Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-09-30

個展企画「Parrhesia」出展作家オーディション開催中

2015〜2017年に続いて、清澄白河オルタナティブ写真ギャラリー TAP Gallery で3つの展覧会「Parrhesia #011, #012, #013」*1企画し、以下の日程で個展を開催いたします(個展を開催するにあたって、費用はいただいておりません。ギャラリーを利用するための料金等はまったくの無料です。ただし、出展作家は、写真というメディウムを扱っている作家に限ります)。そこで、個展の開催を希望する作家オーディションを開催中です。オーディションは、私(福居伸宏)との一対一でのポートフォリオレビューというかたちになります。そのうえで、個展開催候補者の絞り込みに難航した場合は、最終的に候補者同士がプレゼンテーションを行い、互いに議論を戦わせるような場も設けたいと考えています(また、仮にすぐに個展開催へと結びつかなかった場合も、TAP Galleryに開設中のポートフォリオライブラリでのポートフォリオ展示「TAP Gallery Portfolio Recommendations」の出展候補者となり、その作品活動概要を来廊された方々に広く伝えていきます)。


2018年3月6日(火)〜3月18日(日)

Parrhesia #011 川谷光平「Mizaj~within you without you~」TAP Gallery ※応募受付、オーディション、ともに終了。


2018年7月10日(火)〜7月22日(日)

Parrhesia #012 寺坂勇毅「Mankind」TAP Gallery ※応募受付、オーディション、ともに終了。


2018年10月23日(火)〜11月4日(日)[予定]

Parrhesia #013 ■■■■「■■■■■■■」TAP Gallery ※応募受付中


TAP Gallery

http://tapgallery.jp/ Tel/Fax 03-3643-6885

東京メトロ半蔵門線都営大江戸線 「清澄白河」駅 B2A3出口 徒歩5分

〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8


オーディションポートフォリオレビュー)への参加を希望する方は、

fknb291(at)gmail.com

上記アドレスの「(at)」を「@」に変更して、

下記のメールをお送りください。

メール件名》

Parrhesia オーディション参加希望 *2

メール本文》

1.お名前

2.メールアドレス

3.生年月日

4.ご職業 *3

3.略歴等 *4



----



※これまでの展覧会


>>>Parrhesia #001 - 003

2015年5月26日(火)〜6月7日(日)

Parrhesia #001 津田隆志「あたらしい山」@TAP Gallery


2015年8月18日(火)〜8月30日(日)

Parrhesia #002 百頭たけし「Busy, busy, busy」@TAP Gallery


2015年11月24日(火)〜12月6日(日)

Parrhesia #003 松井一泰「MILD NATURE」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20150701p7


>>>Parrhesia #004 - 007

2016年3月22日(火)〜4月3日(日)

Parrhesia #004 浦崎悠久「Trees」@TAP Gallery


2016年4月19日(火)〜5月1日(日)

Parrhesia #005 南方幹「each makes the landscape」@TAP Gallery


2016年7月26日(火)〜8月7日(日)

Parrhesia #006 上竹真菜美「Still Ongoing」@TAP Gallery


2016年11月1日(火)〜11月13日(日)

Parrhesia #007 百頭たけし「D現場」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20160815p1


>>>Parrhesia #008 - 010

2017年3月7日(火)〜3月19日(日)

Parrhesia #008 峰崎野人「居所」@TAP Gallery


2017年7月11日(火)〜7月23日(日)〔予定〕

Parrhesia #009 山崎弘義「Know Thyself」@TAP Gallery


2017年10月31日(火)〜11月12日(日)〔予定〕

Parrhesia #010 田村佳子「Paradise Observation 楽園の観察」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20160815p1



