであった。自由民権運動は、こうした国家のあり方を痛烈に批判し、国会の開設・憲法の発布を目的とし、全国的に展開した運動である

  三春町における自由民権運動は、明治11年(1878)に設立された政治結社「 三師社 」、同14年(1881)に自由民権思想の普及を目指して設立された「 正道館 」のように、若い運動家を育成し、活動の基盤を固めるものであった。ここで育成された運動家は演説会や直接的活動を通じ県内はもとより、県外においても活発な活動を展開した。

  こうした運動は、時の政府、そして福島県の弾圧を受け、明治15年(1882)、河野広中らが逮捕・有罪にされた疑獄事件である福島事件 」、同17年(1884)河野広躰・琴田岩松らが中心となった激化事件 「 加波山事件 」 へと展開していった。


三春町役場

〒963-7796 田村郡三春町字大町1-2

電話:0247-62-2111(代)

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11055a/bunkakairou54.html

メサイアコンプレックス - Wikipedia

メサイアコンプレックス英語: Messiah complex)とは、個人が、救済者になることを運命づけられているという信念を抱く心の状態を示す言葉であるキリストコンプレックスもしくは救世主コンプレックスとも呼ばれる。メサイアコンプレックスという言葉精神障害の診断と統計マニュアルには記されていないが、この障害の症状は誇大妄想に苦しむ個人に見られるものと色濃く類似している。この種の妄想的信念は、双極性障害統合失調症をわずらう患者に最も多く報告されている。この障害についてはほとんど知られておらず、診断するに足る十分な意義がないものの、人口の10%程度がいずれかの形で類似した信念を有していると考えられている[1]。例としてジム・ジョーンズ、デイビッド・コレシュ、インリ・キリストなどが挙げられる[2]。

メサイアというのは、一般的日本語ではメシア救世主)と言われるもののことである。この心理が形成されるのは自分は不幸であるという感情を抑圧していたため、その反動として自分は幸せであるという強迫的な思いこみが発生するとされる。さらにこの状況が深まると、自分自身が人を助ける事で自分は幸せだと思い込もうとする。

なぜこのような論理になるかと言えば、幸せな人は不幸な人を助けて当然という思い込みを自らに課す事で「自分は幸せである、なぜなら人を助けるような立場にいるから」という理論を構築できるためである。本来は人を援助するその源としてまず自らが充足した状況になることが必要となるのだが、この考えは原因と結果を逆転させており無論無理がある。

結局のところそういった動機による行動は自己満足であり、相手に対して必ずしも良い印象を与えない。また、相手がその援助に対し色々と言うと不機嫌になる事もある。しかも、その結果が必ずしも思い通りにならなかった場合、異常にそれにこだわったり逆に簡単に諦めてしまう事も特徴的である。このようなことは宗教などの勧誘にも見られる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

Search Newspapers - The European Library

http://www.theeuropeanlibrary.org/tel4/newspapers


◎ The European Library - Connecting knowledge

http://www.theeuropeanlibrary.org/

July 17, 1989: Death By Gun | A History of Violence: Gun Control in the Pages of TIME | TIME.com

July 17, 1989: Death By Gun

By Nick Carbone @nickcarboneJan. 15, 201312


There was no single shooting that inspired this special portfolio. Instead, the sheer number and variety of homicides included within were meant to be the shocking part. From May 1 to May 7, 1989, TIME tracked every fatal shooting in the United States, presenting all 464 in an exhaustive list — along with photos of the victims and their stories, in an attempt to humanize the tragedies. The victims were killed by their own gun or by someone else’s, by accident or on purpose, and they came from all over: that week, only eight states reported zero gun deaths. California had the highest number, with 68. The cover story estimated that by the end of that year, the total number of gun fatalities in the U.S. would reach 30,000 — a statistic that remained nearly unchanged in 2011.

