Hatena::ブログ(Diary)

SE街道まっしぐら RSSフィード Twitter

2013-09-28

[][] DevOpsDays Tokyo 2013に参加してきました

DevOpsDays Tokyo2013に参加してきました。その参加した内容をメモ。


目的

ここ最近、DevOps系のカンファレンス勉強会にことごとく参加を断念してきてたので、

1日まるっとカンファレンスに参加することで、現在の自分の知識を、最新にアップデートしたい。


概要

海外ゲストから学ぶ DevOps の最前線CI/CD の先にあるもの〜

国内外のリードエンジニアセッションやオープンスペースでの交流を通じ、

CI/CD の先にある DevOps の真髄を感じ、語り合い、学ぶイベント

当日のプログラムは、こちら


セッションの詳細

参加したセッションを列挙してみる。


(1) Making Operation Visible

Speaker: Nick Galbreath( @ ) さん.
発表資料

Continus Deliveryについて多く話してきたとのこと。

DevOps はコミュニケーション。目に見えないは、価値の無い。

ここでは、StatsD + Graphite によるデータ見える化について。

Graphite https://github.com/graphite-project

情報収集方法は、

StatsD(etsyで導入された) に入れる

ユーザの動きをグラフ化する。導入しない言い訳は通用しないよ。できない理由を挙げてるだけ。

グラフ見える化すると、コミュニケーションが促進される。

cf. fluentd + GrowthForecast


Memo
  • StatsD + Graphite でのInstallation 方法について調べる

(Sponsor Session)DELL

Dell Open Cloud ECO system/ Hadoop, OpenStack

Dell / Devops のアプローチは、コンポーネントスタック

プロダクト: Crowbar( https://github.com/crowbar/crowbar )

=> このプロダクトの Mission: A Zero Touch Cloud Installer

OSCA の設立 ( Open Standard Could Association) (http://dell-osca.jp/ ) 技術資料も順次公開

Dell デックセンター( http://en.community.dell.com/techcenter/default.aspx )


(2) Sensu to Introduction

Speaker : Sean Porter( @ )インフラ自動化を支援。

発表資料 : http://slides.sensuapp.org/#1 (9/29追記)

Sensu :http://sensuapp.org/

SensuのGithubhttps://github.com/sensu/sensu

ボストンSonian社 で作られたプロダクト

Nagiosで問題が出てきてたから作った。

Sensu のInspiration

  • Unix phillosophy.
  • Japanese culture. => 竹(しなやかで、かつ、弾力性があり強い)

システム構成は、API / redis / Rabbit MQ

Sandbox での Sensuを使ったDemo。

なんでrubyを使ったか?puppet,chefrubyで作らていること。自分rubyが好きなこと。多くの人に簡単に使ってもらえるように ruby を選択した。

sensuのデモで使ってたPagerDutyは、日本だと Twilio でできるらしい。

Memo

Lunch Time

復興支援弁当いただきました。

f:id:n-sega:20130928121546j:image


(Sponsor Session) MS/ cookpad/ VOYAGE GROUP / VMware

昼食後で頭がはたらいていませんでしたorz

Memo
  • AWS/ auto scaling 方法を詳しく知らなかったので調べる。ハンズオンあったら参加したいなー。

(3) Taking Devops to the Next Level / Puppet eco system

Speaker :Max Martin (@ ) puppet labs
発表資料 :後で書く
内容:Puppet 3.0 の紹介.

https://github.com/puppetlabs/puppet

PuppetDBは、信頼性を持たせたかったためPostgreSQLベースとしている

PuppetDB自体のソースは、Clojureで書かれているため、JVMで動く。

これがかなり功を奏しているらしい。

Mcollective

Puppet Documentation ? Documentation ? Puppet

puppet forge でpuppet用のmoduleを公開可能。

Demoには、前のセッションであったgraphite を使い易くしたのを試すために

forge.puppet を経由してdownlodしてみる。

http://forge.puppetlabs.com/

http://forge.puppetlabs.com/garethr/graphite


(4) OPS FOR EVERYONE

Speaker : John Britton( @ ) at GitHub
発表資料

内容:

Githubのprincipale

  • collaboration
  • automation(何が何でも同じ仕事を2度やってはいけない。)

GitHub社で使っている2つのツールの紹介

開発者環境自動で構築するためのConfigurationツール。入社したらすぐに、1日目から環境構築できる。

簡単にいえば、mac版に特化したpuppet

Macにまずは、XCoedのcommand line ツールをインストールする。

※参考:no title の手順参照

オペレーションに利用できるchat bot。社内では、chatops といってる。チャットが共有されているターミナルという考え方ができる。

hubot ルームチャットに入れる.deplyだけできるように権限設定するとか。

※参考: no title


ちなみに、SpeakerのTeriminal のUIは、

no title

graph me コマンドバックグラウンドでは、graphiteが動いている。昔はStatsDだった。


Memo:
  • BOXEN, HUBOT 触る

(5) DevOps時代インフラ構築と開発プロセス

Speaker :AWS 吉羽龍太郎(@) さん
発表資料 :後で書く
内容:

一発一中ではなく、フィードバックループを加速させること

DevOpsは、ビジネスの成果につながるように、現場に対していかに活かしていくか。

DevOps=自動化ではないよ。


大事なこと

AWSについて

インフラコード化する。

Deployを怖くなくするための仕組みをインフラ側に加える。

自動化によって、本質的なことにリソースを注ぎ込めるようになっていく。


Memo

(6) 迷ったら健全な方

Speaker : Cookpad 成田 一生(@) さん
発表資料 : (9/29追記)

内容:

Ops権威的にならないこと。

承認フロー確立すると政治的要素が少なくともでてくる。

仕事がたのしくなくなる。

コミュニケーションで解決できる部分をできる限り多く。

プロダクトのリリースを、Opsは止めないこと。

DevとかOpsとかをいってるのではなく、いかにユーザ価値を届けることができるかが大事

Opsに求められるものは、サーバで動いているものをソースコードレベルで理解できること。

Devに求められるものは、サーバサイドへの興味を。インフラへの影響を意識して。

完璧さを求め続けるのではなく、健全な方を求め続けること。

トレードオフにぶつかったら、ユーザにとって、組織にとって、健全な方を選ぶ。

(9/29追記)

成田さんご本人がtogetterをまとめてくれていました

「迷ったら健全な方」セッションの感想 #devopsdays - Togetter



(7) Effectie Monitoring with StatsD

Speaker : Alexis Lê-Quôc (@)
発表資料


内容:

Obseve => Orien => Decide => Act => (OODA Loop)

  • statsD
  • client libraries
  • graphite
  • datadog.

Memo
  • statsD + graphite 触る

まとめ


おまけ

せっかく海外から招待している人が多かったのだが、英語でのコミュニケーション力不足が否めなかった... =>なんとかする。


参考URL

no title

DevOpsDays Tokyo 2013 企画主旨

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証