Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-11-28 “timid ghosts of color”

“timid ghosts of color”

La Nuit américaine [11777 Foothill Boulevard, Los Angeles, CA] (after Lewis Baltz, Joel Sternfeld and Paul Graham?)

f:id:n-291:20141126072217j:image


>>>Palm Trees (after Edward Ruscha?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20091101p2


>>>White Asparagus (after Peter Fischli & David Weiss?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110913p6


>>>Partial Truth and/or Virtual Truth (after Bruce Nauman?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110702p2


>>>Basel (after Lewis Baltz)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20141127p16


>>>Codes & Numbers (after Mel Bochner?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140405#p3 & http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140406p2


>>>A-moment (after Barnett Newman? / by the Suns of the Manhattan Project)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20141013p4


>>>Control Room (before / after Gerhard Richter, Thomas Ruff & Thomas Demand?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120621p3


>>>ear-t-h (after Thomas Ruff?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120623p2


>>>Concrete Ball (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130511p6


>>>Pure Waters (after Andreas Gursky?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130912p4


>>>Tokyo Shibuya 03/04 (after Beat Streuli?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090215p4


>>>Carriage, Berlin, 2007 (after Robert Frank?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110209p3


>>>Vadret da Morteratsch I (after Walter Niedermayr?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20130711p8


>>>Toward Split Wall with Drains [Glass Wall with Drain] (after Robert Gober?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140607#p1


>>>Someday N.F. Prince Will Come (after Osamu Kanemura?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110604p2


>>>A Downhill (after Tomoko Yoneda?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20081231p2


>>>Tokyo 2003 (after William Klein?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090217p5


>>>BSL 6372 (after Taiji matsue?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110619p11


>>>0001 (after James Welling?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20110726p3


>>>Untitled [Ferry] (after Daido Moriyama?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20111229p2


>>>Still Water [near The River Sumida, for Example] (after Roni Horn?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20100331p2


>>>Shibuya Crossing, Tokyo [Shibuya-ku], 2012 (after Thomas Struth?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20120110p2


>>>Diatribe [unwomaned] (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20131102p4


>>>Anonymous Installation, Tokyo Station Underground Concourse, January 25, 2014 (after Shigeo Anzai [Anzaï]?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140126p2


>>>Before a hunting scene (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070114p2


>>>A hunting scene (after Jeff Wall?)

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070117p2




Pictures : July 6-July 31, 2005, Gallery Hyundai. (書籍, 2005) [WorldCat.org]

Pictures : July 6-July 31, 2005, Gallery Hyundai.

著者: Kaellŏri Hyŏndae (Seoul, Korea)

出版: Seoul : Gallery Hyundai, 2005.

ジャンル/形式: Exhibitions

関連の人物: Dirk Braeckman; James Casebere; Sharon Core; Thomas Demand; Roe Ethridge; Claus Goedicke; Yoon-Jean Lee; Vik Muniz; Jane Wilson; Louise Wilson

ドキュメントの種類: 図書

すべての著者/寄与者: Kaellŏri Hyŏndae (Seoul, Korea)

OCLC No.: 670288513

注記: Catalog of an exhibition held at Gallery Hyundai, Seoul, July 6-31, 2005.

Includes works by Dirk Brackman, James Casebere, Sharon Core, Thomas Demand, Roe Ethridge, Claus Goedicke, Yoon-Jean Lee, Vik Muniz, and Jane & Louise Wilson.

物理形態: 1 v. (unpaged) : col. ill. ; 24 x 28 cm.

その他のタイトル: Photographs of Dirk Braeckman ...[et al.]

http://www.worldcat.org/title/pictures-july-6-july-31-2005-gallery-hyundai/oclc/670288513


◇ 2005: Pictures - Dinaburg Arts

Pictures

Dirk Braeckman, James Casebere, Sharon Core, Thomas Demand, Roe Ethridge, Claus Goedicke, Yoon-Jean Lee, Vik Muniz and Jane and Louise Wilson