個展企画「Parrhesia」出展作家オーディション開催中

2015〜2017年に続いて、清澄白河オルタナティブ写真ギャラリー TAP Gallery で3つの展覧会「Parrhesia #011, #012, #013」*5企画し、以下の日程で個展を開催いたします(個展を開催するにあたって、費用はいただいておりません。ギャラリーを利用するための料金等はまったくの無料です。ただし、出展作家は、写真というメディウムを扱っている作家に限ります)。そこで、個展の開催を希望する作家オーディションを開催中です。オーディションは、私(福居伸宏)との一対一でのポートフォリオレビューというかたちになります。そのうえで、個展開催候補者の絞り込みに難航した場合は、最終的に候補者同士がプレゼンテーションを行い、互いに議論を戦わせるような場も設けたいと考えています(また、仮にすぐに個展開催へと結びつかなかった場合も、TAP Galleryに開設中のポートフォリオライブラリでのポートフォリオ展示「TAP Gallery Portfolio Recommendations」の出展候補者となり、その作品活動概要を来廊された方々に広く伝えていきます)。


2018年3月6日(火)〜3月18日(日)

Parrhesia #011 川谷光平「Mizaj~within you without you~」TAP Gallery ※応募受付、オーディション、ともに終了。


2018年7月10日(火)〜7月22日(日)

Parrhesia #012 寺坂勇毅「■■■■■■■」TAP Gallery ※応募受付中


2018年10月30日(火)〜11月11日(日)

Parrhesia #013 ■■■■「■■■■■■■」TAP Gallery 


TAP Gallery

http://tapgallery.jp/ Tel/Fax 03-3643-6885

東京メトロ半蔵門線都営大江戸線 「清澄白河」駅 B2A3出口 徒歩5分

〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8


オーディションポートフォリオレビュー)への参加を希望する方は、

fknb291(at)gmail.com

上記アドレスの「(at)」を「@」に変更して、

下記のメールをお送りください。

メール件名》

Parrhesia オーディション参加希望 *6

メール本文》

1.お名前

2.メールアドレス

3.生年月日

4.ご職業 *7

3.略歴等 *8



----



※これまでの展覧会


>>>Parrhesia #001 - 003

2015年5月26日(火)〜6月7日(日)

Parrhesia #001 津田隆志「あたらしい山」@TAP Gallery


2015年8月18日(火)〜8月30日(日)

Parrhesia #002 百頭たけし「Busy, busy, busy」@TAP Gallery


2015年11月24日(火)〜12月6日(日)

Parrhesia #003 松井一泰「MILD NATURE」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20150701p7


>>>Parrhesia #004 - 007

2016年3月22日(火)〜4月3日(日)

Parrhesia #004 浦崎悠久「Trees」@TAP Gallery


2016年4月19日(火)〜5月1日(日)

Parrhesia #005 南方幹「each makes the landscape」@TAP Gallery


2016年7月26日(火)〜8月7日(日)

Parrhesia #006 上竹真菜美「Still Ongoing」@TAP Gallery


2016年11月1日(火)〜11月13日(日)

Parrhesia #007 百頭たけし「D現場」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20160815p1


>>>Parrhesia #008 - 010

2017年3月7日(火)〜3月19日(日)

Parrhesia #008 峰崎野人「居所」@TAP Gallery


2017年7月11日(火)〜7月23日(日)〔予定〕

Parrhesia #009 山崎弘義「Know Thyself」@TAP Gallery


2017年10月31日(火)〜11月12日(日)〔予定〕

Parrhesia #010 田村佳子「Paradise Observation 楽園の観察」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20160815p1



*1http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2

*2:お問い合わせの方は「Parrhesia 問い合わせ」としてください。
  場合により、メール未着のこともあるかもしれませんので、こちらからのご返信に時間がかかっているようでしたら、
  本ブログコメント欄から直接その旨をお伝えいただければ幸いです。

*3:必ずしも記入する必要はありません。学生の方は学校名をご記入ください。

*4:必ずしも記入する必要はありません。

*5http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2

*6:お問い合わせの方は「Parrhesia 問い合わせ」としてください。
  場合により、メール未着のこともあるかもしれませんので、こちらからのご返信に時間がかかっているようでしたら、
  本ブログコメント欄から直接その旨をお伝えいただければ幸いです。

