Hatena::ブログ(Diary)

今日覚えたこと RSSフィード

2010.09.05

librahack事件の例え話を考えてみたのでメモ

librahackの件は、自分としてもなんとかしたいと思っていて、よくわからないという人に聞かれた際に、なんとか説明しようと頑張ることがたまにある。

今までは、なかなか良い例え話が思い浮かばなくて、新聞の記事にもなっていた「電話がちゃんと切断されない不具合によって電話がパンクした」というのは結構いいと思ったんだけど、それでも不具合の部分の説明しかできなくて、「そんなに電話するのが悪いんじゃないの?」みたいな話にうまく返せず、困ってた。

そんな中、もう少しいろいろな側面まで含んだ例えを思いついたので、先日Twitterに書いてたんだけど、忘れないようにここにメモっておく。

男が、図書館で本を借りて翌日に返して違う本を借り…を毎日続けた。借りた総数は多いが、順番に借りるだけで、複数同時ではないから迷惑でないと思ってた。しかし、窓口に返却した本を司書が本棚に戻さなかったため、本棚の本がどんどん減り、男は図書館妨害として逮捕された。 #librahack

http://twitter.com/nacookan/status/22931247150

男は、1日1冊は読書家の間では完全に常識の範囲内だと思っていたが、読書家ではない人達が「社会的に考えて非常識。読書家の常識は知らないが、読書家ならば図書館司書に問題がある可能性も想定して本を借りるべきだった」などと批判。 #librahack

http://twitter.com/nacookan/status/22931572780

図書館側も司書も、改善はするとを言っておきながら、それでも男が本を大量に借りていたのが原因だとも言い続けている。日本中の読書家たちが、このまま男が悪者ということになってしまうと、読書文化が萎縮してしまうことを懸念している。 #librahack

http://twitter.com/nacookan/status/22931822667

どうかな

  • 同時アクセスではなく連続アクセスだったのに、他の利用者への迷惑となった点
  • 図書館側に問題があったのに、妨害だとされて逮捕された点
  • アクセス総数も頻度も、業界的には常識的なのに、わからない人には大量であったと思われてしまう点
  • 業界に詳しいなら図書館側の問題も見抜くべきだった、という話がいかに無茶であるか、という点
  • このままでは文化が萎縮すると心配される点

といったところが、すごく似てるんじゃないかと思うけど、どうかなー。

全然ダメだったり、修正すべきところがあれば教えてほしいです。

cottontontoncottontonton 2010/09/06 09:56 これはすごい!
つかわせてもらいます。

takosantakosan 2010/09/06 11:25 にしても、逮捕拘留20日ってのは長すぎだと思う。その原因は当事者全員がボンクラで何が起こっていたのか理解するのに時間がかかりすぎたって事じゃないかと・・

ふむふむ 2010/09/06 15:03 貸出の例でも「意図的な嫌がらせ」で繰り返していれば、業務妨害になりうるのでは。
(もちろん今回のlibrahack氏が意図的だったと思っていませんが)

いしかわいしかわ 2010/09/06 15:20 「昔はそんなことする人はいなかった」
「最近は他所の施設でそういうことをするのは珍しくもないことである」
という視点も加えればカンペキだとおもいます!

エンジニアエンジニア 2010/09/06 20:44 この例えば素晴らしい。
もっと言えば、返却された本をちゃんと処理してなかったクソ図書館システムのクソ加減がさらに強調されるべきかと。

ジンジン 2010/09/07 11:29 http://www.asahi.com/digital/internet/NGY201008210003.html
この記事も追加すると
「図書館に司書を派遣していた派遣会社は、年老いた司書の能力が著しく劣る事を分かっており、本棚の本が減り続けていた原因は、司書の実力だという事も把握していたが、図書館側には伝えていなかった。また過去にも同じ司書が別の図書館で同様の問題を起こしていたことも把握していたが、それについても伝えていなかった。派遣会社は、図書館の予算に合わせての人員なので仕方の無い問題だと思っている。」
といった感じでしょうか(苦笑

とおりすがりとおりすがり 2010/10/22 21:04 図書館に勤めている者です。
この事件ではマッシュアップということがtechnicianには自明でも一般人には理解しがたいということの説明がどうしても必要ですので、なかなか誰にでも通じるたとえ話というのは難しいかと思われます。
適切な例えは聴き手が得意な分野によって違ってくると思います。
下記のページのように、technicianでも「僕らにとっては普遍的な知識でも、知らない人にとっては魔術なんです」という率直な述懐をされている方もおられます。
http://pgshvn.livedoor.biz/archives/51531355.html
こういった反応の方が、我々図書館職員はホッとしますね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nacookan/20100905/1283703674