Hatena::ブログ(Diary)

今日の独り言

2018-05-15 庭木剪定、施設職員の歌詞作成/ガザ抗議激化で死者58人

夏日に中、庭木の梅、金柑、柚子、枝垂れ桜の枝が繁茂したので脚立の乗って剪定し大汗をかいた。昼食後、施設での歌声伴奏に出かけるのに剪定を行ったことを悔いたが後の祭り。シャワーも浴びる時間もなく迎えの車に楽器と共に乗り込んだ。施設で歌詞ポードをお願いしたら職員さんがPCで大文字歌詞カードを作り集まってくれた高齢者に配ってくれた。その手際のよさに感激した。そのこともあって童謡8曲大いに歌って楽しんでいただいた。帰宅して、図書館に出かけたが夏日の強い日差しだが涼しい風が快く感じた。

<ガザ抗議激化で死者58人>

イスラエルの米大使館がエルサレムに移転した14日、パレスチナ自治区ではこれに抗議する市民とイスラエル軍による衝突が各地に広がり、ガザでは死者58人、負傷者2700人以上に達したもようだ。15日は、イスラエル建国により、パレスチナ人が土地を追われた「ナクバ」(大破局)と呼ばれる日で、衝突が拡大しないことを願うばかりだ。事の起こりはガザとイスラエルの境界沿いのフエンスを乗り越えようとしたパレの人々に対し、イスラエル軍が実弾発泡。死者の中に子どもが少なくとも6人が含まれている。パレスチナ自治区のアッパス議長は「虐殺だ」とイスラエルを非難米国に対しては「米国による入植だ。米国中東和平の仲介者にはもうなれない」と批判。イスラエルのネタニヤフ首相は「すべての国は国境を守る義務がある」と攻撃の正当性を協調した。