Hatena::ブログ(Diary)

今日覚えたこと RSSフィード

2017.10.17

本当に何もしなくていい、全自動で睡眠を記録する「AutoSleep」は、2つ目のApple Watchを買った人に特におすすめ

なかなかすごいアプリがあった。

f:id:nacookan:20171017033744j:image:h400

睡眠を記録するアプリ。睡眠時間や、睡眠の状態を記録する。

Apple Watchをつけたまま寝るだけでいい

こういう睡眠記録アプリは前からあった。アプリを起動してiPhoneをベッドに置いて寝ると、ベッドの揺れや音声とかをiPhoneが検知して睡眠を記録するような感じだった。

このAutoSleepは、それとは仕組みが違って、Apple Watchのセンサーを使って睡眠の記録をする。ところが、Apple Watchを使うけどApple Watch用のアプリじゃなく、普通にiPhone用のアプリなのだ。そしてこのiPhone用のアプリがまたすごくて、寝るときに何もしなくていい。とにかくただApple Watchをつけたまま寝れば、勝手に記録される。なにかを起動したりボタンを押したりとかは必要無い

つまり、Apple Watchを制御して独自に記録を取ってるわけではなく、Apple Watchが標準的に記録してるデータだけで、それをアプリが活用して睡眠時間を特定してるっていう感じなのかな。

これは本当に楽で、これなら続けられるって思った。

ちなみにApple Watchに入れる用のAutoSleepのアプリもあるけど、そのアプリはWatchの画面でデータを閲覧するためのものなので記録には使わない。だから入れなくていい。

Apple Watchが2つあれば便利

Apple Watchをつけたまま寝るだけ」って簡単に言うけど、そこが結構難しいのはわかる。Apple Watchバッテリーは1日くらいしか持たないので、毎日充電するはず。寝てる間につけるとなると、いつ充電するのっていう話になる。

これについては、Apple Watchは意外と充電スピードが早いので、お風呂入ってるときとかに充電すればいけるらしい。でも、個人的には、寝てる間ずっとつけていて、そのまま次の日が始まるのは不安だったりする。朝は充電100%からスタートしたいという気持ちがある。

だからこそ、2つ目のApple Watchを買った人に特におすすめ

自分の場合で言うと、初代のApple Watchを2年以上使っていたんだけど、こないだApple Watch Series 3を買った。

こういうパターンの人はそれなりに多いんじゃないかな。

そうなると、Apple Watchが2つあるわけだ。もうわかるよね。

  • 朝、充電100%の新しい方のApple Watchをつけて、普通に1日を過ごす。
  • 夜になって、帰宅したときとか、お風呂でいったん外すタイミングなどで、古い方のApple Watchに取り替える。新しい方は充電開始。
  • そして寝る。AutoSleepによって自動で睡眠が記録される。
  • 朝になったら、また新しい方のApple Watchに取り替える。古い方は充電開始。

つまり夜は古い方に交換することで、一日中Apple Watchをつけ続ける生活が完成する。

もちろん、AutoSleepだけじゃなく、Apple Watchをずーっとつけてれば他にもいいことはたくさんある。プッシュ通知が腕に来るのはいつでも便利だし、家では結構Apple TVのリモコン機能なども便利だったりする。iPhone標準機能のアラームやタイマーを使えば、Apple Watchも一緒に鳴って、そのときに音だけじゃなく腕をトントンされるので気づきやすい。目覚ましとしても威力が増す。

あとは、そもそも腕を見れば必ずApple Watchがあるっていう状況だけでも地味に便利。時刻を知りたいときは部屋の時計を見ることもあるけど、日付とか天気を知りたいときはApple Watchを見る動作が染みついていて、腕にいつもApple Watchがあるわけじゃないのはちょっと負担だった。いつでも同じ行動でいいなら、気にしなきゃいけないことがひとつ減るので良い。