July 2005

Gallery Hyundai, Seoul, Korea

http://www.dinaburgarts.com/projects/pictures.html


◇ 새로운 도전, 희망 비전사진학원

http://www.visionphoto.co.kr/wwwhome/news/news_list.html?mode=view&num=218

211 [展示] PICTURES  ビジョンジキミ 2005/07/08

PICTURES 展示場所:ギャラリー現代(02-734-6111) 展示スケジュール:2005-07-06〜2005-07-31 ギャラリー現代は2005年の夏、現代美術の重要なジャンルとして注目されている現代写真界の9作家の展示、「PICTURES」をお楽しみいただけます。今回の展示では、トーマス·デマンド(Thomas Demand)をはじめ、クラウスボディケア(Claus Goedicke)、ジェームズ·加瀬ベル(James Caebere)、ビッチムーニーズ(Vik Muniz)、ジェーン·アン·ルーウィスウィルソン(Jane&Louise Wilson)など、世界的に関心されている作家の作品と、ローイエットリッジ(Roe Ethridge)、シャロン·コア(Sharon Core)、ダークブレーキのみ(Dirk Braeckman)など国内より国際的にさらに注目されている作家はもちろん、国内作家イ·ユンジンの新作も披露です。 今回の展示「Pictures」は、私たちの視野を介して見えるものと写真という媒体を介して受け入れる「現実」や「客観性」について争点化しています。ジェーン·アン·ルイス·ウィルソン(Jane&Louise Willson)とイ·ユンジン、そしてダークブラックのみ(Dirk Breackman)の作品のように真実を捉えているドキュメント的写真技術法を用いたのに対し、トーマス·デマンド(Thomas Demand)とジェームズ·加瀬ベル(Jam Casebere)、ビッチムーニーズ(Vik Muniz)とシャロンコア(Sharon Core)のような作家の作品は、見るものを信じることが対等ではないということ、したがって、私たちの目に見えるすべてのものが「客観的」とか「現実的」ではないということを明らかにしています。 トーマスデマンド(Thomas Demand b.1965)は、デュッセルドルフアカデミーでアンドレアス·ガールスキーAndreas Gursky)やトーマス·ストルース(Thomas Struth)とは異なり、彫刻を専攻した作家としての建築の構造について研究して空間、構造物を作成写真で表現する作家です 。Thomas Demand、Drafting Room、1996 C-print diasec 183.5 x 285 cm ジェームズ加瀬ベル(James Casebere b.1953)は、米国生まれで、実際の場所のように建築物のモデルを製作して、空のスペースの静寂を撮影して、私たちが実際に見て写真のアイデンティティを表現した作家です 。James Casebere、Yellow Hallway 2、2001 Digital chromogenic print mounted on plexiglass 175 x 217.5 cm ジェーン·ルイス·ウィルソン(Jane Louise Willson b.1967)は、姉妹作家としてイギリスロンドンに住んで作品活動をしている作家たちに大きな工場のスペースやパイプを撮ることにより、モダンミニマルな抽象化のような写真を演出します。 Jane&Louise Wilson、Safe Light、Divided Ballroom、2003 C-type print on aluminum in Perspex、180 x 180 x 2 cm ビッチムーニーズ(Vik Muniz b.1961)は、ブラジルで生まれ、1980年から米国で活動している作家です。彼は有名な画家たちの作品を雑誌の中の広告や新聞を利用した非常に小さな部分をモザイク式に操作します。 Vik Muniz、Bouquet、After Matisse(from Pictures of Magazines)、2004 Chromogenic print 255.3 x 182.9 cm シャロンコア(Sharon Core b.1965)は、米国のポップカルチャーを代表するケーキキャンディーを油絵で表現する作家ウェインティーボ(Wayne Thiebaud)の作品を新たに再現する作家で鮮やかな色のケーキお菓子を製作して写真に作業します 。Sharon Core、Bakery Counter、2004 C-print 139.7 x 182.9 cm ダークブレインクメン(Dirk Braeckman b.1958)は、空いているスペースと、物事を白黒写真で表現して、写真の「真実の捕捉」について問題化している作家です。 Dirk Braeckman、ADF-SB4-03、2003、Gelatin silver print on aluminum、180 x 120 cm ローイエットリッジ(Roe Ethridge b.1969)は、米国生まれでファッション雑誌や広告の中のイメージを借用して、コラージュする作業をしている作家で、今回の展示には、自然の風景を光とテクニックを利用して商業写真の芸術的な写真の組み合わせを示しています 。