Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-11-08 舌のなかで、そっと心を出した。

舌のなかで、そっと心を出した。


f:id:n-291:20141109112044j:image

Book Review. Show Time: The 50 Most Influential Exhibitions of Contemporary Art - we make money not art

Show Time: The 50 Most Influential Exhibitions of Contemporary Art, edited by writer and exhibition maker Jens Hoffmann. With contributions by Hans Ulrich Obrist, Massimiliano Gioni and Maria Lind.

http://we-make-money-not-art.com/archives/2014/02/show-time-the-50-most-influent.php


◇ Critical View: Jens Hoffmann’s New Book on Cutting-Edge Exhibitions - Previews - Art in America

http://www.artinamericamagazine.com/news-features/previews/critical-view-jens-hoffmanns-new-book-on-groundbreaking-exhibitions/


◇ Show Time: The 50 Most Influential Exhibitions of Contemporary Art by Jens Hoffmann - Artdaily.org - The First Art Newspaper on the Net

http://artdaily.com/news/68255/Show-Time--The-50-Most-Influential-Exhibitions-of-Contemporary-Art-by-Jens-Hoffmann


◇ Show Time: Curating contemporary art | Tate

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/talks-and-lectures/show-time-curating-contemporary-art


◇ Thames & Hudson Publishers | Essential illustrated art books | Show Time | The 50 Most Influential Exhibitions of Contemporary Art

http://www.thamesandhudson.com/Show_Time/9780500239117

テームズ・アンド・ハドソン - Wikipedia

テームズ・アンド・ハドソン(Thames & Hudson, しばしば簡潔にT&Hと表現される)は、ヴァルター・ノイラート (Walter Neurath)、エーファ・ノイラート (Eva Neurath) 夫妻によって1949年にイギリスで設立された出版社である。美術系の出版物で知られる。会社の名前は、いずれも大西洋に流れ込むロンドンテームズ川とニューヨークハドソン川にちなんで名付けられた。、2匹のイルカのマークで知られ、独立系の家族経営の出版社として続いている。

テームズ・アンド・ハドソンは、ロンドンを本拠にニューヨークテームズ・アンド・ハドソンUSA)とパリに別個の本社をもつ。ジャンルとしては、考古学、建築、美術、装飾美術、デザイン、歴史、写真、宗教、精神世界などの出版物に強い。さらに、子ども向けの本も刊行している。ライバル会社としては、タッシェン (Taschen)、アベヴィル出版グループ、ハリー・N・エイブラムス (Harry N. Abrams, Inc.)、リッツオーリ出版 (Rizzoli publications, Inc.) などがあげられる。

テームズ・アンド・ハドソンで著名なのは、「古代の民族(人々)と地域(土地)」(Ancient People and Places) シリーズや「世界の美術」シリーズがあげられる。特に前者は古くから日本でも注目されておりマイケル・コウの『マヤ』初版 (Michael D. Coe 1966 Maya) が1975年に訳され学生社から刊行されている。また第6版も『古代マヤ文明』として2003年に訳されて、創元社から刊行された。ロンドンナショナル・ギャラリーマイケル・リービーによる『絵画略史:ジョットからセザンヌまで』(A Concise History of Painting: From Giotto to Cézanne) は、古典的な権威ある名著で初版は1962年に刊行され、イタリアでの遠近画法の出現から20世紀初頭の近代美術までを扱うヨーロッパ美術史の入門書である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%B3

memo:マリアングッドマンさん

◇ Dealership - The New Yorker

Onward and Upward with the Arts FEBRUARY 2, 2004 ISSUE


Dealership

How Marian Goodman quietly changed the contemporary-art market.


BY PETER SCHJELDAHL

http://www.newyorker.com/magazine/2004/02/02/dealership


◇ Marian Goodman - Wikipedia, the free encyclopedia

Raised a liberal, Goodman's friend German theorist and critic Benjamin H. D. Buchloh says, “Her judgment is ultimately aesthetic, but she has a broad understanding of what a privileged existence allows and requires one to do. Her gallery has a certain subtle social horizon of responsibility.”[1] In an article in the New Yorker, art critic Peter Schjeldahl said "Goodman may be the most respected contemporary dealer in New York, for her taste, standards, and loyalty to her artists." Michael Govan, director of Dia Art Foundation, describes her as one of the most powerful and influential dealers of the 20th century.

