Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-07-27 “ウェットテッシュで拭くという想定”

“ウェットテッシュで拭くという想定”


f:id:n-291:20140727013651j:image

[]カラー写真メモ

ハインリッヒキューン - Wikipedia

ハインリッヒキューン(Carl Christian Heinrich Kühn, 1866年 - 1944年)は、ドイツ生まれオーストリア人のピクトリアリスムの写真家。「Heinrich Kuehn」と綴られることもある。

当初薬学を志すも、断念して写真に進む。

ウィーン分離派にも含められ(具体的には、「Wiener Kamera Klub(ウィーンカメラクラブ)」に参加したり、ヒューゴー・ヘンネスベルク(Hugo Henneberg、1863年-1918年)とハンス・ワツェック(Hans Watzek、1848年-1903年)との3人で「Das Kleeblatt」(クレーラット)または「Vienna Trifolium(または、単に(The) Trifolium)」(ウィーン・トリフォリウム)というグループを結成した)、のちリンクト・リングとフォト・セセッションにも参加した。1900年代初頭にスティーグリッツとの交流が始まり、その後長らく続くことになる。「カメラ・ワーク」にも多くの作品が掲載されている。

1914年から1915年にかけては、インスブルック写真学校を開校した。

その作品は、ピクトリアリスムに顕著なソフトフォーカスや「ぼかし」を多用した作品が多いが、単にそれだけにとどまらずストレートフォトグラフィへと向かう過渡的な性格がうかがわれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3


◇ Heinrich Kuehn and the Development of Color Autochromes - YouTube

Narrated by Neue Galerie New York Director Renée Price, this film delves the birth of the color autochrome.


Detailing the step-by-step technical process behind the creation of an autochrome, the priority of lighting, Kuehn's photographic subjects and the extraordinary fragility of autochromes, this film also captures the rich friendships Heinrich Kuehn shared with his American colleagues Alfred Stieglitz, Edward Steichen and Frank Eugene.


Concept and idea: Dr. Monika Faber

Narrator: Renée Price

Camera and Editing: Christian Wachter

http://youtu.be/tVJ_tmgqfF4


◇ Art and About: Heinrich Kuhn: The Perfect Photography - YouTube

Full article on CultureMap: http://cmap.it/qOEGVB

Heinrich Kuhn, scientist and photographer, had the skills to manipulate everything about the images he captured, not unlike what we can do with Photoshop today. The Perfect Photograph is an exhibition tracing his life's work and Houston is the only US city on the exhibitions journey.

http://youtu.be/DgXXL9tHYCg


◇ Heinrich Kühn - Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/Heinrich_K%C3%BChn


◇ Heinrich Kühn – Wikipedia

http://de.wikipedia.org/wiki/Heinrich_K%C3%BChn


◇ Heinrich Kühn - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Heinrich+K%C3%BChn&espv=2&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=je_TU5LlBpTe8AXN_4KADQ&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1440&bih=806&dpr=2


◇ Heinrich Kuehn - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Heinrich+Kuehn&espv=2&tbm=isch&source=lnms&sa=X&ei=DO_TU9iIOM6m8AX1q4D4Aw&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1440&bih=806&dpr=2

alvin langdon coburn vortograph - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=alvin+langdon+coburn+vortograph&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=UPjTU9v2C4Lz8QXKxIG4Cw&ved=0CB0QsAQ&biw=1440&bih=806


◇ Alvin Langdon Coburn: The Octopus (1987.1100.13) | Heilbrunn Timeline of Art History | The Metropolitan Museum of Art

http://www.metmuseum.org/toah/works-of-art/1987.1100.13

1912年の作品。


◇ File:Alvin Langdon Coburn - House of a Thousand Windows - Google Art Project.jpg - Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/File:Alvin_Langdon_Coburn_-_House_of_a_Thousand_Windows_-_Google_Art_Project.jpg

1912年の作品。


◇ Alvin Langdon Coburn - Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/Alvin_Langdon_Coburn


◇ アルヴィン・ラングダン・コバーン - Wikipedia

サロン写真時代

1882年ボストンに生まれ、最初美術を学んだが、写真家だった従兄のF・ホーランド・デイの勧めで写真に入った[1]。1900年18歳の時にロンドンサロンで展示されるなど早熟天才と言うべき写真作家となった[2]。

1902年にはアルフレッド・スティーグリッツなどともにフォト・セセッションの創立会員となった[3]。またリンクリングに参加し、ピクトリアリスムの作品を多く残した。カメラ・ワークに作品を発表したり、291ギャラリーでも個展を開催している。

1906年、23歳の時、大英王立写真協会が彼のため個展を開いている[4]。この頃の業績としては1909年出版した写真集ロンドン』、1912年出版した写真集ニューヨーク』、またイギリスフランスの人たちのポートレートを集め1913年『メン・オブ・マーク』と1922年出版したその続編がある[5]。この頃の写真絵画追従ソフト描写のいわゆるサロン写真であったが、人物の把握はしっかりしており、日本の営業写真家にも影響を与えた[6]。


抽象写真時代

しかし彼の天才性を真に示すのは写真における抽象表現の分野であった。

1913年ロンドンで開いた個展で、高層建築の上層から真下広場や街路や建物俯瞰撮影することで遠近感を消して抽象的なパターンと化した『頂上から見たニューヨーク』という5枚の作品を展示した[7]。

ヴォーティシズムの影響を受け、三角形につなぎあわせた3枚の鏡の中へカメラレンズを突っ込んで撮影する特別な写真機ヴォルトスコープ(Vortescope )を制作し、1917年極めて抽象的な写真作品『ヴォルトグラフ』(Vortograph )を残している[8]。

ピクトリアリスムのみならずストレートフォトグラフィの作品もあるが、スティーグリッツのようにストレートに完全に移行することなく、ピクトリアリスムの傾向を留めていたと言える。

1918年には北ウェールズ移住し、間もなく写真界を引退1966年11月23日ウェールズで死去した。引退が早かったためこの当時でもほとんど知られていなかった[9]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3

CANDIDA HOFER: "Candida Höfer: The Atmosphere of Absence" | AMERICAN SUBURB X

http://www.americansuburbx.com/2008/11/theory-candida-hfer-atmosphere-of.html


◇ Candida Höfer // Architecture of Absence on Vimeo

https://vimeo.com/39035039


◇ dossier: Candida Höfer | euromaxx - YouTube

http://youtu.be/vkP9FrbS3JI


◇ 2009_Candida Höfer in Florence_ENG - YouTube

http://youtu.be/KWm4926e9WU


◇ Candida Höfer Interview - YouTube

http://youtu.be/prbXVKw73xM


◇ Through the Lens of Candida Hofer - YouTube

http://youtu.be/gfAmjCyPcZw


◇ CANDIDA HÖFER - YouTube

http://youtu.be/Y5O8n0k3pos


◇ Candida Höfer - YouTube

http://youtu.be/eaQoybNKug0


◇ 2009_Candida Höfer in Florence_ENG - YouTube

http://youtu.be/MS4FwiGH4AE


◇ Candida Höfer カンディダ・ヘーファー @ YUKA TSURUNO GALLERY

March 7 - May 10, 2014

ユカ・ツルノギャラリーでは2014年3月7日から5月10日まで、カンディダ・ヘーファーの個展を開催いたします。日本での初個展となる本展では、図書館劇場宮殿写真など代表的モチーフの大型作品7点を展示いたします。

カンディダ・ヘーファーは1944年生まれ、ケルンドイツ)在住。ドイツ現代写真代表するアーティストであり、アンドレアス・グルスキー、トーマス・シュトゥルートトーマス・ルフらとともに、ベッヒャー派の一人として世界的に知られている写真家です。1973年から 82年までデュッセルドルフ美術アカデミーに在籍し、映画を学んだ後、べッヒャー夫妻に師事。図書館宮殿など豪奢な建築の室内空間を正面から撮影した作品で世界的に注目を浴び、2003年にはベネチア・ビエンナーレドイツ代表に選ばれています。

ヘーファーの初期作品では、ドイツのトルコ人移民労働者によってもたらされた都市視覚的変化を扱っていますが、この主題から建造環境が人に与える影響について関心が広がったことにより、鉄道、駅、温泉図書館美術館動物園銀行オペラハウスなど、文化的象徴となる豪奢 な建築物から日常的な建物に至るまで様々な公共空間を撮り続けてきました。ヘーファーが捉える人の存在しないイメージは逆説的に、その空間にいた人物を思い起こさせます。 ヘーファーの幅2メートルにも及ぶ大型の写真作品の前で私達は、空間の形式、構造、細部、建築物意図と現状の間に生じる矛盾歴史的変化について思いを巡らせることでしょう。

カンディタ・ヘーファーはこれまでに、クンストハレ・バーゼル、クンストハレ・ベルン、フランクフルト現代美術館ニューヨーク近代美術館、パワープラントトロント)、クンストハレ・ブレゲンツ、ラディック美術館ケルン)など多数の美術館で展示をしてきました。2002年ドクメンタ11に参加し、2003年には マルティン・キッペンベルガーと共にベニスビエンナーレドイツ代表として選ばれました。2013年には、クンストパラスト美術館デュッセルドルフ)にて個展を開催しています。また、作品はポンピドゥーセンター(フランス)、グッゲンハイムニューヨーク近代美術館ニューヨーク)、バーゼル美術館など世界各地の美術館に収蔵されています。

今回の個展のために、作家本人が来日いたします。3月8日(土)には作家を囲んでレセプションパーティーを開催いたしますので、皆様のご来場とご高覧を、心よりお待ち申し上げております。

http://yukatsuruno.com/pressrelease/pr038_candida_hofer.html

Anansi

http://anan.si/


OPEN MOUTH | Anansi

JUNIASEN (formerly juniorSen) is a music project by GOTO Hidekado, who's also a talented visual artist, based in Ibaraki, Japan. He had worked as a hiphop producer from 1995 to 2003, and then devoted most of his time (6 days per week) to play badminton for 3 years from 2006. He's been a manager of Kiwamari-So Gallery in Mito, since 2009. Sometimes he draws a picture, does a clay work, and plies up chewed gum.


released 22 June 2014

http://anansi.bandcamp.com/album/open-mouth


◇ ▶ FMNS EP | Anansi

ふくらはぎを揉むと長生きする。Calf massage will lead you to a longer and better life.


released 28 June 2014

http://anansi.bandcamp.com/album/fmns-ep


Music | Anansi

http://anansi.bandcamp.com/

2014-07-26 零角形

Paul Strand: Under the Dark Cloth - YouTube

A documentary about Paul Strand, one of the greatest photographers of the 20th century.

https://www.youtube.com/playlist?list=PLKUeHhP4cbq2nTY0PJjehcERD06ed0Hdw

Streetwise - Robert Frank and The Americans - YouTube

Discover the impact of Robert Frank's book "The Americans" and its influence on 1960s photography.

