Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-07-26 零角形

Paul Strand: Under the Dark Cloth - YouTube

A documentary about Paul Strand, one of the greatest photographers of the 20th century.

https://www.youtube.com/playlist?list=PLKUeHhP4cbq2nTY0PJjehcERD06ed0Hdw

Streetwise - Robert Frank and The Americans - YouTube

Discover the impact of Robert Frank's book "The Americans" and its influence on 1960s photography.

Streetwise builds on Swiss photographer Robert Frank's snapshot aesthetic, which gained attention following the release of his groundbreaking book, The Americans in 1959. Frank's focus on a more personal documentary style influenced a new generation of photographers, including legendaries such as Diane Arbus, Lee Friedlander, Jerry Berndt, Ruth-Marion Baruch, Garry Winogrand, Bruce Davidson, Danny Lyon and Ernest Withers.

Streetwise is open February 5 - May 15, 2011 at the Museum of Photographic Arts.

http://www.mopa.org/exhibitions/streetwise/index.html

http://youtu.be/U_xJAd0piCM


◇ Robert Frank au Jeu de Paume - YouTube

http://youtu.be/H6CVyWCVgFg


◇ Robert Frank and "The Americans" - YouTube

http://youtu.be/jRoMBoZsyqw


◇ Robert Frank Introducción - YouTube

http://youtu.be/P8_10RBe9Q4


※過去のロバート・フランク関連

http://d.hatena.ne.jp/n-291/searchdiary?word=%22Robert%20Frank%22

Masters of photography - Diane Arbus (documentary, 1972) - YouTube

http://youtu.be/Q_0sQI90kYI

Quentin Bajac (Museum of Modern Art, New York) - YouTube

Quentin Bajac (Museum of Modern Art, New York) - John Szarkowski at MoMA, 1962-1991: a critical assessment

Photography -- Museum Narratives: an international seminar organized by the Archaeology of Photography Foundation, in collaboration with the National Museum in Warsaw and the National Institute of Museology and Collections Protection.

15.10.2013, Panel I, part 3

Quentin Bajac (Museum of Modern Art, New York) - John Szarkowski at MoMA, 1962-1991: a critical assessment

More information: http://www.archeologiafotografii.pl/en/node/7137

http://youtu.be/3SlvKGH1gFI

著書の解題

◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―1 『空間へ』 磯崎 新】

http://inaxreport.info/no167/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―2 『神殿か獄舎か』 長谷川 堯】

http://inaxreport.info/no168/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―3 『建築に何が可能か』 原 広司】

http://inaxreport.info/no169/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―4 『都市住宅1968年5月〜1976年3月 植田 実】

http://inaxreport.info/no170/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―5 『代謝建築論』 菊竹清訓

http://inaxreport.info/no171/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―6 『建築ジャーナリズム無頼』 宮内嘉久】

http://inaxreport.info/no172/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―7 『建築家 林昌二 毒本』 林 昌二】

http://inaxreport.info/no173/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―8 『見えがくれする都市』 槇 文彦】

http://inaxreport.info/no174/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―9 『建築の滅亡』 川添 登】

http://inaxreport.info/no175/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―10 『KATSURA』・『桂』・『桂離宮』 石元泰博

http://inaxreport.info/no176/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―11 『民家は生きてきた』 伊藤ていじ】

http://inaxreport.info/no177/feature2.html


◇ INAX REPORT 特集2 【著書の解題―完 総集編 大川三雄】

http://inaxreport.info/no178/feature2.html

Web写真の現在 in Hatena Diary - web photography now - web photography now

http://webphotographynow.g.hatena.ne.jp/n-291/20060120

先日、台湾のキュレーター Zoe Yehさん(葉佳蓉)の対話(によるインタビュー)で話題になりましたが、リスト自体はまだウェブ上に存在しています。

Yoshinori Mizutani | 水谷吉法

http://www.yoshinori-mizutani.com/


◇ Yoshinori Mizutani

http://yoshinorimizutani.tumblr.com/

アトス自治修道士共和国 - Wikipedia

アトス自治修道士共和国(アトスじちしゅうどうしきょうわこく、希: Αυτόνομη Μοναστική Πολιτεία Αγίου Όρους 、英: Autonomous Monastic State of the Holy Mountain)は、ギリシャ共和国の中央マケドニア南方に所在するギリシャ正教最大の聖地、修道院共同体で一種の宗教国家である。

