Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-04-17 」◎「」◎「

」◎「」◎「


f:id:n-291:20140417175118j:image

'Amerika' トークのお知らせ - art blog VOID CHICKEN DAYS オキュパイしてけろ!

【報告会&トーク】Talk event

Amerika: idea/ fantasy / dream / myth / image

What America means for non-Americans.


日時:4月18日(金)19:30-

場所:コリント/渋谷区神宮前3-38-11原宿ニューロイヤルマンション301

(ゴーライトリーのオフィスです)

 ゲスト:アレスデール・ダンカンアーティスト

     眞島竜男(アーティスト


'Amerika': idea/ fantasy / dream / myth / image

What America means for non-Americans.


date: 4.18(fri.)19:30-

place: #301 Harajuku New Royal Manshion, 3-38-11, Jungumae, Shibuya-ku

Guest: Alasdair Duncan (artist, co-organizer)

    Tatsuo Majima (artist)

http://voidchicke.exblog.jp/22448724/

トリン・T・ミンハ『ここのなかの何処かへ――移住・難民・境界的出来事』日本語版刊行記念 上映&トークイベント - UPLINK

1980年代以降、ヴェトナムアメリカ人女性としての自らの異質性を足場とし、領域横断的に思考しながら旅するなかで独自の文化批評空間を立ち上げてきたトリン・T・ミンハ。約20年ぶりに満を持して放たれた今回の評論集には、これまで明かされることのなかった故国ヴェトナムにおける出自の物語に加え、日本文化論、人種主義の亡霊が回帰するアメリカや3・11後の日本といった現実政治への直接的言及など、彼女の新たな一面が垣間見られるエッセイが数多く盛り込まれている。


イベントでは、トリンと長年にわたり対話を続けてきた訳者の小林富久子がホストとなり、文化人類学者の今福龍太、詩人の吉増剛造をゲストに迎え、今回の著作とも関係の深い映像3作品――出世作にして最高傑作と名高い『ルアッサンブラージュ』、ヴェトナムにおける女性史を綴った『姓はヴェト、名はナム』、日本を対象にした『四次元』――を改めて観直すことで、トリン・T・ミンハの足跡を辿り直すとともに、その魅力の真髄に迫る。


“elsewhere, within here”――ここのなかの、何処か別の場所へ。自己と他者、内と外、主観と客観、日常と非日常、西洋と非西洋、中心と周縁…。そのいずれにも属することなく二項対立の境界線上にとどまりながら、世界を翻訳し、揺さぶってみせる。トリン・T・ミンハの越境の詩学は、未だ強度を失うことなく私たちの世界を見る目を相対化し、思考を刺激してやまない。

http://www.uplink.co.jp/event/2014/26170

「ドイチュラントビルダー」展 - 現代美術用語辞典ver.2.0

「ドイチュラントビルダー」展

“Deutschlandbilder”(独)

1997年9月7日から翌年1月11日まで、ベルリンマルティン・グロピウス・バウにおいて開催された約500点からなる20世紀「ドイツ」美術の大展覧会。監修はエックハルト・ギレン、キュレーターはギレンおよびルドルフ・ツヴィルナーが務めた。展覧会の副題は「分断された国の芸術」であるが、東西ドイツ分断の始まりをナチスが政権を獲得した33年と定め、M・ベックマンの小さなブロンズ彫刻《暗闇の中の男》(1934)が展示会場の導入地点に置かれた。また、展覧会評に「常に既に見てきた作品を新たに見て学ぶ稀な展覧会」と書いた『ツァイト』誌に従えば、展示方法は芸術史的な区分にもとづいたものではなかった。代わりに導入されたのは、第一次世界大戦従軍者(O・ディクスら)、ヴァイマル時代(P・クレー、O・シュレンマーら)、強制収容所の犠牲者(F・ヌスバウム、O・フロイントリッヒら)、軍事および武装ナチ親衛隊世代(J・ボイスら)、戦争下に生まれた子供たち、戦後世代、分断された国の住民たち、という視座であった。出展作家は90組を越えたが、ボイス以降の世代では、A・キーファーやR・ムハなど西側ドイツに生まれた作家に加え、幼少時に家族とともにアメリカ合衆国に亡命したユダヤ系作家のE・ヘス、戦後西ドイツからアメリカ合衆国に渡り成功をおさめたH・ハーケ、東ドイツから西ドイツに移住して活躍していたS・ポルケ、G・リヒター、G・バゼリッツ、A・R・ペンクらが参加した。また、ボイスと同世代のB・ハイジグ、W・マットイヤーなど、東ドイツにおいて重要な絵画動向であったライプツィヒ派の作品も展示された。

