Hatena::ブログ(Diary)

Namiei Diary in Ithaca and Oxford

2013-05-29

After Bangladesh, labor unions can save lives

バングラデシュの工場崩壊の後、労働組合の役割に期待。
May 26, 2013, By Lance Compa*1, The Washington Post


バングラデシュの工場崩壊は、1,100人以上の労働者を死亡させた。
この事故をきっかけに、消費者は、世界中のサプライチェーンの工場に生産を下請けに出しているブランド企業の説明責任を問うようになった。
しかし、悲しいことに、このような工場での悲劇の歴史は、豊かな国の消費者たちが激しい憎しみを表明し改革を要求した後、労働者に対するより良い保護の要求は消え失せ、安い衣料品への市場が永続してきたことを教えている。
このサイクルは、変化への要求が労働者労働組合を結成する権利に注目し始めたときに、断ち切られる可能性がある。


The factory collapse in Bangladesh that killed more than 1,100 workers should be a pivot point for the global apparel industry, moving consumers to demand more accountability from brand-name companies that subcontract production to supply-chain factories around the world. Sadly, the history of workplace tragedies in so many of these factories suggests that after consumers in rich countries express horror and call for reforms, the demands for better worker protections die down and the marketplace for cheap apparel abides. But this cycle can finally be broken if demands for change start to focus on workers’ right to form trade unions.

In the wake of labor abuses and workplace tragedies exposed in the 1990s, many apparel brands created in-house social compliance functions and joined “multi-stakeholder groups” with detailed monitoring and certification programs. But the one-day visits and checklist-style monitoring routine in such efforts have not worked....


・・・Compa氏は、中米、ホンデュラスでの工場における労働組合結成の成功事例を挙げつつ、世界の工場で、労働者たち自身による労働組合結成の動きが起きつつあると指摘する。しかし、ベトナム中国など、労働組合政府の管理下にあるようなところもある。

*1:Lance Compa氏はコーネル大学のILR学部(School of Industrial and Labor Relations)で国際法を教えている。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/n-namiei/20130529/1369848171