DHT in MANET その3

構造オーバレイネットワークで,物理ネットワーク近傍性を考慮する

何故必要?

通常のDHTだと,物理ネットワーク考慮せずにオーバレイネットワークを構築してしまう.

ので,物理ネットワークオーバレイネットワークのトポロジの間で,過度な不一致が生じる.

んで,論理的に短いホップ数で検索しても,物理的に長いホップを経由してしまう可能性がある.

解決法

大きく分けて三つ.

The impact of DHT routing geometry on resilience and proximity(2003)による分類.

Proximity Neighbor Selection (PNS)

物理的に近いノードノードIDと経路を,DHTの経路表に加えて保持しておく.

最初の検索で目的ノードに一気に接近できる.その後も効率よく近づいていける


Proximity Route Selection (PRS)

ホップノードを,遅延を考慮して選択する.(オーバレイネットワークの平均的な遅延とか,検索にかかるおおよそのホップ数とかと比較したりして計算する)

一番コストが低そうなノードnext routeing nodeに選択する.


Proximity Identifier Selection (PIS)

ノードIDを決定する段階で近傍性を考慮する.



参考

Unstructured overlayとStructured overlay

下位アルゴリズム中立なDHT実装への耐churn 手法の実装


DHT in MANET その2 - WebLab.ota

DHT in MANET - WebLab.ota

DHTの比較図 - WebLab.ota

DHTのアルゴリズム - WebLab.ota

コメント
2件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
n_euler666
n_euler666