Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-09-21 シロクマウォッチに行く途中なんだけれど、北極はどこだか知ってるか

シロクマウォッチに行く途中なんだけれど、北極はどこだか知ってるかい?

ペンギンウォッチに行く途中なんだけれど、南極はどこだか知ってるかい?


f:id:n-291:20070921000624j:image

Circulation 

NINE INCH NAILSのTRENT REZNORが、ファンに対して自身のCDを盗むよう提言 - bounce.com

彼はライヴ中に、それらの事態が改善されたかを観客に向けて問いかけ、<No!>の言葉が返ってくると「どうしたら良いか知ってるかい? (CDを)盗めばいい。盗んで、盗んで、盗みまくるんだ。それで、友達みんなにくれてやりな。盗み続けるんだ」と発言。

http://www.bounce.com/news/daily.php/11596/headlineclick


◇ [NIN] 提言 「若者よ、かっぱらえ!そして、ただでくれてやれ!」 - イルコモンズのふた。

http://illcomm.exblog.jp/6189236/


◇ TOPICS [2007-05-18] トレント・レズナーレコード会社にご立腹 - MTVJAPAN.com

レコード会社を取りまく状況は日増しに厳しくなってきている。レコード会社は、ほとんど自業自得とも言える傷を消費者に肩代わりさせようとしている」とレズナー。「すぐに思いつく例で言うと、オーストラリアでの『Year Zero』の定価。不条理きわまりない。UMG、ユニバーサルグループほどの大手がこのありさま。恥ずかしい話だ。『Year Zero』はオーストラリアでは34.99豪ドルで販売されている(全米国価格は29.10米ドル)。音楽を買わずに盗むのも無理はないね」。


レズナーいわく、ユニバーサルの重役には「NINにはコアなファンがついているから、何か出せば、ファンはいくらでも払う」と言われたと続けた。


「本当のファンでいてくれたお礼が搾取」であることに怒りを隠せないレズナーは、先々この問題を解決できるよう、努力することを誓った。

http://www.mtvjapan.com/news/music/news_music_detail.php?music_news_id=1644


nin.com [the official nine inch nails website]

http://www.nin.com/

殺せ/殺さなくてもよい/殺しても殺さなくてもよい - 十三乙女漂流記 蠅の女王

http://d.hatena.ne.jp/YOW/20070915

ひさびさに『E2−E4』を聴く

◇ Manuel Göttsching "E2-E4"

http://www.amazon.co.jp/dp/B00004UXUC


YouTubeにもありました。音良くないですが。

YouTube - Metamophorse 2006-Manuel Göttsching-E2-E4

http://jp.youtube.com/watch?v=8Z7pbAfWNwE

YouTube - MANUEL GOTTSCHING "E2-E4" Live @ METAMORPHOSE

http://jp.youtube.com/watch?v=AxYcRMjYnOU

映像は上のリンク、音は下のリンクほうが良いです。


アシュラ(アシュ・ラ・テンペル)の日本語ファンサイト「ashrization」にあったアルバム解説の、この部分が素敵です。

 なお、“E2-E4”というシンプルな題名はスターウォーズの“R2-D2”とコンピュータ言語シンプルな表現方法、そしてチェスのコマの動きについての表現方法に基づいているとのこと。僕は各題名から「静かな緊張」から始まって「引き分け」に終わる“E2”と“E4”というコンピュータプログラム同士のチェスの試合を描いているんだと思っていたのですが......。

http://www.ashrization.com/discography_con/e2_e4.htm

http://www.ashrization.com/


ちなみに(一部では有名な話ですが)、東京タワー蝋人形館のジャーマンロック蝋人形コーナーには、

マニュエル・ゲッチングクラウス・シュルツ、ルッツ・ウルブリッヒ、マニ・ノイマイヤー

ヴェルナー・ディーアマイアー、ハンス・ヨアヒム・イルムラーの蝋人形が展示されています。

http://www.tokyotower.co.jp/333/03_foottown/3f.html

http://www.captaintrip.co.jp/t-wax/index.html


明日は『Inventions For Electric Guitar』を聴き直してみようと思います。

http://www.ashrization.com/discography_con/inventionsforelectricguitar.htm