Marian Goodman was ranked 22 in ArtReview's guide to the 100 most powerful figures in contemporary art: Power 100, 2010.[10] She is ranked 5th on the list of America's Most Powerful Art Dealers, according to Forbes magazine.[11] In 2012, Goodman received an honorary degree from the CUNY Graduate Center.[12]

http://en.wikipedia.org/wiki/Marian_Goodman


◇ Marian Goodman, 84 - In Photos: Top Ten Art Dealers - Forbes

The undisputed grande dame of art dealers, Goodman-- a tiny woman with towering impact-- has been an art world luminary for decades. Impeccable taste and passion for social justice shape her gallery, featuring stars Gerhard Richter, Thomas Struth and Marcel Broodthaers.

http://www.forbes.com/pictures/mgg45egdg/5-marian-goodman-84/


Newsweek April 11, 2012 Culture 001.pdf - Microsoft Word Online

https://onedrive.live.com/view.aspx?resid=2AE065C21BCAE6F5!7028&cid=2ae065c21bcae6f5&app=WordPdf&authkey=!AJYzYRN9pHwKAuI


◇ Goodman with John Baldessari. (Courtesy Patrick McMullan) - Marian Goodman Is Headed to London | New York Observer

http://nyogalleristny.files.wordpress.com/2013/07/6337664753175975784529582_51_mgoodmanjbaldessari_042909.jpg

http://observer.com/2013/07/marian-goodman-is-headed-to-london/

Jeff Koons / Power 100 / Art Review

http://artreview.com/power_100/jeff_koons/

“Balloon Dog millionaire”て。


◇ Power 100 / Art Review

http://artreview.com/power_100/

Colección Patricia Phelps de Cisneros

http://www.coleccioncisneros.org/

Roselee Goldberg - Wikipedia, the free encyclopedia

RoseLee Goldberg is an American-based art historian, author, critic and curator of performance art. She is most well known as being the founder and director of Performa, a performance art organisation.[1] She is also currently a Clinical Associate Professor of Arts Administration at New York University.[2]

http://en.wikipedia.org/wiki/Roselee_Goldberg

samuso: space for contemporary art

http://www.samuso.org/

Art Basel Conversations | Collectors Focus | Asia's New Private Institutions on Vimeo

Monique Burger, Collector and Founder, Burger Collection, Hong Kong

Dr. Oei Hong Djien, Collector and Founder, Oei Hong Djien Museum, Magelang, Indonesia

Budi Tek, Collector and Founder, Yuz Museum, Jakarta and Shanghai

Rakhi Sarkar, Collector, Director, CIMA Centre of International Modern Art and Managing Trustee, Kolkata Museum of Modern Art, Kolkata

Moderator | Claire Hsu, Co-Founder and Executive Director of Asia Art Archive, Hong Kong

https://vimeo.com/44097482

Salon | Artist Talk | Ericka Beckman: Sports, Rules and Musicals - YouTube

Salon | Artist Talk | Ericka Beckman: Sports, Rules and Musicals

Filmed on June 13 2013 at Art Basel


Ericka Beckman, Artist, New York

Lionel Bovier, Publisher JRP|Ringier, Zurich

Fabrice Stroun, Director Kunsthalle Bern

http://youtu.be/TmcqBoxDsY0

Art Salon | Book Launch | 'Scott King. Art Works' on Vimeo

Scott King, Art Director and Artist, London

Lionel Bovier, Director JRP/Ringier, Zurich


Date | Sunday, Dec 5, 2010

https://vimeo.com/17690349


◎ SCOTT KING

http://www.scottking.co.uk/

JRP-Ringier - Wikipedia, the free encyclopedia

JRP|Ringier, formerly JRP Editions, is a Swiss publisher of high-quality books on contemporary art.

Run by Lionel Bovier in Zurich, Switzerland, the company has more than 400 titles in active distribution worldwide, including artists’ books, monographs, exhibition’s catalogues, anthologies and books dedicated to writings by art critics and curators. It also publishes series from external associate editors, e.g., Christoph Keller Editions.

At the core of JRP|Ringier’s program lie the books by contemporary artists themselves: the artists’ books. JRP|Ringier has already published influential artists such as Fischli & Weiss, John Armleder, Isa Genzken, Richard Prince, John Baldessari, Mike Kelley, Wolfgang Tillmans, Elaine Sturtevant or Rodney Graham. However the publisher continues to support younger or still overlooked Swiss and international artists, including Urs Fischer, Valentin Carron, Sterling Ruby, Troy Brauntuch, Tony Oursler, Kelley Walker, Mai-Thu Perret or Cyprien Gaillard.