ギリシャ国内にありながら同国より治外法権が認められ、各国正教会の20の修道院・修道小屋(「ケリ」と呼称される)によって自治がおこなわれる共和国である。首都はカリエスギリシャ共和国では正教会の一員たるギリシャ正教会が主要な宗教であるが、アトスでは正教会で第一の格式を持つ総主教庁であるコンスタンディヌーポリ総主教庁コンスタンティノープル総主教庁)の管轄下にあり、現在も中世より受け継がれた厳しい修行生活を送る修道士が暮らす。こんにち、約2,000人[1]の修行僧が女人禁制のもと、祈りと労働の生活を送っている。なお、ウィキペディアの他言語版を閲覧する場合はアトス山の項目から他言語版を参照。(他言語版ではアトス山と同じページに記述されており、日本語版のみ独立したページとなっている。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%82%B9%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BF%AE%E9%81%93%E5%A3%AB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD


◇ Athos - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Athos&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=aLvQU6unD4L28QWRqIGACQ&ved=0CAkQ_AUoAg&biw=1436&bih=806


◎ † Athos The Holy Mountain ---- Mount Athos ----- Holy Mountain ----- Agio Oros

http://www.inathos.gr/

モンゴメリー・バス・ボイコット事件 - Wikipedia

モンゴメリー・バス・ボイコット事件(Montgomery Bus Boycott)は1955年アメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリーで始まった人種差別への抗議運動である。事件の原因は、モンゴメリー公共交通機関での人種隔離政策にあり、公民権運動のきっかけの一つとなった。

ローザ・パークス

1955年12月1日市営バスに乗車したローザ・パークスは、白人優先席に座っていた。運転手のジェームズブレイクが、後から乗車した白人のために席を空けるように指示したが、パークスはこれに従わなかった。ブレイクは警察に通報し、パークスは、運転手の座席指定に従わなかったという理由で逮捕された。


エドガーニクソンキング牧師

ローザの逮捕を知った社会運動家エドガーニクソンは、ジョージア州アトランタからモンゴメリーの教会に移ったばかりの若き牧師マーティン・ルーサー・キング・ジュニアらに、バス乗車ボイコット運動の組織化を持ちかけた。


運動の成功

キング牧師らが、バスへの乗車のボイコットを呼びかけると、多くの市民がこれに応じた。結果として市のバス事業は財政破綻の危機に瀕することとなった。1956年11月13日、連邦最高裁判所は、地方裁判所の判決を支持する形で、モンゴメリーの人種隔離政策に対して違憲判決を下した。そして、運動は1956年12月20日に公式に終了した。

ピート・シーガーは、後にこの運動に関して「バスの後部座席で(If You Missed Me At The Back Of The Bus)」と題した曲を発表した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6


アフリカ系アメリカ人公民権運動 - Wikipedia

モントゴメリー・バス・ボイコット

この様な状況下で、1955年12月1日アラバマ州モントゴメリーで、黒人女性のローザ・パークスが公営バスの「白人専用及び優先座席」に座ったことに対して、白人の運転手のジェイムズ・ブレイクが白人客に席を譲るよう命じたが、パークスがこれを拒否したため、「人種分離法」違反で警察官に逮捕され投獄、後にモンゴメリー市役所内の州簡易裁判所で罰金刑を宣告される事件が起きた。

この事件に抗議して、マーティン・ルーサー・キング牧師らがモントゴメリー市民に対して、1年にわたるバス・ボイコットを呼びかける運動を展開した。この呼びかけに対して、黒人のみならず運動の意義に共感する他の有色人種、さらには白人までもがボイコットに参加し、後にこの運動は「モントゴメリー・バス・ボイコット」と呼ばれることとなる。

この運動は全米に大きな反響を呼び、1956年には、合衆国最高裁判所が「バス車内における人種分離(=白人専用及び優先座席)」を違憲とする判決を出すと、アラバマ州をはじめとする南部諸州各地で黒人の反人種差別運動が盛り上がりを見せた。


