Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-09-10 自分の好きな商品は大抵いつも死に筋になる

自分の好きな商品は大抵いつも死に筋になる


f:id:n-291:20080910081105j:image

Circulation    

ライトノベル的 VS ケータイ小説的」―ファスト風土文学想像力―@ジュンク堂新宿店 打ち上げ映像

YouTube - ケータイ小説的 vs ライトノベル的 打ち上げ

(1)http://jp.youtube.com/watch?v=zy8XAjnfvk4

(2)http://jp.youtube.com/watch?v=ufk1_DZHwPg

(3)http://jp.youtube.com/watch?v=qA9HtgrN1KA

(4)http://jp.youtube.com/watch?v=QTTqFOdNL3Y

(5)http://jp.youtube.com/watch?v=JfjjDJwRmR0

(6)http://jp.youtube.com/watch?v=Azeas7Q7orE

話題の『ケータイ小説的。』の著者速水健朗さんと東浩紀さんのトークショーのあとの打 ち上げの映像です。濱野さん参加。トークショーの続き的な鼎談も収録。

アパレル業界現在ユニクロGAP、H&M、グローバリゼーション、画一化、インテリプチブル、IKEA、

高円寺下北沢ロハス阿部和重、『キャラクターズ』、セゾン文化の凋落、生権力ショッピングモールフードコート

80年代の消費文化論から抜けているもの、ケータイ小説村上春樹を超える可能性、翻訳言語環境バベル2.0

福嶋亮大論文柄谷行人ケータイ小説ケータイ短歌ヤンキー概念スクールカースト問題、

アメリカ文化の受容の仕方、矢沢永吉イギリス経由のアメリカ文化シミュラクル、

エンターテインメント批評関係ない、批評ジェンダー差、読者層の偏り、不協和音系のピアノ

ケータイ小説が生まれてきた土壌、ミスターファスト風土北海道ショッピングセンター千葉ニュータウン

資本論理丸出し、観覧車のあるショッピングモールラゾーナ川崎ショッピングモールツアー

ロードムービー、『パリ・テキサス』、PLANETS、宇野常寛、『都市モードビデオノート』、

ヴェンダース東京、『東京画』、『夢の涯てまでも』、ドキュメンタリーボランティア

フォルクスワーゲンゴルフインテリの車、ドイツ車、プリウスラテン車、ユーノス・ロードスター道交法

地平線、新海誠北海道、『恋空』、北関東関東の冬の空、セカイ系風景長野青空と超越、

空が見えない、空港ショッピングモールの原型、羽田空港国際線化に期待、ぶらり香港

新宮、「桃鉄キングボンビー村上春樹セカイ系石田衣良=石平(ISHIDAIRA)問題、

美嘉に直木賞、7カ国語翻訳スカイラブ押井守宮崎駿北野武ヴェネチア国際映画祭シネフィル

スカイ・クロラ』、村上春樹の評価、安全なモードセカイ系と春樹、

アンダーグラウンド』、ノーベル賞を獲るためにデタッチメントからコミットメントへ、

デタッチメントの文化、世界の終わり、スーザン・ネイピア、黙示録的なものの日本アレンジ、、、


ケータイ小説的 vs ライトノベル的 打ち上げ動画 - ゼロアカ道場第四関門 藤田-井上ペア公式ブログ

http://d.hatena.ne.jp/fujita_xamoschi/20080907/1220738429

ニコニコ動画にアップされた映像はこちらでどうぞ。


----


YouTube - 速水健朗ゼロアカへのメッセージ

http://jp.youtube.com/watch?v=VenP17X_ND0


----


◇ 「ライトノベル的 VS ケータイ小説的」速水健朗東浩紀対談 - rickdom

http://www.rickdom.com/archives/002035.html


◇ 「ケータイ小説的。」(速水健朗著、本体1500円)/原書房刊 - 新文化

http://www.shinbunka.co.jp/news2008/09/pnews080908.htm

ラップ現象 Rap Phenomena (Yellow Magic Orchestra)

◇ YMO - BGM - @TOWER.JP

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=640671&GOODS_SORT_CD=101

BgmCD】-YMO/音楽/HMV

http://www.hmv.co.jp/product/detail/436766

3曲目。短いですが試聴可能。


細野曰く「最高傑作」BGMYMO - いいおさら - 音楽図鑑

僕が10代後半にいちばんたくさん聴いたレコードがコレです。JAPANの"TIN DRUM"も相当聴きましたが、こっちの方が多いような気がします。なにしろ、聴きすぎてレコードの溝が擦り切れてしまい、新たにもう1枚レコードを買ったのですから半端ではありません。回数でいうと、1000回は軽いっすね。その後CD化されたのですぐ買って、やはりガンガン聴いていたんで、2000回も超えてるかもしれません(苦笑)。

YMOというと一般的にはライディーンテクノポリスの入っている"Solid State Survivor"が有名ですけれども、音楽通の間ではこの"BGM"と、その次に出た"TECHNODELIC"の評価が高いんです。特に"BGM"は細野晴臣をしてYMOの最高傑作と言わせしめるアルバムです。僕もYMOというとまずこのアルバムを思い浮かべます。

http://www.ne.jp/asahi/bun/music/Cool_Disks/BGM1.html

ラップ現象と、音楽のラップを掛け合わせた細野さんのアイディアの勝利。もちろん細野さん本人のラップで、このとき1981年ですから元祖日本人ラッパーといっても過言ではないわけ(笑)。ただ細野さんは自分の声質があまり好きでないようで、低域のファンダメンタルな部分をEQでバッサリとカットしています。あげくハーモナイザー&ディレイ処理で、徹底的にピーク成分を破壊しまくってます。この曲ではそのサウンドがよくはまってると思いますが、 TECHNODELICに収録されてる「灰色の段階」のボーカルも低域をカットしてあるんですよねー(やや不満げ)。実際問題として、細野さんの声の低音が好きという人は非常に多く、嫌いなのは本人だけという話もあります。というわけで、再生YMOの"O.K."では、エンジニアの飯尾氏の主張により低域をカットしていない、生に近いボーカル処理になった模様です。

オケを見ると、細野さんのリズム感覚天才ぶりが存分に発揮されてる感じです。お囃子風のフレーズなどの笛系の音色に正体不明のホワイトノイズが乗っているのですが、テープ編集の結果入ってしまったものなのか、意図的に入れたものなのかよくわかりません。

http://www.ne.jp/asahi/bun/music/Cool_Disks/BGM2.html


----


YouTube - 初音ミク-RAP PHENOMENA/ラップ現象(YMO)

http://jp.youtube.com/watch?v=49L75OeXsY4

RHYMESTER入門

◇ 【DJMIX】1時間ちょいでRESPECTするライムスター

D

最後から1つ前の曲好きです。 → 「The Great Amateurism」 http://jp.youtube.com/watch?v=60fnP0e1RT0


◇ 【DJMIX】続・1時間ちょいでRESPECTするライムスター

D

続編73分超。