Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-09-23 Ah May Zing

只石博紀・西澤諭志 新作映像作品 上映会 @ TAP Gallery

[日時]9月23日(月・祝)午後5:00〜6:57 / 7:30〜9:27 ※午後4:45開場 ※※予約多数のため2本立て2回上映になりました。

[会場]TAP Gallery http://tapgallery.jp/ 〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8

地図http://tapgallery.jp/map.html

[参加費]無料

[定員]16名(予約制)

[予約方法]参加をご希望される方は、メールの件名を「9/23上映会予約」とし、お名前メールアドレス/ご予約人数を明記したメールを fknb291@gmail.com までお送りください。


プログラム

只石博紀『Edogawa River, Ichikawa-shi, Chiba-ken, September 1, 2013』

 午後5:00〜5:30 / 7:30〜8:00

西澤諭志 映画『百光』

 午後5:45〜6:57 / 8:15〜9:27


[作品紹介&アーティストプロフィール

『Edogawa River, Ichikawa-shi, Chiba-ken, September 1, 2013』(30分 2013年

自身の現在進行中のプロジェクト「季節の記憶(仮)」http://j.mp/18gP4hH撮影されたSummer Seasonの映像。日々ネット上にアップされ溢れ続ける個人動画と「映画」的時間の繋がり、カメラの持つ偶然性、それらの素材。


只石博紀 Hironori TADAISHI

1981年北海道室蘭市生まれ。291 workshop「第2期」参加。近作に、映画『CRASS』(SD/185分 2012年)、映画『様々な速度、或いは様々な遅延』(SD/120分 2012年)。映画『CRASS』DVD版は「DID -ドウガネットレーベル-」http://j.mp/19WGYyb より近日発売予定。現在「季節の記憶(仮)」Projectを進行中。


◎ exposure

http://hironoritadaisi.tumblr.com/


----


映画『百光』(72分 2013年

『百光』は東京都市部住宅事情で貧しく生活する人間の見た風景を記録したドキュメンタリー映画といえる。

この映画の中で、私は自分の部屋で約一年間記録した動画を『布団』『台所』『客人』『窓』の4つの章に分類した。『布団』では私と同居人恋人との関係性、『台所』では私の生活を取り巻く持ち物、『客人』では友人との会話を通して私たちの経済的な現状、『窓』は窓から見える風景時間的な変化、が、描かれている。各章はそれぞれ微妙に異なる方法で構成されている。

この映画の鑑賞者は4つの章を各人の中で統合することにより、作者である私自身の部屋から、重層的な時間や事物が堆積した一つの風景が生成される過程に立ち会うことになる。


西澤諭志 Satoshi NISHIZAWA

写真家1983年長野県生まれ。2008年東北芸術工科大学情報デザイン学科映像コース卒業。主な個展に「ドキュメンタリーハードコア」SANAGI FINE ARTS(東京 2011年)、「西澤諭志 展 −写真/絶景 そこにあるもの−」LXILギャラリー2(東京 2009年)など。2007、2008年キャノン写真新世紀佳作受賞。


◎ 荒れ地

http://d.hatena.ne.jp/areti/