まあそういうわけで、Apple Watchを新旧で2つ持ってる人は、夜にもう片方に交換して使うことが色々と便利なんだけど、AutoSleepは特にその使い方にピッタリ。

HealthKit対応

AutoSleepはHealthKit対応なので、iPhoneに入ってる「ヘルスケア」アプリにデータが流れてくる。

f:id:nacookan:20171017034811j:image:h400

これも重要なポイント。

誤検知や弱点もある

全自動なので、誤検知しちゃうこともある。

わかりやすい例だと、映画館で映画を見てる間が、まるまる睡眠時間として記録されてしまう。もちろん映画見ながら寝てたわけじゃないのに。

iPhoneは電源を切っていて、Apple Watchはシアターモードにしていた。そういうのは今のところは考慮されないらしい。

シアターモード以外にも、Walletにその時間の映画のチケットも入れていたし、Swarmのチェックインとか映画の感想のツイートとかも検知できれば、まだまだ精度はあがりそう。もちろんそれぞれのデータを連係させるのは大変だろうから、HealthKitに(もはや健康情報じゃないけど)いろんな行動データが集約されて、センサーだけじゃなくそのデータも使って補正するとかの方向性がいいかな。プライバシー的な意味でもHealthKitに集約して権限をコントロールできるのはよさそう。

ちなみに誤検知してもあとから修正できる。寝てないのに寝てるって認識された睡眠時間を消すこともできるし、寝てたのに寝てないって認識された時間を寝たことにもできる。まあ2週間くらい使ってるけど後者の誤検知は今のところ発生してない。

また、アプリを起動しなくてもいい全自動なこともあってか、睡眠の浅いタイミングで起こしてくれるアラーム機能とか、マイクでいびきや寝言を録音してくれる機能とか、そういう他のアプリに良くある機能はAutoSleepには無い。試してないけど逆にそういう専用アプリと併用できるかも知れない。

まあ試してみて

ということでApple Watchを2つ持ってる人で睡眠記録やってみたい人にはおすすめ。Apple Watchが1つしかなくても充電のタイミングをちゃんと確保すれば使えると思う(AutoSleep自体、本来はそうやって使う設計だと思うし)。

あるいは、初代のモデルのApple Watchしか持ってない人で、新しいのに買い換えるかどうか悩んでる人。AutoSleepも含めてApple Watchの2台体制は何かと便利なので、そこに気づくと、新たに買う大きな理由になるかも知れない。

2017.10.03

Apple Watch Series 3を買った

久しぶりの新しいApple Watchを買った。

https://farm5.staticflickr.com/4358/37407150026_e8a6f2321b.jpg

Series 2は買わなかったので、今回が2本目。初代と同じく、アルミではなくステンレススチールのサイズは42mm(大きい方)にした。Series 3では、セルラー通信の有りモデルと無しモデルがあるんだけど、ステンレススチールモデルはセルラー有りしか選べなかったので、これはセルラーモデル。デジタルクラウンのところが赤いのが目印。

また、バンドは初代と互換なので、特に新しいのは必要無くてバンド無しパッケージがよかったんだけど、そんなのは無い。とりあえずソフトホワイトスポーツバンドにした。

初代のモデル

それまで使ってたApple Watchは初代のもので、買ったのが2015年5月。なので2年以上使った。

あらためて見てみると、だいぶキズだらけになってる。

https://farm5.staticflickr.com/4345/37407198186_d6705152df.jpg

ステンレススチールのモデルは、ガラスの部分の素材はサファイアクリスタルになっていて、ものすごく丈夫らしい。確かにこんなにステンレス部分はキズがついていても、ガラス部分はまったくキズがついてない。すごい。