運動の形態

これらの反人種差別運動は、アメリカにおいてこれまで「人種分離法」の下で人種分離、および人種差別を受け続けていた黒人をはじめとする有色人種が、アメリカ合衆国市民(公民)として法律上平等な地位を獲得することを目的としていたので、「公民権運動」と呼ばれるようになった。

運動においてはキング牧師らを中心とした黒人の聖職者が著名な指導者となったが、数多くの組織やアメリカインディアン日系アメリカ人などの他の有色人種や白人を含む個人が参加して行われたもので、運動の形態も、訴訟や街頭でのデモから、人種別の席などを設けている施設に対するボイコット、さらに「シット・イン」と呼ばれた、レストランの白人専用席での座り込みに至るまで多岐に渡った。

1960年に始まった「シット・イン」は、その後15都市で5万人が参加する大規模なものとなり、その後、このような非暴力的手段による抗議活動に賛同した一般市民による、有色人種の入場を拒否していたり、人種別の出入り口や人種別の席などを設けている図書館スケート場、プールや海水浴場など対する同様の座り込みボイコットが広く行われるようになった[9]。

「シット・イン」をはじめとする、人種差別とそれを正当化する「人種分離法」への抗議活動の多くは、上記のように非暴力的な手段を用いて行われたものの、これに対して多くの州における警察当局は「治安維持」を理由にデモ隊を過酷に弾圧するなどしたため、これに反発した黒人らによる大規模な暴動に発展することもしばしばであった。しかし、これらの非暴力的な運動に対する弾圧や暴動は内外のマスコミで大きく報じられ、アメリカにおける人種差別の酷さと、それに非暴力的手段を用いることで抵抗の意思を示し、事態を改善しようとする黒人たちの姿を浮かび上がらせた。


リトルロック高校事件

ローザ・パークス逮捕事件と「モントゴメリー・バス・ボイコット」に先立つ1954年には、公立学校における人種隔離を違憲としたブラウン対教育委員会裁判判決が最高裁において下され、これ以降、全米の学校において長年行われていた人種隔離が廃止されていくこととなった。

しかし、人種差別的な風潮が色濃く残る南部や中西部の各州においては、州政府により人種隔離への対応はまちまちであった。1957年には、ブラウン対教育委員会裁判判決以降も白人しか入学させていなかった、アーカンソー州では州立リトルロック・セントラル高等学校への9人の黒人学生の入学を、再選のための白人票稼ぎを目論んだ白人至上主義者のオーヴァル・フォーバス州知事が拒否し、「白人過激派による襲撃事件が起きるという情報があるので学校を閉鎖する」という理由をつけて州兵を召集し学校を閉鎖し、黒人学生の入学を妨害するという事件が起きた。

リトルロック高校事件」を参照

公民権運動が全米規模で盛り上がりを見せる中に発生したこの事件に対して、反人種差別運動家だけでなく、白人が多くを占めるアメリカ国内の世論、そして連邦政府も反発を見せた。

ドワイト・D・アイゼンハワー大統領はフォーバス州知事に事態の収拾を図るよう命令したが、この命令が無視されたため、急遽アイゼンハワー大統領アメリカ陸軍の第101空挺師団を派遣し、入学する黒人学生を護衛させた。その後9人の黒人学生は無事に入学したが、白人学生からの執拗ないじめに遭うことになった。しかし8人の学生が卒業を果たした。


ワシントン大行進

これらの1950年代から1960年代にかけて起こった人種差別を元にした事件と、それに対する世論の反発は公民権運動家を力づけ、公民権運動キング牧師らの呼びかけに応じて、人種差別や人種隔離の撤廃を求める20万人以上の参加者を集めた1963年ワシントンD.C.における「ワシントン大行進」で最高潮に達した。

この「ワシントン大行進」には、キング牧師やその理念に賛同するアメリカ国内の各団体のみならず、シドニー・ポワチエマーロン・ブランドハリー・ベラフォンテチャールトン・ヘストン、ジョセフィン・ベーカーやボブ・ディランなどの世界的スターも数多く参加するなど、アメリカ国内のみならず世界各国からの注目を浴びた。