Streetwise builds on Swiss photographer Robert Frank's snapshot aesthetic, which gained attention following the release of his groundbreaking book, The Americans in 1959. Frank's focus on a more personal documentary style influenced a new generation of photographers, including legendaries such as Diane Arbus, Lee Friedlander, Jerry Berndt, Ruth-Marion Baruch, Garry Winogrand, Bruce Davidson, Danny Lyon and Ernest Withers.

Streetwise is open February 5 - May 15, 2011 at the Museum of Photographic Arts.

http://www.mopa.org/exhibitions/streetwise/index.html

http://youtu.be/U_xJAd0piCM


◇ Robert Frank au Jeu de Paume - YouTube

http://youtu.be/H6CVyWCVgFg


◇ Robert Frank and "The Americans" - YouTube

http://youtu.be/jRoMBoZsyqw


◇ Robert Frank Introducción - YouTube

http://youtu.be/P8_10RBe9Q4


※過去のロバート・フランク関連

http://d.hatena.ne.jp/n-291/searchdiary?word=%22Robert%20Frank%22

Masters of photography - Diane Arbus (documentary, 1972) - YouTube

http://youtu.be/Q_0sQI90kYI

Quentin Bajac (Museum of Modern Art, New York) - YouTube

Quentin Bajac (Museum of Modern Art, New York) - John Szarkowski at MoMA, 1962-1991: a critical assessment

Photography -- Museum Narratives: an international seminar organized by the Archaeology of Photography Foundation, in collaboration with the National Museum in Warsaw and the National Institute of Museology and Collections Protection.

15.10.2013, Panel I, part 3

Quentin Bajac (Museum of Modern Art, New York) - John Szarkowski at MoMA, 1962-1991: a critical assessment

More information: http://www.archeologiafotografii.pl/en/node/7137

http://youtu.be/3SlvKGH1gFI

著書の解題

◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―1 『空間へ』 磯崎 新】

http://inaxreport.info/no167/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―2 『神殿か獄舎か』 長谷川 堯】

http://inaxreport.info/no168/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―3 『建築に何が可能か』 原 広司】

http://inaxreport.info/no169/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―4 『都市住宅1968年5月〜1976年3月 植田 実】

http://inaxreport.info/no170/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―5 『代謝建築論』 菊竹清訓

http://inaxreport.info/no171/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―6 『建築ジャーナリズム無頼』 宮内嘉久】

http://inaxreport.info/no172/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―7 『建築家 林昌二 毒本』 林 昌二】

http://inaxreport.info/no173/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―8 『見えがくれする都市』 槇 文彦】

http://inaxreport.info/no174/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―9 『建築の滅亡』 川添 登】

http://inaxreport.info/no175/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―10 『KATSURA』・『桂』・『桂離宮』 石元泰博

http://inaxreport.info/no176/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―11 『民家は生きてきた』 伊藤ていじ】

http://inaxreport.info/no177/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―完 総集編 大川三雄】

http://inaxreport.info/no178/feature2.html

Web写真の現在 in Hatena Diary - web photography now - web photography now

http://webphotographynow.g.hatena.ne.jp/n-291/20060120

先日、台湾のキュレーター Zoe Yehさん(葉佳蓉)の対話(によるインタビュー)で話題になりましたが、リスト自体はまだウェブ上に存在しています。

Yoshinori Mizutani | 水谷吉法

http://www.yoshinori-mizutani.com/


◇ Yoshinori Mizutani

http://yoshinorimizutani.tumblr.com/

アトス自治修道士共和国 - Wikipedia

アトス自治修道士共和国(アトスじちしゅうどうしきょうわこく、希: Αυτόνομη Μοναστική Πολιτεία Αγίου Όρους 、英: Autonomous Monastic State of the Holy Mountain)は、ギリシャ共和国の中央マケドニア南方に所在するギリシャ正教最大の聖地、修道院共同体で一種の宗教国家である。

ギリシャ国内にありながら同国より治外法権が認められ、各国正教会の20の修道院・修道小屋(「ケリ」と呼称される)によって自治がおこなわれる共和国である。首都はカリエスギリシャ共和国では正教会の一員たるギリシャ正教会が主要な宗教であるが、アトスでは正教会で第一の格式を持つ総主教庁であるコンスタンディヌーポリ総主教庁コンスタンティノープル総主教庁)の管轄下にあり、現在も中世より受け継がれた厳しい修行生活を送る修道士が暮らす。こんにち、約2,000人[1]の修行僧が女人禁制のもと、祈りと労働の生活を送っている。なお、ウィキペディアの他言語版を閲覧する場合はアトス山の項目から他言語版を参照。(他言語版ではアトス山と同じページに記述されており、日本語版のみ独立したページとなっている。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%82%B9%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BF%AE%E9%81%93%E5%A3%AB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD


◇ Athos - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Athos&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=aLvQU6unD4L28QWRqIGACQ&ved=0CAkQ_AUoAg&biw=1436&bih=806


◎ † Athos The Holy Mountain ---- Mount Athos ----- Holy Mountain ----- Agio Oros

http://www.inathos.gr/

モンゴメリー・バス・ボイコット事件 - Wikipedia

モンゴメリー・バス・ボイコット事件(Montgomery Bus Boycott)は1955年アメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリーで始まった人種差別への抗議運動である。事件の原因は、モンゴメリー公共交通機関での人種隔離政策にあり、公民権運動のきっかけの一つとなった。

ローザ・パークス

1955年12月1日市営バスに乗車したローザ・パークスは、白人優先席に座っていた。運転手のジェームズブレイクが、後から乗車した白人のために席を空けるように指示したが、パークスはこれに従わなかった。ブレイクは警察に通報し、パークスは、運転手の座席指定に従わなかったという理由で逮捕された。


エドガーニクソンキング牧師

ローザの逮捕を知った社会運動家エドガーニクソンは、ジョージア州アトランタからモンゴメリーの教会に移ったばかりの若き牧師マーティン・ルーサー・キング・ジュニアらに、バス乗車ボイコット運動の組織化を持ちかけた。


運動の成功

キング牧師らが、バスへの乗車のボイコットを呼びかけると、多くの市民がこれに応じた。結果として市のバス事業は財政破綻の危機に瀕することとなった。1956年11月13日、連邦最高裁判所は、地方裁判所の判決を支持する形で、モンゴメリーの人種隔離政策に対して違憲判決を下した。そして、運動は1956年12月20日に公式に終了した。

ピート・シーガーは、後にこの運動に関して「バスの後部座席で(If You Missed Me At The Back Of The Bus)」と題した曲を発表した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6


アフリカ系アメリカ人公民権運動 - Wikipedia

モントゴメリー・バス・ボイコット

この様な状況下で、1955年12月1日アラバマ州モントゴメリーで、黒人女性のローザ・パークスが公営バスの「白人専用及び優先座席」に座ったことに対して、白人の運転手のジェイムズ・ブレイクが白人客に席を譲るよう命じたが、パークスがこれを拒否したため、「人種分離法」違反で警察官に逮捕され投獄、後にモンゴメリー市役所内の州簡易裁判所で罰金刑を宣告される事件が起きた。

この事件に抗議して、マーティン・ルーサー・キング牧師らがモントゴメリー市民に対して、1年にわたるバス・ボイコットを呼びかける運動を展開した。この呼びかけに対して、黒人のみならず運動の意義に共感する他の有色人種、さらには白人までもがボイコットに参加し、後にこの運動は「モントゴメリー・バス・ボイコット」と呼ばれることとなる。

この運動は全米に大きな反響を呼び、1956年には、合衆国最高裁判所が「バス車内における人種分離(=白人専用及び優先座席)」を違憲とする判決を出すと、アラバマ州をはじめとする南部諸州各地で黒人の反人種差別運動が盛り上がりを見せた。


運動の形態

これらの反人種差別運動は、アメリカにおいてこれまで「人種分離法」の下で人種分離、および人種差別を受け続けていた黒人をはじめとする有色人種が、アメリカ合衆国市民(公民)として法律上平等な地位を獲得することを目的としていたので、「公民権運動」と呼ばれるようになった。

運動においてはキング牧師らを中心とした黒人の聖職者が著名な指導者となったが、数多くの組織やアメリカインディアン日系アメリカ人などの他の有色人種や白人を含む個人が参加して行われたもので、運動の形態も、訴訟や街頭でのデモから、人種別の席などを設けている施設に対するボイコット、さらに「シット・イン」と呼ばれた、レストランの白人専用席での座り込みに至るまで多岐に渡った。

1960年に始まった「シット・イン」は、その後15都市で5万人が参加する大規模なものとなり、その後、このような非暴力的手段による抗議活動に賛同した一般市民による、有色人種の入場を拒否していたり、人種別の出入り口や人種別の席などを設けている図書館スケート場プール海水浴場など対する同様の座り込みボイコットが広く行われるようになった[9]。