*7:必ずしも記入する必要はありません。学生の方は学校名をご記入ください。

*8:必ずしも記入する必要はありません。

2018-05-15

個展企画「Parrhesia」出展作家オーディション開催中

2015〜2017年に続いて、清澄白河オルタナティブ写真ギャラリー TAP Gallery で3つの展覧会「Parrhesia #011, #012, #013」*1企画し、以下の日程で個展を開催いたします(個展を開催するにあたって、費用はいただいておりません。ギャラリーを利用するための料金等はまったくの無料です。ただし、出展作家は、写真というメディウムを扱っている作家に限ります)。そこで、個展の開催を希望する作家オーディションを開催中です。オーディションは、私(福居伸宏)との一対一でのポートフォリオレビューというかたちになります。そのうえで、個展開催候補者の絞り込みに難航した場合は、最終的に候補者同士がプレゼンテーションを行い、互いに議論を戦わせるような場も設けたいと考えています(また、仮にすぐに個展開催へと結びつかなかった場合も、TAP Galleryに開設中のポートフォリオライブラリでのポートフォリオ展示「TAP Gallery Portfolio Recommendations」の出展候補者となり、その作品活動概要を来廊された方々に広く伝えていきます)。


2018年3月6日(火)〜3月18日(日)

Parrhesia #011 川谷光平「Mizaj~within you without you~」TAP Gallery ※応募受付、オーディション、ともに終了。


2018年7月10日(火)〜7月22日(日)

Parrhesia #012 寺坂勇毅「■■■■■■■」TAP Gallery ※応募受付中


2018年10月30日(火)〜11月11日(日)

Parrhesia #013 ■■■■「■■■■■■■」TAP Gallery 


TAP Gallery

http://tapgallery.jp/ Tel/Fax 03-3643-6885

東京メトロ半蔵門線都営大江戸線 「清澄白河」駅 B2A3出口 徒歩5分

〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8


オーディションポートフォリオレビュー)への参加を希望する方は、

fknb291(at)gmail.com

上記アドレスの「(at)」を「@」に変更して、

下記のメールをお送りください。

メール件名》

Parrhesia オーディション参加希望 *2

メール本文》

1.お名前

2.メールアドレス

3.生年月日

4.ご職業 *3

3.略歴等 *4



----



※これまでの展覧会


>>>Parrhesia #001 - 003

2015年5月26日(火)〜6月7日(日)

Parrhesia #001 津田隆志「あたらしい山」@TAP Gallery


2015年8月18日(火)〜8月30日(日)

Parrhesia #002 百頭たけし「Busy, busy, busy」@TAP Gallery


2015年11月24日(火)〜12月6日(日)

Parrhesia #003 松井一泰「MILD NATURE」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20150701p7


>>>Parrhesia #004 - 007

2016年3月22日(火)〜4月3日(日)

Parrhesia #004 浦崎悠久「Trees」@TAP Gallery


2016年4月19日(火)〜5月1日(日)

Parrhesia #005 南方幹「each makes the landscape」@TAP Gallery


2016年7月26日(火)〜8月7日(日)

Parrhesia #006 上竹真菜美「Still Ongoing」@TAP Gallery


2016年11月1日(火)〜11月13日(日)

Parrhesia #007 百頭たけし「D現場」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20160815p1


>>>Parrhesia #008 - 010

2017年3月7日(火)〜3月19日(日)

Parrhesia #008 峰崎野人「居所」@TAP Gallery


2017年7月11日(火)〜7月23日(日)〔予定〕

Parrhesia #009 山崎弘義「Know Thyself」@TAP Gallery


2017年10月31日(火)〜11月12日(日)〔予定〕

Parrhesia #010 田村佳子「Paradise Observation 楽園の観察」@TAP Gallery

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20160815p1



*1http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2

*2:お問い合わせの方は「Parrhesia 問い合わせ」としてください。
  場合により、メール未着のこともあるかもしれませんので、こちらからのご返信に時間がかかっているようでしたら、
  本ブログコメント欄から直接その旨をお伝えいただければ幸いです。