著者: 長チノリ

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%80%8C%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%80%8D%E5%B1%95


ライプツィヒ造形美術館 | Leipzig Tourismus und Marketing GmbH - ライプツィヒ観光局 | Leipzig Tourismus und Marketing GmbH

ライプツィヒ造形美術館には500年にわたるヨーロッパ美術史が集約されています。2004年に完成した斬新な建物の内部には4階にわたって柔らかな日の光が差し込み、その贅沢な空間に様々な時代・芸術家テーマの作品が並びます。商業や学問の中心地として発展したライプツィヒでは芸術に造詣の深い実業家や知識人たちが様々な美術品を収集し、それらが市に寄贈され、現在のコレクションが形成されてゆきました。その所蔵品は中世から現代まで、絵画3,000点以上・彫刻約850点・グラフィックアート作品55,000点以上にのぼり、ドイツでも最古・最大級の市民コレクションとなっています。常設展に加え、多彩な特別展にも多くの美術ファンが集まります。


常設展ではルーカスクラーナハ(父)によるヴァルトブルク城閉居時代のルターの肖像『騎士イェルクに扮したマルティン・ルター』(1521)、フランス・ハルス『ムラート』(1627)、カスパー・ダヴィット・フリードリヒ『人生の諸段階』(1835)、ポール・ドラローシュ『フォンテーヌブローのナポレオン』(1845)、アルノルト・ベックリンの連作の一つ『死の島』(1886)、マックス・クリンガーの伝説的作品『ベートーヴェン像』(1885-1902)、オットーミュラー恋人たち』(1919)などといった名作を見ることができ、また東ドイツ時代に国民の苦しみを代弁する役割を担ってきた「ライプツィヒ派」の諸作品も充実しています。


ひときわ目を引くベートーヴェン像は、美術史上の音楽を題材とした作品の傑作に数えられます。ライプツィヒ出身の彫刻家マックス・クリンガー(1857〜1920)は楽聖ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンを古代神になぞらえ、7年の歳月を費やしてその姿を完成させました。そして1902年にウィーン分離派会館にてグスタフ・クリムトの大作『ベートーヴェンフリーズ』と隣り合う形で初めて公開され、社会的反響を呼び起こします。その存在感ある造形は広く知られるようになり、1918年6月1日の徳島県・坂東俘虜収容所におけるベートーヴェン交響曲第9番(第九)』日本初演時のプログラムの表紙にも当像がデザインされたほどです。クリンガーベートーヴェン像は、日独交流の歴史にもその姿を残しています。

ライプツィヒ物知り事典11

ライプツィヒ派・新ライプツィヒ

Leipziger Schule - Neue Leipziger Schule


ライプツィヒ派(Leipziger Schule)」は東ドイツ美術界における絵画の一派。ライプツィヒの視覚装丁芸術大学(Hochschule für Grafik und Buchkunst)(*注)を中心に発展したためこの名がある。


(*注)「視覚芸術アカデミー」とする訳例もあるが、ドイツ語の「アカデミー(Akademie)」という呼称は(英語の"academy"とは異なり)学士院・学術団体としての意味合いが強い。同校は国立の専門大学として視覚芸術・装丁芸術の高等教育を行う機関であるため、ここでは「視覚装丁芸術大学」と表記する。


東ドイツことドイツ民主共和国(1949〜1990年)では芸術・文化さえも国家によって政治的に操られ、音楽でも文学でも絵画でも、労働者を賛美するような題材ばかりが奨励された。このようなプロパガンダ芸術は国民に受け入れられるはずもなく、政治主導の美術潮流は国民の嗜好から乖離するばかりだった。