「シット・イン」をはじめとする、人種差別とそれを正当化する「人種分離法」への抗議活動の多くは、上記のように非暴力的な手段を用いて行われたものの、これに対して多くの州における警察当局は「治安維持」を理由にデモ隊を過酷に弾圧するなどしたため、これに反発した黒人らによる大規模な暴動に発展することもしばしばであった。しかし、これらの非暴力的な運動に対する弾圧や暴動は内外のマスコミで大きく報じられ、アメリカにおける人種差別の酷さと、それに非暴力的手段を用いることで抵抗の意思を示し、事態を改善しようとする黒人たちの姿を浮かび上がらせた。


リトルロック高校事件

ローザ・パークス逮捕事件と「モントゴメリー・バス・ボイコット」に先立つ1954年には、公立学校における人種隔離を違憲としたブラウン対教育委員会裁判判決が最高裁において下され、これ以降、全米の学校において長年行われていた人種隔離が廃止されていくこととなった。

しかし、人種差別的な風潮が色濃く残る南部や中西部の各州においては、州政府により人種隔離への対応はまちまちであった。1957年には、ブラウン対教育委員会裁判判決以降も白人しか入学させていなかった、アーカンソー州では州立リトルロック・セントラル高等学校への9人の黒人学生の入学を、再選のための白人票稼ぎを目論んだ白人至上主義者のオーヴァル・フォーバス州知事が拒否し、「白人過激派による襲撃事件が起きるという情報があるので学校を閉鎖する」という理由をつけて州兵を召集し学校を閉鎖し、黒人学生の入学を妨害するという事件が起きた。

リトルロック高校事件」を参照

公民権運動が全米規模で盛り上がりを見せる中に発生したこの事件に対して、反人種差別運動家だけでなく、白人が多くを占めるアメリカ国内の世論、そして連邦政府も反発を見せた。

ドワイト・D・アイゼンハワー大統領はフォーバス州知事に事態の収拾を図るよう命令したが、この命令が無視されたため、急遽アイゼンハワー大統領アメリカ陸軍の第101空挺師団を派遣し、入学する黒人学生を護衛させた。その後9人の黒人学生は無事に入学したが、白人学生からの執拗ないじめに遭うことになった。しかし8人の学生が卒業を果たした。


ワシントン大行進

これらの1950年代から1960年代にかけて起こった人種差別を元にした事件と、それに対する世論の反発は公民権運動家を力づけ、公民権運動キング牧師らの呼びかけに応じて、人種差別や人種隔離の撤廃を求める20万人以上の参加者を集めた1963年ワシントンD.C.における「ワシントン大行進」で最高潮に達した。

この「ワシントン大行進」には、キング牧師やその理念に賛同するアメリカ国内の各団体のみならず、シドニー・ポワチエマーロン・ブランドハリー・ベラフォンテチャールトン・ヘストン、ジョセフィン・ベーカーやボブ・ディランなどの世界的スターも数多く参加するなど、アメリカ国内のみならず世界各国からの注目を浴びた。

この時、キング牧師ワシントン記念塔広場で行った「I Have a Dream」の演説は、アメリカの歴史に残るものとして有名であるだけでなく、世界各国における人種差別解消運動に大きな影響を与えた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

1956年アメリカ合衆国大統領選挙 - Wikipedia

1956年アメリカ合衆国大統領選挙(1956ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election, 1956)は、人気のある現職大統領ドワイト・D・アイゼンハワー共和党)が再選を果たした選挙である。この選挙は、アイゼンハワーが4年前1952年の選挙で破った民主党候補者アドレー・スティーブンソンとの再戦となった。

アイゼンハワーは人気があったものの、その健康問題が静かな問題になっていた。スティーブンソンは民主党革新派の中核で人気を保っていたが、役職経験がなく、実質的な基盤がなかった。スティーブンソン(およびアイゼンハワー)は公民権問題をほとんど無視した。アイゼンハワー朝鮮戦争を終わらせ、国は繁栄し、カリスマ的要素でその大勝を疑う者はいなかった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/1956%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99

アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964) - Wikipedia

本稿では、1945年から1964年に掛けてのアメリカ合衆国の歴史を扱う。この時代は冷戦の初期と公民権運動が特筆される。

アメリカ合衆国のこの時代は、第二次世界大戦による荒廃と共産主義からヨーロッパを救おうとした活発な外交政策の期間と見ることができる。国内においては戦後の短い移行期の後で、経済が急速に成長し、核戦争の脅威が世界中を覆った。より強力な武器で相手を威嚇する競争が始まった。国連軍が朝鮮に派遣されて共産主義勢力と戦った。ソビエト連邦共産主義諸国とワルシャワ条約機構を結成し、アメリカ合衆国を中心とする北大西洋条約機構 (NATO) 諸国に対抗した。

アメリカ合衆国内の大衆にとっては国際的緊張も国内の快適さで緩和された。特に1955年以降、高給を取り、大型高級車を乗り回し、家庭内では掃除機洗濯機、トースター、ミキサーアイロンなど手間を省略して家事を楽にする家電製品で生活を楽しんだ。21世紀初期に広く使われるようになったものはこの時代に初めて現れた発明だった。20世紀の初めに中流家庭では普通だった住み込みの女中や料理人1950年代には事実上聞かれなくなった。自家所有者は温水で温められるセントラルヒーティングを取り入れた。新しいスタイルの家具は明るく、安く軽量であり、動かしやすかった。

"豊かな社会"と"もう1つのアメリカ"

第二次世界大戦が終わった直後の数年間は白人中流階級にとって概して安定と繁栄の時代だった。アメリカ合衆国はその戦争に向けられた力を急速に消費文化の方向に向けさせた。しかし、消費、郊外および経済の成長は、その繁栄が誰にでも広がっているのではないという事実に影を投げていた。多くのアメリカ人は、アイゼンハワー政権の間も特に老人や非白人の少数民族・人種の間では貧窮の中に暮らし続けていた。

戦後の繁栄の結果として、1950年代中流階級文化の中心で消費財に対する需要が増し、消費財の多様化と使い勝手の良さが求められ、それに対する広告も増加した。1950年代1960年代の豊かなアメリカ人は、自動車、皿洗い機、生ごみ処理機テレビさらにステレオのような生活を豊かにするものを求めた。この時代の繁栄は投資ではなく、消費が推進力だった。

1960年までに自動車による移動距離が増すことで郊外人口は国内の3分の1までに膨れ上がり、デトロイト自動車製造会社がさらに多くの自動車を生産するに連れて、国外の石油資源に対する依存度も上がっていった。郊外の成長要因は戦後の繁栄の結果としてだけではなく、一戸建て家屋市場の革新も貢献していた。ウィリアム・レビットはロングアイランドで大規模な住宅開発「レビットタウン」を建設するために大量生産方式を使い、国内のトレンドを作った。一方、郊外人口は戦後のベビーブームによっても膨れ上がっていった。郊外であれば大家族向けに大きな家が手に入り、都会よりも安全でありプライバシーが保たれ、消費財を置くスペースも確保できた。

郊外の大半に住めるのはほとんど白人に限られていた。少数のアフリカ系アメリカ人はそこに住むこともできたが、そこに家を持てるような資力のある豊かなアフリカ系アメリカ人にしても公式にしろ非公式にしろ障害に直面した。敢えて郊外に住むことにした数少ないアフリカ系アメリカ人は概して控えめなあるいは明らかな方法で付き合いから遠ざけられていた。地域社会の感覚を売りにしていた郊外住人はその快適性や均質性について後に批判に曝されることになった。実際に郊外には多く同じような年代と経歴を持った住人が住んでいた。

ディープ・サウスにおけるアフリカ系アメリカ人の状態

1950年代を通じても南部における選挙権差別は広がったままだった。アフリカ系アメリカ人の小作人達は投票しようとしても白人農民に追い払われることが多かった。有権者登録委員会は資格があるアフリカ系アメリカ人の数を制限し、申請に来る者には白人より識字力の高い正確さを要求し、白人の申請者は自分の車の中や家でも登録が可能にしたが、黒人の申請者は後回しにし、裁判所の中でも黒人には別の登録場所を用意し、登録書の記入についても白人申請者のみに援助の手を差し伸べ、黒人の登録状況については何も告知しようとしなかった。

差別に抵抗した南部の黒人、特に小作人は選挙人登録から締め出された。田園部の黒人は常に雇用主から解雇するぞという脅しの中で生活していた。白人の中で「市民評議会」を自称する者達は抵抗する者に経済制裁を行う政策を採り、あるいはクー・クラックス・クランのような白人自警団組織は南部中で歯止めの掛からない統治を実行する場合が多く、アフリカ系アメリカ人の私刑は日常的なことであり、滅多に告発されることは無かった。1882年から1950年代初期までに国内で4,500人近いアフリカ系アメリカ人が私刑に遭った。


ブラウン対教育委員会事件」と大衆抗議

公民権運動の初期段階では、訴訟とロビー活動人種差別撤廃活動の中心だった。カンザス州トピカでの「ブラウン対教育委員会事件」(1954年)、「パウェル対アラバマ州事件」(1932年)、「スミス対オールライト事件)(1944年)、「シェリークレーマー事件」(1948年)、「スウィート対ペインター事件」(1950年)および「マクローリン対オクラホマ州理事事件」(1950年)における合衆国最高裁判所判決によって戦術のシフトを促し、1955年から1965年に掛けては「直接行動」が戦略になった。すなわちバスのボイコット、シットイン、フリーダムライドおよび社会改革運動だった。

ブラウン対トピカ教育委員会事件」判決は黒人と白人の公共教育施設を分離することを明白に違法とした画期的な最高裁判所判決であり、公共教育の「分離すれども平等」の原則は白人アメリカ人が利用できるのと同じ基準の施設でアフリカ系アメリカ人を教育できるとは思えないという考え方に立っていた。アメリカ合衆国下院議員の82人と上院議員の19人が最高裁判決を非難する「南部マニフェスト」に署名した。

