閣下の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

本当に適当に書いてる日記です。所謂一つのテキトウ侍。日頃の堕落した生活が垣間見れることでしょう。
2005年夏から名古屋で働いていました。2010年春から東京勤務です。
TwitterのIDはnkakkaです。私のプロフィールもご覧下さい。
0000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 07 |

2012-07-17(火)

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 感想

| 00:43 | 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 感想を含むブックマーク 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 感想のブックマークコメント

半年ほど日記放置していました。

Twitterでは既に感想をつぶやいたのですが、書き足りないところがあったので、久しぶりにこっちに書くことにします。

劇場版リリカルなのはの2作目。前作は当時住んでいた名古屋で見たので、およそ2年半ぶりの続編ということになります。

A'sをリメイクすることの困難さ

正直、私は今作を見に行くのを迷っていました。というのも、今回のリメイク素材であるA'sは、私が「なのは」のテレビ版で唯一全話見たことがある作品であり、またそのストーリーは高く評価していたからです。全13話中、いわゆる捨て回は1話もありません。なのはのファンならずとも、唸らざるを得ない名作と言えるでしょう。

しかしその無駄の無いストーリー構成ゆえに、劇場版リメイクには向かないのではないか、と私は考えました。余計なものがないゆえに、1本の映画として再構成するのは、非常に困難だと思われます。取捨選択を迫られるのは間違いなく、ともすれば劣化したものを見せられるのではないかという不安がありました。

私は前情報を一切調べず、見に行くことにしました。

感想

以下、ネタバレを含みます。

続きを読む

2012-01-14(土)

今年もよろしくお願いします

| 23:32 | 今年もよろしくお願いしますを含むブックマーク 今年もよろしくお願いしますのブックマークコメント

あけましておめでとうございます

つかどんだけ遅い新年の挨拶やねんという話ですが、まあ完全にTwitterに食われてしまっております。

ちょっとずつダイアリーリハビリしようかなとは思ったり思わなかったりしてますが、最近の傾向から考えると、長文書きたいときはこっちで書くようなそんな感じになると思います。

2011-12-03(土)

東京国立博物館 特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」 感想

| 13:09 | 東京国立博物館 特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」 感想を含むブックマーク 東京国立博物館 特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」 感想のブックマークコメント

http://www.honen-shinran.com/

浄土宗浄土真宗開祖である法然親鸞スポットを当てた合同展。今年は法然上人八百回忌・親鸞聖人七百五十回忌という節目の年に当たり、宗派の各寺院が総力を挙げて大々的に協力しています。

とにかく展示形式が面白いです。法然親鸞両者の対比を重視し、部屋の両側にそれぞれのゆかりの作品を配置するという構図。さらに、法然は緑・親鸞は青で色分けして展示されており、どちらのゆかりの品か、一目で分かるようになっています。

展示は4部構成になっているのですが、まず第1章で法然親鸞の生い立ち・思想を、歴史教科書にも載っている「選択本願念仏集」「教行信証」といった重要な宗教資料と共に説明してくれます。浄土教の思想についての説明もなされており、非常に親切と言えるのではないでしょうか。

第2章では巻物形式の絵伝が多く展示しています。しかも、珍しいことに巻物は1点1点、かなり長い部分を展示しています。長い展示ケースがひたすら並ぶというのはなかなか壮観です。

第3章では法然親鸞に関係のある人々にまつわる作品を展示。なかでも阿弥陀如来立像は、46000人分の姓名を記載した願文が内部に収められていたという品。浄土思想に救いを求めた人々がいかに多かったかを知ることができます。あとは、比較的高僧の像が多かったですね。

第4章では、浄土宗浄土真宗に伝わる数々の宝物・美術品を展示しています。中でも国宝早来迎」は、山からもの凄い勢いで下ってくる来迎の場面を描いた絵。スピード感、躍動感溢れる様はまさに圧巻。仏画でありながらこれほどの勢いがあるものはそうそうないと思います。展示の一番最後にこれを持ってくるのも、なかなか粋と言えます。


浄土真宗仏像崇拝をあまり是としないこともあって、仏像の展示はあまりなく、比較的渋い展覧会だとは思います。とは言うものの、展示形式の特異さもさることながら、二人の宗教家スポットを当て、対比させるのは面白かったです。初心者にも分かりやすい展覧会と言えましょう。