JRP|Ringier’s publications have won numerous design awards, including The Most Beautiful Swiss Book and Best Book Design from all over the World. While the Geneva-based studio Gavillet & Rust is responsible for the art direction, other renowned graphic designers such as Norm,[1] M/M Paris,[2] Cornel Windlin,[3] Marie Lusa[4] or Peter Saville[5] have also contributed titles from JRP|Ringier’s catalogue.

JRP Editions (Just Ready to be Published) was founded in 1997 in Geneva, Switzerland, by art curators Lionel Bovier and Christophe Cherix, from their admiration for the small press scene of the 1970s. Between 1997 and 2003, around 30 artists’ books and prints emerged from this non-profit activity based on the founders’ network of friends in the art and academic world, design and printing industry.

In 2004, Lionel Bovier created JRP|Ringier, a new company in partnership with Michael Ringier, the owner of the Zurich-based Swiss media group Ringier AG. Christophe Cherix carried on his activities at the Cabinet des Estampes in Geneva and later at the Museum of Modern Art in New York, of which he became Chief Curator of prints and illustrated books.

Since its creation, JRP|Ringier has produced books at an ever-increasing pace and currently releases about one book a week.

http://en.wikipedia.org/wiki/JRP-Ringier


◎ New releases - jrp-ringier.com

http://www.jrp-ringier.com/


----


◇ Ringier - Wikipedia, the free encyclopedia

Ringier AG is the largest international operating media company in Switzerland, founded in 1833 in Zofingen and based in Zürich. It publishes over 120 newspapers, magazines in German, French, Chinese, Vietnamese, Serbian, Hungarian, Romanian, Slovak and English and operates several e-commerce platforms.[1] It has a yearly income of approximately 1.2 billion CHF and over 8,000 employees in more than seven countries.

The owners of the company are Evelyn Lingg-Ringier, Annette Ringier and Michael Ringier.[2] On April 5, 2012, Marc Walder was appointed as the new CEO of Ringier AG.

http://en.wikipedia.org/wiki/Ringier

John Stezaker in conversation - YouTube

http://youtu.be/ng6XihOK2qs


◇ Artist's Talk: John Stezaker - YouTube

(Part 1) http://youtu.be/hdzkJDAbu58

(Part 2) http://youtu.be/dA9-gs_KcX8


◇ Curator Insights: Karen K. Butler on John Stezaker - YouTube

http://youtu.be/iaLkqc7egVk


◇ Panel Discussion with John Stezaker - YouTube

http://youtu.be/NMFcH3R2mLw

Philadelphia Museum of Art - Information : Press Room

http://www.philamuseum.org/press/image_bank/243.html

Kurt Schwitters | pietmondriaan.com

Kurt Schwitters, Merzbau Hannover (1933)

Merzbau seen from the outside.

http://pietmondriaan.com/2009/08/16/kurt-schwitters/

Wavelength (Michael Snow, 1967) - YouTube

http://youtu.be/aBOzOVLxbCE


◇ Back and Forth - YouTube

http://youtu.be/yZLvztqy6VE


◇ Michael Snow - La Région Centrale (1971) - YouTube

http://youtu.be/uYr_SvIKKuI


◇ U B U W E B - Film & Video: Michael Snow - So Is This (1982)

http://ubu.com/film/snow_so.html


----


◇ Michael Snow | To Illustrate and Multiply: An Open Book - YouTube

http://youtu.be/cdvjlJx1E1w


----


◇ U B U W E B - Film & Video: Michael Snow - Michael Snow Up Close

http://ubu.com/film/snow_close.html

Ernie Gehr - Serene Velocity (1970) - YouTube

http://youtu.be/KYfNFtLSuv4


◇ ernie gehr — side walk shuttle - YouTube

http://youtu.be/wWRq4SJGtS8


◇ Eureka - YouTube

http://youtu.be/WGNq319BLH8


◇ Ernie Gehr - Wikipedia, the free encyclopedia

Ernie Gehr (born 1941)[1] is an American experimental filmmaker closely associated with the Structural film movement of the 1970s. A self-taught artist, Gehr was inspired to begin making films in the 1960s after chancing upon a screening of a Stan Brakhage film. Gehr's film Serene Velocity (1970) has been selected for preservation in the United States National Film Registry. Gehr served as faculty at the San Francisco Art Institute.