Roe Ethridge、New York Water(White Pine Camp)、2000 C-print 81.3 x 127 cm クラウスボディケア(Claus Goedicke b.1966)は、ドイツで生まれイ·ユンジンと同様にデュッセルドルフアカデミーで勉強した後、一般に馴染みのある静物や物事を、カラフルで絵画的に撮る作家です。 イ·ユンジン(Yoon-jean Lee b.1972)は、写真の歴史の中で最も活発だった1990年代デュッセルドルフアカデミーでベルント·ベホ(Bernd Becher)とトーマス·ラフ(Thomas Ruff))に師事されて日常空間を盛り込んだStill-Lifeシリーズドイツと韓国で活発に活動しています。 Yoon-Jean Lee、Still Life Nr。33、2004、C-print diasec、200 x 164 cm PICTURES リナ者(Reena Jana)1859 年パリのサロンの展示のためにビピョンロンを提出することにしたチャールズしなやかレア(Charles Baudelaire)は、その時点で発生器にあった写真撮影(photography)に対して非常に刺激的な記事を書いたことがある。同氏によると絵画の主観的な視点に比べて写真撮影は客観的に物事を捉えすればそれまでの作家の筆の先端の創造的な視点にろ過いた世界とは全く関係がない別の視点で世界を見ることになるだろうと推測した。彼は警告するように、「真実を認識する私たちの欧米は-きちんと書き込まれるの優れを除いて-美の欧米を無視する」と述べた。つまり、会話は、私たちに時を与える一方、写真は散文を与えるという意味だった。かつて真実を捕捉するためのツールとして、またはメトリックの的に考えていたカメラが、現代の作家たちによって芸術的な想像を表出するためのツールとして使われるようになったことを豊かに見せる今回の展示は、しなやかレアがこの記事を書いた一世紀半が経っこの時点で、もし彼が今回の展示「Pictures」を見たら、自分の文章をキャンセルさせるかという考えまでにする。しなやかレアの言葉をそのまま引用する場合、21世紀の作家たちは写真撮影を最終的に「正常」書くになったのだといえるだろう。現代の写真撮影は、現代美術の中で最も柔軟性のあるツールで写真撮影の歴史だけでなく、絵画の歴史、また彫刻、そしてそれよりもさらに新しい概念芸術ミニマリズムに至るまでに関連している。 今回の展示のタイトルである「Pictures」は、美術で最も多く使われる用語であるメディアイメージにも対応されてよく書けた幅広い言葉である。今回展示されたすべての作品がカメラを使用して作られていることはあった私たちがよく知っている絵や写真はありません。この作品は、一つ一つ見ても展覧会全体的に見ても、写真撮影だけでなく、私たちが知っている「美術」という概念に挑戦状を出した。さらに一歩進め、しなやかレアの文のように写真をただ文書のツールとしての視点に反して「Pictures」の展示に含まれている作品は、私たちが知って受け入れる「現実」や「客観性」を問題化している-カメラのレンズをを通じて、または私達の目自体を介して見えるものについてだ。この作家は、見るものを信じることが対等でないと、このように私たちの目に見えるすべてのものが「客観的」とか「現実的」ではないということを明らかにして。そして、私たちは、この作品の主観性と抽象性を見ることができるようになる。 今回の展示の作品が現代の写真に吹く新しいメトリックな風とそれに対する美術史と写真の歴史に及ぼす影響を理解するには、一度今回の展示の作家たちの中で最も未知の作家の作品から察することが興味深いようだ。これらの中で年齢が最も若い作家の一人であるイ·ユンジンは、ソウルで生まれて美術の歴史の中の写真の歴史の中で最も活発だった1990年代のクンストアカデミーデュッセルドルフ(Kunst akademie Dusseldorf)で有名なベルント·ベホ(Bernd Becher)(そして、ベルント·ベホとヒラベホの弟子であるもう一つの有名な作家トーマス·ルフ(Thomas Ruff))に師事た。ラージフォーマット(4 x 5インチのレンズサイズ)のカメラで撮影した彼女の作品は普通の人が住んでいる空間を捕捉する。しかし、彼女の写真の中の空間は、そこに住む人々は、排除された静物の写真で絵画の歴史の観点の中の静物伝統の中でもでも写真の静止画のテクニックで捕捉した彼らの肖像画のようだ。イ·ユンジンの作品は、目に見えない人物の所有物を対象にして彼らの肖像画を描いたものである。また、イ·ユンジン自分が言うように作品に現れた空間とスタッフはそのまま押されたのであって、実質的に飾るものではない。といって、このスペースを勝手に選んで撮影されたものではない。非常に長く、複数の空間を見て考えた後慎重に選んで撮影した空間である。 例として、「Still-Life Nr.33「(2004)で、彼女は赤いテーブルの上に半飲んだコーヒーカップベルベットにされたソファ椅子の前に置かれた姿を妙な意外な角度で撮影した。コーヒーカップはまた、小さな鏡の前に奇異に置かれていますが、白い自己の形が見る人に鏡の中で重複するようにする。写真の構成で最も手前になる左下のコーナーには、銀色のが私一つヘアピンが置かれている。