*3:必ずしも記入する必要はありません。学生の方は学校名をご記入ください。

*4:必ずしも記入する必要はありません。

2018-04-05

[][] 291 workshop「第25期」

2018年4月5日(木)〜6月28日(木)[全10回]+補講 ※※5月・6月に休講の予定あり。開催曜日木曜日になりました。

https://www.facebook.com/291ws


募集要項

日時:毎週木曜日 19:00〜22:30 *1

場所TAP Gallery http://tapgallery.jp/ Tel/Fax 03-3643-6885

   東京メトロ半蔵門線都営大江戸線 「清澄白河」駅 B2A3出口 徒歩5分

   〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8

会費:35,000円 *2

定員:12

参加資格作家を目指して写真作品制作に取り組んでいる方(これから取り組もうとしている方)

     年齢経歴不問 *3


ワークショップ概要

基本は作品講評形式です。

参加者が持ち寄った作品について対話し、その内容をチューニングしていくことで作品についての思考試行を重ね、制作プロセスへとフィードバックすることで、その質と量を高めていくことがねらいです。継続的制作を続けられるよう、参加者作品づくりをサポートします。

参加者の初期目標としては、個展の開催および各種コンペでの入賞です。とりあえずは、この2つを目指して制作継続していただきます

ワークショップの中長期的な目標としては、写真というメディウムを扱う次世代作家アーティスト)の養成を目指します。

作品講評のほかには、ポートフォリオプレゼンテーションについてのアドバイス写真集展覧会見方についての話などを適宜行っていきます。


ワークショップ参加希望の方は、

fknb291(at)gmail.com

上記アドレスの「(at)」を「@」に変更して、

下記のメールをお送りください。

メール件名》

291 workshop 参加希望 *4

メール本文》

1.お名前

2.メールアドレス

3.生年月日

4.ご職業 *5

3.略歴等 *6




▽今後の開催予定

【第26期】

2018年7月12日(木)〜9月20日(木)[全10回]+補講

【第27期】

2018年10月13日(木)〜12月13日(木)[全10回]+補講

主宰者の展覧会やレジデンス滞在のため日程が変更になる場合があります。


----


>>>291 workshop「0期」各回の参考メモ参加者感想コメント

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120112#p2


>>>291 workshop「第1期」各回の参考メモ参加者感想コメント

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120405#p2


>>>291 workshop「第2期」各回の参考メモ参加者感想コメント

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120712#p2


>>>291 workshop「第3期」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130117#p3


>>>291 workshop「第4期」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130117#p4


>>>291 workshop「第5期」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20131005#p3


>>>291 workshop「第6期*」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140316#p2


>>>291 workshop「第7期」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140317#p3


>>>291 workshop「第8期」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140326#p1


>>>291 workshop「第9期」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140630#p19


>>>291 workshop「第10期」各回の参考メモ

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140818#p3



[][] 291 workshop 個人講座《パーソナル・セッション[6か月間・全15講座・各60〜480分]

https://www.facebook.com/291ws


2013年1月より出張個人講座を開講しています。ギャラリー等での個展の開催(メーカー系の公募などを含む)を目指して写真に取り組む方が主な対象です。写真歴の長短や展覧会経験等の有無はまったく問いません。「もう少し深く写真に取り組んでみたい」「新しい表現世界に踏み出してみたい」「写真作品の楽しみ方を知りたい」という方であれば、どなたでも大歓迎です(過去には作品を見て評価する側の方も参加)。

募集は随時。期間は受講開始から6か月間、全15講座(60〜480分)。講座の内容と進め方については、通常のワークショップ方針に準じますが、細かいカリキュラムについては受講者の方と対話しながら、作品方向性やご興味ご関心に合わせて決定していきたいと思います(写真集や参考文献は毎回用意。必要であればレジュメ等も使用)。開催日時と場所についても、受講者の方のご都合に合わせて、その都度柔軟に決定していきたいと思います(東京都内および近郊に伺います)。

会費は50,000円。学生の方は月謝制も可。委細応相談


個人講座への参加希望、お問い合わせの方は、

fknb291(at)gmail.com

上記アドレスの「(at)」を「@」に変更して、

下記のメールをお送りください。

メール件名》

291 workshop 個人講座 参加希望(お問い合わせの方は「291 workshop 個人講座 問い合わせ」としてください)

