Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-07 たまさかならぬ踏み外し

まさかならぬ踏み外し

2016-07-06 この有限性のなかで

この有限性のなかで

2016-07-05 五連勤の四日目。日曜勤務だがとても平和な業務量。ピーカンではない

五連勤の四日目。日曜勤務だがとても平和業務量。ピーカンではないが、わるくない天気。公園ではインド人クリケットに興じている。二〇二〇年までの東京の変貌と、二〇二〇年以降の日本の行く末を想う。昨日見マル激の後半での、松井孝典博士言葉を反芻。曇り空は飛行機の音が低く聞こえる。(2015年4月12日)

2016-07-04 蚊柱が立ち、花が散った。西の空に日暈。雨の匂いが漂いだした。気圧

蚊柱が立ち、花が散った。西の空に日暈。雨の匂いが漂いだした。気圧が下がっている。生垣から猫が顔を出して小径を横切る。通りの方からは区議候補者の声。夕風がその響きに振幅を与えていた。小鳥が集い夜を待つ木の下。年老いた女性が世話ばなしをしている。小鳥たちの囀りは耳に入らないらしい。(2015年4月12日)

2016-07-03 2度寝。午後6時過ぎのアウグストシュトラーセ、KW近くに日本人経

2度寝。午後6時過ぎのアウグストシュトラーセ、KW近くに日本人経営レストランができてて入店(少し西でお店は同じく南面)、日の高さからたぶん夏、4人連れとカップルが先客、タルタルステーキアボカド添えを注文する夢をみる。

2016-07-02 善良さにむせかえる

善良さにむせかえる


f:id:n-291:20160624031817j:image

2016-07-01 O・N・E

O・N・E


f:id:n-291:20160524053042j:image













TAP Gallery Slide Show #001|蔀義之・得能正一「東北を視る 2011-2016」@ TAP Gallery

清澄白河TAP Galleryでは、2015年4月よりさまざまなイベントレクチャー等を企画・開催中です。そのひとつとして、スライドショーを通して写真家の営みとその作品世界を紹介するイベントシリーズを新たに開催いたします。


今回は、2011年3月11日東日本大震災以降、いわゆる“報道写真”とも“被災地写真”とも、やや異なるアプローチ写真を撮り続けている、蔀義之さんと得能正一さんの作品クローズアップします。スライドショーの上映後、出展作家による自作解説質疑応答、同じく被災地撮影を続けている山下隆博さんを交えた参加者全員でのフリートークを行いますので、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。


[日時]2016年7月1日(金)19:30〜21:30

出展作家]蔀義之、得能正一

ゲストスピーカー山下隆http://takahiro-yamashita.co.uk

[会場]TAP Gallery http://tapgallery.jp/ 〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8

地図http://tapgallery.jp/map.html

[参加費]無料

[定員]15名(予約制)

[予約方法]参加をご希望される方は、メールの件名を「TAP Gallery Slide Show #001」とし、お名前メールアドレス/ご予約人数を明記したメールを fknb291@gmail.com までお送りください。返信の空メールが届いたらご予約完了となります。担当福居伸宏(TAP Gallery 運営メンバー・291 workshop 主宰*1


----


蔀義之 Yoshiyuki Shitomi 

f:id:tapgallery:20160621033500j:image

f:id:tapgallery:20160621033519j:image

f:id:tapgallery:20160621033533j:image

f:id:tapgallery:20160621033556j:image

f:id:tapgallery:20160621033607j:image

f:id:tapgallery:20160621033620j:image


あの震災当時、様々な情報交錯し半ばそれに埋もれかけていた。

それ故に、とにかくその場所に行こうと考えた。

まずは不安に何らかの形を付けることが必要だった。


かつて誰かの生活構成していた諸々が瓦礫となり千切れ泥にまみれ広がっていた。

そしてそこに漂う臭い

その光景に打ちひしがれ、しかしそこに違う何かを見てしまう。

無力感罪障感。


それ以来、主に福島被災地と関連した場所を歩いている。

その歩行記録として、或いは歩行を正当化するために写真を撮っているのかも知れない。


1959 東京出生

1977 某大学文学部哲学入学

   近代日本美術史

1981 某大学文学部大学院に長期入院 

1991 〜1998 ベルリンモスクワサラエヴォなどを少し歩く

2011〜 震災後 再びあちこちを歩き始める


その場所から 少し離れて

http://moscow91.blog98.fc2.com


その場所から250Km離れて (臨時改題)

http://d.hatena.ne.jp/moscow_91/


得能正一 Shouichi Tokuno

f:id:tapgallery:20160621033805j:image

f:id:tapgallery:20160621033818j:image

f:id:tapgallery:20160621033825j:image

f:id:tapgallery:20160621033832j:image


その場に立つこと。

自分の目で見ること。

そういった意味では、写真は単なる副産物にすぎないのかもしれません。


1963年まれ

千葉市在住

2003/08 …「9.11.その後」

2004/12 …「キオクノスミ」

2012/02 …「After 3.11


nokuto's GALLERY

http://www.nokuto.com







http://d.hatena.ne.jp/tapgallery/20160701







*1場合により、メール未着のこともあるかもしれませんので、こちらからのご返信に時間がかかっているようでしたら、
  本ブログコメント欄から直接その旨をお伝えいただければ幸いです。

2016-06-31 différance twins [11:34-11:36 JST 25 May 2016]

différance twins [11:34-11:36 JST 25 May 2016]

f:id:n-291:20160525124144j:image








detail:

f:id:n-291:20160525125310j:image

f:id:n-291:20160525125336j:image

f:id:n-291:20160525125349j:image







2016-06-30 「無」の培養

*1:2006年?