そのような中で視覚装丁芸術大学教授のベルンハルト・ハイズィヒ(Bernhard Heisig)は、1964年にヴォルフガング・マットイヤー(Wolfgang Mattheuer)、ヴェルナー・テュプケ(Werner Tübke)らと共に絵画グループを結成した。この一派はプロパガンダ美術とは一線を画した作品を次々と発表し、次第に彼らは「ライプツィヒ派」として国民に人気となる。これらの画家たちは反政治色を直接的に表現するのではなく、陰鬱な、そして奇抜な色使いとテーマを用いた作品を描き、国民たちはこれを東ドイツ社会における人々の不自由を代弁するものと理解した。政治的規制によって国民の味わう苦しみが一切報道されない東ドイツにおいて、ライプツィヒ派の絵画は民衆の苦悩を表現する?代替メディア?として熱狂的に支持されるようになった。東ドイツにおいて絵画とは画家のためだけでなく、民衆にとっても重要な表現手段として機能してゆく。これは1989年にライプツィヒから始まった平和革命とも無関係ではない。政治批判の許されない東ドイツにおいて、国民とりわけライプツィヒ市民たちは、美術作品の中に社会主義体制の矛盾を感じ取り、これに立ち向かう意志を学び取ったのだった。


美術作品は東西ドイツ統一によってこのような役割は担わなくなったものの、視覚装丁芸術大学を中心とする美術の伝統は受け継がれ、現在ここでは「新ライプツィヒ派(Neue Leipziger Schule)」が新たな興隆を見せている。一派の旗手であるネオ・ラオホ(Neo Rauch)、マティアス・ヴァイシャー(Matthias Weischer)らの表現する超現実的な画風は、東ドイツライプツィヒ派の伝統を受け継いでいるからこそ、我々に多くを訴える。新ライプツィヒ派の多くは市街西部の旧紡績工場シュピネライにアトリエを構え、それゆえシュピネライはヨーロッパ有数の現代美術の発信地となり、さらなる成長を続けている。

http://www.leipzig.travel/jp/___1379.html


ライプツィヒ - Wikipedia

第二次大戦による惨禍の後、ライプツィヒのある中部ドイツはソ連占領区となり、1949年にそれがドイツ民主共和国東ドイツ)となった。社会主義化したこの時代にはドレスデンカール・マルクス・シュタット(現・ケムニッツ)と共に東ドイツの主要工業地域を形成した。メッセは社会主義政権下でも継続され、西側世界との貴重な窓口となった。東ドイツ時代末期の1989年にはニコライ教会での集会を発端とする「月曜デモ」と呼ばれる反体制運動が起き、これが東ドイツにおける民主化運動の出発点となった。当地の市民蜂起に始まり、ベルリンの壁崩壊、そして東西ドイツが犠牲者を出すことなく統一された一連の出来事は、現在東欧革命の一部として「東ドイツ平和革命(Friedliche Revolution)」と呼ばれる。

ドイツ再統一後には街並みの修復や再開発、芸術・文化面の再興などで再び急速な変遷を遂げ、現在のドイツ中部圏を代表する文化・経済都市となっている。ポルシェやBMWの開発を担う新工場の建設や、アマゾンヤマザキマザックによる拠点開設、そしてDHLのヨーロッパ・ハブのブリュッセルから当地への移転といった企業進出に加え、音楽に代表される文化的環境(後述)を生かした文化・創造産業も盛んである。

2015年には史料初出から1000年目を迎え、千年史記念祭の開催が予定されている。

美術

当地における印刷工芸の発達、そして商人たちによる美術品の収集・芸術活動の促進によって、市民による膨大な美術コレクションが形成されていった。これらは現在ライプツィヒ造形美術館やグラッシィ工芸美術館(Grassimuseum für Angewandte Kunst)に収められている。1764年には美術院も創設され、若きゲーテはライプツィヒ大学に通う傍ら、ここで美術の手ほどきを受けた。美術院の後身である視覚装丁芸術大学(Hochschule für Grafik und Buchkunst)は現在もドイツ有数の美術学校として美術界をリードしている。東ドイツ時代には社会主義政権を暗に批判する絵画の一派「ライプツィヒ派(Leipziger Schule)」が民衆に大きな影響を与え、ライプツィヒから反体制の市民蜂起が起きる一つの遠因となった。現在は画家ネオ・ラオホ(Neo Rauch, 1960〜)に代表されるこの伝統を受け継いだ「新ライプツィヒ派(Neue Leipziger Schule)」が隆盛を迎えている。市街西部には多くの現代芸術家たちが居を構える旧紡績工場シュピネライがある。書籍印刷の歴史と相まってグラフィック・アートも盛んである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%92

魔術的リアリズム - 現代美術用語辞典ver.2.0

魔術的リアリズム

Magic Realism(英), Magischer Realismus(独)