メール本文》

1.お名前

2.メールアドレス

3.生年月日

4.ご職業 *7

3.略歴等 *8


>>>[参考]過去個人講座の資料より

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140317#p4



*1:参加人数により前後します。何らかの事情により止む終えず日時が変更になった場合も、参加された方が全10回分のワークショップを受けられるよう補講等を行います。

*2学生の方および継続参加される方は30,000円。

*3個展の開催を主眼とする本ワークショップでは、40歳未満の方については、1_WALL、写真新世紀、ユーナ21、フォト・プレミオなど、各種コンペティションへの応募と入賞をとりあえずの初期目標とします。40歳以上の方についても作家としての実力アップとキャリア形成について、いろいろと支援していきます。

*4:お問い合わせの方は「291 workshop 問い合わせ」としてください。
  場合により、メール未着のこともあるかもしれませんので、こちらからのご返信に時間がかかっているようでしたら、
  本ブログコメント欄から直接その旨をお伝えいただければ幸いです。

*5:必ずしも記入する必要はありません。学生の方は学校名をご記入ください。

*6:必ずしも記入する必要はありません。

*7:必ずしも記入する必要はありません。学生の方は学校名をご記入ください。

*8:必ずしも記入する必要はありません。

2018-03-29 obvious oblivious

obvious oblivious

2018-03-28 Mechanical Turk vs Marcel Duchamp

07 蔵屋美香「“アーティスト”という縦軸よりも、“一見関係なさそうな作品同士のつながり” という横軸に萌えるんですけど、こういうのってどうなんですかね」 - can curatorial attitudes become form? | HAPS

http://haps-kyoto.com/haps-press/ccabf/curatorial-talk/7/

“Craig Owens: Portrait of a Young Critic”: Book Launch and Panel Discussion, March 2 2018 - Videos - New Museum Digital Archive

https://archive.newmuseum.org/videos/13562

JPMorgan Chase Art Collection | JPMorgan Chase & Co.

The JPMorgan Chase Art Collection began in 1959 when David Rockefeller, then president of The Chase Manhattan Bank, established the firm’s art program and took the lead in the field of corporate art collecting. By integrating artwork with the architecture of new buildings and incorporating an enlightened approach to acquisitions, this forerunner of corporate collections became a model for other companies worldwide.


Today it is one of the oldest and largest corporate art collections in the world, focusing on modern and contemporary painting, sculpture, works on paper and photography, which continue to be the portfolio's strength. This core collection is enhanced by a diverse and eclectic range of objects from every country in which JPMorgan Chase does business, offering a unique perspective on the firm’s culture.

https://www.jpmorganchase.com/corporate/About-JPMC/jpmorgan-art-collection.htm

Robert Heinecken. The S.S. Copyright Project : "On Photography". 1978 | MoMA

https://www.moma.org/collection/works/50348


◇ Robert Heinecken The S.S. Copyright Project: “On Photography” | Art Blart

https://artblart.com/tag/robert-heinecken-the-s-s-copyright-project-on-photography/

Off the Wall: Part 1—Thirty Performative Actions | Whitney Museum of American Art

https://whitney.org/Exhibitions/OffTheWallPart1

2018-03-27 VM◇

Engadin Art Talks 2017 l Oscar Tuazon - YouTube

https://youtu.be/7KKDjqZHEMU


◇ Engadin Art Talks 2018 I Rem Koolhaas - YouTube

https://youtu.be/cn0jdwwxGZE


◇ Engadin Art Talks 2018 I Rem Koolhaas, Emily Segal and Niklas Maak in Conversation - YouTube

https://youtu.be/hyI6LUGtCpo


◇ Engadin Art Talks 2018 I Bice Curiger - YouTube

https://youtu.be/uBa8tqCx8GU

Lecture with Sturtevant - YouTube

https://youtu.be/lt4LMEQw0PM


◇ Sturtevant | "Deleuze Abécédaire" | Galerie Thaddaeus Ropac | Paris - Marais | 2012 - YouTube