The New York Times described Gehr's work as "abstract, beautiful, mysterious, invigorating, utopian" saying he had "embraced [the] Modernist cry, shunning mainstream narrative to make films in which bubbling grain, streaks of color and pulses of light are the main attraction."[1]

His films are distributed by Canyon Cinema in San Francisco.

http://en.wikipedia.org/wiki/Ernie_Gehr

パリ第3大学でのサマースクール - les signes parmi nous

これらすべての仕掛け人とも言える存在が、パリ第3大学のフィリップ・デュボワである。もはや写真論の古典的名著と言ってもよいL'Acte photographique (1982, 90)のあと単著を出していないせいか、あるいは名前がありふれているせいか、彼の仕事は日本ではあまり知られていないように思うが、現在のフランスの映像研究の分野における最も優れた知性の一人と言っていいだろう。編著であるLe cinéma et la dernière technologie (1998)や、Recherches sur Chris Marker (2002)も非常に質の高い仕事である(特に後者に含まれている『ラ・ジュテ』論は圧巻だ)。サン・パウロではCinema, video, Godard (2004)というデュボワの論文集がポルトガル語に訳されて出ているが、フランスでもようやくこの秋に、La Question Video: Entre cinéma et art contemporainという16章から成る大部の論文集がYellow Nowから出版されることになっているという。

http://d.hatena.ne.jp/tricheur/20100717/1279318914


◇ L'Acte photographique et autres essais. Philippe Dubois - Decitre - 9782091907666 - Livre

http://www.decitre.fr/livres/l-acte-photographique-et-autres-essais-9782091907666.html


>>>[資料] 20131108

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20131108#p6

エドゥアルド・パオロッツィ - Wikipedia

エドゥアルド・パオロッツィ、CBE、FRA(Eduardo Paolozzi, 1924年3月7日 - 2005年4月22日)は、イギリススコットランド)の彫刻家、美術家。

パオロッツィは、北エディンバラのリースに、イタリア移民の長男として生まれた。1943年にエディンバラ芸術学校で、1944年に(ほんの短い間)セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインで、1944年から1947年にかけてロンドンのスレイド美術大学で学んだ後、フランスのパリで仕事をした。

印象的なシルクスクリーンの連作で、パオロッツィは広くシュルレアリストとして注目を浴びた。さらに、1960年代イギリスポップアート運動の先駆けとみなされるインデペンデント・グループ(en:Independent Group)の設立者の1人となった。パオロッツィが1947年に作ったコラージュ『私は金持ち男のおなぐさみ』(外部リンク参照)は、時にポップアートの最初の真の例証だというレッテルを張られているが、パオロッツィは常に自分の作品はシュルレアリスムだと述べていた。後には、彫刻家として、より知られるようになった。とくに有名なのが、巨大な彫像の制作で、それは実物そっくりに見えはするが、実は、直線的(しばしば3次元的)要素が加えられるか置き換えられるかし、または、キュビスム的手法によって解体された人間のフォルムが備わっているものである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A3


◇ Eduardo Paolozzi - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Eduardo+Paolozzi&es_sm=91&biw=1436&bih=806&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=R7ReVP-ZM9O48gW4h4GQDQ&ved=0CAgQ_AUoAQ

Related: Photomurals In Stardust Memories By Woody Allen [Not Related] | greg.org: the making of, by greg allen

http://greg.org/archive/2010/10/24/related_photomurals_in_stardust_memories_by_woody_allen_not_related.html


◇ ART; Serving Up the Poor As Exotic Fare For Voyeurs? - New York Times

In Woody Allen's bleak comedy ''Stardust Memories'' the main character displays over the breakfast table in his stylish New York apartment a famous picture: Eddie Adams's photograph of a South Vietnamese police chief firing a gun at the head of a man suspected of being a Vietcong spy during the Tet offensive of 1968.

http://www.nytimes.com/1989/06/18/arts/art-serving-up-the-poor-as-exotic-fare-for-voyeurs.html

Washington, D.C. Preparing the defense bond sales photomural, to be installed in the Grand Central terminal, New York, in the visual unit of the FSA (Farm Security Administration). Edwin Rosskam and Milton Tinsley making the scale paste-up from the original dummy - Library of Congress

http://www.loc.gov/pictures/item/fsa2000052677/PP/


◇ the defense bond sales photomural - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=the+defense+bond+sales+photomural&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=FrNeVPGWOMX28QW_24CYDA&ved=0CAkQ_AUoAg&biw=1436&bih=806

