Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-11-01 「東京フラヌール専門学校」入学願書受付中

東京フラヌール専門学校入学願書受付中


f:id:n-291:20111101044611j:image

HERB & DOROTHY 50X50 by Megumi Sasaki ― Kickstarter

ハーブ&ドロシー50X50』へのご支援ありがとうございます

ハーブ&ドロシー』は、郵便局員図書館勤めのご夫婦が、つつましいお給料からアート作品を買い集め、やがて世界有数の現代アートのコレクションを築くという実話を描いたドキュメンタリー映画です。そして夫妻は、最後まで1点も売らずに全てをナショナルギャラリーに寄贈し、今も40年前と変わらない1LDKのアパートで静かな年金暮らしをしています。映画は、世界各国で劇場公開され、映画祭でも多くの賞をいただきました。

私は現代アートのことも知らなければ、映画製作経験もなかったのですが、お二人の物語にひたすら感動してこの長編映画をつくることになりました。そして今、お二人の人生とコレクションのその後を描く『ハーブ&ドロシー50X50』と題した続編の製作を進めています。

夫妻のコレクションは結局4千点を越え、ナショナルギャラリーにも納まりきらずに、全米50州の美術館に50点ずつ、合計2500点を寄贈する計画が2008年に発表されました。小さなNYアパートからつつましく始まったコレクションが、今やハワイアラスカノースダコタまで、アメリカの隅々まで届けられることになったのです。これは、アメリカアート歴史でも非常に珍しい、壮大なスケールの寄贈計画です。景気低迷が続き、先行き不安が続く今だからこそ、お二人のアートにかける純粋な愛と情熱、そして寛大な精神を人々に伝えなくては、と新作映画製作を決意しました。

製作を始めて3年、映画は7割ほど撮影を終えました。そして、今残りの撮影編集のための資金集めを進めています。キックスターターは、インターネットを使って、アート映画音楽ダンスなどのクリエイティブプロジェクトの支援を、一般の人から広く募る新しい方法で、今アメリカで大きく注目されています。支援金額は、$1から$1万ドルまで、そして金額に応じて、アーティストは特典を提供します。また、期日までに目標金額を集めないと、それまでに集まったお金は、全てサポーターに払い戻されるというALL OR NOTHINGルールです。

私たちのキャンペーンでは、特典として、オリジナルTシャツ映画DVDの他、リンダ・ベングリスやローレンス・ウイナーなど、ボーゲルコレクションの有名アーティストから提供して頂いたオリジナル作品を用意しました。特に、コンセプチュアル・アート巨匠、ウイナーが新作映画のためにデザインした限定スケッチブックは、この映画プロジェクト限定で、NYのコレクタ―の間でも話題になってます。また$1〜$299までのサポーターの方は、映画のウエブサイトにお名前を掲載、そして$300以上のサポーターの方は、映画エンドロールにお名前が入ります。以下、特典の詳細をご覧下さい。尚このキャンペーンでお送りするDVDネットダウンロードは、英語版で字幕は入っていませんので、ご了承下さい。

http://www.kickstarter.com/projects/1960505270/herb-and-dorothy-50x50

重松象平さん関連 | Shohei Shigematsu (OMA)

◇ 重松象平「ポスト・クライシスのグランドビジョン」 - ART and ARCHITECTURE REVIEW

(1)http://aar.art-it.asia/u/admin_edit1/fJunL1pYKI6zSTxvC2rt

(2)http://aar.art-it.asia/u/admin_edit1/4A0NiJSOQ9fkRqpYgoVy


◇ TEDxEast - Shohei Shigematsu - Super specific - YouTube

TEDxEast INTERCONNECTIVITY - 11.11.10: - Shohei Shigematsu- Super specific


Shohei Shigematsu gives a fascinating talk about his insights as an architect and the various projects that he has designed around the world. His observations are that across the world buildings are becoming more monotone in nature on the inside. For him, an architect who focuses on being "superspecific", this movement of "packaged" buildings needs to be rethought. Shohei Shigematsu is a trailblazing architect who has worked on projects for the Whitney Museum and the Shenzhen Stock Exchange headquarters in China. He is a visiting critic at Harvard University Graduate School of Design.

http://youtu.be/MusbY0yUDPU


◇ Instantanés d'architecture: Shohei Shigematsu (OMA) on Vimeo

Lecture given by Shohei Shigematsu from the New York office of the architecture firm OMA at the Musée de la civilisation in Quebec City on September 30, 2010 as part of the University Laval School of Architecture's 2010-2011 conference series. Recorded by Télé-Québec.

http://vimeo.com/17194109


◎ 重松象平 | Shohei Shigematsu

http://www.shoheishigematsu.com/


----


◇ 『1995年以後~次世代建築家の語る建築』(エクスナレッジ

・表紙カバー 植田実 メディアをつくること、残すこと

藤村龍至1995年以後」というコンテクストをとらえるために

藤本壮介 「生活科学者」をめざして

平田晃久 泉北ニュータウンから「生命のような建築」を考える

長坂常 状況を直視して、ぎりぎりまでデザインをしないというアプローチ

森田一マイノリティー・インターナショナルを目指す

白井宏昌 オリンピックから都市戦略建築のあり方を考える

・倉方俊輔第3世代」の歴史家として

・満田衛資 工学的思考の本来的可能性を取り戻す

中山英之 マイクロバスの小ささとリムジンの大きさ

中村竜治 「飽きない場所」を生むかたち

吉村靖孝+吉村英孝 自由を得るために・深層をひらく。

・重松象平 スペシフィシティをアイデンティティに変える

トラフ 日常の気付きを、メッセージに変える

中村拓志おもてなし」のアーキテクチャ

石上純也 建築そのもののリアリティ

・谷尻誠 伝え続けること

大野博史 いかにして「ゴール」を目指すか

TNA 建築の力を証明する

・dot architects 今、ゼロから方法を変える

松川昌平 世界から秩序が立ち上がる瞬間をつかむために

北川啓介 インフラに屈せずに、新しい価値を発揮する

平塚ニュータウン+ネット世代から建築を考える

田中浩也 「デザイン・エンジニア」を名乗る

永山祐子 「今、ここにいる」ことを伝える

藤原徹平エンデ建築家像」をいもって「科学的公共性」をめざす

・勝矢武之 深層から建築家立場を考える

柄沢祐輔ゼロ風景」へ、「超理論性」を以て介入せよ

中央アーキ 「新スケープ」から考える

長谷川豪 「都市と生活の関係」としての建築

鈴木悠子 設備意匠の可能性

南後由和 新しい社会学者建築家協働のかたちを描く

ドミニク・チェン 新しいコミュニケーションの力

大西麻貴+百田有希 マカロニは食べるからすごい

山崎泰寛 インタビューという方法

http://www.amazon.co.jp/dp/4767807808


◇ 『ヴィヴィッド・テクノロジー建築を触発する構造デザイン』

http://www.amazon.co.jp/dp/4761531584


----


◇ JYOUNETSU1030 - MEGAVIDEO - I'm watching it

http://www.megavideo.com/?v=0PKYNKS0