マジック・リアリズム、マギッシャー・リアリスムスとも言う。特定の潮流を指す名称ではなく、時代、地域、ジャンルを超えてさまざまな文脈で適用されてきた。文学の領域では現代イスパノアメリカ文学の一傾向を表わすが、美術においてはワイマール共和国時代のドイツにその発祥を見出すことができる。すなわち、1920年代の初頭、第一次世界大戦後の社会不安のなか、反表現主義的な立場から生まれた新しいリアリズムの潮流である。即物的、客観的な態度で対象の再現にのぞむ具象表現という観点から、G・F・ハルトラウプが提唱した新即物主義(ノイエ・ザッハリヒカイト)と混同して語られるか、もしくはその一部とみなされることが多い。ハルトラウプが「新即物主義表現主義以後のドイツ絵画」展をマンハイム美術館で開催した25年、美術史家・写真家のF・ローは『表現主義以後』と題された著書を刊行し、ここに初めて魔術的リアリズムの名称が登場する。同書でローは、表現主義表現主義以降の美術を「エクスタシー的対象/醒めた対象」「客体抑圧的/客体の明確化」「動力的/静力学的」などの二項対立で図式化し、さらにその後、表現主義以後の動向の代表格として、M・ベックマン、O・ディクス、A・カノルト、A・レーダーシャイト、G・シュリンプフらのほか、イタリアフランススペインの画家の名前をリストに挙げた。卑近な対象を冷たく無機質な描写で描き、事物の背後にひそむ謎めいた感覚を引き出すのが魔術的リアリズムの典型的なスタイルと言える。こうした作風は、ジョルジョ・デ・キリコの絵画がドイツの画家たちに与えた影響を物語るものである。魔術的リアリズムは、その後オランダアメリカスペインにも第二世代にあたる潮流を生み出した。また、50年代後半あたりから活動を開始した現代スペインの写実画家アントニオ・ロペスガルシアとその周辺に集う画家たちも、徹底した観察眼で対象に迫りながらどこか超現実的な雰囲気を醸し出す作風から、「魔術的リアリズム」あるいは「マドリードリアリズム」と称されるときがある。

著者: 中島水緒

http://artscape.jp/artword/index.php/%E9%AD%94%E8%A1%93%E7%9A%84%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0


マジックリアリズム - Wikipedia

魔術的リアリズム」とは元々、ドイツ人の写真家、美術評論家であるフランツ・ローが1925年のマンハイム美術館で行われた『新即物主義展(ノイエ・ザッハリヒカイト)』で展示されていた「冷静に現実を表現することによって現れる魔術的な非現実」を感じる作品群の美術的表現であるが、次第に文学表現にも使われるようになった。ヴァイマール時代の魔術的リアリズムの最大の作家はエルンスト・ユンガーだろう。まさに「魔術的非現実」と「合理的現実」を同時に見るという複眼的視線に基づくユンガーの文学は、ドイツの魔術的リアリズムの代表とされ、また夢への強い志向や高度な幻想性を持つユンガーの立場は、ドイツ固有のシュルレアリスム、あるいはシュルレアリスムのドイツ的代替として評価されている(Karl Heinz Bohrer:Die Aesthetik des Schreckens.)。またフランツ・カフカギュンター・グラス魔術的リアリズムカテゴライズされることがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0


◇ Magic realism - Wikipedia, the free encyclopedia

Etymology

While the term magical realism in its modern sense first appeared in 1955, the German art critic Franz Roh first used the phrase in 1925, to refer to a painterly style also known as Neue Sachlichkeit (the New Objectivity),[4] an alternative championed by fellow German museum director Gustav Hartlaub.[5] Roh believed magic realism is related to, but distinctive from, surrealism, due to magic realism's focus on the material object and the actual existence of things in the world, as opposed to the more cerebral, psychological and subconscious reality that the surrealists explored.[6] Magic realism was later used to describe the uncanny realism by American painters such as Ivan Albright, Paul Cadmus, George Tooker and other artists during the 1940s and 1950s. However, in contrast with its use in literature, magical realist art does not often include overtly fantastic or magical content, but rather looks at the mundane through a hyper-realistic and often mysterious lens.[7] The extent to which magical elements enter in visual art depends on the subcategory, discussed in detail below.