'Agatha et Les Lectures illimitées' (1981) by Marguerite Duras [EN, PT, RU sub] - YouTube

http://youtu.be/T0MP08XmxyI

腐敗する湿原都市──〈昭和〉の死と東京 | 田中純 ‹ Issue No.12 ‹ 『10+1』 DATABASE | テンプラスワン・データベース

http://db.10plus1.jp/backnumber/article/articleid/512/

賈樟柯 - Wikipedia

賈 樟柯 (ジャ・ジャンクー1970年5月24日 - ) は、中国の映画監督脚本家・映画プロデューサー中国映画界の「第六世代」の監督として知られる[1]。

山西大学在学中の1990年代前半に映画に興味を持ち始め、チェン・カイコー監督の『黄色い大地』(1984年)に衝撃を受け[2]、映画監督になることを決意。1993年北京電影学院へ入学。翌1994年には初の短編『有一天,在北京』を製作。1995年にはインディペンデント映画の製作グループを組織し、55分の中編『小山の帰郷』を製作。同作が1997年の香港インディペンデント短編映画ビデオ賞の最高賞を受賞する。1997年北京電影学院を卒業すると、卒業制作の『一瞬の夢』が1998年の第48回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に出品され、新人監督賞であるヴォルフガング・シュタウテ賞と最優秀アジア映画賞であるNETPAC賞を受賞。釜山国際映画祭、ナント三大陸映画祭ではグランプリを受賞した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%88%E6%A8%9F%E6%9F%AF


PROFILE ジャ・ジャンクー

http://www.bitters.co.jp/jia/index.html

テーブル絵画のつくりかた - YouTube

36:26min 制作年:2013

構成・テキスト:小林耕平、カメラ:冨樫達彦 

テキスト「テーブル絵画をつくろうとする男の話」=多田由美


小林耕平×多田由美子 「ことばとかわすことでつくること」、SARP、仙台(2013) にて展示

http://youtu.be/__23NOvp3m8

映像科:高野文子の漫画はなぜ本のかたちをしているのか - 百瀬文(映像科)- 07 | 11月 | 2014 | 新美NEWS

http://www.art-shinbi.com/blog/20141107/

U B U W E B - Film & Video: Stan Douglas - Television Spots/Monodramas (1987-1991)

http://www.ubu.com/film/douglas_television.html

見直し。


◇ Stan Douglas - Wikipedia, the free encyclopedia

Douglas has long been interested in the work of Samuel Beckett. In 1988 he curated Samuel Beckett: Teleplays, eight Beckett works for film and television.[25] In 1991, Douglas produced Monodramas a series of short videos for television broadcasting, based on his studies of Beckett's teleplays.[26] Developed for television, these 30- to 60-second video works were broadcast nightly in British Columbia in 1992 for three weeks. The short narratives "mimic television’s editing techniques" and when the videos were aired during the regular commercial breaks, viewers called the station to ask what was being sold.[27] Douglas' first project for television, Television Spots (1987–88) consisted of twelve were broadcast in Saskatoon and Ottawa during regular programming and featured short, banal scenes in open-ended narratives.[28] An early video work, Mime (the second part of Deux Devises, 1983) consisted of a close-up of Douglas' mouth in the shape of phonemes, which are then edited to sync up with the song "Preachin' Blues" by Robert Johnson. Douglas was not aware of Beckett's own work Not I, a disembodied mouth in a black screen. In a lecture given at YYZ Artists' Outlet in Toronto, Douglas commented that the choice of a blues song was

a fairly personal one, derived in a way from my experience of being black in a predominantly white culture, having very little contact with black American culture, but at the same time being expected to represent that to people-both to people who were antagonistically racist and to liberal types. So what you have is my image not quite synching up or relating to a very archetypal black figure, Robert Johnson.