ヘアピンの銀色の色は、金属製で作られた机の上のランプとコーヒーカラフェを模倣するようである。作家が芸術的にどの人物の所有物を、まるでちょっと席を外した間に捕捉されたように芸術的に撮影をそういえばしたが、彼 ​​女が捉えた写真は、ちょっとの間に撮った写真とは関係が遠い。作家と彼女のターゲットの人物が作り出した空間はなくても作家は芸術的な構成に慎重にフレームして所有物が所有者に代わって代替になるようにした。ヘアピンとミラーとコーヒーまで写真に含まれているすべてのものが時間的空間を超えて記述の中の瞬間的なように、この写真は、最終的に二つの場面の間の瞬間的なものである。この写真を見る観客はどうしようもなく、この写真のすぐ前とすぐ後の日を想像して、写真対象の人物が帰ってきた後にどうなるか?その人が戻ってくる?などの質問をすることになる。 トーマスデマンド(Thomas Demand)もイ·ユンジンさんのようにデュッセルドルフ美術アカデミー(Kunst akademie Dusseldorf)で勉強した。しかし、イ·ユンジンや彼のドイツ人の先輩たち(ベホの学生など)であるアンドレアス·ガールスキーAndreas Gursky)やトーマス·ストルース(Thomas Struth)とは異なり、写真の代わりに作品を専攻した。イ·ユンジンのように、そしてベホの伝統に続いてデマンドまた、写真には見えない人間が住んでいる空間を写真に文書化して解析し、建築の構造への関心を持っています。それに対し、イ·ユンジンやベホとは異なり、デマンドは、写真の中の空間を実際のサイズで段ボール紙を使用して再現し、照明をして撮影をする。この最後に現象されている写真は、最初にモデルにした写真とほぼ同様に出てくる、これは通常使われる写真は、新聞や雑誌、 ​​またはインターネットからプリントして出した写真である。彼作って写真撮影する立体モデルの中にはプール、家のインテリア、またはテレビ局まである。最初の接触で明らかに調べてみることはないものの、、彼がモデルとして作成された空間は、ほとんどの歴史的な重要性を持つ場所である。例として、彼がモデル化された場所の中で、2000年米国大統領選挙でジョージ·ブッシュGeorge W. Bush)の大半の選挙の証明を問題化していたフロリダ州(Florida)の選挙の場所があり、またはサダム·フセイン(Saddam Hussein)が米国の兵士たちから生け捕りにされたイラクの地下の隠れ家的なキッチンもある。デマンドが作成された写真は、彼が最初に新聞などで切り抜き写真とほぼ似たことを見私たちはしばしばメディアで見る写真の信憑性を問うされ、歴史自体の変化資格と朴弱、そしていつまでも気まぐれな歴史の性質を見ることができるようになる-どのような火災が宣伝運動と広報活動に応じて変化する様子、またどのよう政府の機関が道徳的腐敗に弱く、そして戦争時に政治制度というものがジョンイトジャンのように簡単に破壊されるなどだ。 ジェームズ加瀬ベル( James Casebere)また、デマンドのように実際の場所を撮影したようにモデルを作成し、そのモデルを写真に撮った。その中、米国前大統領トーマス·ジェファーソン(Thomas Jefferson)が住んでいたバージニア州モンティチェロ大農場がある場合は、ドイツベルリン市の下水道があり、または教会の写真もある-しかし、カゼインベルの写真のモデルは、完全仮想化の場所だ。加瀬ベルの最近の作品は、空っぽの空間にガラスのような水にロックされたエレガントなモデルにApse(1996)とYellow Hallway 2(2001)などがある。加瀬ベルの姻戚がいないがらんと空間の、まるで捨てられたような、生命のない姿は、有名な写真家ユージンアート第(Eugene Atget)の写真の中で暗く空っぽパリの建物との距離、そして戸口を捕捉した様子を連想させる。加瀬ベルの作品が展示されたとき、彼は戦略的に写真を展示する、彼は重量のある作品をこの作品の美しくも終末的な空間に誘う入り口に使用する。加瀬ベルのインテリアシーンは、実際に小型の建築モデルであり、水に浸かった効果を駆使するに使われた水は、easy waterという流動性プラスチックで、主に鉄道模型を作るファンがモデル湖を作成するときに使うものである。加瀬ベルも雑誌、 ​​新聞や本の出版された写真にとしてより作品の出発をサムヌンダ。そして、一つ一つのバンタム人形サイズのモデルを慎重に作成写真を撮る。デマンドのよう加瀬ベルも写真撮影を作品自体というよりは作品の最後の段階で見る。加瀬ベルの作品は、私たちにとって、私たちの目に見えるすべてのことについて、もう一度質問に、また、デマンドと同様に、私たちが見る写真のアイデンティティを問題化するようにする。また、彼は写真家であると同時に彫刻家と見なければならない。彼の作品は、空間、特に建築的な空間を、小さなスケール路でも扱うからである。彼は自分の作品を最後の段階で写真撮影するということは、間接的にロバートスミソン(Robert Smithson)と一緒に写真を作品の記録として使用し始めたこれらの関連結ぶようにする。スミソンの「土地公社」シリーズの中で「スパイラル埠頭」(Spiral Jetty)が作品自体であるかの作品を写真で記録した文書として認知不確かさの中で議論したのと似ているからである。 