この時、キング牧師ワシントン記念塔広場で行った「I Have a Dream」の演説は、アメリカの歴史に残るものとして有名であるだけでなく、世界各国における人種差別解消運動に大きな影響を与えた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

1956年アメリカ合衆国大統領選挙 - Wikipedia

1956年アメリカ合衆国大統領選挙(1956ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election, 1956)は、人気のある現職大統領ドワイト・D・アイゼンハワー共和党)が再選を果たした選挙である。この選挙は、アイゼンハワーが4年前1952年の選挙で破った民主党候補者アドレー・スティーブンソンとの再戦となった。

アイゼンハワーは人気があったものの、その健康問題が静かな問題になっていた。スティーブンソンは民主党革新派の中核で人気を保っていたが、役職経験がなく、実質的な基盤がなかった。スティーブンソン(およびアイゼンハワー)は公民権問題をほとんど無視した。アイゼンハワー朝鮮戦争を終わらせ、国は繁栄し、カリスマ的要素でその大勝を疑う者はいなかった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/1956%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99

アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964) - Wikipedia

本稿では、1945年から1964年に掛けてのアメリカ合衆国の歴史を扱う。この時代は冷戦の初期と公民権運動が特筆される。

アメリカ合衆国のこの時代は、第二次世界大戦による荒廃と共産主義からヨーロッパを救おうとした活発な外交政策の期間と見ることができる。国内においては戦後の短い移行期の後で、経済が急速に成長し、核戦争の脅威が世界中を覆った。より強力な武器で相手を威嚇する競争が始まった。国連軍が朝鮮に派遣されて共産主義勢力と戦った。ソビエト連邦共産主義諸国とワルシャワ条約機構を結成し、アメリカ合衆国を中心とする北大西洋条約機構 (NATO) 諸国に対抗した。

アメリカ合衆国内の大衆にとっては国際的緊張も国内の快適さで緩和された。特に1955年以降、高給を取り、大型高級車を乗り回し、家庭内では掃除機洗濯機、トースター、ミキサーアイロンなど手間を省略して家事を楽にする家電製品で生活を楽しんだ。21世紀初期に広く使われるようになったものはこの時代に初めて現れた発明だった。20世紀の初めに中流家庭では普通だった住み込みの女中や料理人1950年代には事実上聞かれなくなった。自家所有者は温水で温められるセントラルヒーティングを取り入れた。新しいスタイルの家具は明るく、安く軽量であり、動かしやすかった。

"豊かな社会"と"もう1つのアメリカ"

第二次世界大戦が終わった直後の数年間は白人中流階級にとって概して安定と繁栄の時代だった。アメリカ合衆国はその戦争に向けられた力を急速に消費文化の方向に向けさせた。しかし、消費、郊外および経済の成長は、その繁栄が誰にでも広がっているのではないという事実に影を投げていた。多くのアメリカ人は、アイゼンハワー政権の間も特に老人や非白人の少数民族・人種の間では貧窮の中に暮らし続けていた。

戦後の繁栄の結果として、1950年代中流階級文化の中心で消費財に対する需要が増し、消費財の多様化と使い勝手の良さが求められ、それに対する広告も増加した。1950年代1960年代の豊かなアメリカ人は、自動車、皿洗い機、生ごみ処理機テレビさらにステレオのような生活を豊かにするものを求めた。この時代の繁栄は投資ではなく、消費が推進力だった。

1960年までに自動車による移動距離が増すことで郊外人口は国内の3分の1までに膨れ上がり、デトロイト自動車製造会社がさらに多くの自動車を生産するに連れて、国外の石油資源に対する依存度も上がっていった。郊外の成長要因は戦後の繁栄の結果としてだけではなく、一戸建て家屋市場の革新も貢献していた。ウィリアム・レビットはロングアイランドで大規模な住宅開発「レビットタウン」を建設するために大量生産方式を使い、国内のトレンドを作った。一方、郊外人口は戦後のベビーブームによっても膨れ上がっていった。郊外であれば大家族向けに大きな家が手に入り、都会よりも安全でありプライバシーが保たれ、消費財を置くスペースも確保できた。

