IT’s all right このページをアンテナに追加

2011-11-04

読書マラソン

| 22:33 |

こんばんは。

突然ですが、大学生協読書マラソンを始めることにしました。

読書マラソンとは何かというと、自分が読んだ本の感想をカードに書いて提出し、読書生活の足しにしようというものです。大学在学中に100冊読むことを目標にしているようですね。

本当は新学期始まってすぐに参加しようと思っていたのですが、なんとなく気恥ずかしくて一旦断念したんです。

でも、11月になって、生協の書籍部に他の人が書いたカードがいくつか展示されているのを見て、やってみようかな、と……

短めの文章を書く練習にもなるかもしれないし。

それに、なんといっても、10冊分の紹介カードを書けば、生協書籍部で利用できる500円割引券がつくんですよ!

500円!

けっこう使いそうだし。

まあ、という不純な?動機で参加を決め、エントリーシートを書いて、早速第1冊目のを出してきました。

今さら?的な視線を覚悟していましたが、レジのお姉さん優しくてよかったです。

がんばりまーす!

2011-11-03

マイルール

| 23:54 |

はてな年間100冊読書クラブ」に参加してみようと思います。

それにあたって、マイルールを設定します。

・目標冊数;70冊

・期間;1年

・終了日;2012.11.3

過去の読書記録からしたら70冊はいくと思うけど、最近はあんまり読めてなかったし……

とりあえず、このくらいということにしておきます。

「氷菓」 米澤穂信

| 21:37 |

久しぶりの更新です。

そろそろ読書記録を再開してみようかと思います。

あらすじ。

やらなくても良いことはやらない、がモットーの省エネ少年・折木奉太郎が、ひょんなことから廃部寸前の古典部に入部し、日常の小さな謎を解き明かしていく。

古典部シリーズ第1巻「氷菓」では、古典部の文集の題名である「氷菓」に隠された謎を追究していきます。


最近、米澤穂信が個人的にきてます!

米澤穂信は、「儚い羊たちの祝宴」から入って、なんかちょっと怖いなーって思ったからその後はあまり触れていませんでした。

でも、10月になって、「春季限定いちごタルト事件」に始まる小市民シリーズを(カバー絵に惹かれて)読んでみて、考えが変わりました。

ひとつひとつは日常のちょっとした謎を解決するだけなのですが、最後には今まで出てきた謎がつながります。最後に「なるほど!」ってなるのが快感で、読みながら伏線を探してしまいます。登場人物のちょっとした行動やセリフが、最終的にどう回収されるのか…… どきどきします。

さて、この「氷菓」は米澤穂信のデビュー作ですが、私としては、他の米澤作品をいくつか読んでから手に取るのをおすすめします。

小市民シリーズを読んでから「氷菓」を読んで、これが米澤穂信の原点か!と納得しました。


最近読んだ本のラインナップを見ると、米澤穂信で埋め尽くされてます。

いつもは同じ作者の本は時間をあけて読むように気を使ってますが、今回は気にしない!

今から古典部シリーズ第2巻、「愚者のエンドロール」を読み始めます!

とりあえず、早く冬季限定が読みたいです。

2011-03-20

「インディゴの夜」 加藤実秋

| 17:59 |

ずっと前から目をつけていた本。

カマツカオリさんが挿絵を描いているという点で。

ホストが探偵役っていうから、もちろん男だと思ってたのに、目線は女性。しかもホストクラブのオーナー。それが新鮮だったなあ。

ミステリはどれもそうなんだけど、最初は退屈で後からググっとくるタイプ。

ホストとか見たことないから、イメージを作るためにネットでホストの写真を探してみた。空也ってこんな感じかな?じゃあ憂夜さんは?とか考えるのが結構楽しい。

読み終わってすぐに次作「チョコレート・ビースト」を買いました。

2011-01-03

「ストーリー・セラー」 有川浩

| 17:19 |

本当に本当にこんなの読んでる暇なんかないんだけど、つい……

友達が図書館で借りてたから、「次私借りるから!」って言っちゃって。

そしたら模試の休み時間に持ってきやがって、そのまま読み始めちゃったじゃないか!

sideAとsideBに分かれてる。全然違う話。

SideAの方は、………………

泣いた。

これ以上言うとネタバレになるけど、とにかくびっくり!!

私は「受験勉強の合間に軽く読みたい」と思ってたのに。

のっけから……うん……

それに対してSideBは、まだ希望が持てた。

私としては、ね。

それにしても、あの有川浩さんが!!

信じていたのに……

次からはちゃんと誰かにレビューしてもらってから読もう。

2010-10-23

「謎解きはディナーのあとで」  東川篤哉

| 11:53 |

テストが終わって心が荒んでたときに衝動買い。

あらすじ。

お嬢様で刑事の宝生麗子が難事件に遭遇して、お屋敷で執事に事件の内容を話したら執事が即解決。

短編が6つ。

新しい安楽椅子探偵って感じ。

お嬢様キャラが出てくる話自体は新しくもなんともないし、口が悪い執事とかも漫画とかじゃよく出てくるけど……本当おもしろいです。

掛け合いが絶妙というか、センスあるというか。

ミステリの方も、

そこでそう決め付けるのはどうだろうか!?

と言いたくなるものもあるけど、ちょっと捻ってあって楽しく読めました。

6つ短編があって、謎解き場面はだいたい5〜6ページで終わっちゃう。

お嬢様が執事に概要を説明してすぐ「お嬢様はアホですか」とか言われちゃうんだけど、アホじゃなくても分からないと思うんだよね。

でも、そういうところも安楽椅子探偵物の醍醐味なので……

とにかく、受験勉強に疲れた心に潤いを与えてくれました。