1951年アメリカ合衆国カンザス地区裁判所においてトピカ市教育委員会に対する訴訟が行われた。原告はトピカの3年生リンダ・ブラウンであり、分離された学校まで1マイル (1.6 km) を歩くことを強制されていたが、白人の学校は彼女の家からほんの7ブロックの距離にあった。ブラウンの訴訟は全米黒人地位向上協会が後ろ盾となり、その主任顧問であるサーグッド・マーシャル(後の1967年アメリカ合衆国最高裁判所判事に指名された)が弁論に立った。地区裁判所は、1896年の「プレッシー対ファーガソン事件」における最高裁判所判決を引用し、教育委員会有利の判決を下した。「プレッシー対ファーガソン事件」判決では白人と黒人について列車の中で「差別すれども平等」な設備を求める州法を許容していた。

1957年アーカンソー州知事オーバルフォーブスリトルロック中央高校での人種差別撤廃を防ぐために州兵を使い、ミシシッピ州知事のロス・バーネットアラバマ州知事のジョージ・ウォレスはそれぞれの州立大学で玄関を物理的に閉鎖させた。ミシシッピ州下院議員のE・H・ハーストは選挙人登録講習に現れた黒人農夫を追って殺した。アラバマ州バーミングハムの公共安全コミッショナーユージン・T・"ブル"・コナーはバスにフリーダムライドを試みる者への暴力を提唱し、示威運動者に消防ホースと警察犬を向けるよう命令した。アラバマ州ダラス郡の保安官ジム・クラーク血の日曜日事件の行進参加者にその保安官代理達を立ち向かわせ、自らは別の抗議参加者を脅した。南部中の警察官でっち上げの容疑で公民権運動家を逮捕した。幾つかの州の全て白人の判事達はアフリカ系アメリカ人を殺害したとされる者達を無罪放免した。

http://j.mp/1kfEo00

3S政策 - Wikipedia

日本を全く骨抜きにするこの3R・5D・3S政策を、日本人はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合した、あるいは、これに乗じて野心家が輩出してきた。日教組というものがその代表的なものであります。そのほか悪質な労働組合それから言論機関の頽廃、こういったものは皆、この政策から生まれたわけであります。

安岡正篤、『運命を創る―人間学講話』p.39 プレジデント社1985年[2]

安岡は、第二次世界大戦終結後、GHQが日本の占領政策を実行するにあたり、基本原則としての「3R」(Revenge―復讐、Reform―改組、Revive―復活)、重点的施策としての「5D」(Disarmament―武装解除、Demilitalization―軍国主義排除、Disindustrialization―工業生産力破壊、Decentralization―中心勢力解体、Democratization―民主化)、そして補助政策としての「3S」を策定したことをGHQのガーディナー参事官(フルネーム未詳)から直接話を聞いているという[2]。この政策により、日本では性風俗が開放され[2]、映画やエンターテインメントが興隆し、プロ野球をはじめとするスポーツが国民行事となった。スクリーン(映画)、スポーツセックス(性産業)またはスピード(クルマ)は大衆の欲望動員による娯楽であるが、それらに目を向けさせることにより、民衆が感じている社会生活上の様々な不安や、政治への関心を逸らさせて大衆を自由に思うがままに操作し得るとされる。簡単に言えば「ガス抜き」政策である。あまりにも厳しい占領政策をすると、暴動が起こる恐れがあるので、人々の目を逸らさせるために行う[3]。

これらの政策と「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」により、日本のマスコミ教育現場が当時のGHQによる検閲を経て、現在に至るまで「自己検閲」を続けることによって日本の弱体化を図ったものとされている[3]。

詳細は「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」および「自己検閲」を参照

同様の主張をしているのが自民党で、『党の使命』で「“占領下強調された民主主義自由主義は新しい日本の指導理念として尊重し擁護すべきであるが、初期の占領政策の方向が誤っており、主としてわが国の弱体化に置かれていたため”愛国心と国家観念が不当に抑圧された」と断じている[4]。

ただし、スポーツ中継は戦前からプロ野球高校野球(当時は職業野球、中等学校野球)のラジオ放送が、また性産業も猟奇系書籍などが存在し、また映画に至っては映画法に基づいた国策映画制作が行なわれており、主張は陰謀論の域を出ない。鈴木邦男は「「3S政策」はGHQが押し進めたと書いている。じゃ、公式文書があるんだろうか。「日本人を映画づけ、スポーツづけ、セックスづけにして日本弱体化を計る」とか。まさかこんな文書はないだろう」[5]と主張している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/3S%E6%94%BF%E7%AD%96

The Clown - Charles Mingus [FULL ALBUM] [HQ] - YouTube

http://youtu.be/Oi40Lovi8Fk


John Coltrane Afro Blue Impressions - YouTube

http://youtu.be/DNKgYz_2h_0


◇ The Way To Play - Bill Evans [FULL ALBUM] [HQ] - YouTube

http://youtu.be/_IafnG-A5mU


◇ El-P - Constellation (Heavenly Bodies) feat. Stephanie Vezina - YouTube

http://youtu.be/hPZk2O-ufa4


◇ Hal Willner, Kronos Quartet & Dr. John - Salt Peanuts (The Mr. Peanut Chronicles) - YouTube

http://youtu.be/gyYqeJYeYkg

2014-07-25 S越

Marcel Duchamp - La Marièe mise à nu par ses cèlibataires même. Erratum musical - YouTube

La Marièe mise à nu par ses cèlibataires même. Erratum musical. ("The Bride Stripped Bare By Her Bachelors, Even. Musical Erratum.") is from a manuscript in two parts, largely without explanations, among the many notes and projects that led to Marcel Duchamp's legendary Large Glass sculpture (1915-1923). One part of the manuscript is an unfinished piece for a mechanical instrument "player piano, mechanical organs or other new instruments for which the virtuoso intermediary is surpressed" (Duchamp). The score is written in numbers instead of notes, but it is easy to transcribe. The other part of the manuscript contains a description of a compositional device consisting of funnel, connected open-top cars or small wagons, and numbered balls (notes): "An apparatus automatically recording fragmented musical periods". These notes and apparati have been used to realize the musical sound in various ways by several performers (Petr Kotik with the S.E.M. Ensemble, percussionist Donald Knaack as a solo piece, and others). "Sculpture Musicale (Musical Sculpture)" is an example of what later came to be known under many names "music without notes", "instruction piece", "verbal notation", etc. - indications (poetic, exact, suggestive or something else) to create a performance of some sort ("event", "happening", "construction", etc.) which led to sound-creating activities.

In the 1960's, groups such as Fluxus, the ONCE Group, and others, individuals such as artists Yoko Ono and Mary Ashley, composer La Monte Young, artist Ray Johnson (creator of "mail art") and many others created and expanded on this freedom. Duchamp's piece was included in his piece "Green Box" and reads: "sons durant et partant de différents points et formant une sculpture sonore qui dure". Among other possibilities, this has been realized by John Cage as a "mesostic" and a piece for music boxes by Petr Kotik. All of these pieces are beautifully direct, unique and spare - interesting for more than just their "historical value." [allmusic.com]

http://youtu.be/SyXej7VsJOE


◇ Duchamp: "Erratum Musical" - YouTube

http://youtu.be/BYwrvHTgepY


◇ La marie mise a nue par ses célebataires, même: Erratum musical - Marcel Duchamp (1913) on Vimeo

https://vimeo.com/54930332


◇ Marcel Duchamp - Erratum Musical - 7 Variations On A Draw Of 88 Notes (CD, Album) at Discogs

http://www.discogs.com/Marcel-Duchamp-Erratum-Musical-7-Variations-On-A-Draw-Of-88-Notes/release/1032740

John Cage: Fontana Mix (1958) - YouTube

John Cage (1912-1992): Fontana Mix, per nastro magnetico(1958). Realizzato preso lo Studio di Fonologia di Mlano e dedicato a Luciano e Cathy Berio.

Cover image: part of the score of "Fontana Mix".

This is a composition indeterminate of its performance. It is derived from notation CC from Concert for Piano and Orchestra. The score consists of 10 sheets of paper and 12 tranparencies. The sheets of paper have drawings of 6

differentiated (in thickness and texture) curved lines. 10 of the transparencies have randomly distributed points (the amounts of points on the transparencies are 7, 12, 13, 17, 18, 19, 22, 26, 29 and 30). Another transparency has a grid, measuring two by ten inches, and the last one contains a straight line (10¾ inch).

By superimposition the performer creates a structure from which a performance score can be made: One of the tranparencies with dots is placed over one of the sheets with curved lines. Over this one places the grid. A point enclosed in the grid is connected with a point outside, using the straight line transparency. Horizontal and vertical measurements of intersections of the straight line with the the grid and the curved line, create a time-bracket and actions to be made.

Fontana Mix may be performed with or without parts written for the Concert for Piano and Orchestra, Aria, Solo for Voice 2 and/or Song Books. Tone-control may be regulated using Cage's composition WBAI.

Cage composed other works using the material from Fontana Mix: Water Walk Sounds of Venice, Aria, Theatre Piece and WBAI. Cornelius Cardew composed his Solo for Guitar using the same material.

In February 1959 Cage prepared a version for 2 tapes of the work at the Studio di Fonologia in Milan, with technical assistance of Mario Zucchen.

The initial title of the work was Performance Mix, but during the preparation of the tapes Cage renamed it after his Milanese landlady, Signora Fontana. (fonte web).

http://youtu.be/roASIVIXGXY


Max Neuhaus - Fontana Mix-Feed [New School For Social Research Auditorium, New York: June 4, 1965] - YouTube

Max Neuhaus | Fontana Mix-Feed: Six Realizations Of John Cage | Mass Art Inc. + Alga Marghen | 1966 + 2003

http://youtu.be/6865SNhLzMc

Max Neuhaus' Times Square - YouTube

http://youtu.be/gahUMGmKzIA


Max Neuhaus, Times Square - Dia Art Foundation

Max Neuhaus’s Times Square is a rich harmonic sound texture emerging from the north end of the triangular pedestrian island located at Broadway between 45th and 46th Streets in New York City.

