Hatena::ブログ(Diary)

エヌの素描

2010-01-02-Sat

[][][] 「違うよ」の強さ

年末年始仕事だ。おごそかで和やかな気持ちで迎えたわけでもない2010年。本当に、今年一年も無事に乗り切れるのだろうか。まぁ「無事に」ってのは、僕の場合「怒られずに」「イライラせずに」程度の薄っぺらい意味なのだが。

…で、今日さっそく怒られた。いや正確に言えば、前回の日記 同様「助言」なのだけれど。ちなみに助言をくれた相手は、前回の日記同様、同僚でもあり役職付きである彼。

いつもはクールな彼が、珍しく熱く語っていた。まぁそこはアレだ、「なるほど分かりました」で大人しくスルーしておけば良かったのかも知れないけれど、彼の答えに対していちいち疑問を返していたせいか、彼もウンザリしていたのかも知れない。彼の口から出る言葉は、ほとんどが否定形

「違うよ」「だからー、違うって」「いやいやいや、だからそうじゃなくて…」

僕はよほど、見当違いな疑問をぶつけていたらしい。僕は、些末な部分で引っかかり過ぎているのかな。理解力が足りないせいなのかな…周りにいた同僚達は、僕の頑なさを嘲笑っているに違いない……そんな不毛な気持ちを抱えたまま、職場を後にした。

帰りの車の中で、僕は消耗しきっていた。残念なことに、彼の助言の半分も覚えていない。「違うよ」「だからー、違うって」「いやいやいや、だからそうじゃなくて…」…こんなフレーズばかりが、頭の中を駆け巡る。

「あぁそうか。否定されるって、こんなに辛いことなんだ」

僕は、日頃の自分の言動を振り返ってみた。考えてみりゃあ、僕は相手を打ち負かすことばかり。打ち負かすためには、皮肉罵倒も厭わない。そんな自分今日、ほぼ全力に等しいくらい否定された。「違うよ」って、強い言葉なんだな。アタマからねじ伏せてしまうくらい、強い言葉なんだな。

そう思うと、何故だか気持ちがスーッと軽くなった。自分が目指すべき場所のためのヒント…なんて、抽象的過ぎるかも知れないけれど、僕にとっては小さな発見だ。そんな、2010年の幕開け。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/n296/20100102

2009-11-22-Sun

[][] 日常の他愛ないフラグ

悪いジンクスはあなたが自分でこしらえた心の障害物です。それを取り除けるのは、それを作ったあなたしかいません。
by マーティン・ルーサー・キングジュニア

ケータイの待ち受け画像が替えられなくて困っている。…いや、画像の設定方法なんか、もちろん分かっている。そんな意味ではなくて、「画像を替えると、悪いことが起こる」というジンクスに悩まされているのだ。

いまのケータイを使うようになって、かれこれ3年は経ったか。機種変更して最初の1年間は、あれやこれやと待ち受け画像を替えて楽しんでいた覚えがある。

現在の待ち受けである“某ゲームキャラクター画像”に替えたのは、いつのことだろう…他の様々な画像に替えてはきたのだが、その途端にセカンドインパクト…とまではいかないが、何やらモヤモヤ&イライラするトラブルに巻き込まれてきた…ような気がする。そんなジンクスがオレの中に根づいてしまったのは…いつのことだろう。

  1. ケータイの待ち受け画像を替えた
  2. → 悪いことが起きた
  3. → あーやっぱり画像を替えたからだ
  4. → 元に戻す

…でもしばらく経つと、オレはハタと立ち止まって考える…「変化を恐れるな」と。…で、意を決して1.に戻るわけだが……負のスパイラル

まったくもって、何の根拠もない話だ。要は、“目新しいこと”“変化”に対して臆病になっているだけだと思う。いま目の前で起きたトラブルと、待ち受けを替えたという“日常の他愛ないフラグ”を、何としてでもリンクさせたいオレがいる。なぜだ。いつからオレはこんなチキン野郎に成り下がってしまったのだ。

…なんて文章を書き連ねているうちに、とある打開策を思いついてしまった。待ち受け変更というフラグの他に、更に多くのフラグを立てちまえば良いではないか。

  • 風呂には左足から入る
  • 逆立ちをする
  • でっかい用を足した後は、前から拭く

ありとあらゆる“日常の他愛ないフラグ”を立てちまえば、いざトラブルと対面しても「…あれ? どれがトラブルのキッカケだったの??」と混乱し、待ち受け変更なんてフラグの意義は薄まってしまうに違いない。なるほど、木を隠すなら森の中か!

…もっとも変化を恐れるオレのことだから、すべてのフラグを否定して止めるだけかもなぁ。何はともあれ手始めに、普段なかなかしない習慣から始めてみようかな。たとえば早起きとか……あっこれ普通に良くね?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/n296/20091122

2009-11-15-Sun

[][] 50TAという才能

さっきまで『ロンドンハーツSP 50TAライブ完全版!』を観てた。

ちなみに、50TAについては下記参照。

狩野英孝−ロンドンハーツでの活躍

テレビ朝日の放送50周年企画として、2009年2月3日放送のSP番組では、前回のドッキリででてきた自作の曲から発展して、「50TA(フィフティーエー)」のアーティスト名で狩野の歌をCD化するという大型ドッキリを仕掛けられた。

ノコギリガール ※歌詞一部/作詞・作曲:50TA

本当この世は

ミステリアスアス 明日へとつながる
ガルガルガールは 女の子

女の子ノコ ノコギリクワガタ
ガタガタ朝方 見つけたよっ

見つけたケタケタ ボールを蹴ったら
アイツがこけたら みなウケた

スーマーイルイル イルカは哺乳類
るいるい 一塁 すべり込みout

(中略)

本当この世は

果てしないない ナイアガラの滝
たきたき 時々肩たたき

ドキドキハートは恋した証さ
カカシが夜更かし怒られた

れたれた あきれたレタスのサラダ
ラダラダ ラクダのチャレンジ精神

チャレンジジンレンジでチンして
あたためためため ためになるアドバイス

…むー、すごい歌詞。韻を踏むことに徹底して…っつーかこんなに脈絡ない“思いつき”的なワードを、よくも躊躇無く並べ立てられるものだ。『明日へとつながる ガルガルガールは 女の子』って。文章として完全に破綻してる。

確信犯か、天然か。ある意味狂人で天才。このセンスとクオリティ、保ち続けて欲しいものだ。

メロディは悪くないと思う。80年代テイストがお好みの方なら、違和感なく聴けると思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/n296/20091115