Determining who coined the term magical realism (as opposed to magic realism) is controversial among literary critics. Maggie Ann Bowers argues that it first emerged in the 1955 essay "Magical Realism in Spanish American Fiction" by critic Angel Flores. She notes that while Flores names Jorge Luis Borges as the first magical realist (some critics consider him a predecessor, not actually a magical realist), he fails to acknowledge either Alejo Carpentier or Arturo Uslar-Pietri for bringing Roh's magic realism to Latin America.[6] However, both Luis Leal and Irene Guenther, (referencing Pietri and Jean Weisgerber texts, respectively), attest that Pietri was one of the first, if not the first, to apply the term to Latin American literature.[8][9]

Surrealism

Surrealism is often confused with magical realism as they both explore illogical or non-realist aspects of humanity and existence. There is a strong historical connection between Franz Roh's concept of magic realism and surrealism, as well as the resulting influence on Carpentier's marvelous reality; however, important differences remain. Surrealism "is most distanced from magical realism [in that] the aspects that it explores are associated not with material reality but with the imagination and the mind, and in particular it attempts to express the 'inner life' and psychology of humans through art." It seeks to express the sub-conscious, unconscious, the repressed and inexpressible. Magical realism, on the other hand, rarely presents the extraordinary in the form of a dream or a psychological experience. "To do so," Bowers writes, "takes the magic of recognizable material reality and places it into the little understood world of the imagination. The ordinariness of magical realism's magic relies on its accepted and unquestioned position in tangible and material reality."[59]

Visual art

Historical development

The painterly style began evolving as early as the first decade of the 20th century,[68] but 1925 was when magischer realismus and neue sachlichkeit were officially recognized as major trends. This was the year that Franz Roh published his book on the subject, Nach Expressionismus: Magischer Realismus: Probleme der neuesten europäischen Malerei (translated as After Expressionism: Magical Realism: Problems of the Newest European Painting) and Gustav Hartlaub curated the seminal exhibition on the theme, entitled simply Neue Sachlichkeit (translated as New Objectivity), at the Kunsthalle Mannheim in Mannheim, Germany.[69] Irene Guenthe refers most frequently to the New Objectivity, rather than magical realism; which is attributed to that New objectivity is practical based, referential (to real practicing artists), while the magical realism is theoretical or critic's rhetoric. Eventually under Massimo Bontempelli guidance, the term magic realism was fully embraced by the German as well as in Italian practicing communities.[70]


New Objectivity saw an utter rejection of the preceding impressionist and expressionist movements, and Hartlaub curated his exhibition under the guideline: only those, "who have remained true or have returned to a positive, palpable reality,"[71] in order to reveal the truth of the times,"[72] would be included. The style was roughly divided into two subcategories: conservative, (neo-)classicist painting, and generally left-wing, politically motivated Verists.[72] The following quote by Hartlaub distinguishes the two, though mostly with reference to Germany; however, one might apply the logic to all relevant European countries. "In the new art, he saw"[72]


a right, a left wing. One, conservative towards Classicism, taking roots in timelessness, wanting to sanctify again the healthy, physically plastic in pure drawing after nature...after so much eccentricity and chaos [a reference to the repercussions of World War I]... The other, the left, glaringly contemporary, far less artistically faithful, rather born of the negation of art, seeking to expose the chaos, the true face of our time, with an addiction to primitive fact-finding and nervous baring of the self... There is nothing left but to affirm it [the new art], especially since it seems strong enough to raise new artistic willpower.[73]


Both sides were seen all over Europe during the 1920s and 1930s, ranging from the Netherlands to Austria, France to Russia, with Germany and Italy as centers of growth.[74] Indeed, Italian Giorgio de Chirico, producing works in the late 1910s under the style arte metafisica (translated as Metaphysical art), is seen as a precursor and as having an "influence...greater than any other painter on the artists of New Objectivity."[75][76]


Further afield, American painters were later (in the 1940s and 1950s, mostly) coined magical realists; a link between these artists and the Neue Sachlichkeit of the 1920s was explicitly made in the New York Museum of Modern Art exhibition, tellingly titled "American Realists and Magic Realists."[77] French magical realist Pierre Roy, who worked and showed successfully in the US, is cited as having "helped spread Franz Roh's formulations" to the United States.[78]

http://en.wikipedia.org/wiki/Magic_realism

アレホ・カルペンティエル - Wikipedia

アレホ・カルペンティエル(アレッホ・カルペンティエール、Alejo Carpentier y Valmont, 1904年12月26日 - 1980年4月24日)はキューバジャーナリスト小説家音楽評論家。20世紀のラテンアメリカ文学に大きな影響を与えた。