Apple Watchの用途

だいたい、出かけるときに着けて、帰ってきたら外す感じで日々使ってる。着けるのを忘れない限りは基本的に毎日着けていた。家の中で着けてることはあんまりない。

使ってみたらすぐにわかったけど、Apple Watch上で動くアプリはあんまり価値を感じなかった。起動するのも操作するのも大変すぎる。なので、腕を上げるだけで見ることができる時計と、そこに一緒に表示されるコンプリケーション、あとは放っておいても勝手に表示されるプッシュ通知の確認。これらがほとんど。

あとたまに、Apple TVのリモコンとして使ったり、タイマーやストップウォッチとして使ったりはする。

今回Series 3に買い換えて何か変わるかと思ったけど、今のところ特に変化は無い。タイマーを起動するときのスピードがかなり上がったのは嬉しいけど、それ以外は新機能や性能アップの恩恵も感じてない。

セルラー通信搭載

せっかくセルラー通信搭載のモデルにした(というかステンレススチールモデルではそれしか無かった)ので、iPhoneソフトバンク回線契約にオプションを付けてApple Watch通信も契約した。なのでApple Watch単体での通信ができるようになったんだけど、一度も使ってない。

というのも、別に使おうと意識して使うようなものではなく、iPhoneがそばになくて、接続できるWi-Fiも無いときに、Apple Watch通信が必要な操作をしたときに自動で使われるっていう感じ。セルラー搭載だからこその機能があるわけじゃない。

自分の場合はどう考えてもiPhoneがそばにない状況ってのが無いので、今のところ全然使ってない。よく言われてるユースケースを見ても、iPhoneを家に置いたままジョギングに行くとか、iPhoneをロッカーに預けてプールで泳ぐとか、そういう感じで、自分はそんなシーンは今のところ無い。

発売前には、「iPhoneを経由した通信と、Apple Watch単体での通信は全然違う、単体通信は絶対にあった方がいい」とか言われてたけど、実際使ってみると「iPhoneを経由した通信Apple Watch単体の通信も意識しないで今まで通り使える」っていうところを目指してる設計思想っぽいので、全然違うどころか、限りなく同じって感じ。

Apple Watchだけで通話ができるとかメールが返せるとかが例として挙げられるけど、それは今までも普通にできたよ。「iPhoneがそばに無くてもそれらができるようになった」というのが新しいだけ。

ってことで、今のところ全然使ってないし、健康のために運動してるような人でiPhoneを持ってられない事情がある人にしか役に立たないんじゃないかな。。。

このままだと、半年の無料期間が終わる頃には、セルラー通信は解約する気がする。350円なのでまあ安いんだけど、たぶん1バイトも通信しない。今後新たな機能が付いたり画期的なアプリが出たりして事情が変わることはあるかも知れないし、せっかくなのでそうなって欲しい。

Apple Pay対応

Series 2を買わなかったので、自分にとってはこのSeries 3が初のFeliCa搭載Apple Watchだ。

https://farm5.staticflickr.com/4426/37454547281_1519a09122.jpg

iPhoneだと、エクスプレスカードが使える場面でSuicaを読ませるとき以外は指紋認証が必要だけど、Apple Watchは腕に着けてロック解除したら、次からはサイトボタンを2回押すだけで認証不要でApple Payが使える。

iPhoneでやってるApple Payをすべて置き換えようとすると逆に無理がある場面もありそうだけど、状況に合わせて使い分けるなら結構よさそう。

Series 2が出たときから言われていたけど、Suicaは注意が必要。iPhoneSuicaApple WatchSuicaはあくまで別なもので、残高を共有したりはできない。両方使うなら、両方の残高を気にしておく必要がある。

watchOS4

新しいApple Watch本体とともにwatchOS4も新しくなった(初代のApple Watchだと重そうなのでアップデートしてなかった)。

懐中電灯

https://farm5.staticflickr.com/4458/37197095020_caebd543ec.jpg

これは便利。iPhoneみたいに光るLEDライトは搭載してないので、画面が真っ白になって輝度がMAXになるだけなんだけど、これでもまあまあ明るい。これまで、iPhoneのライトをつけるほどじゃ無いからiPhoneの待ち受け画面を表示してその明るさで照らしてたような場面を置き換えることができそう。