Originally installed at this site from 1977 to 1992, the Times Square Street Business Improvement District (BID), and Christine Burgin collaborated with MTA Arts for Transit and Dia to reinstate the project in May of 2002.

http://www.diaart.org/sites/page/55/1371


Max Neuhaus

http://www.max-neuhaus.info/

Cage: Time-Length Pieces - gligg records

http://www.gligg-records.com/records/page58/Cage_Time_Length_Pieces.html


ジョン・ケージTime Length Pieces

http://www.amazon.co.jp/Time-Length-Pieces-Music-John/dp/B000001YU9


John Cage: 27'.10.554'' (1956) - YouTube

http://youtu.be/IpPEdatOySI


John Cage: 26'.1.1499'' (1955) - YouTube

http://youtu.be/-pjeE1Xr2ww


John Cage - 0'00" - YouTube

http://youtu.be/-fHAp0yiAFc


◇ 51'15.657" for a speaking percussionist (excerpts) - YouTube

http://youtu.be/bsyKjXU_NhQ


John Cage Time Pieces - YouTube

Simultaneous performance of the three time-based, indeterminate solo works by John Cage: 31' 57.9864'' for a pianist (1954), performed by Steffen Schliermacher; 26' 1.1499'' for a string player (1955) performed by Karinna Fox; and and 27' 10.554'' for a percussionist(1956) performed by Scott Deal. Concert at the New England Conservatory Summer Institute for Contemporary Performance Practice (Sick Puppy 2012). The 32 minute performance is resented on You Tube in 3 sections.

https://www.youtube.com/playlist?list=PLTSJ_yJQvHj4rWh8bi-_nU7Ox8q_5oVPS

Steve Reich - New York Counterpoint (Péter Szűcs - clarinet) - YouTube

http://youtu.be/poG0537wCfM


Steve Reich Vermont Counterpoint - YouTube

http://youtu.be/RlRdZu9oM7o


Steve Reich - Electric Counterpoint - YouTube

http://youtu.be/mX58nD37TH4

----


Steve Reich - Variations for Vibes, Pianos & Strings - YouTube

http://youtu.be/ykD_GNROXUk

Stockhausen: "Kontakte" for electronic sounds, piano and percussion - YouTube

Karlheinz Stockhausen: "Kontakte" for electronic sounds, piano and percussion (1959 - 1960) Bernhard Wambach -- piano and woodblocks, Mircea Ardeleanu -- percussion, vibraphone, cowbells, Fred Rensch -- celeste, antique cymbals

http://youtu.be/ZZyFXbb8izM

Musique de la Grèce antique - YouTube

Musique de la Grèce antique (CD Harmonia Mundi)

Atrium Musicae de Mandrid - Gregorio Paniagua

http://youtu.be/a1z0zaGDzlQ

Jaipong - Mojang Priangan - Robot Percussion - YouTube

Ega Robot and his Robot Percussion Ensemble perform a lively version of Mojang Priangan in a classic Jaipong (non-electric) style.

http://youtu.be/ZaEHrl1dd7w

Robert Johnson ¨The Complete Recordings¨ Full Album - YouTube

http://youtu.be/qpevZxy5398

[]ワークショップ用資料リサーチ

◇ Fazal Sheikh - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Fazal+Sheikh&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=gf7RU_jAFMXr8AXB2ICACg&ved=0CB0QsAQ&biw=1436&bih=806


◇ Vivian Maier - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Vivian+Maier&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=I-nRU9CMJpeiugTGr4CgAQ&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806

フリードランダーのセルフポートレートとの比較以外にも、検討必要あり。


◇ Bruce Davidson Brooklyn Gang - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Bruce+Davidson+Brooklyn+Gang&es_sm=91&tbm=isch&source=lnms&sa=X&ei=7-jRU6uiH4ePuASOmoLwBA&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806


Lee Friedlander america by car - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Lee+Friedlander+america+by+car&espv=2&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=Y4bRU_olgZ-6BIf9gsAM&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806&dpr=2#facrc=_&imgdii=_&imgrc=BnGjYO4EL2xleM%253A%3BIKgEh0p0nzDwaM%3Bhttp%253A%252F%252F1.bp.blogspot.com%252F-rS1N3KpP3PI%252FTc7FPl5RpkI%252FAAAAAAAAAh0%252F74inc-aGmZw%252Fs1600%252Fmini-IMG_0003.jpg%3Bhttp%253A%252F%252F3409-roadproject.blogspot.com%252F2010%252F10%252Flee-friedlander-america-by-car.html%3B631%3B640

写真集は高騰しているものの、ウェブ上に図版多数。


◇ Sergey Chilikov - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Sergey+Chilikov&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=NOnRU8G9K8W7uASV8ILIBw&ved=0CB0QsAQ&biw=1436&bih=806

忘れていた作家


◇ Edward Hopper - WikiArt.org - the encyclopedia of painting

http://www.wikiart.org/en/search/Edward%20Hopper/1

こちらに図版多数。20世紀前半のアメリカン・ペインティング、ルミニズム、同時代写真作品との比較などのために。

Hiroko Ikegami, "Tokyo Pop: Embracing America, Contesting Empire" - YouTube

http://youtu.be/RxIj-EN_lQM

オープンリサーチプログラム_眞島竜男_第1回 - Ustream.tv

オープンリサーチプログラムレクチャーシリーズ]眞島竜男「全体タイトルは思案中」

第1回「開いて閉じる、閉じて開く、開いて折りたたむ、折りたたんで開く:日本の近現代美術について(の2時間レクチャー)」

(1)http://www.ustream.tv/recorded/50259380

(2)http://www.ustream.tv/recorded/50259739

プーマにU.A.E.が物申す!?中東における「国旗」と「靴」について- 最新ニュースMSN トピックス

http://topics.jp.msn.com/otoko_blog/other/article.aspx?articleid=902228


◇ 汎アラブ色 - Wikipedia

アラブ色(はんアラブしょく)とは、アラブ諸国国旗に用いられる配色の名称であるイスラムアラブ色とも言われる。

フサインイブン・アリーアラブの反乱で用いたアラブ反乱旗に起源を持つとされ、赤、黒、白そして緑を基調とするのが普通である

赤・白・黒の国旗採用しているのはエジプトおよびイエメンである。これに緑を加えた国旗は、アラブ首長国連邦イラククウェートシリアスーダンソマリランド西サハラパレスチナヨルダンリビアで使われている。

アラブ色のそれぞれの色は、歴代のアラブ系指導者ムスリム政権を表すとされる。黒は預言者ムハンマドの色であり、白はウマイヤ朝においてバドルの戦いを思い出させるためのシンボル色とされた。緑はファーティマ朝においてアリーイブン・アビー=ターリブを支持することを示す色とされ、赤はハワーリジュ派の旗となり、後には北アフリカマグリブ)やイベリア半島(アル=アンダルス)の政権の色となった。

アラブ色を国旗に用いないアラブ諸国も、これらの色のうちのいくつかを使う。例えばアルジェリアレバノンは緑・白・赤を使う(黒は使わない)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%8E%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E8%89%B2

メモ

メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 - YouTube

2011/08/04 にアップロード

ベルギ−人ジャ−ナリスト、ミシェルコロンが、イスラエル正当化のためにメディアが­大衆に信じ込ませた神話について説明し、中東平和実現のため、世界の人々に、インタ­−ネットなどを使い正しい情報を伝える記者の役目を果たすよう呼びかける。

http://youtu.be/iJU3VBA7euU

2014-07-24 ホゥヤレホ

ホゥヤレホ


f:id:n-291:20140723044409j:image

Ugetsu monogatari (1953) [MultiSub] [Film] - YouTube

http://youtu.be/Pg6cd7U0onw

[][]

【291 workshop 第9期・第1回の補足】

女性女性を撮ること。セクシャルに。

クロダミサト - Google 検索 http://j.mp/1osBGFR

クロダミサト 沙和子 - Google 検索 http://j.mp/1osC2vU

写真家 | クロダミサhttp://kurodamisato.com/

◇ インベカヲリ - Google 検索 http://j.mp/1osBSVs

◇ インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

https://www.facebook.com/291ws/posts/489672584494138


【291 workshop 第9期・第1回の補足】

オランダ人女性作家2人のポートレート作品〜リネケ・ダイクストラとヘレン・ファン・ミーネ

◇ Rineke Dijkstra - Google 検索

http://j.mp/1dWCCgW


◇ Hellen Van Meene - Google 検索

http://j.mp/1dWCEFA

https://www.facebook.com/291ws/posts/490108204450576


コーヒーブレイク

◇ Portraits of Famous Photographers

http://j.mp/1oT0YwS


Awesome Photos of Photographers in The Past

http://j.mp/SrEG3B

https://www.facebook.com/291ws/posts/494016070726456

2014-07-23 Googleストリートビュー民俗学

Group Show at Marianne Boesky (Contemporary Art Daily)

Artists: Norio Imai, Masafumi Maita, Jiro Takamatsu, Keiji Uematsu, Kanji Wakae, Katsuro Yoshida

Venue: Marianne Boesky, New York

Exhibition Title: Image and Matter in Japanese Photography from the 1970s

Curated by: Yumiko Chiba

Date: May 9 – June 14, 2014

http://www.contemporaryartdaily.com/2014/06/group-show-at-marianne-boesky-2/

A Page of Madness / 狂った一頁 (1926) - YouTube

Uma Página de Loucura

Kurutta ippeji

A Page of Madness

Director: Teinosuke Kinugasa / 衣笠 貞之助

Year:1926

Country:Japan

Duration: 59 min

JP: Kurutta Ippeji / 狂った一頁

BR: Uma Página de Loucura

ENG: A Page of Madness


A Page of Madness is a silent film by Japanese film director Teinosuke Kinugasa, made in 1926. It was lost for forty-five years until being rediscovered by Kinugasa in his storehouse in 1971. The film is the product of an avant-garde group of artists in Japan known as the Shinkankaku-ha (or School of New Perceptions) who tried to overcome naturalistic representation.