1904年、スイスのローザンヌに生まれる(長い間、彼の出生直後に転居したハバナ生まれと思われていたが、彼の死後に出生証明書がスイスで発見された)。母はロシア語の教授、父はフランスの建築家だった。12歳時にパリへ転居し、音楽理論に傾倒した。キューバ帰国後はハバナ大学で建築学を学んだ。やがて左翼ジャーナリストになり、独裁者ヘラルド・マチャードを非難し若干の刑期を過ごす。

1928年、フランス亡命後は、アンドレ・ブルトンポール・エリュアールルイ・アラゴンジャック・プレヴェール、アントナン・アルトーシュールレアリスムの作家たちと交友。1933年、処女作『エクエ・ヤンバ・オ』を刊行。フランス滞在時にスペインを何度か訪問し、バロックに対する興味を高めた。帰国後はジャーナリストとして活躍。ブードゥー教の儀式に出席し、アフロ・キューバン主義に関心を持った。パリ滞在中には画家の藤田嗣治と親交を結び、1931年に藤田夫妻をキューバに招待。その際、藤田は盗難に会うが、作品を描き、チャリティーを行なって旅費を稼いだといわれている。

1943年に演出家ルイ・ジューヴェとともにハイチを訪れ、19世紀の黒人王アンリ・クリストフの建てたシタデル・ラ・フェリエールの砦とサン=スーシ宮殿を見学。このときオスヴァルト・シュペングラーの著作を読み、その循環史観から『この世の王国』(1949年)の着想を得た。1945年からフルヘンシオ・バティスタ独裁政権の干渉を受けてベネズエラに在住。キューバ革命後の1959年に帰国し、フィデル・カストロ政権の元、文化活動のリーダーとして大御所的存在となる。1968年以降、文化担当官としてパリに在住。1978年にはスペイン語圏最高の文学賞であるセルバンテス賞を受賞。1980年4月24日にパリで逝去。2000年にキューバで彼の名を冠したカルペンティエル文学賞が創設された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%9B%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%AB


◇ アレホ・カルペンティエル (1904-1980) - キューバ研究室 Sala de Estudio sobre Cuba

 小説『光の世紀』、『この世の王国』などで知られる、キューバの代表的な作家、アレホ・カルペンティエルを紹介しよう。


 今世紀に入り、キューバは、90年代に苦しんだ国内の経済危機も回復する中、出版活動も回復のきざしを見せ始め、カルペンティエルの作品が、再び注目を集めている。2004年には、生誕100周年の記念シンポ、会議、再出版、テレビでの特集など行われ、カルペンティエルは、20世紀キューバ文学の独創的かつ普遍的で、「驚異的現実」(アメリカ大陸には驚異的なものと現実的なものが混在し、共存しているという理念)の創造者として評価された。同年11月には、キューバの芸術機関である「カサ・デ・アメリカス」により国際会議「アレホ・カルペンティエルの世紀」が開催された。


 カルペンティエルは、1904年12月26日ハバナでフランス人の建築家の父とキューバ人の母の間に生まれた。1912年勉学のためフランスに渡り、9年後キューバに帰国、ハバナ大学で建築学を学んだ。しかし、その後ジャーナリズムに身を投じ、時事問題、文化問題に健筆を振るった。1943年から59年までキューバでの弾圧を避けてベネズエラに亡命。代表的な作品で日本語に翻訳されているものは下記の通りである。


 1978年にはスペイン語圏最高の文学賞であるセルバンテス文学賞を受賞し、1980年4月24日パリで死去した。彼は、「魔術的リアリズム」を駆使し、アルゼンチンホルヘ・ルイス・ボルヘスメキシコのフアン・ルルホと並んで20世紀のラテンアメリカ文学の刷新に貢献したもっとも著名な作家と見なされている。

http://estudio-cuba.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/1904-1980-3e0d.html

Franz Roh - Wikipedia, the free encyclopedia

Franz Roh (February 21, 1890 – December 30, 1965), was a German historian, photographer, and art critic. He is perhaps best known for his 1925 book Nach Expressionismus: Magischer Realismus: Probleme der neuesten europäischen Malerei ("After expressionism: Magical Realism: Problems of the newest European painting") he coined the term magic realism.