[29]

Douglas began to study Beckett's works and his next video work Panoramic Rotunda (1985) came from misremembering a line from Beckett's FIzzle No. 7.[29] The repetition and seemingly endless loops of the same narrative in Win, Place or Show recalls Beckett's use of repetition to point to but also undermine the "sameness" of reality. The absurdity of the forever repeating narrative, of the two protagonists in an endless loop, always the same words but from different points of reference is an allusion to Vladimir and Estragon in Waiting for Godot.[30]

http://en.wikipedia.org/wiki/Stan_Douglas

Making Art Different

http://makingartdifferent.wordpress.com/

AITのMADを受講されている方のブログ


◇ AIT | MAD » MADとは?

https://www.a-i-t.net/mad/2014/

フランク・ゲーリーが自身の建築に対する批判に中指を立てて反論 | architecturephoto.net | ひと月の訪問者数30万・ページビュー106万の建築・デザイン・アートの新しいメディアアーキテクチャーフォト・ネット

http://architecturephoto.net/38496/


◇ ce’ modo e moda – te la do io la fondazione louis vuitton: a parigi frank gehry ha fatto un condom pieno di noccioline, uno spazio per lo shopping chiuso nel profilattico dell’arte e della creativita’ - DAGOART

http://www.domusweb.it/en/art/2012/08/08/thomas-schutte-houses.html

Thomas Schütte: Houses

http://www.domusweb.it/en/art/2012/08/08/thomas-schutte-houses.html


◇ Thomas Schütte. Houses - Kunstmuseum Luzern

http://www.kunstmuseumluzern.ch/en/exibitions/thomas-schuette-houses/


◇ Thomas Schütte. Houses - NMNM

http://www.nmnm.mc/index.php?option=com_k2&view=item&id=106:thomas-sch%C3%BCtte-houses&Itemid=303&lang=en


◇ thomas schütte architecture - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=thomas+sch%C3%BCtte+architecture&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=kMteVNaKL4P98QWpzoGIDA&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806


◇ Thomas Schütte - Wikipedia, the free encyclopedia

Architecture models

Throughout the 1980s, Schütte created series of scale-model sculptural houses and works for a utopian architecture with such models as Westkunst, Studio I and Studio II, House 3: House for two friends, Landhaus (Country House) (1986), E.L.S.A., W.A.S., or H.Q.. Undertaken in 1981 for a large group exhibition entitled 'Westkunst' in Cologne, the artist's series Plans I-XXX undertake a similar project; stripped of detail and style, the works depict skyscrapers, churches, telecommunications towers amongst other architectural features.[14] Later projects, such as One Man Houses (2005) concentrated on the notion of being useful; they are intended to be realized and to be built.[15]

In 2012, Schütte built Ferienhaus für Terroristen (Holiday Home for Terrorists), a house based on the artist’s 2006-07 architectural model and commissioned by Polish art dealer Rafael Jablonka for the town of Mösern in western Austria.[16]

http://en.wikipedia.org/wiki/Thomas_Sch%C3%BCtte

磯崎新による、新国立競技場に関する意見の全文 | architecturephoto.net | ひと月の訪問者数30万・ページビュー106万の建築・デザイン・アートの新しいメディアアーキテクチャーフォト・ネット

http://architecturephoto.net/38874/

堀辰雄 續プルウスト雜記 - 青空文庫

 サミュエルベケットの「プルウスト」はガボリイのエッセイ風なものと異つて、プルウストの方法を丹念に追究してゐる。(ベケットと云ふ人のことは少しも知らないが、聞けば「トランジション」などによく詩を出してゐるイギリスの若い詩人ださうである。)

 ベケットは先づプルウストの謂ふところの無意的記憶を説明してゐる。(それに就いては私もこの前の「雜記」の中で説明した。)さうしてベケットはその無意的記憶の主要な例が「失はれた時を求めて」全卷のうちに約十一許りあることを指摘してゐる。次に擧げるのがそのリストだ。

1 茶の中に浸したマドレエヌ。(「スワン家の方」☆)

2 ペルスピエ醫師の馬車から認めたマルタンヴィルの鐘塔。(同右☆)

3 シャンゼリゼエの亭の黴くさい臭ひ。(「花さける少女の影に」☆)

4 バルベックの近くで、ヴィユパリジス夫人の馬車から認めた三本の樹木。(同右☆☆)

5 バルベックに近い山査子さんざしの籬。(同右☆☆)

6 バルベックのグランド・ホテルへ二度目に行つた時、彼は彼の靴のボタンをはづさうとして屈む。(「ソドムとゴモル」☆☆)

7 ゲルマント邸の中庭のでこぼこな石疊(「再び見出された時」☆☆)

8 皿にぶつかるスプウンの音。(同右☆☆)

