ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

PDAと海馬 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-19

[] 英語版Palmを使う(21)  英語版Palmを使う(21)を含むブックマーク

文字化け少なくWebする;OperaMini

英語版Palmネットメール行うには、一工夫、もしくは追加投資が必要になります。アプリケーションの導入はもちろんですが、Treo650や700pではBluetooth付き携帯電話が必須です(Z22は通信できません。LifeDriveとTXは無線ランが付いています。CFスロットはいずれも付属していません)。当方が経験した携帯電話M1000WX300K京ポン2)。接続の仕方は以前の日記に覚え書きしていますが、また機会があればまとめたいと思います。今回はアプリケーション編で、まずはOperaMiniのまとめです。

OperaMini

導入にあたっての大きなメリットは、文字化けの心配はほとんど無く、フリーで、パケット代が安くて済む(AOさんからいただいたアドバイスによりますと、Blazerで「PDA海馬」を開いた場合には227Kほどですが、Miniですと2ページに分割されて17k+4kで21k、つまり通信コストが約10分の1で済みそうです、とのことです)点かと思います。

正式に対応をアナウンスされているのはTXTreo 600、Treo 650Tungsten C、Tungsten T3。MA-CYさんがPalmware Mastersで紹介してみえるように、特徴や導入方法を含めREさん、taichiさん、no61さんのまとめがとても分かりやすくて参考になります。また、当方にとってOperaMiniの伝道師となってくださったAOさんのサイトはOperaMiniへの理解を深める上でも良く参考にさせていただいております。

一応当サイトでも導入方法を簡単に覚え書きいたします(^^;

まずIBM JVMこちらからダウンロードして、WEME571.zip解凍

  • J9JavaVMMidp20.prc
  • J9JavaVMMidp20_ja.prc
  • JavaVMCheck_jpJP.prc

以上をHotsync経由で本体にインストール

OperaMiniをこちらからインストール

Treo650の最新版はopera-mini-2.0.4509-advanced-intです。

IBM JVMが実際にインストールされると、Preference内にIBM Java VMなる項目がOtherに出現します。この中で設定をこういった形でしています。

f:id:nabehisa:20060919070509j:image:smallf:id:nabehisa:20060919070530j:image:smallf:id:nabehisa:20060919070546j:image:small

通常、これでも使えるようになります。あとはもう少し使い勝手が便利になる覚え書きです

フォントを小さく;Mini’s patch for Opera mini V1.00 を使う方法が安定していて便利です。ミニーさんの手順通りに進めていけば良いだけです。導入の際に、当方の環境で少し工夫が必要だった点は、PCパッチダウンロードしてインストールしようとした際、「....vb6jp.dllセットアップ先のファイルは、他のアプリケーションで使われています。使用中のアプリケーションを終了してください。」、とのメッセージが出てしまい、そこから先に進まないことがあったのですが、これは当方の環境にVB6のランタイムが入っていたためで、ミニーさんにいただいたコメント通りにcabファイルからexeのみ取り出し、それをPC上で起動すれば問題なしでした。また、FileZで本体からSD内へファイルを吸い出すことが出来ても、本体に戻すこと出来ない場合にはMcFileを使うと上手くいきました。

small fontが無事にパッチされると、このような表示量になります。ご機嫌です。

f:id:nabehisa:20060919070714j:image

POBoxで日本語入力する;OperaMiniで日本語入力するには一工夫必要です。Treo650の場合、PoBox使用下でAltを押してソフトキーボードを出せば日本語入力出来ます。ただ、Treo700pでは自分の環境下で上手くいきません(^^;

ATOKで日本語入力する;FxMapperで検索などにソフトキーボードを割り振ることでATOKが使えるようになります。以下の記事がとても参考になります。Treo700pでも上手くいきました。

★ その他;

・自分のTreo700pで5-way navigatorを使うと固まる場面があります。画面タップは安定しています

・安定して動かない時はJAVA系で違ったファイルが紛れ込んでいる可能性があります。そんな時はFileZなどで混入ファイルを探すか、インストールし直すことで改善しました(以前、REさんにコメントで教えていただきました)

HaLHaL 2006/09/19 20:45 いつも大変参考にさせていただいています。ところで、私のTX環境ですと、IBM JVMをインストールして、環境パネルからIBMJavaVMをタップすると、
Please ensure that IBM’s Web Sphere Micro Environment Java VM is installed.
とでて使えません。対処法はあるのでしょうか。何かお知恵がありましたらお願いいたします。

nabehisanabehisa 2006/09/19 21:34 HALさん、こんばんは。
以前、同様のメッセージを経験したことがあります(TXであったかどうかは覚えていません)。確か解決しましたが、その時は1,FileZで余分なファイルを削除、2,ハードリセットして再度Hotsync経由でインストールし直した、1,2の方法のどちらかで動くようになった覚えがあります。状況が許せば2のほうが確実かと思います。SDからのインストールは上手くいかない場合もあるそうですので、Hotsyncが良いようです。間違っていたら恐縮ですが、一度ご確認くださいm(_ _)m

HaLHaL 2006/09/20 18:14 nabehisaさん、ありがとうございました。同じようなことで困っている人がいるかもしれないので「その後」を報告します。”japon”をはずすと入りました。次に”J−OS”を入れて設定してオペラを開くと快適に見れました。

nabehisanabehisa 2006/09/20 20:57 HALさん、情報ありがとうございます。無事に使えるようになって良かったですね。
自分の場合、Japon下でも無事に出来ていたので、今回教えていただいた原因でも上手くインストール出来ない時があることを初めて知りました。ありがとうございましたm(_ _)m
ちなみに自分が以前所有していたTXは、今はshino-jiさんの下で幸せな生活をおくらせていただいているようです(^^

Connection: close