Hatena::ブログ(Diary)

n360の日記

2012-01-31 ミニキャブ 車検前整備2 車検

一応、車検は通った。

| 23:13

車検に向けて整備の続き。

1結果として、車検は通ったが、かなりの出費。

その後交換した部品。

リアマフラー 社外品

タイヤ4本 145/12-6PR

バッテリー 40B19R

バッテリーブラケット

バッテリー端子/カバー

------

予備車検 3150円

仮ナンバー 2回分 1500円

自賠責 25ヶ月 22650円

重量税 8800円

印紙代 1400円

用紙代 30円

経費合計 37530円

----

部品代

リアマフラー 9600円

Fブレーキパッド 3200円

タイヤ4本 145/12-6PR 10000円

オルタネータ 中古 4000円

エンジンオイル 20W50 1000円

オイルフィルター 300円

バッテリー40B19R 3700円

バッテリーフォルダー 750円

バッテリーターミナル 400円

バッテリー端子カバー 250円

発煙筒 600円

8W/12V車幅灯 2個 360円

部品代合計 33160円


合計すると7万円ほどかかったことになります。

自分でやったから工賃は無料だけど、、頼んでいたらどんなことになるのやら....

それ以外に新規な投資として

工具代金

ディスクブレーキピストンスプレッダー 1900円

例によって、以下に錆びた画像を健忘録として記録する。

f:id:n360:20120122125911j:image錆びて朽ちたネジ

f:id:n360:20120122125930j:image叩いても、噛ませても回らないため、グラインダーでナットを削る(スタッドボルトにもかなりのストレス)

f:id:n360:20120122142817j:image付属のゆるみ止め付きナットをはめるが、スタッドボルトが途中から折れたので、適当なナット(袋付き!!)で固定

3-4山は噛んでいるので、なんとかしばらく持ってくれるでしょう。

問題は、熱。このあとどうなるか心配。

f:id:n360:20120122142812j:image

無事に取り付け終了

f:id:n360:20120122195148j:image

マフラー交換時のメーター55300km

同時にオイル交換。

車検時は55580km

-----

車検では、第2ラウンド予約。

いつもの早川さんにてテスター。

右ヘッドランプの電極がきちんと入っていなくてハイビームがつかないトラブルがあったが、再確認で調整完了。

排ガスも問題がないらしい。

ラインに行ってから、前車幅灯が球切れを指摘され、急遽部品購入へ。

11:30頃にラインに戻り、一応、ラインは無事通過。

最後の下回りのチェックの段階で車のサビの件で、係の人と雑談して、

「車検整備のため部品を手配し始めてしまったので車検をやめるにやめられなくなっちゃたんです」

等と話して無事に終了。

マフラー、タイヤ4本新品はやはり心象がよいのでしょうかねぇ。

次回、この車両は継続車検を受けるのかな?

2012-01-16 ミニキャブ 車検の前の整備1

車検前に結構問題が多発

| 04:21

現在、軽トラミニキャブが車検が切れてしまっています。

現在の問題点

完了

1 右ヘッドライト・ロービーム切れ・シールドビーム-----交換済み

2 オルタネータ不良???----エンジン回転を上げると恐らくオルタネータから異音----バッテリー上がり----中古オルタネータへ交換----様子見

3 ブレーキパッド交換----左側前輪鉄パッド状態----交換するが、左側ピストン動作が非常に鈍い----若干の引きずりが見られる----要O/H

未完了

4 リヤマフラーブラケット破損(腐食)----部品入手済みだが、ネジ(ナット)の腐食により未交換

5 タイヤ溝なし

6 車体の錆、腐食による穴など----車検には基準が無いので様子見

当初、パッド交換してマフラー変えれば車検はいいかなと思っていたのですが、部品を手配してから色々と壊れ始めてしまったので、とうとう車検が切れてしまいました。

今回準備したパッドとピストン戻しツールf:id:n360:20120111005820j:image

問題の左側ブレーキ分解前

ピストンが戻らないので、ツールにメガネを掛けて無理やり戻した。

ツールが壊れるかと思った。f:id:n360:20120111005315j:image

パッドf:id:n360:20120111010118j:image

右側f:id:n360:20120111014412j:image

パッドf:id:n360:20120111014809j:image

車体錆キャビン下部1f:id:n360:20120111020833j:image

車体錆キャビン下部2

荷台下もかなり厳しい状態f:id:n360:20120111020839j:image

パッド交換時のメータf:id:n360:20120111023232j:image

オルタネータ取り外し後

オルタネータ支点側のネジが過度の締め付けによりエンジン側の雌ネジ(アルミ)が傷んでいることが判明。

とりあえず、締め付けはできるのでそのまま。f:id:n360:20120115164347j:image

日本電装 MD166662 不良と思われるものf:id:n360:20120112092127j:image

オルタネータ交換後に、エンジンを掛けると発電しているようでヘッドランプが明るくなることを確認しました。

バッテリーはそれなりにへたっているようですが、充電器での充電の感触からすると使えそうです。

----

今回の車検が終了したら、油圧関係だけ外して解体のつもり。

シャーシの錆の状況が厳しいので、次の車検はもう考慮しなくていいのかも。

ちょっと、金をかけ過ぎかな?