9 彼はナプキンで口を拭く。(同右☆☆)

10 水管を通る水の音(同右☆☆)

11 ジョルジュ・サンドの「フランソワ・ル・シャンピ」。(同右☆☆)

 私は此處でベケットの本を離れて、それらの十一の無意的記憶に關して私のための覺書をつけて置きたい。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001030/files/47917_34294.html

東京大空襲をとらえた写真見つかる NHKニュース

およそ10万人が犠牲となった昭和20年3月10日の東京大空襲で、燃え盛る町を記録した写真が見つかりました。

戦後70年がたとうとするなか、空襲のさなかに地上から撮影された写真が見つかったのはこれが初めてで、専門家は「空襲が、人々が住む町を標的にしていたことを改めて裏付ける非常に貴重な資料だ」としています。

太平洋戦争中、東京には昭和19年11月から翌年8月まで空襲が繰り返されました。

なかでも、昭和20年3月10日未明の東京大空襲では、およそ10万人が犠牲となりましたが、これまで、空襲のさなかの町を地上から写した写真は見つかっていませんでした。

ことしになって東京・江東区東京大空襲・戦災資料センターの研究員たちが、当時、海外向けの宣伝雑誌を作っていた団体のカメラマンが撮影したネガを遺族から借り受け分析したところ、大空襲のさなかに撮影された貴重な写真7枚が初めて見つかりました。

このうち、最も鮮明な1枚は、千代田区九段下にあったビルの上から、今の江東区とみられる辺りを撮影したもので、立ち並ぶ住宅が燃え盛る様子が写っています。

撮影場所のビルも空襲で焼けたことから、この写真は、空襲が始まって初めのころのものだとみられています。

この写真に加え、今回は、カトリック教会が全焼しその前でたたずむ神父や、浅草寺の焼け跡と本尊が無事だったことを人々に伝える立て札が写された写真など、東京で繰り返された空襲の被害を記録した写真、合わせて450枚余りが見つかりました。

写真の分析にあたった東京大空襲・戦災資料センターの山辺昌彦研究員は「最も被害の大きかった3月10日の写真をやっと見つけた。空襲が、人々が住む町を標的にしていたことを改めて裏付ける非常に貴重な資料だ」と話しています。

今回見つかった写真は来年2月から東京・江東区の「東京大空襲・戦災資料センター」で公開される予定です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141107/k10013037301000.html


東京大空襲・新たな写真(テレビ報道1件/週)|JCC

11/07(金) BS1 【BSニュース

東京大空襲・新たな写真

太平洋戦争中、東京で繰り返された空襲の被害の様子を記録した写真が新たに見つかった。

この中で、約10万人が犠牲となった昭和20年3月10日の東京大空襲で、燃え盛る町を記録した写真が見つかった。

地上から撮影された写真が見つかったのはこれが初めて。

写真は海外向けの宣伝雑誌をつくる団体カメラマンが撮影したもので、このほかカトリック教会が全焼し、その前で佇む神父などあわせて450枚余の写真が見つかった。

東京大空襲戦災資料センター・山辺昌彦研究員のコメント

東京・江東区の映像。

撮影:東方社・菊池俊吉。

http://jcc.jp/sp/jiken/53262/


◇ NHK「東京大空襲583枚の未公開写真」 - やまねこマッサージ

NHKスペシャルで「東京大空襲583枚の

未公開写真」という番組が放送された。


これまで、当時警視庁カメラマン石川光陽さん

警視総監直々の命令を受けて撮影したもの

しかない、というのが通説だった。

それ以外の583枚の未公開写真の番組だった。

撮影したのは陸軍参謀本部の直属出版社「東方社」

(1941-47)。木村伊兵衛が写真部責任者で濱谷浩や

菊池俊吉等が働いていたそうだ。


外国への宣伝誌『FRONT』の発行が主たる業務

だったが、空襲の写真も撮っていたらしい。

そのネガが発見された。第一級の史料だ。

昨年、東京大空襲・戦災資料センターに寄贈される。

戦災資料センターでは研究所内外の研究者により

研究会を組織し、科学研究費助成事業を受ける。


カメラマン助手だった浅野隆(当時19歳)さんが

木村伊兵衛の忘れられない言葉を語っていた;