The film takes place in an asylum. Although cut together in an ever maddening maelstrom, the film loosely tells the story of the janitor of the asylum. His wife is one of the patients. One day their daughter shows up at the asylum to tell her mother about her engagement. This sets off a number of subplots and flashbacks which stitch together the family history (for instance, why the mother is a patient and why the daughter is unaware of her father's job as a janitor). (Wiki)

http://youtu.be/0B1QqrFbHvo


◇ 狂つた一頁 - Wikipedia

『狂つた一頁』(くるったいっページ)は、1926年大正15年)製作・公開、衣笠貞之助監督による日本の長篇劇映画。無字幕のサイレント映画で、日本初のアヴァンギャルド映画と言われている。

1926年大正15年)、マキノ省三の応援を受け、衣笠貞之助横光利一原作の『日輪』を撮ったが、完成後「天照大神を人間あつかいした」として不敬罪告訴を受け、一時は上映禁止、さらにずたずたにカットされて題名も『女性の輝き』と改められてしまった。

衣笠は「この映画責任をとる」との形でマキノプロダクションを辞めたが、その一方で衣笠映画聯盟を設立。本作の準備を進めていた[1]。

マキノ退社後、衣笠は、川端康成横光利一片岡鉄兵岸田国士と合同して新感覚派映画聯盟を結成、本作を製作・監督した。「営利を度外視して良き芸術映画を製作したい」という思いから衣笠が横光に相談、横光が『文藝時代』の同人である川端らに声をかけた。撮影終了後、映像の純粋性を保つため、まったくの無字幕で上映することになった[2]。日本では、同年9月24日東京新宿武蔵野館(現在の新宿武蔵野館)等で公開された[3]。

脚本に参加した犬塚稔、助監督の小石栄一は、のちに傾向映画と呼ばれる左傾化した映画監督し、学生知識人層に大いに受け入れられた。特撮監督として有名な円谷英二(当時:円谷英一)が助手(チーフキャメラマン)として参加している。円谷はこの年5月に「衣笠映画聯盟」に加入したばかりだった。

川端は、本作の撮影を題材に短編「笑わぬ男」を執筆(『掌の小説』収録)。

1971年昭和46年)、それまでプリントネガフィルムともに現存しない作品とされていたが、衣笠の自宅でプリントが発見された。1975年昭和50年)1月にアメリカ合衆国でニュー・ライン・シネマが配給した際のプリントはそのデュープによるものである。本来は70分だったが、59分に短縮され、バックに音楽がつけられている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%82%E3%81%A4%E3%81%9F%E4%B8%80%E9%A0%81

メモ

エリート以外の99%はコミュニティ仕事場 | 10年後に何が食えるのか? プロと考える仕事未来 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

http://toyokeizai.net/articles/-/11602


◇ 活きのいい奴らは、石巻バングラに向かう | 10年後に何が食えるのか? プロと考える仕事未来 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

http://toyokeizai.net/articles/-/11769


20年後仕事の半分は公務員になる | 10年後に何が食えるのか? プロと考える仕事未来 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

http://toyokeizai.net/articles/-/11860


◇ "大学"と"宗教"が機能しない、日本の不幸 | 10年後に何が食えるのか? プロと考える仕事未来 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

http://toyokeizai.net/articles/-/11952

グラン・ギニョール - Wikipedia

グラン・ギニョール(Grand Guignol)とは、フランスパリに19世紀末から20世紀半ばまで存在した大衆芝居・見世物小屋グラン・ギニョール劇場(Le Théâtre du Grand-Guignol)のこと。またそこから転じて、同座や類似の劇場で演じられた「荒唐無稽な」、「血なまぐさい」、あるいは「こけおどしめいた」芝居のことをいう。フランス語では"grand-guignolesque"(「グラン・ギニョール的な」)という形容詞は上記のような意味合いで今日でもしばしば用いられる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%AB

アメション(あめしょん) - 日本語俗語辞書

http://zokugo-dict.com/01a/amesyon.htm


◇ (昭和二十五年・流行語) アメション - 永い期間不幸なのはアナタがわるい - Yahoo!ブログ

現代用語の基礎知識1974年版》

アメション 戦後役人から代議士浪曲師にいたるまでワンサとアメリカへ旅行したが行ったと思うともう帰って来る連中が多く何のために行ったか分らない.こういう手合いを皮肉った言葉でアメリカへションベンしに行ったに過ぎないというわけ.アメボタンもっとひどく.ボタンを外したぐらいの意味がこめられた.田中絹代のアメションでは帰国すると投げキッスしたのにはずッこけたものである.さらにフランス行きが流行るとパリションなる変型も顕れた.(記・草柳大蔵

http://blogs.yahoo.co.jp/jyaga13743tara/27593755.html

月面着陸 - Wikipedia

月面着陸(げつめんちゃくりく、英: Moon landing)は、地球衛星である月への着陸をいう。英語では他に、lunar landing とも。人類史上初の月面着陸は、アメリカ合衆国アポロ11号計画における船長ニール・アームストロングと月着陸船操縦士エドウィン・オルドリンによるものだった。1969年7月20日、司令船操縦士マイケル・コリンズが月周回軌道上の司令船コロンビアで待機する中、二人の乗り込んだ月着陸船イーグルは司令船から切り離され、7月20日午後4時17分(東部夏時間)、月面に着陸し21時間30分滞在した。米国が着陸計画を終了した1972年12月までに月に到達したのは合計12人、いずれも米国宇宙飛行士である

本項では主に、成功へと至った月面着陸について取り上げる。

人類初の月面着陸を成し遂げるべく繰り広げられた競争については「宇宙開発競争」を、着陸計画についてのより詳細な情報については「アポロ計画」を参照

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E9%9D%A2%E7%9D%80%E9%99%B8


宇宙開発競争 - Wikipedia

宇宙開発競争(うちゅうかいはつきょうそう、Space Race、宇宙開発レース、スペースレース)とは、冷戦中にアメリカ合衆国ソビエト連邦との間で宇宙開発をめぐって戦われた、非公式競争である

初期のロケットと軍事

ロケットは長年に渡り、科学者アマチュア科学者らを魅了してきた。中国人は早くも11世紀に、これを兵器として利用している。

19世紀末ロシアアマチュア科学者コンスタンチン・ツィオルコフスキー宇宙に到達できる多段式の液体燃料ロケット理論化している。実際に液体燃料ロケット打ち上げたのは1926年アメリカ人ロバート・ゴダードであったが、2人とも世間から注がれる目は冷ややかなものがあった。ゴダードロケット打ち上げ研究辺鄙な場所で続けていたが、科学者コミュニティからも、大衆からも、ニューヨーク・タイムズ紙からさえも彼は嘲笑された。

ロケット技術の評価が高まるのは、結局は第二次世界大戦という戦争を通してであった。これは、いかに「ロケット研究政治や軍事とは関係のない純粋に科学的な研究であり、平和のためでもある」というレトリックを駆使しようと、あらゆる宇宙開発競争国家の軍事に対する野望と避けがたく結びついてしまうという未来への先触れであった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%AB%B6%E4%BA%89


アポロ計画 - Wikipedia

アポロ計画(アポロいかくApollo program)とは、アメリカ航空宇宙局NASA)による人類初の月への有人宇宙飛行計画である1961年から1972年にかけて実施され、全6回の有人月面着陸に成功した。

アポロ計画(特に月面着陸)は、人類が初めてかつ現在のところ唯一、有人宇宙船により地球以外の天体に到達した事業である。これは宇宙開発史において画期的出来事であっただけではなく、人類史における科学技術の偉大な業績としてもしばしば引用される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E8%A8%88%E7%94%BB


ソ連の有人月旅行計画 - Wikipedia

ソ連の有人月旅行計画(ソれんのゆうじんつきりょこうけいかく)は、アメリカアポロ計画と並行して、1960年代から70年代ソ連において試みられながら、遂に実現しなかった有人宇宙船による月接近飛行および月面着陸計画である

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A3%E3%81%AE%E6%9C%89%E4%BA%BA%E6%9C%88%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%88%E7%94%BB

ロケット古代史・・・・・・・・それは仙人の薬からはじまった - 日本ロケット

先祖火炎放射器

 高圧高温のガスを噴射して空を飛ぶもの、いわゆるロケットが生まれる前に、火をとばす機械の発明がありました。猛火油櫃(モウカユキ)と呼ばれる火炎放射器で、10世紀の中国でのことです。他にも中国には火を噴く武器や、火を飛ばす武器が多くあったようです。また発想はおもしろいけれど構想倒れに終わってしまっただろう資料が多くあります。古代ロケット研究書はロケットの誕生が11世紀の中国としているものが多いのですが、実はこの時代にはまだロケットは生まれていなかったようです。


最初のロケットは14世紀!?

まだ13世紀以前には(後になって書かれた書物や、技術的に現実味のないものを除く)噴射によって推進力を得て飛行する物体は無かったと考えられます。1379年にイタリア戦争で、ロケッタという武器が使われたという記録が残っています。


14世紀中国の飛火槍

 また飛槍と呼ばれる火薬燃焼噴射の反動で槍を飛ばす兵器が中国の明(1368〜1644)の時代になって使われました。これ以前に飛火槍(上図)というものがありましたが、前方に火を飛ばすことで敵を驚かせる構造だったようです。ちなみに、ロケットの語源はイタリア語の糸巻器(Rocchetto)。形が似ていたのでしょうね。色々な資料を現代の技術に基づいて客観的に分析すると、ロケットの発祥はどうも14世紀のヨーロッパということになりそうです。

http://www.bekkoame.ne.jp/~yoichqge/roc/history.html

http://www.bekkoame.ne.jp/~yoichqge/index.html

2014-07-21 岸冠さん

岸冠さん


f:id:n-291:20140721165635j:image

What Was Metabolism? Reflections on the Life of Kiyonori Kikutake - Toyo Ito - YouTube

http://youtu.be/20rYUAeiL10


Rem Koolhaas on Japan's Metabolism Movement - Japan Society

http://www.japansociety.org/webcast/rem-koolhaas-on-japans-metabolism-movement


◇ Waterloo Arch. 392 Winter '12 Urban Precedent #10 Nakagin Capsule Tower on Vimeo

https://vimeo.com/35279214

冒頭の映像は謎ですが。。

五十嵐太郎映画建築 建築映画』 |雑誌書籍|X-Knowledge(エクスナレッジ

すぐれた映像クリエイターたちはみな、「建築家」だ!ありえない空間から立ちあがるリアルとは。小津映画の家から、宮崎アニメの城まで・・・。建築本質にせまる、野心的な映像メディア考。