これに対し、ジェーン·ウィルソンとルイス·ウィルソンは、実際の現場を直接撮影する、といって従来のドキュメント的な写真撮影を書くだけすることができません。これらの作品は、驚くべきことに、抽象であるからである。今回の展示に出品された作品は、彼らの"Safe Light」(2003)シリーズの中でいくつかの作品なのに、高度技術のハイテク機器と機械を素材としたインテリアを主に撮影した。ドキュメンタリーのような性質を持つこの作品は、意外にもクラシックミニマリズムの冷たい抽象化的な感じを与える。Safe Light、Divided BallroomとSafe Light、Ballroom、両方順次並ぶ白い照明の、白い天井パネルの、正6面体のテーブル、そして白い長方形のキャビネットなどを実用的な同時Donald Judd(ドナルド·ジャッド)、Sol Le Witt(ソル·ル·ウィット)、Carl Andre(カールアンドレ)、またはEva Hesse(エヴァ·ヘッセ)のような彼らの作品の構成を連想させる。もう一つのシリーズの中で、「Fab Unit "(2003)でウィルソン姉妹は、ビルのパイプや、電線の、チューブ、またはバルブなどを撮影したが、このような工業的な空間を芸術的に想像したウィルソン姉妹は、写真のプロアルテミンを介して完全に神秘的な抽象化で再び変形させる私たちにとって多分Gerhard Richterの空中で撮影した都市風景を見ているような感覚を持つようにしながら、極めて平凡でつまらないな物事がまさに私たちの目の前で不思議して不思議な構成になるようにする。 ウィルソン姉妹と一緒に今回の展示に含まれているすべての作家たちのように、ダークブレインクメン(Dirk Braeckman)もふりを持っていない空き領域と堅くかエレガントなもの、そして写真の「真実の捕捉」について問題化するものに魅了されている。彼は黒と白の写真を撮影するために、壁にもたれている椅子やモドンプン食卓セットがドアの間にプアルテミンがされていそうに見え、また、ガラステーブルの上に映されたレースカーテンの反射された姿がすべての香水のノスタルジックジアを呼び起こす。このような彼のテクニックは、写真に撮られたものとスペースの過去の強い認識を吹いてくれる19世紀の写真家アート第(Atget)の感性と現代のインドの作家だけだモニターシン(Dayanita Singh)の白黒で撮影した空のスペースこの歴史性を浮かび上がらせる。 クラウスボディケア(Claus Goedicke)も素朴ながら優雅なイメージを追求するために、一つの他の面といえば、彼は活気に満ちた色を使用するというものである。高ディーの作品は、モドンプンの静物画のようだよジオモランディ(Giorgio Morandi)のような作家を連想させるし、モランディのように、彼もやはり普通の病気やボウルなどを捕捉する。そして、モランディのように、市販の病気や器などを決め見えなくして、未登録商品のように-サインではなく、形としてのみ-使用する。彼の先輩たちのように、彼も体の清潔と見覚えがあるイメージを使用することに関心を持っています。彼はまた、市販の雑誌の写真撮影のようなテクニックを使用して、物事を合理化の直接的なマナーで整形する。もちろん、同時に美術史にも挨拶しながら高ディーはフォーヴィスムの画家たちが主に使うセクドゥル、例として濃い赤色、オレンジ色、またはピンクの色を主に使用する。私たちはもう一度、彼の作品の中で仮想体験をする写真の歴史の遠い昔をさかのぼって、ウィリアム·ヘンリー·フォックスタルボ(William Henry Fox Talbot)さんが、19世紀に並んで並んでいるものを撮影したことを浮かび上がらせる。フォックスタルボさんがいたままとボディケアのものを次々と立っている兵士たちと似た姿で陳列して撮影するのが特徴である。 写真の歴史にもう一つの参照をザラザラとボディケアの作品は、1920年代のエゾニュウサクリカイトの動き(Neue Sachlichkeit)のロザリンド·クラウス(Rosalind Krauss)が言った「蓄積の反復的なリズム」(「repetitive rhythm of accumulation ")を浮かび上がらせており、1920年代写真家たちがこの時の記録に対応のモデルを伴うことを教えている。このデスクトップから見ると、高ディーがガラスびんを続けリサイクルした素材で書くことは写真が早く実用的にも芸術的にも使用時点で、理解することができる。 ニューヨークの呼びクリーン生まれの作家ローイエットリッジ(Roe Ethridge)もやはりリサイクルと再収容の美的哲学を、今回の展示に出品されたすべての作家たちと一緒に共有する。デマンドと加瀬ベルガモ本や雑誌で見つけた画像を使用するように、エリッジも見つけた画像を使用して、新しいものを創造する。彼女が使用するこのテクニックは、1920年代のハンナハルク(Hannah Hoch)がプリント広告物を切り抜き作品に貼りコラージュを作成したのと同様である。エリッジの作品は、自分が切り抜き書く広告写真だけ大衆雑誌風にしたスタイルファッション雑誌旅行雑誌の満月の写真や木に囲まれた湖のようだ。彼女は写真の歴史の中の歴史性を参照するだけでなく、近代の写真の歴史の中で写真が継続的に芸術と産業を合流する起因する。 ビッチミューニーズ(Vik Muniz)また、再生したことを再生する作家だ。