なちコマの日々 RSSフィード

2005-12-14 トヨタカップ準決勝

結果は、「やっぱり」なんだけど、いい試合だったな〜と。

サンパウロFCが接戦を制して決勝進出=世界クラブ選手権

2005年12月14日(水) 21時16分 スポーツナビ

2得点を挙げる活躍でサンパウロを勝利に導いたアモローゾ【(C)AGENCIA FUTPRESS】

 サッカークラブ世界一決定戦「FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005」は14日、東京国立競技場準決勝を行い、南米王者のサンパウロFC(ブラジル)が1回戦を勝ち抜いたアルイテハドサウジアラビア)と対戦。アモローゾの2ゴールなどでサンパウロFCがアルイテハドを3−2で下した。

 この試合が今大会の初戦となったサンパウロFCは序盤からボールを支配し、前半16分にはアモローゾが先制点を奪う。一方のアルイテハドは、一瞬のすきを突いて抜け出したカロンシュートからノールが同点ゴールを決め、1−1で前半を終了した。

 サンパウロFCは後半、2分にシシーニョのクロスからアモローゾがこの日2点目を決めると、さらに12分にGKセニがPKを決め、3−1とアルイテハドを突き放す。アルイテハドは後半23分、モンタシャリのゴールで反撃を試みるもあと一歩及ばず。サンパウロFCが3−2で勝利し、決勝へ駒を進めた。

 準決勝のもう1試合は15日に横浜国際総合競技場で行われ、デポルティボ・サプリサコスタリカ)が欧州王者のリバプールイングランド)に挑む。

[ 12月14日 22時21分 更新 ]

後、やっと発表になったね〜の話。

D.H.G・トムスレーシングチーム、来季のGT500にレクサス1台を投入

12月14日(水)

 14日、横浜のD.H.G港北ショールームで開かれた記者会見で、D.H.G・トムスレーシングチームがフォーミュラ・ニッポンに参戦すると同時にGT500クラスレクサスSC430を1台投入することを発表した。メインスポンサーは今年同様、D.H.Gグループの一員でもあるオープンインターフェイスだが、ドライバーはまだ明らかにされていない。

AUTOSPORTS WEB

GT500は一台体制になってしまったのが残念ですが、

さらに驚いたのはこっち。


フォードGTを300クラスで走らせるのは、なんと大仁田厚!? D.H.Gチームの名誉監督

12月14日(水)

 14日、横浜のD.H.G港北ショールームで開催された記者会見で、先日スーパーGTの表彰式で存在が明らかにされたフォードGTが、D.H.G・トムスレーシングチームからGT300クラスエントリーすることが発表された。ドライバーは未定だが、チームの名誉監督参議院議員プロレスラー大仁田厚氏が就くこととなった。


トムスはいったいどこにいくんでしょ・・・・。

いや、フォードはいいんだけど。いやなぜ監督が・・・?

謎は募ります。

トムスは、後

トムス、国内トップフォーミュラ復帰を正式発表

 14日、D.H.G港北ショールームで開かれた記者会見で、新たにD.H.Gのサポートを受け、トムス来年フォーミュラ・ニッポンに2台体制で参戦することが発表された。エンジントヨタを使用することが決まっているが、ドライバーは未定。なお、全日本F3に関しても今年同様3台体制で参戦する。

 来季、シャシーエンジンともに新たなスタートを切るFニッポンにいち早く参戦を発表したのは、これまでも噂に上がっていたトムスだった。この席で、GT500、GT300、F3とともに、舘信秀チーム代表いわく「夢だった」Fニッポンに『D.H.G・トムスレーシングチーム』として参戦することを発表したのだ。なお、今回プレス向けに提供された画像はまだ最終決定したカラーリングではなく、これから変更があるとのこと。

「ダイコーホールディングス(D.H.G)の神長さん(神長大代表取締役)に出会って『来年フォーミュラ・ニッポンもやってみたい』ということを打ち明けたところ、二つ返事で『是非やろう』と返事をいただけた。その夜は興奮して眠れなかった」「D.H.Gさんの手前で言うのはなんですが、来年はまず参戦を果たすという年で、2年目に表彰台、3年目にチャンピオンを狙っていきたい」と館代表。93年に関谷正徳を擁して全日本F3000に参戦して以来の国内トップフォーミュラ復帰となる。

 エンジンに関してはトヨタエンジンを搭載することが決まっているが、ドライバーに関しては「ひとりは、経験のあるドライバー希望。もう一人は若手の日本人希望だが、必ずしも日本人とは限らない。二人とも外国人ドライバーかもしれないし、そうでないかもしれない」とまったくの未定であるとのこと。ただしチーム関係者によれば「候補は本当にたくさんいる。選び切れずに悩んでいる」という状況のようだ。

 F3に関しては、今年同様3台体制で参戦するが、こちらもD.H.Gカラーを纏うことになるとのこと。2台はトヨタスカラシップドライバー、1台に関しては「チャンピオンを狙える」外国人ドライバーを選ぶ方向のようだ。

AUTOSPORTS WEB

やっと公式に発表になりました。やっぱりエントラントが増えるのはいいことです。

誰が乗るのかな〜・・・・。楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nachia/20051214