郊外の大半に住めるのはほとんど白人に限られていた。少数のアフリカ系アメリカ人はそこに住むこともできたが、そこに家を持てるような資力のある豊かなアフリカ系アメリカ人にしても公式にしろ非公式にしろ障害に直面した。敢えて郊外に住むことにした数少ないアフリカ系アメリカ人は概して控えめなあるいは明らかな方法で付き合いから遠ざけられていた。地域社会の感覚を売りにしていた郊外住人はその快適性や均質性について後に批判に曝されることになった。実際に郊外には多く同じような年代と経歴を持った住人が住んでいた。

ディープ・サウスにおけるアフリカ系アメリカ人の状態

1950年代を通じても南部における選挙権差別は広がったままだった。アフリカ系アメリカ人の小作人達は投票しようとしても白人農民に追い払われることが多かった。有権者登録委員会は資格があるアフリカ系アメリカ人の数を制限し、申請に来る者には白人より識字力の高い正確さを要求し、白人の申請者は自分の車の中や家でも登録が可能にしたが、黒人の申請者は後回しにし、裁判所の中でも黒人には別の登録場所を用意し、登録書の記入についても白人申請者のみに援助の手を差し伸べ、黒人の登録状況については何も告知しようとしなかった。

差別に抵抗した南部の黒人、特に小作人は選挙人登録から締め出された。田園部の黒人は常に雇用主から解雇するぞという脅しの中で生活していた。白人の中で「市民評議会」を自称する者達は抵抗する者に経済制裁を行う政策を採り、あるいはクー・クラックス・クランのような白人自警団組織は南部中で歯止めの掛からない統治を実行する場合が多く、アフリカ系アメリカ人の私刑は日常的なことであり、滅多に告発されることは無かった。1882年から1950年代初期までに国内で4,500人近いアフリカ系アメリカ人が私刑に遭った。


ブラウン対教育委員会事件」と大衆抗議

公民権運動の初期段階では、訴訟とロビー活動人種差別撤廃活動の中心だった。カンザス州トピカでの「ブラウン対教育委員会事件」(1954年)、「パウェル対アラバマ州事件」(1932年)、「スミス対オールライト事件)(1944年)、「シェリークレーマー事件」(1948年)、「スウィート対ペインター事件」(1950年)および「マクローリン対オクラホマ州理事事件」(1950年)における合衆国最高裁判所判決によって戦術のシフトを促し、1955年から1965年に掛けては「直接行動」が戦略になった。すなわちバスのボイコット、シットイン、フリーダムライドおよび社会改革運動だった。

ブラウン対トピカ教育委員会事件」判決は黒人と白人の公共教育施設を分離することを明白に違法とした画期的な最高裁判所判決であり、公共教育の「分離すれども平等」の原則は白人アメリカ人が利用できるのと同じ基準の施設でアフリカ系アメリカ人を教育できるとは思えないという考え方に立っていた。アメリカ合衆国下院議員の82人と上院議員の19人が最高裁判決を非難する「南部マニフェスト」に署名した。

1951年アメリカ合衆国カンザス地区裁判所においてトピカ市教育委員会に対する訴訟が行われた。原告はトピカの3年生リンダ・ブラウンであり、分離された学校まで1マイル (1.6 km) を歩くことを強制されていたが、白人の学校は彼女の家からほんの7ブロックの距離にあった。ブラウンの訴訟は全米黒人地位向上協会が後ろ盾となり、その主任顧問であるサーグッド・マーシャル(後の1967年アメリカ合衆国最高裁判所判事に指名された)が弁論に立った。地区裁判所は、1896年の「プレッシー対ファーガソン事件」における最高裁判所判決を引用し、教育委員会有利の判決を下した。「プレッシー対ファーガソン事件」判決では白人と黒人について列車の中で「差別すれども平等」な設備を求める州法を許容していた。