彼有名になったきっかけは、チョコレートシロップで描いた絵を写真撮影してあった。彼の特徴的に知られている作品は、有名な画家たちの作品を非常に小さな破片にモザイク式に再現するものである。例として、Bouquet、After Matisse(from Pictures of Magaznies)」(2004)は、フランス印象派の画家マーティ書きの油絵を雑誌の部分で作ったものだ。彼は雑誌の作品を一つ一つ丸い穴を作る機構で切り取って無数にモザイクを飾った。ムーニーズの作品は、綿密な計画の中で誕生したものである。彼はマーティ書きのオリジナル油絵の色一つ一つをプリント広告染色の中でいちいち見つけたのだ。そして不思議なことに、私たちは彼の立体的な紙の層の中ではほとんど融和的な効果を見つけることができるだろう。ミューニーズの他の作品の中で「New York City by Night、After Bernice Abbot(from Pictures of Diamonds)」もダイヤモンドの写真をいちいち切り抜き、それを切り取った円に代わって作成した、元の作品が油絵ではなく、写真だからこそ、この作品のダイヤモンド一つ一つは、テレビコンピュータ画面のピクスル一つ一つであるようだ。しかし、ミューニーズにとってこのコラージュ自体は作品ではなく、それよりも大きな作品である写真におけるプロセスであるだけだ。かといって、マティスの油絵を再現した、彼のコラージュが記録的だが、ではありません。むしろ、彼はマティスイメージを再利用してプアルテミンをする。ムーニーズテクニックは、デマンドや加瀬ベルのようなものである。 また、コミュニズのようなシャロンコア(Sharon Core)は、ウェイン·ティボー(Wayne Thiebaud)の油絵を新たに再現して、彼のケーキ、パイ、そしていくつかのデリカテッセンなどを幻想的カラフルピンクと青の色で(そしてとてもおいしそうなリアルな色のチョコレート色に)描いた後の写真を撮った。コアの写真の色と構成が融和的な面は、TiVoのキャンバスでの油絵が写真的なものだけに信憑性がある。コアの作品の中で「Candy Corner」(2005)は、37年前ティーボの同名の油絵を記録するために写真を撮ったのか、自立的な写真であるか、もちろん私は、、到底区別がつかないほどである。彼女がティーボの党とデリカテッセンを入念に調査したことが明らかに入って出るほど明確な再現作なのに、彼女のチョコレートコーティングは、針を回しするほど輝いて見えて、キャンディの表面は、ボトルの中に働いても光沢が出る程度である。コアは、カウンターの棚の一つ一つまで、TiVoが特徴的に書いたピンクと青、黄と緑の塗りした彼の太い筆運びまで丁寧に再生した。 今回の「Pictures」前で見られるように、写真撮影は続け変遷してフォックスタルボ( Fox Talbot)の「Pencil of nature」以上のうち広げて行っている-これは現代の歴史的なパスで、もししなやかレアが今生きていれば、間違いなく大幅に衝撃を受けただけのことである。そのような一方多分19世紀末から20世紀初頭に融和的な効果を写真に構想しようと追求した映像主義的写真家たちにはあまり驚くほど奇妙なものではなかったかもしれない。「Pictures」前の作家たちは、モダニズムと現代美学に(特にミニマリズム、抽象性、そしてコンセプトアートなどで)部分まで付いた作品を作るにはしたが、言葉だ。ここに展示された画像は、写真とすることができる。種類を区別することが、もし不適切なされた場合、美術の様々な媒体の本が不確実したのか-それはカメラのせいか、カメラがあってもそのようにされたのだろうか?それに対する答えを探そうとするのは、現在のと同じくらい、過去が重要だと考えている。ラズロ某ホーリー-ナギ(Lazlo Moholy-Nagy)がいつか言ったように、「新しさの創造の可能性は...よくゆっくり発掘され、古い形、古い楽器、あるいは古い設定が新たに表示されるものにジトバル付ける前の最後の陶酔的にピア南通ってある。」 著者であるリナ者(Reena Jana)氏は、ニューヨークに住んで活動している美術評論家/編集可です。彼女の物語はBookforum、Artnews、Art in America、Art and Auction、Time Out New York、Wiredなど米国の広く知られている多くの芸術雑誌に載ります。彼女はまた、2006年に出版され予定New Media Art(新しいメディア芸術)の共同執筆者である。 参考文献: (1)Baudelaire、Charles。「The Modern Public and Photography、「Trachtenberg、Alan編集。Classic Essays in Photography。New Haven、CT:Leete's Island Books、1980、p.85 (2)Baker、George。「Photography between Narrativity and Stasis:August Sander、Degeneration、and the Decay of the Portrait、 "October 76、Spring 1996 (3)Benjamin、Walter。「A Short History of Photography」in Trachtenberg、Op。Cit。、p.212

