Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-07-21 慶虚盲導

慶虚盲導


f:id:n-291:20100721000712j:image

Circulation  | 

暇だから谷亮子キャバ嬢メイクしてみた。 - pal-9999の日記

http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20100720/p1

粧す事は悪い事ではなく、佳き事のように思えますが。。。


◇ yuco: これは実際こうなりそうだなあ…メイク後みたいな顔の女 ... - Twitter

これは実際こうなりそうだなあ…メイク後みたいな顔の女の子普通にいるよね / 暇だから谷亮子キャバ嬢メイクしてみた。 - pal-9999の日記 http://htn.to/SAhuze

http://twitter.com/yuco/status/18982131020


八百八町表裏 化粧師 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%99%BE%E5%85%AB%E7%94%BA%E8%A1%A8%E8%A3%8F_%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%B8%AB

今見直してみると、どう感じるんでしょうか。。。

中海・宍道湖経済圏 - Wikipedia

中海・宍道湖経済圏(なかうみ・しんじこけいざいけん)は、中海と宍道湖の周囲に存在する米子都市圏松江都市圏安来都市圏出雲都市圏の3つの都市圏が重なり合った構造の広い経済地域である。令制国出雲国と伯耆国を合わせた「雲伯」と呼ばれる地域に相当する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%B5%B7%E3%83%BB%E5%AE%8D%E9%81%93%E6%B9%96%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%9C%8F

エドガー・ヴァレーズとル・コルビュジエ

◇ Edgard Varêse and Le Corbusier - U B U W E B

http://www.ubu.com/film/varese.html

音楽は1957年に作曲された「ポエムエレクトロニク」(Poême électronique)。


YouTube - Poeme electronique

This video present the conception of the multimedia project by Xenakis, Corbusier, and Varese.

http://www.youtube.com/watch?v=CY5gQYfJe68


----


◇ Edgard Varése - UbuWeb Sound

http://www.ubu.com/sound/varese.html


◇ Edgard Varese Page - Gates of Delirium - MAL's Home Page on Music,Books,Computers and More!! ちょっとカルト音楽と本の話題

作品数は多くないし、レコードも多くない、けれども現代音楽への影響はかなり大きい作曲家、それがエドガー・ヴァレーズです。Frank Zappa少年の頃に彼の音楽を聴いて大きな影響を受けたというのは有名な話です。(だからザッパファンは大抵この作曲家名前を知っている)

もっとも有名な作品としては1930/31年の作品、"Ionisation"があげられます。パーカッションアンサンブルの作品ですが、当時打楽器のみの音楽というのは非常に珍しかったのです。また楽器としてサイレンを使用していることから後の騒音音楽の先駆とも言われます。

http://www.st.rim.or.jp/~mal/Music/Varese.htm

ポエムエレクトロニク

YouTube - Noise Cut- Merzbow Edgar Varese

My Mix

Merzbow- Degradation of tapes

Edgar Varese - Poeme Electronique

my music:

http://sothis216.mp3.wp.pl/?tg=L3Avc3RyZWZhL2FydHlzdGEvMzUyMDkuaHRtbA==

http://www.youtube.com/watch?v=ueBWyvQUUzA


YouTube - Poème Electronique 08

http://www.ladda.be

http://www.hoelahoep58.be

http://www.youtube.com/watch?v=gICiIDOhnFI


YouTube - POEME ELECTRONIQUE B1 V.O.I.C.E.

Country:UK

Released:1982

Genre:Electronic

Style:New Wave, Synth-pop, Minimal

http://www.youtube.com/watch?v=qZWxdnwReY4

人間倫理は非理性的か:「トロッコ問題」が示すパラドックス - WIRED VISION

http://wiredvision.jp/news/200811/2008111121.html

カルネアデスの板(舟板)、トリアージ、臓器くじ、

ミニネット号事件、ひかりごけ事件ウルグアイ空軍機571便遭難事故

『メデューズ号の筏』、独立工兵隊第36連隊(『ゆきゆきて、神軍』)、、、


◇ Vol. 14 (2007) , No. 3 pp.455-461 - JCSS(日本認知科学会)

道徳認知に関する最近心理学的・神経科学研究の紹介

川合 伸幸

1) 名古屋大学

http://www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/14/3/14_455/_article/-char/ja/

ドラえもんインターフェース - chie0625

ドラえもん世界において、現実と非現実、とりわけユートピアを繋ぐ役割ドラえもんの道具が果たしているという話。

最終的にはオチによって現実世界に戻ってくるからのび太はいつも現実と非現実を軽々と行き来していることになる。

そんな感じの話だった、さらにシュルレアリスムとレムコールハースを出して黒田アキに話は及ぶのですが、私がきになったのはこのドラえもんの話。

インターフェースについて考えていると境目について色々と考える。

何かと何かを繋ぐのがインターフェース

AとBの接地面。

AとBは違う存在だけどインターフェースによってイコールになる。ドラえもんの道具が現実と非現実インターフェースならそこを行き来するのび太は何にあたるのだろう。

などと色々考えてしまう。

http://d.hatena.ne.jp/chie0625/20090423


国立国会図書館 NDL-OPAC(雑誌記事索引 詳細表示)

論題 ドラえもん,レム・コールハース,黒田アキ (特集 黒田アキ)

著者 千種 成顕(チグサ ナリアキ)

請求記号 Z71-P408

雑誌名 水声通信

出版者・編者 水声社

巻号・年月日 5(1) (通号 28) [2009.1・2]

ページ 178〜187

本文の言語コード jpn: 日本語

記事種別コード 4: 特集

記事登録ID 10273749

雑誌記事ID 794918611

http://opac.ndl.go.jp/articleid/10273749/jpn

気になる資料室◆歴史に残る数々の不思議ミステリー・事件・オーパーツを探求

http://www.nazoo.org/

大友良英のJAMJAM TV」始まりました。

DOMMUNE (ドミューン)

http://www.dommune.com/


◇ JAMJAM TVスタート - 大友良英のJAMJAM日記

KBS京都のJAMJAMラジオにつづき、今度はネットUSTテレビDOMMUNEで「大友良英のJAMJAM TV」が始まります。

第一回目は7月21日水曜日、19時から21時まで。評論家の副島輝人さんをゲストに迎え「日本フリージャズ創成期」というタイトルで、60年代から70年代にかけて始まった日本フリージャズ、あるいはフリーミュージックの創成期の話を。

JAMJAM TV 第一回は、一番わたしが興味のある内容、わたしの人生を大きく変えるほどの強烈なインパクトを残してくれた日本の初期フリージャズです。

この異形の20世紀音楽は、どのようにして日本ではじまったのか? わたし自身が観客として日本フリーに接しだしたのは70年代後半のことなので、最初期がどうであったかは、伝聞でしかしりません。

副島さんといえば「日本フリージャズ史」の著者でありますが、なにより、実際に当時の現場にいたオーガナイザーでもあります。批評家として以上に、今回は現場にいらした副島さんが何を考え、なにを見てきたのか、当時のリアルな生活感覚なんかの話をはさみつつDIGしていければと。

番組お楽しみに。

■さらに追加で

明日にせまったDOMMUNEのJAMJAM-TV日本フリージャズ創成期」ゲストの副島輝人さんに聞きたい質問、私への質問あれば、ツイッターの@otomojamjam まで。

副島さんは基本的には昔語りはしないという方ですが、今の問題として当時のことを考えたい・・・そう思ってます。

http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/20100720