Roh was born in Apolda (in present-day Thuringia), Germany. He studied at universities in Leipzig, Berlin, and Basel. In 1920, he received his Ph. D. in Munich for a work on Dutch paintings of the 17th century. As a photographer and critic, he absolutely hated photographs that were to be like a painting, charcoal, or drawings. During the Nazi regime, he was isolated and briefly put in jail for his book Foto-Auge (Photo-Eye); he used his jail time he used to write the book Der Verkannte Künstler: Geschichte und Theorie des kulturellen Mißverstehens ("The unrecognized artist: history and theory of cultural misunderstanding"). After the war, in 1946, he married art historian Juliane Bartsch. He died in Munich.

Roh and magic realism

Roh is perhaps best remembered as the critic who coined the term magic realism―a translation of his Magischer Realismus―which he first used in 1925 in "Magic Realism: Post-Expressionism," an essay about the visual arts. But, though the lineage is direct, his magic realism has a very different meaning from the one used to describe the work of writers such as Gabriel Garcia Marquez and Isabel Allende that dominates our current understanding of the term. Roh, celebrating the post-expressionist return of the visual arts to figural representation, utilized the phenomenology of Edmund Husserl and Martin Heidegger to emphasize that "the autonomy of the objective world around us was once more to be enjoyed; the wonder of matter that could crystallize into objects was to be seen anew."[1] Roh was, then, emphasizing the "magic" of the normal world as it presents itself to us (i.e., how, when we really look at everyday objects, they can appear strange and fantastic) and not the world of magic (in which objects are literally transformed into something fantastic) that the literary school emphasizes. Roh himself, writing in the 1950s and perhaps already seeing the confusion his term had caused in this regard, emphasized that his use of the word magic was, "of course not in the religious-psychological sense of ethnology."[2]

Roh's magic realism, though not often written about in recent years, is nonetheless an important contribution to a phenomenological or existential theory of aesthetics. This link is emphasized by the fact that it was the Spanish phenomenologist José Ortega y Gasset's disciple Fernando Vela who translated Roh's essay into Spanish, thereby setting the stage for its appropriation by the literary movement.

http://en.wikipedia.org/wiki/Franz_Roh


◇ Franz Roh: Photography & Collage from the 1930's | Ubu Gallery

http://www.ubugallery.com/franz-roh-photography-collage-from-the-1930s/#.U0_TR-afYlh


◇ 作家略歴 - 本の構成者 エル・リシツキー

フランツ・ロー

Roh, Franz

ドイツ 1890-1965

写真家、評論家、美術史家

『Cicerone』、『Kunstblatt』等芸術関係の雑誌の出版に携わる

1925年ナジの勧めによって魔術的レアリスムマジック・リアリズム)を提起する。

1929年チヒョルトタイポグラフィを担当して共同編集で出版した『写真の眼』を刊行し、その中でフォトグラムやフォトモンタージュ等の当時の新しい写真の表現法を擁護し発展させた。それをもとに同年シュトゥットガルトドイツ工作連盟主催の「映画と写真」展を開催。モホイ=ナジ、リシツキー、ハートフィールド等が参加した。1930年モホイ=ナジの写真集『六十枚の写真』を編集した。フォトグラムに関する著述も残している。

1946年ミュンヘンの大学で教授職に就く。1951年AICA(美術評論家連盟)の代表に就任。

精神の機械化という視点から写真が重要で効果的な武器である主張した。

http://www.musabi.ac.jp/library/muse/tenrankai/kikaku/2002/lissitzky/eachbio/eachbio06_r.html#Roh, Franz


◇Lissitzky, El ; Roh, Franz + Tschichold, Jan [ed.](エル・リシツキー他) / foto-auge | 古本買取 - SO BOOKS

20年代前衛美術の到来とともに表れてきた、フォトグラムモンタージュなどの新しい写真の表現を紹介した、フランツ・ローとヤン・チヒョルトによる編集による『写真の眼』。本書はその1929年初版オリジナルの後年の復刻版。収録作家は、エル・リシツキーの他、アジェ、マン・レイゲオルゲ・グロッス、ラスロ・モホリ=ナギ、マックス・エルンスト、ヘルベルト・バイヤーモーリス・タバール、レンガー・パッチェ、ハートフィールド、ピート・ツワルトなど、他無名作家をも含め多数。ヤン・チヒョルトによるブック・デザイン(タイポグラフィー)。フランツ・ローによるテキスト『Mechanismus und ausdruck』。表紙写真はエル・リシツキーのセルフ・ポートレイトモンタージュ。表紙や小口に黄シミ。刊行年からすると状態は並上。

