Hatena::ブログ(Diary)

n360の日記

2012-10-24 ジャンクなオイルフリー日立ベビコン 修理

ベビコン、圧力が上がらない。修理

| 03:08

おおよそ半年前に入手していたモーターが動くが圧力が上がらないという日立ベビコンの修理が完了したので健忘録として記録する。

初回、手を入れたのが、リードバルブ周囲の清掃。

残念ながら、分解しても明らかな異物は見つからず。

清掃後に動作確認しても同様に圧力が全然上がらない。

動作確認時に、ヘッドの部分にソレノイドバルブが付いていてそれが熱を帯びていることを確認。

制御回路側の動作不良の可能性あり。

そのため、制御回路をよく見ると、なんかダイオード、抵抗、コンデンサの時定数回路と、モーター回転時にのみ動作すると思われる制御回路電源を発見。

詳しくは回路図で追いかけていないのですが、制御回路のコンデンサ容量抜けと言う推測に基づき、該当するとおもわれるコンデンサを交換。

上記交換により、ソレノイドバルブの制御がされるようになり、圧力が上がることを確認しました。

交換したコンデンサのうち、一番問題があったのは、大きな方のコンデンサで、制御回路のDC電源の安定化コンデンサのが、容量抜けで、動作時にDC電源が安定しなかったためという推測です。

オシロスコープなど当てていないので、本当かどうか不明ですが、推測する回路から、症状としては有り得そうな感じです。

深夜の時間帯なので、最高圧力への到達、規定圧力への低下後に再起動することの確認はしていません。

また、圧力タンクに直結しているエアーチャックに若干エアー漏れがあることを発見しています。

以下に、健忘録として画像を載せます。

f:id:n360:20120921034345j:image

f:id:n360:20120921034337j:image本体画像

f:id:n360:20121025023344j:image銘板

f:id:n360:20120921035616j:imageヘッド(ソレノイド/吸気-高圧配管接続部分)を開けたところ1

f:id:n360:20120921035637j:imageヘッド(ソレノイド/吸気-高圧配管接続部分)を開けたところ2

f:id:n360:20120921041222j:imageヘッド(バルブ部分)を開けたところ

f:id:n360:20120921041800j:imageバルブ清掃前 吸気側

f:id:n360:20120921042548j:imageバルブ清掃後1

f:id:n360:20120921042620j:imageバルブ清掃後2

f:id:n360:20120921050554j:image基板への配線接続状況 表

f:id:n360:20120921050616j:image基板への配線接続状況 裏

f:id:n360:20121025012931j:imageジャンク基板から抜いた交換用コンデンサ 温度は85℃ 手抜き取付

f:id:n360:20121025013057j:image交換した劣化コンデンサ 温度は85℃

2012-09-04 サーターアンダギー

簡単なおやつ

| 18:53

子供のおやつのつもりが、私が食べ尽くしてしまいます。

簡単な上に、オーブンを使わないので、この時期はおすすめ。

f:id:n360:20120830214625j:image

2012-07-28

体温計で気温が計れる

| 17:20

本日、冷房を弱にしてPCを一日中操作している。

扇風機の風を浴びているので、耐えることはできた。

ふと、体温計発見し、電源を投入。

通常ならば、LOW表示が出るはずが、気温と思われる数値が表示される。

f:id:n360:20120728171854j:image

暑いわけだ....

2012-02-17 キャベツ再生2

経過報告 水を換えると腐らず長持ち。

| 23:49

最初の生地から1週間くらい立ったので、経過報告。

2号も、鉢植えを考えるような時期に突入してきました。

3号も根が出始め、葉が緑色になり、開きかかっています。

ボールにての状態f:id:n360:20120217232403j:image

2号の根f:id:n360:20120217232417j:image

3号の根f:id:n360:20120217232434j:image

今晩、2号を鉢に植えました。

f:id:n360:20120218000056j:image

1号の画像

f:id:n360:20120218000105j:image

キャベツの玉が出来る前に塔が立ってしまったりしてね。

2012-02-16 やかんを磨く

赤棒、白棒でステンレスやかんを磨いてみる。

| 20:07

本日、本来やるべきことがあったのに、別のことをしてしまったのでちょっと反省しながら赤棒と白棒の成果を健忘録として記録する。

標的は使用年数不明のやかん。

お湯が湧くとピーッと音がするあれです。

道具は、ショボ電動ドリルと、フェルトディスク、取り付けアタッチメント、研磨剤の赤棒、白棒。

所要時間1時間ちょい。

細かいところまでディスクが入らないので、汚れが落ちきっていないところが多々ありますが、パッと見て美玲になりました。

反省点としては、赤棒で磨きすぎたため、多少傷気味になっている傾向があるかなといったところです。

以下は健忘録の画像です。

f:id:n360:20120216092454j:image:left磨き前1

f:id:n360:20120216092503j:image:left主に、油が焦げ付いて付着して、内部に金蔵の焼けなどが見られる。

f:id:n360:20120216094308j:image:left部分磨きしたところ、問題無さそうなので全体を磨くことに。

f:id:n360:20120216114918j:image:leftだいたい磨けるところは終了。後はこのディスクでは無理。

磨きあがった後、コンロにおいてあるやかんを見て自分のものという気がしない。

でも、時間単価を計算したら、やかんを買い換えたほうが安い気がするのは内緒....

使用した赤白棒は某大阪系通販で購入。

磨きに使用した研磨剤は、

赤棒

白棒

今後、細かいところを磨く方法を模索する予定。