1957年アーカンソー州知事オーバルフォーブスリトルロック中央高校での人種差別撤廃を防ぐために州兵を使い、ミシシッピ州知事のロス・バーネットアラバマ州知事のジョージ・ウォレスはそれぞれの州立大学で玄関を物理的に閉鎖させた。ミシシッピ州下院議員のE・H・ハーストは選挙人登録講習に現れた黒人農夫を追って殺した。アラバマ州バーミングハムの公共安全コミッショナーユージン・T・"ブル"・コナーはバスにフリーダムライドを試みる者への暴力を提唱し、示威運動者に消防ホースと警察犬を向けるよう命令した。アラバマ州ダラス郡の保安官ジム・クラーク血の日曜日事件の行進参加者にその保安官代理達を立ち向かわせ、自らは別の抗議参加者を脅した。南部中の警察官でっち上げの容疑で公民権運動家を逮捕した。幾つかの州の全て白人の判事達はアフリカ系アメリカ人を殺害したとされる者達を無罪放免した。

http://j.mp/1kfEo00

3S政策 - Wikipedia

日本を全く骨抜きにするこの3R・5D・3S政策を、日本人はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合した、あるいは、これに乗じて野心家が輩出してきた。日教組というものがその代表的なものであります。そのほか悪質な労働組合それから言論機関の頽廃、こういったものは皆、この政策から生まれたわけであります。

安岡正篤、『運命を創る―人間学講話』p.39 プレジデント社1985年[2]

安岡は、第二次世界大戦終結後、GHQが日本の占領政策を実行するにあたり、基本原則としての「3R」(Revenge―復讐、Reform―改組、Revive―復活)、重点的施策としての「5D」(Disarmament―武装解除、Demilitalization―軍国主義排除、Disindustrialization―工業生産力破壊、Decentralization―中心勢力解体、Democratization―民主化)、そして補助政策としての「3S」を策定したことをGHQのガーディナー参事官(フルネーム未詳)から直接話を聞いているという[2]。この政策により、日本では性風俗が開放され[2]、映画やエンターテインメントが興隆し、プロ野球をはじめとするスポーツが国民行事となった。スクリーン(映画)、スポーツセックス(性産業)またはスピード(クルマ)は大衆の欲望動員による娯楽であるが、それらに目を向けさせることにより、民衆が感じている社会生活上の様々な不安や、政治への関心を逸らさせて大衆を自由に思うがままに操作し得るとされる。簡単に言えば「ガス抜き」政策である。あまりにも厳しい占領政策をすると、暴動が起こる恐れがあるので、人々の目を逸らさせるために行う[3]。

これらの政策と「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」により、日本のマスコミ教育現場が当時のGHQによる検閲を経て、現在に至るまで「自己検閲」を続けることによって日本の弱体化を図ったものとされている[3]。

詳細は「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」および「自己検閲」を参照

同様の主張をしているのが自民党で、『党の使命』で「“占領下強調された民主主義自由主義は新しい日本の指導理念として尊重し擁護すべきであるが、初期の占領政策の方向が誤っており、主としてわが国の弱体化に置かれていたため”愛国心と国家観念が不当に抑圧された」と断じている[4]。

ただし、スポーツ中継は戦前からプロ野球高校野球(当時は職業野球、中等学校野球)のラジオ放送が、また性産業も猟奇系書籍などが存在し、また映画に至っては映画法に基づいた国策映画制作が行なわれており、主張は陰謀論の域を出ない。鈴木邦男は「「3S政策」はGHQが押し進めたと書いている。じゃ、公式文書があるんだろうか。「日本人を映画づけ、スポーツづけ、セックスづけにして日本弱体化を計る」とか。まさかこんな文書はないだろう」[5]と主張している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/3S%E6%94%BF%E7%AD%96

The Clown - Charles Mingus [FULL ALBUM] [HQ] - YouTube

http://youtu.be/Oi40Lovi8Fk


John Coltrane Afro Blue Impressions - YouTube

http://youtu.be/DNKgYz_2h_0


◇ The Way To Play - Bill Evans [FULL ALBUM] [HQ] - YouTube

http://youtu.be/_IafnG-A5mU


◇ El-P - Constellation (Heavenly Bodies) feat. Stephanie Vezina - YouTube

http://youtu.be/hPZk2O-ufa4


◇ Hal Willner, Kronos Quartet & Dr. John - Salt Peanuts (The Mr. Peanut Chronicles) - YouTube

http://youtu.be/gyYqeJYeYkg