Hatena::ブログ(Diary)

m o t d . RSSフィード

2008-07-13

[]Debian Lenny + Enlightenment

最近ほったらかしだったんで更新。アウトプットを心掛けようということで。

最近はUbuntu使ってたんですが、細かい設定を変えるのが面倒だったり、そもそも僕自身が鈍りそうなのでDebianにお引越ししようと思います。ついでに開発環境も整えてしまおうかなと。

でお引越し先のDebian上でEnlightenmentを使おうというお話。見た目面白い割に結構軽いので。開発版だとかは気にしない。とりあえず、Debian Lennyを最小インストールしたところから以下のパッケージをインストールする。

  • ttf-vlgothic
  • build-essential
  • cvs
  • m4
  • automake
  • autoconf
  • libtool
  • pkg-config
  • texinfo
  • zlib1g
  • zlib1g-dev
  • libpng12-dev
  • libjpeg62-dev
  • libfreetype6
  • libfreetype6-dev
  • xorg
  • libx11-dev
  • dbus
  • hal
  • librsvg2-2
  • inotify-tools
  • curl
  • libungif4g
  • libtiff4
  • xserver-xorg-dev
  • libxext-dev
  • libxrender-dev
  • libdbus-1-dev
  • gettext
  • libxml2-dev
  • libxslt1-dev
  • libxkbfile-dev
  • libmpd-dev
  • libglib2.0-dev
  • libimlib2-dev
  • libxcomposite-dev
  • libxdamage-dev
  • libpam0g-dev
  • libxrandr-dev

次にCVSサーバからEnlightenmentソースコードを引っ張ってくる。場所は/usr/local/srcとかでいいかな。

cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/eet
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/evas
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/ecore
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/efreet
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/embryo
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/edje
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/e_dbus
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/exml
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/libs/esmart
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/apps/e
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/apps/entrance
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e17/apps/emprint 
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@anoncvs.enlightenment.org:/var/cvs/e co e_modules

CVSから落としてきた順番に autogen.sh && make && make install && ldconfig する。全部終わったら

ln -s /etc/init.d/entrance /etc/rc2.d/S30entrance

とかやって再起動したら起動時にentranceっていうGDMみたいなのが起動してくる。

で、このままだと日本語が化けるのでフォントの設定。enlightenmentを/usr/local/srcインストールしたとすれば/usr/local/share/enlightenment/data/fontsっていうディレクトリがあるのでそこにインストールしておいたVLフォントをコピーするなりシンボリックリンク張るなりしたあとにディレクトリ内で

mkfontscale && mkfontdir && fc-cache -fv

とかやる。その後下記をディレクトリ内のfonts.aliasに追記する。

VL-Gothic -misc-vl gothic-medium-r-normal--0-0-0-0-p-0-ascii-0
VL-PGothic -misc-vl pgothic-medium-r-normal--0-0-0-0-p-0-ascii-0

これでEnlightenmentでVLフォントを指定できるようになるんで文字化けも大丈夫。ただ、何故かスプラッシュ画面とかのフォントが豆腐になってる。なんで?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nack-jin/20080713/1215947531