http://newsfeed.time.com/2013/01/16/a-history-of-violence-gun-control-in-the-pages-of-time/slide/july-1989-death-by-gun/

akumanoshirushi

http://www.akumanoshirushi.com/

危口の思いついた何かをメンバーたちが方法論も知らず手さぐりで実現していった結果、 演劇パフォーマンス建築美術など多様な要素をもつ異色の集まりとして注目される。

作風は基本的に、演劇的な要素の強い舞台作品と、祝祭的なパフォーマンス作品という二つの系統。


団体名は、主宰・危口統之の敬愛する英国ロックバンドBLACK SABBATHの楽曲 「SYMPTOM OF THE UNIVERSE」に付けられた邦題、「悪魔のしるし」に由来。2008年結成。

http://www.akumanoshirushi.com/about.htm

Rosalind Krauss on Tacita Dean’s FILM - YouTube

2014/10/30 に公開

British artist Tacita Dean created a filmwork for Tate Modern's Turbine Hall. FILM is an experimental response to the architecture of the space and a portrait of the medium itself.


Professor Rosalind E. Krauss discusses Tacita Dean’s work FILM 2011, in relation to her ongoing championing of medium specificity.


Rosalind E Krauss, editor and cofounder of October magazine, is University Professor at Columbia University. She is the author of The Originality of the Avant-Garde and Other Modernist Myths, The Optical Unconscious, Bachelors, and Perpetual Inventory. Her latest book, Under Blue Cup (2011), explores the relation of aesthetic mediums to memory.


This event is related to the 2011 exhibition The Unilever Series: Tacita Dean: FILM


http://www2.tate.org.uk/tacitadean/

http://youtu.be/eXi4pDicSu8

Romantic Geography

浪漫地理:藝術家田野調查暨展演計畫

http://romanticgeography.com/

日常の周縁に揺曳するもの----写真集『見慣れた街の中で』をめぐって - Blog (Before- & Afterimages)

田中純 (2014年12月 7日 21:45)

http://before-and-afterimages.jp/news2009/2014/12/----.html

以前、未來社のウェブサイトにもアップされていたもののようです。

現代美術家リチャード・プリンス制作拠点を初公開 - WSJ

 米現代美術家リチャード・プリンスさんは20年近く前、ニューヨークから北へ200マイル(約320キロ)離れたところにある昔の農家引っ越し、そこを制作拠点とした。誰も訪ねてこないというのがそこを選んだ理由だった。プリンスさんは広い敷地にある建物を再利用したり、新たに何かを建てたりしながら、縦横無尽に感性の赴くまま作品を制作していった。赤レンガでできた昔の銀行は珍しい書籍を集めた図書館に変貌し、ハンティングに使われていた小屋ビニールレコードで覆われた作品になった。プリンスさんは今、そうした作品群を一般公開する準備を進めている。

http://jp.wsj.com/articles/SB11920364258490754648804580313660356218790

The Undergrowth in the Forest of Saint-Germain - Claude Monet - WikiArt.org

Artist: Claude Monet

Completion Date: 1882

Style: Impressionism

Genre: landscape

http://www.wikiart.org/en/claude-monet/the-undergrowth-in-the-forest-of-saint-germain

Please Pay Attention Please | artlovesmoney

Bruce Nauman (1941–) from Please Pay Attention Please: Bruce Nauman’s Words:


What I was doing, and what I am going to do and what most of us probably do, is to use the tension between what you tell and what you don’t tell as part of the work. What is given and what is withheld become the work.

https://artlovesmoney.wordpress.com/2009/01/12/please-pay-attention-please/

2014-12-14 a-captive-sun-on-the-horizon

a-captive-sun-on-the-horizon (2014, dimensions variable) *1 *2

続きを読む

*1:【警告】PSE[光過敏性発作]が起こる可能性もあるため、次の3点に十分留意したうえで、体験されることを推奨いたします。(1)万全な体調での観賞 (2)明るい部屋での観賞 (3)モニタから十分離れての観賞

*2:【WARNING】Please check the risk of PSE before watching this http://j.mp/PSE_EPI

2014-12-13 片腹片腹痛痛がでいです(2010年)https://twitter.com/n291/status/