2011-11-29(火)

都内のセブンイレブンでラブプラスキャンペーン

| 23:07 | 都内のセブンイレブンでラブプラスキャンペーンを含むブックマーク 都内のセブンイレブンでラブプラスキャンペーンのブックマークコメント

http://webapp.7spot.jp/contents_20111129/

セブンイレブン無料Wi-Fiスポット「7SPOT」が展開されるのに合わせて、NEWラブプラスキャンペーンが行われることが発表されました。内容は以下の通り。

なかなか気合い入ってます。体験版は、東京名古屋大阪で開催されたNEWラブプラス体験会のような、撮影機能メインなのでしょうか、それとももう少し内容を拡充したものになるのか。残念ながら3DSを持ってない*1私はプレイできないのですが、他のユーザーさんの報告を待ちたいと思います。

スタンプコレクションは、1日1回7SPOTでニンテンドーゾーンアクセスすることでスタンプがたまっていき、5個スタンプがたまると特製ステッカーがもらえるというもの。スタンプ集めるのはいいのですが、最後ステッカーをもらうときは店員にDSを見せる必要があるわけで、若干勇気が要りそうですね。

これらのキャンペーンですが、スタンプコレクションは12/1、体験版プリペイドカードは12/8から開始ということで、明らかにNEWラブプラスの元々の発売日(12/8)に合わせて企画されたものであることが分かります。残念ながらソフト発売は延期になってしまったので、先行展開という感じになりました。

しかしこのキャンペーン東京23区の一部のセブンイレブンでのみ行われます。おそらく、7SPOTの当初のエリア東京都内だけで、それに合わせてのキャンペーンだからだと思いますが、何とかならんもんだったんですかね。せめてプリペイドカードくらいは全国発売してあげても良かった気がします。

まあ例によって地方格差的なものはあるわけですが、一足先にラブプラスの新作に触れられるというのは歓迎すべきことでしょう。

*1NEWラブプラスの同梱版3DS待ちなのです

2011-11-19(土)

スクライド ALTERATION TAO 感想

| スクライド ALTERATION TAO 感想を含むブックマーク スクライド ALTERATION TAO 感想のブックマークコメント

10年前テレビアニメとして放送された、谷口悟朗監督作品の映画化前後編となっており、前編「TAO」では、テレビアニメの前半クールを描いている。

物質原子レベルまで分解して再構成する力「アルター能力」を持つ者たちが、ロストグラウンドで懸命に生きていく物語である。TAOとは道の意味ストーリーの随所で自分の進む道について語る場面が見られる。

10数話を100分に詰め込んでいるので、正直駆け足な印象は否めないが、作品の持つ熱気、有無を言わせない迫力が、観客を作品へと引き込みクライマックスの別れと戦いまで、一気に雪崩れ込んでいく。テレビアニメリアルタイムな世代としては、懐かしいことこの上ない。一方で、美しい映像リファインされたカズマたちの勇姿に、技術進歩を感じざるを得なかった。

主人公カズマライバル劉鳳が相対して罵り合いながら激突するシーンというのは、「コードギアス」のルルーシュスザクでも、すごく似たような場面が見られた。こういう場面を見ると「あーやっぱり谷口作品だなー」と思わずにはいられない。

後編では、白鳥哲の名を世に知らしめたと言っては過言ではない強烈キャラ無常矜恃が全面的に登場してくる。是非後編も見たい作品だ。

1782200 この日記のはてなブックマーク数
<< 2017/07 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
google.co.jpで検索
はてな内 ウェブから
Amazonで検索

最近3日分の見出し

閣下のアンテナ

最新キーワード

注目キーワード

注目キーワード(アニメ)

注目キーワード(マンガ)

注目キーワード(ゲーム)

注目ISBN/ASIN

最新キーワード(科学)

最新キーワード(アニメ)

最新キーワード(マンガ)

最新キーワード(ゲーム)

最新キーワード(PC)

最新キーワード(ウェブ)

最新キーワード(地理)

最新キーワード(アート)

最新キーワード(音楽)

最新キーワード(読書)

最新キーワード(映画)

最新キーワード(食)

最新キーワード(動植物)