Übungsplatz〔練習場〕 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-08-18 THEスマートろっく!

特権的肉体論 | 現代美術用語辞典ver.2.0

特権的肉体論

Tokkenteki Nikutai Ron

状況劇場主宰者である劇作家唐十郎が、訓練された普遍的な肉体としてではなく、各役者個性的な肉体が舞台上で特権的に「語りだす」ことを目指した演劇論。著書である『特権的肉体論』をはじめ複数エッセイで展開された。「東北農村の貧婆」が過酷労働の後に土手でしばらく自慰するイメージを通して、唐は肉体をそう価値づける貧婆の特権的時間追体験できず、見る者はそう価値づけられた「特権的肉体」を目にすることになるとした。特権的時間へ向けた探究文学の内に見る一方、演劇目的特権的肉体の内に位置づける唐は、そこに既存演劇観への批判を差し向けた。スタニスラフスキー俳優術を批判対象として例に挙げながら、唐が求めたのは、役者尊厳ある芸術的普遍的な肉体へと訓練されることではなく、卑俗的で現実的な個々の役者に根ざす特権的肉体が「劇的なイリュージョン」となって舞台に登場することだった。「肉体の花鳥風月」を待望し、役者の肉体が特権的に「語りだす」ことを目指したこの演劇論は、実践的には、麿赤兒らきわめて個性的役者とのリハーサルのなかで、演出家役者状態を見ながらあて書きを行なったり、「私的ドラマ」を肉体の背景に読み取ってゆくことでキャラクター形成して行く独特の演出方法として展開された。実存主義的な「いま、ここ」にある肉体を「特権的」と称するこの演劇論は、当時の若者にとって人生論でもあった。

著者: 木村

http://artscape.jp/artword/index.php/%E7%89%B9%E6%A8%A9%E7%9A%84%E8%82%89%E4%BD%93%E8%AB%96


唐十郎特権的肉体論』要約 documents/ウェブリブログ

http://42286268.at.webry.info/201412/article_7.html


唐十郎-芥川賞受賞作家芥川賞のすべて・のようなもの

佐川から手紙」(『文藝昭和57年/1982年11月号)

http://prizesworld.com/akutagawa/jugun/jugun88KJ.htm


アングラ劇団アングラ時代

http://www.quintrix.jp/i/