Hatena::ブログ(Diary)

謎鳥 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-07-10

[]衝撃の六人目登場とコンビ結成に秘められた絆 『そふてにっ』 3巻

そふてにっ(3) (BLADE COMICS)

そふてにっ(3) (BLADE COMICS)

完全にぶっ飛んだ妄想思考と全裸にオオサンショウウオと、

当初から話題性を振りまいていたのみならず、

つい最近では見た目の絵柄に反して作者自身が萌え系作品であることを否定したことで

別な意味でも話題となった本作も3巻目。

今回は前回のラストから続く合宿編の後半と、

スポーツものであることを胸を張って言える熱血スポ魂的な回想話に、

ついに現れた6人目の新入部員とバラエティ豊かとなっています。

確かにギャグはかなりインパクトも強いし、明日菜の妄想も絶好調なわけですが、

それ以上に熱さを感じ取りました。

まさかのオオサンショウウオが主役の番外編も収録されていたりして、

色々な意味でびっくりな今回でした。


前半パートの合宿編は笑いあり、ラブコメあり、バトルあり。

あれ?主人公って琴音でしたっけ?

と言わんばかりの大活躍っぷりを見せてくれています。

f:id:n-kashima:20100710034653j:image

ちょっとした誤解でミッシー争奪戦に負けたと勘違いして、

合宿中なのに旅に出るとか失踪しながらの顔芸。

f:id:n-kashima:20100710034650j:image

うん、これは素敵なベヘリットです。

この手のシュールな顔だと最近では青鬼とかあったりするけど、

さすがにこっちはマイナーなのでネタには使われ難いのが寂しいところ。

誤解が解けた後は完全にヒロインモードに突入してたりもするんだけど、

やっぱり顔芸が入ったり・・・

そんな状況を知ってか知らずか、

岬さんとの試合で雌豹モードに入ってる明日菜は本当にキャラがぶれないなぁ。

f:id:n-kashima:20100710034651j:image

主人公のはずなんだけど、ヨゴレ担当でもある妄想は伊達じゃない。

合宿編に限らず、本作の中核を担う一大要素が妄想であることを見事に感じます。

そしてこの合宿編の裏MVPが岬さん。

全国最強の名は伊達じゃない飛びぬけた強さもさることながら、

強いだけじゃなくて可愛い物好きな一面もまた全国レベル。

f:id:n-kashima:20100710034652j:image

寝具は『ニャン太郎』一色だし、こっそり猫耳を装着して喜んでみたり。

立場的にいずれはラスボスとして立ちはだかってくるんだろうけど、

可愛いもの絡みではある種いじられ役にもなってしまう立ち位置は変わらないでいてほしいですね。


熱さを熱く感じ取れ!その魂を!

確かに前回も赤玉とのガチ試合は非常に熱かったのですが、

今回のメイン主役級の二人・明日菜と琴音が

今のようにペアを組むに至ったエピソードがまた熱かった。

元々空手家の琴音が入部したのはいいものの、

個人競技でやって来た関係で、当初は明日菜とペアを組もうとしないんですねこれが。

f:id:n-kashima:20100710034654j:image

それがとあるきっかけを機に一気にベストパートナーとなって・・・

1+1=2ではなくて、1+1=∞になる、それこそがパートナー。

f:id:n-kashima:20100710034655j:image

ぅーむ、王道パターンに沿っていながらやっぱり熱い。

この時点ではまだ部員は5人、全員がペアを組むと一人あぶれてしまう。

と言う事で、6人目の部員も新たに参入し、

未だパートナーがいなかったエリにもついにパートナーが。

ただ、これまた凄まじく濃い御仁でした。

霊感体質で、今は亡き姉の意思を継ぐ・・・

f:id:n-kashima:20100710034656j:image

と思ったら姉の霊が憑依して、健気な眼鏡っ娘が暴君に変貌してしまうとか、

一粒で二度美味しいを通り越して一粒の半分で十分です。

たぶん、姉降臨時は暴走してバーサーカーモードに突入している千歳さんと並んでヤバい。


そして本作のマスコットキャラとも呼べるオオサンショウウオ

気が付けば準レギュラー状態に近付いてきたりしているし、

着実にその地位を確かなものにしてきてます。

番外編でついに主役の座を獲得した彼に向かうところは敵なし。

f:id:n-kashima:20100710034657j:image

脳内ボイスは何故か関西弁だったり、

色々と考えてはいても結局はいい人ならぬ

いい天然記念物な行動をしてしまう憎めないキャラをしていたり。

そのうち、普通にコートで試合とかするようになるんじゃないかとか、

いらぬ心配をしてしまいそうになります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/n-kashima/20100710/1278701459