■目次

・序 いかに建築映像をつなぐか

・第1部 舞台美術

 建築家としての小津安二郎

 どこにも存在しない、「懐かしい」空間-種田陽平論1

 「ザ・マジックアワー」と映画リアル-種田陽平論2

 黄金時代美術監督-中古智、中村公彦、村木与四郎

 「さくらん」時代劇-蜷川実花西岡善信

・第2部 空間風景

 他者ランドスケープ-リドリー・スコット

 不在の中心としてのローラパーマー-「ツイン・ピークス

 壮絶に変化する中国-「長江哀歌」「いま ここにある風景

 男女、家族をつなぐ塔と家-「東京タワー」「みんなのいえ」「海辺の家」

 窓・扉・壁、距離感の測定-「裏窓」「不完全なふたり」「壁男

 向こう岸にわたることがない最期の橋-「ブリッジ

 ライブ感とフェティシズムと「ラブ&ポップ

・第3部 架空都市

 カステロフィリアとしての宮崎駿

 「イノセンス」が創造した極限都市-押井守論1

 澄みわたる東京の空によぎる影-「東京スキャナー押井守論2

 人のいない世界-「めざめの方舟押井守論3

 ポストカタストロフコラージュ・シティ-「新世紀エヴァンゲリオン

 瞳に映るもうひとつ近代-「スチームボーイ

 さかしま世界-「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」

 過去未来東京景観-「ベクシル

 壊されるための模型-円谷プロがつくる都市

 初めて見た「未来都市」-手塚漫画建築

・第4部 建築家映像

 建築界が嫌悪した映画-「摩天楼

 ジャック・タチウルトラモダン建築

 ル・コルビュジエ映像

 モンタージュ建築

 なんだこれは?の魅力-「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/39395705

ヴィッテンベルク - Wikipedia

すでに1000年前後にこの地域に関する記録があるが、ヴィッテンベルクという名称が確認できるのは1187年の教会に関する文書である。その後の発展は、ザクセンアスカーニエン家に影響され、ヴィッテンベルクは、1260年に死亡したアルブレヒト1世の分割された遺領のうち、ザクセン=ヴィッテンベルクを治めたアルブレヒト2世の宮廷都市となった。ザクセン公が持つ選帝侯地位を巡り、もう一方の遺領ザクセン=ラウエンブルクと対立したが、1356年にカール4世の金印勅書で、ザクセン=ヴィッテンベルク公に選帝侯資格が与えられた。しかし、1422年にアルブレヒト3世の死でアスカーニエン家が途絶えると、ヴェッティン家がザクセン選帝侯となり、ヴィッテンベルクも選帝侯都市地位を失った。

ヴェッティン家では、フリードリヒ2世の死後、遺領がエルンストとアルブレヒトに分けられた。選帝侯となったエルンストの死後、選帝侯を継いだ長男フリードリヒ3世がヴィッテンベルクに宮廷を置いたことでヴィッテンベルクは発展した。宮廷画家として、ドイツルネサンス代表的画家ルーカスクラナッハ工房を構え、1502年にはヴィッテンベルク大学も創設された。その後、1547年にエルネスティン家が選帝侯地位を取りあげられた結果、ヴィッテンベルクは再びザクセン選帝侯宮廷都市の座を失っている。

1517年、ヴィッテンベルク大学教授マルティン・ルター大学内の聖堂の扉に『95ヶ条の論題』を提示したことが宗教改革の口火を切ることになった。1518年には、同大学のギリシア語教授としてフィリップ・メランヒトンも招かれ、以降のヴィッテンベルクは宗教改革における重要な根拠地となった。

北欧における宗教改革の推進者たちもヴィッテンベルクで学び、ルターらに師事している。その代表的な例として、デンマークのハンス・タウセン、スウェーデンのペトリ兄弟らを挙げることができる。

2009年ルター派世界連盟は、ヴィッテンベルクに出先機関を開設した。このセンタールターゆかりのこの都市に集うルター派教会内グループに宗教的神学的サポートを与えるものとなっており、ドイツ福音主義教会アメリカ福音ルター派教会施設と密接に結びついた運営を行っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

Airbnb - Wikipedia

Airbnb (エアビーエンビー)は宿泊施設を貸し出す人向けのウェブサイトである。[1] 192カ国の33,000の都市で50万以上の宿を提供している。 [2] 2008年8月設立され、 サンフランシスコ本社を置き、 [3]非公開会社Airbnb Incにより所有、運営されている。

このサイト利用者は利用に際して登録して、本人のオンラインプロファイルを作成する必要がある。すべての物件ホストと関連付けられており、ホストプロファイルには他利用者からのお勧め、泊まったことのあるゲストからのレビュー、また、レスポンス・レーティングプライベートメッセージングシステムも含んでいる。[4]

2011年7月の時点で, AirbnbY Combinator, Greylock Partners, Sequoia Capital, Andreessen Horowitz, DST Global Solutions, General Catalyst Partners[5]から119.8百万ドルのベンチャーファンド資金を、 Youniversity Venturesパートナージョード・カリム, Keith Rabois,Kevin Hartz,[6] A Grade Investments’ partners, アシュトン・カッチャーGuy Osearyからの金額非公開の資金を得た。

2014年4月に、同社はテキサスパシフィック・グループによる4.5億ドルの投資最後資金集めを終了し、約100億ドルの評価額となった。 [7]

http://ja.wikipedia.org/wiki/Airbnb







bASEL_log

◇ bASEL_log_201405-06_TWS (9 June, 2014)

http://j.mp/bASEL_log


◇ n291: ウェブ上で随時更新していた「bASEL」も、とりあえず終了。 ... - Twitter

ウェブ上で随時更新していた「bASEL」も、とりあえず終了。細かい更新を含めると全部で120ステップくらいの変更、大きな成果としては40通りの作品構成。そのごく一部のログサムネイル的になりますが、次のアドレスで見る事が可能です。http://j.mp/bASEL_log

https://twitter.com/n291/status/475723008091230208


http://twilog.org/n291/search?word=bASEL_log&ao=a


----


◇ Some Photographs from "bASEL" (2013) #9

https://www.facebook.com/nobuhiro.fukui/media_set?set=a.630735800349632.1073741894.100002396538644


◇ Some Photographs from "bASEL" (2013) #15

https://www.facebook.com/nobuhiro.fukui/media_set?set=a.629645677125311.1073741889.100002396538644


◇ Some Photographs from "bASEL" (2013) #25

https://www.facebook.com/nobuhiro.fukui/media_set?set=a.628994260523786.1073741887.100002396538644


◇ Some Photographs from "bASEL" (2013) #34

https://www.facebook.com/nobuhiro.fukui/media_set?set=a.632051746884704.1073741895.100002396538644

2014-07-20 …者

American Architecture Now: Robert Venturi, Denise Scott Brown, 1984 - YouTube

Interviewer: Barbaralee Diamonstein-Spielvogel Part of the Diamonstein-Spielvogel Video Archive in the Duke University Libraries: http://library.duke.edu/digitalcollections/dsva/

Unedited 2 part interview of Denise Scott Brown and Robert Venturi on their philosophy of architecture, their works, and contemporary architecture.

http://youtu.be/u4RJcNHWu7Y


◇ Denise Scott Brown, "Mayhew's Architecture" - YouTube

As principals in VSBA Inc., Denise Scott Brown and Robert Venturi have sought new freedoms for architecture while maintaining thoughtful eyes on traditional concerns. Their projects range from urbanism to decorative arts, but most have been in civic and academic architecture. Research, teaching, and writing are inseparable components of their work. With practicality and an aesthetic that welcomes color, words, and the "everyday landscape," their architecture has redefined aspects of mainstream practice and raised the profile of the profession in the popular imagination. Their Learning from Las Vegas has been credited with shifting the scope of architectural research even as their road trip affirmed the place of the grand tour. Ms. Scott Brown will consider changes in architecture and her work over the span of her career and describe how in "old age" she has come be at the eye of a storm that is transforming the discipline once again.

http://youtu.be/6Hk-ce67Zlc

Las Vegas Studio: Images from the Archives of Robert Venturi and Denise Scott Brown, Museum of Contemporary Art at the Pacific Design Center Los Angeles, CA - X-TRA

http://x-traonline.org/article/las-vegas-studio-images-from-the-archives-of-robert-venturi-and-denise-scott-brown/


◇ Sundown over the Stardust - News & Stories at STYLEPARK

http://www.stylepark.com/en/news/sundown-over-the-stardust/289043


◇ Las Vegas Architectural Guides and Collections (Architecture Studies Library (UNLV))

http://www.library.unlv.edu/arch/lasvegas/


◇ Las Vegas Studio Venturi - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Las+Vegas+Studio+Venturi&tbm=isch&ei=FRnLU6XhKJXk8AWqn4L4DQ


◇ Las Vegas Studio Images - Australian Breaking News Headlines & World News Online | SMH.com.au

http://www.smh.com.au/photogallery/entertainment/art-and-design/las-vegas-studio-images-learning-from-surfers-paradise-20140411-36gss.html?aggregate=&selectedImage=0


>>>Las Vegas Studio: Images from the Archive of Robert Venturi and Denise Scott Brown (Scheidegger & Spiess)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090915#p4

Bauhaus: Art as Life - Peter Fischli, From Dessau to Las Vegas (Full Legnth) - YouTube

Leading Swiss artist Peter Fischli grew up in a modernist house designed by his father Hans Fischli, a Bauhaus trained artist and architect. In this film, Peter Fischli talks about his relationship to the Bauhaus, his upbringing in a home suffused by the spirit of the School and its lasting influence on his own artistic practice.

