Hatena::ブログ(Diary)

謎鳥 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-10-20

[]おっぱゐゴルフよ永遠に 『へ〜ん○しん!!〜そなたバーディ・ラッシュ』 5巻

孝二郎を装ってそなたに接近したものの、

偽者であることやゴルフを嫌悪していることまで見抜かれてしまった誠一郎。

そんな誠一郎が葉山ゴルフクラブに訪れ・・・

この10月からアニメそらのおとしものの2期が開始され、

変わらぬ変態っぷりで開幕からバーストしている今期。

同作者である水無月すう氏の変態要素が多分に含まれていた

ゴルフ漫画である本作が完結を迎えました。

変態ギャグをやるときはひたすらに自重しないほど暴走するものの、

シリアスな場面ではきっちりと締める展開の水無月作品らしく

完結へと向かう今回は今までとうって変わってほぼ全編シリアス路線。

一時期は全然ゴルフのゴの字もまともにやってないじゃないかって

盛大にツッコんだときもありましたが、

根本はちゃんとゴルフ漫画であったことや

いくつか仕込まれていた複線の回収などひたすらに激動の展開とラストでした。

勿論変態ノリや最後の最後に明かされる衝撃の事実等もあり、最後まで目が離せません。


止まらぬ憎悪と一人の天才が引退せざるを得なくなった理由。

誠一郎の孝二郎とゴルフへ対する憎悪は次第に暴走し始め、

その矛先はついにそなたたち三人娘にまで及ぶようになり・・・

f:id:n-kashima:20101020020726j:image

気が付けばいじられ役になっていた鷹さんや

ギャグ担当になっていた天華まで巻き込んだ三対一の変則マッチで

圧倒的な実力の差を見せ付けて三人の心を折りにかかる誠一郎は

完全にラスボスであると同時に行き場を失った負の感情が暴走している哀れさも感じさせます。

そんな中ついに明かされた本来ならば二度とゴルフクラブを握ることすら叶わぬ

ずっと謎だった引退した理由とそのような身でありながら

文字通り己の命を賭してかつて天才と呼ばれたゴルファーとして復活した孝二郎。

f:id:n-kashima:20101020020728j:image

バトルものなノリでもあったこのくだりは恐らく本作で一番熱く、泣けるシーンです。

露骨に死亡フラグを立てている孝二郎と、

現役時代ライバルだった黒光が全てを察して流した涙には胸打たれます。

f:id:n-kashima:20101020020727j:image

紳士のスポーツと呼ばれるゴルフですが、

こうして見てみると実は恐ろしく激しい戦いなんですね。

どちらかと言うと紳士は紳士でも変態紳士な展開ばかりだっただけに

珍しくガチでいってるこの場面でより一層そう感じるものがあります。


基本シリアス展開中心でクライマックスを迎える今回ではありますが、

勿論あります変態共の宴。

開幕からゴルフクラブに『雄』の人らも通ってる時点からしてもアレなんですけどね。

直後から誠一郎が登場してシリアス展開に突入するので、

このまま最後まで真面目な展開で大団円を迎えるとかそんな風に思ったりもしました。

が、所々でやっぱりらしい場面は出てきたりもしますし、

最終回で変態的な意味でもきっちり締めるところは締めてくれました。

啓助を筆頭に野郎共が揃いも揃って童貞カミングアウトして

ヒロインに文字通りの意味でやらせろと懇願する最終回って何ぞ・・・

と言うか黒光さん、今まで15本目のクラブだの、

チン長おじさんだのマンゴーマンだの散々暴れておきながらお前もか!

f:id:n-kashima:20101020020729j:image

孝二郎に関する一件で完全に気落ちしてしまったそなたを励ますために

胸を揉んで性欲に訴えかけよう提言する天華もぶれてませんし。

f:id:n-kashima:20101020020730j:image

ここは鷹さんのリアクションが正常だと思います。

しかしこっちの展開になると黒光が光るけど、

そんな黒光すら自分のペースに巻き込んでしまうあゆむさんこそが真の最強かも。


孝二郎たちにそなたたちと真面目にゴルフ寄りな話だった中、

隠れを通り越してある意味真のヒロインとして裏で活躍していたのが佐野さんでした。

孝二郎が元プロであったこと、もう二度とゴルフをすることができない身体であったこと、

全てを知らされてもその上で誠一郎の下に向かった孝二郎の帰りを

料理を作って待ち続けるその姿はいい嫁さんになることがよくわかります。

f:id:n-kashima:20101020020731j:image

しかしその料理は・・・

本編の展開を見た上だとすごく泣けてくるわ。

一方で解体されてしまった会社を再興するため、

何よりも孝二郎の帰ってくるべき場所を用意するために自ら起業する行動力と一途さ。

f:id:n-kashima:20101020020733j:image

全てを覚悟して行動に移した佐野さんマジで格好いいです。

本当は好きなのに私情を出さずに内に秘めたままにしようとするいじらしさもまたたまりません。

そして最後の最後でまさかの孝二郎&佐野さんエンド。

f:id:n-kashima:20101020020732j:image

イヤッホーウ!

今までコスプレに付き合わされたり、チン長おじさんの襲撃を受けてガラパゴス送りになったり、

ひんぬー的な意味でいじられたりと散々な目に遭ってきてたけど、

真のヒロインとして全て持っていってしまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/n-kashima/20101020/1287508214