https://youtu.be/n51O8DfidY4

幽体離脱芸術論」への助走 – メディウムスペシフィックではないフォーマリズムへ向けて / 古谷 利裕 | ÉKRITS / エクリ

http://ekrits.jp/2018/03/2515/

Harun Farocki : Computer Animation Rules on Vimeo

https://vimeo.com/100092938


◇ Harun Farocki: Talking Art | Tate

http://www.tate.org.uk/context-comment/video/harun-farocki-talking-art-0


◇ Harun Farocki – Cinema, Video Games and Finding the Detail | TateShots - YouTube

https://youtu.be/tERIscWmpSo

URS FISCHER: Beds & Problem Paintings at Gagosian Gallery Beverly Hills - YouTube

https://youtu.be/C8SPrCtuio8


◇ Urs Fischer - Curator Jessica Morgan - MOCAU - MOCAtv - YouTube

https://youtu.be/ziWL-2fmEVs

Philadelphia Museum of Art - Collections Object : Ciné-Sketch: Adam and Eve (Marcel Duchamp and Bronia Perlmutter)

http://www.philamuseum.org/collections/permanent/109811.html

Exhibition: New Pictures: Omer Fast, Appendix — Minneapolis Institute of Art | Minneapolis Institute of Art

https://new.artsmia.org/exhibition/new-pictures-omer-fast-appendix/

2018-03-18

Parrhesia #011 川谷光平「Mizaj~within you without you~」TAP Gallery

2018年03月06日(火)〜03月18日(日)12:00-19:00 ※月曜休廊

http://koheikawatani.com/mizaj/


f:id:n-291:20180306060740j:image


福居伸宏により2015年5月から継続的に開催されてきた公募企画「Parrhesia」の第11回。ポートフォリオレビューを通して応募者の中から展示作家に選ばれた川谷光平が、自身2度目となる個展清澄白河TAP Galleryで開催する。本展のタイトルである「Mizaj(マザージュ)」とは、伝統医学ユナ医学」における「気質」の意。ホワイトキューブという展示空間視覚制度、それ自体を一つの媒体と捉え、その三次元性を意識したインスタレーションを通して、鑑賞者個々に固有の身体性とのインタラクションを目指す。デジタル化・ユビキタス化の波に伴う、映像としての可塑性の増進、受容環境の変化によって、その本性(ほんせい)が問い直され続けている写真というメディウムの、今日的な“生成-配置”“知覚-認知プロセス考察することが本展の企図するところである。


川谷光平

1992年生まれ。studio fobosでスタジオアシスタント経験2016年TOKYO FLONTLINE 2016」千葉雅也賞。Slideluck主催TOKYO II」参加。2017年個展between sea to mountain」など。

http://koheikawatani.com/


----


TAP Gallery

http://tapgallery.jp/

http://d.hatena.ne.jp/tapgallery/

https://www.facebook.com/TAP-Gallery-224922970973563/


----


個展企画「Parrhesia #012」出展作家オーディション開催中。清澄白河TAP Galleryにて2018年7月10日(火)〜7月22日(日)に開催される個展出展作家ポートフォリオレビューにより選考いたします。http://d.hatena.ne.jp/n-291/20180515p1

2018-03-05 偏執う

Timeline – Seeing Science

http://seeingscience.umbc.edu/timeline/#my_timeline_c_0


◇ Seeing Science – Photography, Science and Visual Culture

http://seeingscience.umbc.edu

再録(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090203#p7

■ナイジェル・スリフト関連メモ

◇ 「空間時間における社会的行為の決定について」ナイジェル・スリフト(遠城明雄 訳)

http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/geo/pdf/neokoten/neo-koten08.pdf


◇ 「感情の強度 ―情動空間政治学にむけて―」ナイジェル・スリフト(森正人 訳)

http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/geo/pdf/space11/11_05_shrift.pdf


◇ 「サービス経済における生産的な消費者という新しい表象松川誠一

https://ir.u-gakugei.ac.jp/bitstream/2309/65577/2/18804322-58-09.pdf


◇ 「近年のイギリス人文地理におけるトピックと思想的背景―マテリアティポストヒューマン,異種混淆性,情動―」森正人三重大)

http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~oshiro/shisobukai/morix.html