Follow us on

Twitter: https://twitter.com/BarbicanCentre (@BarbicanCentre)

Facebook: https://www.facebook.com/BarbicanCentre

http://youtu.be/RO-x-qOkR5A

Las Vegas Studio Melbourne - YouTube

Las Vegas: Melbourne - RMIT Design Hub

Nervegna Reed Architecture

A film by Toby Reed + Sam Reed

Interviews by Fleur Watson and Toby Reed

In order of appearance:

Leon Van Schaik

John Gollings

Tony Styant-Browne

Corbett Lyon

Howard Raggatt

Ian McDougall

Rob McBride

Debbie Ryan

Conrad Hamann

Nick Searle

Suzannah Waldron

A discussion of the influence of Learning From Las Vegas on Melbourne architecture.

Background to exhibition:

LAS VEGAS STUDIO: IMAGES FROM THE ARCHIVES OF ROBERT VENTURI AND DENISE SCOTT BROWN,

In 1968, American architects Robert Venturi, Denise Scott Brown and Steven Izenour joined together with students from Yale University and took on Las Vegas as the subject of research. The group spent three weeks in libraries, four days in Los Angeles, and ten days in Las Vegas. The research led to the 1972 publication of the seminal architectural theory treatise, Learning from Las Vegas.

With their work, Venturi and Scott Brown decisively influenced the way the modern, commercial city was _seen, as well as many other urbanistic research projects that followed in both methodology and questions of representation. Photography and film were employed equally as a means of argumentation and representation. The original material has since been stored in the archives of Venturi, Scott Brown & Associates in Philadelphia. The exhibition Las Vegas Studio: Images from the Archives of Robert Venturi and Denise Scott Brown presents the images and films that were taken during the legendary 1968 Las Vegas research.

Within Project Rooms 1 and 2 at RMIT Design Hub, these archival materials are presented alongside a series of video interviews, objects and ephemera collected from six leading Melbourne architectural practices that trace the Venturis' influence on the development of Melbourne's architectural culture and education. The Melbourne context for the exhibition is further communicated via a room guide essay by Professor Peter Corrigan and a commissioned exhibition design by Melbourne practitioners Searle x Waldron Architecture.

In addition to Las Vegas Studio, a partner exhibition is presented on Level 3 of RMIT Design Hub. John Gollings: Learning From Surfers Paradise (1973 -- 2013) is a project inspired by Learning from Las Vegas.

http://youtu.be/hT_jSSFmjVc


◇ Exhibitions & Programs - Las Vegas Studio: IMAGES FROM THE ARCHIVES OF ROBERT VENTURI AND DENISE SCOTT BROWN - RMIT Design Hub

http://www.designhub.rmit.edu.au/exhibitions-programs/las-vegas-studio

MIF 13 - an interview with artist Dan Graham - YouTube

Here, artists Dan Graham discusses his work with Asad Raza in Mayfield Depot as part of 2013's Manchester international Festival.


Past Future Split Attention is a simple yet psychologically complex live work. Playing on the intersubjective relations between two people, the piece creates what Graham calls 'a figure-eight feedback-feedahead loop of past/future'.


From Sun 14 - Sat 20 July 2013, the exhibition will be a video of the live performance piece.


Dan Graham is one of his generation's most influential artists. His work has encompassed writing, photography, architecture, choreography and video.


CREDIT

Programmed by Hans Ulrich Obrist, Alex Poots, Asad Raza and Tino Sehgal.

http://youtu.be/kcYIBTRD2Tc

関東大震災映画フィルム映像一般公開されました - 京都大学 工学部大学院工学研究科

 工学研究科吉田建築系図書室書庫で発見された映画フィルム関東大震災」の映像が、7月8日京都大学デジタルアーカイブシステム一般公開されました。


 本フィルムは昨年10月、吉田建築系図書室の貴重書庫において発見されました。フィルムの素材が、劣化に伴い自然発火を引き起こす恐れのあるナイトレートフィルムであったために、慎重に中身の確認を進めたところ、関東大震災直後の都心の様子を収めた記録映画であることが分かりました。その後、工学研究科建築学専攻と京都大学研究資源アーカイブの協力のもとに、不燃フィルムデジタル映像ファイルへのメディア変換を進めてきました。この度、その映像京都大学デジタルアーカイブシステムに収録され、下記サイトで閲覧できるようになりました。


京都大学デジタルアーカイブシステム】 http://das.rra.museum.kyoto-u.ac.jp/

コレクションからみる>京都帝国大学工学部建築学教室35mmフィルム : 実写 関東地方震災[, 1923.]>映像全体・一覧をみる>コンテンツをみる

無声映画・12分35秒)


 多くの複製を生んだとされる関東大震災映画フィルムの中で、本資料映像は鮮明さにおいて群を抜くといえます。缶表ラベルに「大阪毎日新聞社」の印刷・押印があり、また冒頭のタイトルコマには「贈 京都帝国大学 大阪毎日新聞社とあることから、製作者の大阪毎日新聞社から直接贈られたことが窺えます。映像には震災直後の都心の様子が収められており、炎と煙に巻かれていく家屋、広場に集まりひしめき合う群衆、荷物を運び出し避難する人々とその頭上に舞う火の粉まで活写されています。鮮明であるために、看板の文字や人々の細やかな表情も読み取ることができます。また、損壊していた12階建ての浅草・凌雲閣が後日爆破処理されるシーンも含まれています。

http://www.t.kyoto-u.ac.jp/ja/topics/all/soumu/20140715

新幹線東京新大阪まで5400円! 東京博多まで9720円! 安すぎて衝撃を受ける価格 | GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア

http://gotrip.jp/2014/07/7567/

[][]メモ

◇ 複製技術時代の芸術 (1965年): 川村 二郎, W.ベンヤミン: 本 - Amazon.co.jp

http://www.amazon.co.jp/dp/B000JACHIO


川村二郎 - Wikipedia

愛知県名古屋市に、陸軍軍人川村宇一の次男として生まれる。父の転勤で、静岡東京金沢朝鮮光州、名古屋と転々とし、熱田中学校から第八高等学校在学中に敗戦を迎え、1950年東京大学独文科卒業愛知学芸大学助手、1952年講師1953年名古屋大学教養部講師1957年篠田一士の誘いで丸谷才一らの同人誌『秩序』に参加、1958年助教授1960年東京都立大学人文学部助教授となる。

ブロッホムージルなどの翻訳の一方、「保田與重郎論」(1966年)で文藝評論家としてデビュー

1969年、『限界文学』で亀井勝一郎賞受賞、また近世文藝前近代的近代作家を論じた『銀河地獄』(1973年)で芸術選奨新人賞1975年都立大学教授、『内田百間論』(1983年)で読売文学賞、『アレゴリーの織物』で伊藤整文学賞受賞。

1991年都立大学を定年退官、1992年大阪芸術大学教授となり、1998年定年、客員教授となり、2004年まで務める。1996年 紫綬褒章受章、2000年 日本芸術院賞受賞。2005年より日本芸術院会員。

『内部の季節の豊穣』では内向の世代を論じ、独文科の後輩である古井由吉を援護、また池内紀との共著、都立大の同僚だった篠田一士との共訳などもあり、幅広く目配りをしつつ、幻想的な文学を中心に評論活動を行った。民俗学にも関心が深く、定年以後は紀行文も目立つ。説経節浄瑠璃などの語り物文藝から、『南総里見八犬伝』も論じ、特に泉鏡花を愛好したが、幸田露伴の『幻談』などの再評価にも一役かった。また吉行淳之介中上健次も高く評価した。

2008年2月7日心筋梗塞のため逝去。80歳没 。叙正四位

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E6%9D%91%E4%BA%8C%E9%83%8E


◇ 複製技術時代の芸術 ‹ BOOKS ‹ 『10+1』 DATABASE | テンプラスワン・データベース

http://db.10plus1.jp/publish/bibliography/v/%E8%A4%87%E8%A3%BD%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E8%8A%B8%E8%A1%93

アブジェクション/おぞましいもの | 現代美術用語辞典ver.2.0

アブジェクション/おぞましいもの

Abjection

ブルガリア出身の思想家ジュリア・クリステヴァ(1941-)が著書『恐怖の権力──〈アブジェクシオン〉試論』(1980)のなかで用いた概念一般的に、対象に関わる場合は「おぞましいもの」、行為に関わる場合は「棄却」と訳されるが、原語のabjection(仏:アブジェクシオン、英:アブジェクション)にはこの対象、行為双方のニュアンスが含まれる。 「アブジェクション」とはもともと精神分析の用語であり、主客未分化の状態にある幼児が、自身と融合した状態にある母親を「おぞましいもの」として「棄却」することを意味する。クリステヴァは、『恐怖の権力』以後の著作でもこの言葉をたびたび用いているが、特筆すべきはそのイメージ論や芸術論への応用である。その代表例が、クリステヴァ自身が企画した展覧会「斬首の光景」(ルーヴル美術館、1998)に合わせて刊行された展覧会カタログである。同カタログのなかで、クリステヴァは「アブジェクション」をキーワードひとつとして用いながら、デッサンを中心とする同展の出品作品を大胆な仕方で論じている。 他方、クリステヴァの「アブジェクション」という概念は、ロザリンド・クラウス、イヴ=アラン・ボワの企画による展覧会「アンフォルム」(ポンピドゥ・センター、1996)のカタログのなかで強く批判された。クラウスとボワによる批判の背後には、クリステヴァによる「アブジェクション」(およびそれに影響を受けたアブジェクトアート)と、彼らの提唱する「アンフォルム」をそれぞれ実体的、操作的なものとして差別化せんとする批評戦略が読み取れる。

著者: 星野

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%8F%E3%81%8A%E3%81%9E%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE


◇ 1028夜『恐怖の権力ジュリア・クリステヴァ|松岡正剛の千夜千冊

http://1000ya.isis.ne.jp/1028.html


吐き気──「不定形」の反美学宮崎裕助 - SITE ZERO

http://site-zero.net/contents/vol0/post_2/

宮崎裕助「判断と崇高」(1): CZTのブログ

http://czt13771.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-3e74.html

(20)まであり。