google自動翻訳。しかし、いろんな物事が繋がってくる感じ。


◇ V.A. / Pictures - SO BOOKS 新着ブログ

韓国のギャラリーHYUNDAIにおける展示に際して刊行。掲載作家は以下のとおり。ディルク・ブレックマン (Dirk Braeckman)、ジェームス・ケースベア (James Casebere)、シャロン・コア (Sharon Core)、トマス・デマンド (Thomas Demand)、ロー・エスリッジ (Roe Ethridge)、クラウス・ゲディケ (Claus Goedicke)、ヨーン・ジャン・リー (Yoon-Jean Lee)、ヴィック・ムニーズ (Vik Muniz)、ジェーン&ルイーズ・ウィルソン (Jane & Louise Wilson)。本体小口付近に一部凹み傷あり。それ以外は良好。

http://sobook.blog9.fc2.com/blog-entry-3366.html

再録(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090511#p3)+α

■Yoon Jean Lee(ヨーン・ジャン・リー)を再チェック

西澤諭志さん(id:areti)の個展(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090505#p2)を拝見したことをきっかけに。


◇ Yoon Jean Lee - Deutsche Börse Group

http://deutsche-boerse.com/dbag/dispatch/en/kir/gdb_navigation/about_us/30_Art_Collection/40_artists/02_F-L/41_lee


◇ Artist Pension Trust - Yoon-Jean Lee

http://www.aptglobal.org/artist_profile_page.asp?ID=5671&ImageID=3553


◇ Yoon-Jean Lee - Past Auction Results

http://www.artnet.com/Artists/LotDetailPage.aspx?lot_id=3070CD5864E0C0AB0BD025A066FB2926

http://www.artnet.com/Artists/LotDetailPage.aspx?lot_id=3070CD5864E0C0AB503355A9A49E6CB5


◇ Photography Explores Space in 'Flash Cube' - The Korea Times

http://www.koreatimes.co.kr/www/news/art/2007/07/148_5898.html


----


◇ LEE Yoon-Jean 이윤진 (ja) - Artist Pension Trust

http://www.aptglobal.org/ja/Artists/Page/5671/LEE-Yoon-Jean


◇ Yoon Jean Lee (Contemporary Art Daily)

“The Inner Life of Things” at Frankfurter Kunstverein

http://www.contemporaryartdaily.com/tag/yoon-jean-lee/


※Yoon Jean Lee - Google 検索

https://www.google.co.jp/search?q=Yoon+Jean+Lee&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=_0pzVJm5FYW2mQWL1YCoCQ&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1436&bih=806

Roe Ethridge - Wikipedia, the free encyclopedia

Roe Ethridge is a postmodernist commercial and art photographer, known for exploring the plastic nature of photography - how pictures can be easily replicated and recombined to create new visual experiences. He often adapts images that have already been published, adding new, sculpted simulations of reality, or alternatively creates highly stylized versions of classical compositions, such as a still life bowl of moldy fruit which appeared on the cover of Vice magazine,[1] or landscapes and portraits with surprising elements.[2] After participating in the 2008 Whitney Biennial,[3] his work has been collected by several leading public museums, including the Museum of Modern Art, Institute of Contemporary Art, Boston, Museum of Contemporary Art, Los Angeles, and the Tate Modern. In 2010, his work was included in the MoMA's 25th Anniversary New Photography exhibit.[1]