「現場で起きていることを後世に伝え残す」

戦争末期における彼の使命に対する強い意志を感じる。

http://blog.goo.ne.jp/grenc/e/e93fee181d877c785ba227d0302a100c


◇ 菊池俊吉 - Wikipedia

1916年(大正5年)、岩手県花巻市御田屋町生まれ。1937年(昭和12年)、オリエンタル写真学校を卒業後、1938年(昭和13年)東京光芸社写真部に入社し、報道写真家として始まり。1941年(昭和16年)岡田桑三が設立した東方社写真部に入社、1942年(昭和17年)2月に創刊された陸軍参謀本部の対外宣伝グラフ誌『FRONT』の写真部員となる。戦時中、日本本土及び外地の部隊、産業記録撮影など幅広く活躍した。

1945年(昭和20年)敗戦後、解散の東方社スタッフは文化社として再建。同年9月、文部省の学術調査団のもとで原爆被災地の医療状況を記録映画撮影、スチール写真担当として医学班に属し、10月1日~10月22日被爆後の広島を撮影[1]。1946年(昭和21年)4月、焼け野原となった東京ドキュメントとして『東京1945年・秋』を出版。1947年(昭和22年)8月、復興中の広島をアピールするための写真集『LIVING HIROSHIMA (PDF) 』製作のために再び広島へ。文化社の解散後、1951年昭和26年)以降『世界』、『中央公論』、『婦人公論』などのグラビア頁を担当。科学雑誌に内外科学者のプロフィールと科学実験など科学分野の写真で知られた。1985年昭和60年)、歴史的資料となる写真集『銀座と戦争』、『昭和の歴史』に作品が掲載。

1990年平成2年)、急性白血病により逝去、享年74。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E6%B1%A0%E4%BF%8A%E5%90%89

アネクドート - Wikipedia

アネクドート(анекдо́т、anekdot)とは、ロシア語では滑稽な小話全般を指すが、日本ではそのうち特に旧ソ連で発達した政治風刺の小話を指して用いられることが多い。本来この言葉はギリシャ語のアネクドトン(ανέκδοτον)に由来し「公にされなかったもの」の意を表した[脚注 1]。同根の言葉である英語のアネクドート(anecdote)や、多くの言語での対応する言葉は逸話の意味で用いられている。この記事ではソ連時代を主としたロシアの政治的な小話について取り扱う。

専制的なロシア帝国時代から、ロシアにおいて政治風刺を口にすることは危険なものだと考えられてきた。旧ソ連時代には、公的に発行されていた風刺雑誌『クロコジール』(『クラカジール』とも。Крокодил、Krokodil)で当時の政治的出来事を風刺することが少なからず認められていたものの、個人でそれを行うことはそのほとんどの時期を通じてやはり非常に際どいものであった。そうした抑圧的環境にもかかわらず、あるいはむしろそれゆえロシアにおけるユーモアは開放感をもつ文化として、またエリート層に対する対抗と冷やかしの手段として花開くこととなった。例えば、1970年代から1980年代初頭にかけてブレジネフのソ連停滞期には、比較的平和で政治的に安定した環境にあったため、むしろ鋭い政治的ウィットが世の中の至らなさへと向けられた。1990年代に専制的な支配体制が終わりを迎えるとともに、逆に政治風刺の衰退が西欧化の徴として惜しまれることになった。共産党支配の終焉後に現れた犯罪者まがいのビジネスマンのような新たなロシアの顔は、別の風刺の形を作り出している。

こうしたロシアの笑いにおいて最も一般的な形式が、「落ち」をもった小話であるアネクドートである。典型的なアネクドート固定化された設定とお馴染みの登場人物をもった一連のカテゴリーからなっており、意外さの効果は言葉の上でのプロットや役割の無限のバラエティーによって担われていた。

政治的アネクドートロシア内の人々の不満のはけ口となった一方、冷戦時代の西側ではこうした政治的アネクドート自体が政治的価値をもち、ソ連のイデオロギーの退廃を示すものとして広められた。さらにアネクドートとして紹介されるもののなかには、実際にはソ連生まれのもののみでなく外国生まれのものもある。日本では1970年代読売新聞が、アネクドートをよく紹介していた。

ソ連刑法58条では反ソ的プロパガンダには最高で死刑を適用できた。政治的アネクドートを口にすることは、旧ソ連の人々にとって一種の危険なスポーツのようなものとみなされていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%88


アネクドート - ロシア語倶楽部

http://www.jolco.com/pages/anekdot/anekdot.html