独仏英併記 / 29x21cm / 写真図版点数76点 / モノクロ

http://www.book-oga.com/yimages/foto_auge.html


◇ 本の詳細『foto-auge oeil et photo photo-eye』(フランツ・ロー ヤン・チヒョルト) - 古本・古書の買取・販売 小宮山書店

http://www.book-komiyama.co.jp/booklist_detail.php?item_id=45418


◇ あたらしい写真表現 - Words from Flying Books

フランツ・ローとヤン・チヒョルト編集による、『Foto-Auge― Oeil et Photo―Photo-Eye』。

http://www.flying-books.com/blog/?p=3723%22


◇ 『光画』 - 現代美術用語辞典ver.2.0

誌面では、東西のさまざまな写真家たちによるスナップショットフォトグラム、フォトモンタージュなどを用いた新興写真の作品を多く紹介したほか、伊奈、柳宗悦、中井正一、原弘、長谷川如是閑らの論考や、モホイ=ナジ、フランツ・ロー、ベレニス・アボットなどによる論考の日本語訳も積極的に掲載。

http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%80%8E%E5%85%89%E7%94%BB%E3%80%8F


◇ 光画 - Webcat Plus

メカニズムと表現--寫眞の本質と價値 / フランツ・ロー

・「メカニズムと表現」といふテーマに對するテーゼとアンチテーゼ / フランツ・ロー

http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/24479918.html

ノイエ・フォトグラフィー | 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 | 展覧会・イベントの検索 | 美術館・博物館・イベント・展覧会 - インターネットミュージアム

ノイエ・フォトグラフィー

1920-30年代のドイツ写真

2008年4月6日(日)〜2008年6月22日(日)

http://www.museum.or.jp/modules/im_event/?controller=event_dtl&input%5Bid%5D=48680

カール・グロスベルクとフランツ・ラジヴィル

◇ "Carl Grossberg" - Google 検索

http://j.mp/1eW5mSb


◇ Category:Carl Grossberg – Wikimedia Commons

http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Carl_Grossberg


◇ "Franz Radziwill" - Google 検索

http://j.mp/1eW4NI4


◇ Franz Radziwill Haus

http://www.radziwill.de/radziwill/home.html

Eds. Zoya Kocur, Simon Leung『Theory in Contemporary Art since 1985』

http://www.amazon.co.jp/Theory-Contemporary-Art-since-1985/dp/1444338579

齋木克裕「フェリックス・ゴンザレス=トレス作品を鑑賞形態の変容として見る問題点、ミニマル・アート×パーソナルな物語として見る問題点」 - Togetterまとめ

http://togetter.com/li/316289

Turner Prize - Wikipedia, the free encyclopedia

1986

The controversial art duo Gilbert & George were awarded after a previous nomination in 1984. Other nominees included Art & Language (collaborative group composed of Michael Baldwin and Mel Ramsden), sculpture/printing artist Victor Burgin, painter Derek Jarman, painter Stephen McKenna and sculptor Bill Woodrow.

http://en.wikipedia.org/wiki/Turner_Prize

トランセンデンタリズム とは - コトバンク

トランセンデンタリズム【Transcendentalism】

アメリカ思想家R.W.エマソンとその周囲の文人,宗教家たちのロマン主義思想をいう。超越主義,超絶主義と訳す。エマソンの《自然》(1836)出版後,彼の周囲に集まったユニテリアン派の牧師たち(ヘッジFrederic H.Hedge,T.パーカーリプリーGeorge Ripley,W.E.チャニングら),随筆家H.D.ソロー,教育家A.B.オールコット,批評家S.M.フラー,詩人チャニングWilliam E.Channing,ベリーJones Veryなどがその代表者である。

http://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

【あったら要注意】玄関にある記号(マーキング)一覧【騙しやすいカモの住人】 - NAVER まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2131079664111259501

【男ってシンプルw】画像でわかる男と女の違い【10選】 - BuZZNews(バズニュース) 世界の話題をあなたに!

http://buzznews.asia/?p=4413