Born in Miami, Florida, in 1969, Roe Ethridge grew up in the Atlanta, Georgia area. He attended Florida State University and graduated with a BFA in Photography from the Atlanta College of Art.[4] In 1997 he moved to New York City[5] and started his commercial photography career, over time providing catalog images, editorial and fashion shots, and working for publications including New York Times Magazine, Allure, Spin, Vice and Wired.[5] The same year he moved, he also had his first solo exhibition, in Zurich, Switzerland, and participated in the Atlanta Biennial, at Nexus Contemporary Art Center.[4] By the 2011 Deutsche Börse Photography Prize competition, the Jury advanced him to the four finalists.[6]

In 2002, Ethridge married fashion model Nancy Hagen.[7] They live in Rockaway Beach, Queens and his studio is in Brooklyn, NY.[8]

"American photographer Roe Ethridge became a recognizable force in the fine art world with his serene but subversive portraits, still lifes, and landscapes." -James Lim, New York Magazine, 2012[8]

Ethridge is widely regarded to have been influenced by fellow photo artists including Thomas Ruff, Michael Schmidt, and Christopher Williams.[3] Critics have frequently noted his seamless switching between commercial assignments and fine art photography.[3] As a commercial photographer,[9] beyond contributing to many magazine editorials, his clients have ranged from fashion, including Balenciaga and Kenzo,[8] to corporate, such as Goldman Sachs.[10] He often appropriates his own work as commercial photographer — as well as newspaper, catalog and stock photography — for his museum and gallery shows.[11] According to the curators of the MoMA: "The pictures acquire their meaning from the salient way in which they have been shuffled, sequenced, and laid out in nonlinear narrative structures. His prints vary widely in scale and source material.[12] Combining and recombining already recontextualized images, Ethridge at once subverts the photographs’ original roles and renews their signifying possibilities."[13]

In 2009, Ethridge returned to a studio-based approach after the international location shooting for his project “Rockaway.”[14] In his 2012 series "Interiors", he investigates the broad world of personal space, featuring images of his own home and studio, magazine photographs of staged bedrooms inspired by the suburban aesthetic, and billboard advertisements.[15]

Ethridge's work has been shown in the United States and internationally, including: Greater New York, MOMA PS1 (2000), The Americans, Barbican Center, London (2001), Hello My Name Is…, Carnegie Museum of Art (2002), Momentum 4: Roe Ethridge, Institute of Contemporary Art, Boston (2005), Whitney Biennial (2008), New Photography 2010: Roe Ethridge, Museum of Modern Art, New York (2010), and Les Recontres D’Arles, France (2011).[16] A major survey of his work, curated by Anne Pontégnie, originated at Le Consortium Dijon, France, and opened at Museum M Leuven, Belgium.[17]

http://en.wikipedia.org/wiki/Roe_Ethridge

再録(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20140327#p2

■James Casebere

http://www.jamescasebere.com/

ウェブサイトがあるのを最近になって確認。

ピクチャーズ・ジェネレーション関連。

このタイプの作品について考えるときに、

ワークショップでも言及できていなかったのでメモ。


◇ James Casebere - Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/James_Casebere

CalArtsでJohn BaldessariとDouglas Hueblerに学ぶ。

現在リプリゼントされているギャラリーは、Sean Kelly Gallery、Lisson Galleryほか。

かつてはSonnabend Galleryで作品を発表。


◇ James Casebere - Artist Biography - Sean Kelly Gallery

http://www.skny.com/artists/james-casebere/


◇ James Casebere | Artists - Lisson Gallery

http://www.lissongallery.com/artists/james-casebere

SMBHmag | SuperMassiveBlackHole online photography magazine

http://www.smbhmag.com/

チンポコモン - Wikipedia

Chinpokomon(チンポコモン)はサウスパーク第3シーズン第10話(通算42話)のエピソードである。アメリカでは1999年11月3日コメディ・セントラルで初回放送された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3

Thirty Minutes Over Tokyo - Wikipedia

Thirty Minutes Over Tokyo(サーティーミニッツオーバートウキョウ)は、アメリカアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』の第10シーズン第23エピソード。FOXテレビ1999年5月16日に放映された。タイトル1944年の映画 Thirty Seconds Over Tokyo(邦題『東京上空三十秒』)のパロディ

http://ja.wikipedia.org/wiki/Thirty_Minutes_Over_Tokyo

『あめちゃんの境界線はどこ?』調査 - ウィふり調査団|freeml byGMO

関西地方ではあめ(キャンディ)のことを「あめちゃん」とよく言います。しかし、関東では言わない事を知り関西を中心にどの地方までが「あめちゃん」と言うのか気になって仕方がありません。私では到底無理な調査ですので、ぜひお願いしたく思います。よろしくお願い致します。

兵庫県 tamayoさん)

http://www.freeml.com/wefree/say/candy/