ホーム画面のアイコン

丸いアイコンが並ぶ今までのグリッド表示ではなく、新しくリスト表示が選べるようになった。

https://farm5.staticflickr.com/4443/36784770003_12bc2efdf6.jpg https://farm5.staticflickr.com/4431/36784780693_641549cbe2.jpg

アプリが少ない場合は、リスト表示の方が便利な気がする。ていうか、どうせアプリはほとんど使わないんだから、アプリの数を厳選して、そしてホーム画面はリスト表示を使うのが良さそう。

Macのロック解除できない

ロック解除状態のApple Watchを腕に着けてると、Macのロック解除でパスワードを入れなくていいやつ、とても便利だったんだけど、watchOS4だとMacがHigh Sierraじゃないとこの機能は使えないっぽい。

https://farm5.staticflickr.com/4434/37454706171_ef1c723379.jpg

macOSはなかなかApple Watchほど気軽にアップデートできないので、これは結構つらいね。。。Sierraでも使えていいじゃんか。。。

こんな機能があればいいのに

なんとなく、今後搭載されて欲しい機能を考えてみた。

  • 通常時はいつもデジタルクラウンがiPhoneの音量調整につながってる
  • 腕の振り方のジェスチャーで事前に指定していたアプリや機能を起動できる
  • 画面を指でトントンと叩く回数ごとに事前に指定していたアプリや機能を起動できる(たとえば3回トントンしたら3分タイマー開始とかやりたい)
  • iPhoneを使用中でもApple Watch側だけに通知が来る機能
  • 常に直近の5分間を録音し続けていて、好きなタイミングでその5分間の録音データを書き出せる機能
  • 運動を開始するときにワークアウトを設定し忘れても、あとから実は15分前からジョギングしてましたって教えればセンサーの蓄積データをさかのぼって適用してくれる機能

こういうの、ありそうだけど今のところ無いんだよね。結構いいと思うので実現して欲しい。

2016.04.05

Apple Watchのナイロンバンドを買った

http://www.flickr.com/photos/nacookan/26237513905/

Apple Watchは新型が出ないでバンドだけ新しいのが出続けている。今回はナイロンバンドってことで、いろいろ発売されたので、そのうちのひとつを買ってみた。42mm用のスキューバブルー。

他にもいろいろあるよ。

これで3本目

Apple Watchのバンドは3つ目になる。

最初はブラックレザーループとセットのApple Watch本体を買って、その後、ブラックのスポーツバンドを買い足した。どちらも黒。また、レザーループもスポーツバンドも、質感的にはペタっと肌に貼り付く感じがある。

オシャレのことは全然わからないけど、単純に今まで持ってる2本とは違う感じのが欲しいと思って、その中で色がかわいいこのスキューバブルーにした。

感想

質感は、ペタっとしたフィット感じゃなく、普通の感じ。革とか金属じゃないのでわかりやすい高級感はないけど、意外と複雑な色の構成になってる点と、ものすごくしっかりした強度のありそうな素材になっていて、全く悪くない。

未来的な感じが無いところは、すごくいい特徴だと思ってる。もうApple Watchが発売されたから1年になるところなので、高級感、未来感はそろそろ飽きてきて、ちょうどポップ感が欲しくなる時期だったのかも知れない。

バックルは、普通の時計によくある超スタンダードなもので、何の驚きも無い。未来感に飽きてきたとは言え、なにかしら「さすがAppleは違うね」って思えるような素敵なアイディアがあっても良かったんじゃないかなーとは思うけど、ごく普通のバンドだ。

ちなみに金属アレルギーとして気になるバックルの素材は、Apple Watch(SportやEditionじゃないやつの)本体や他のバンドの金属部分と同じ、316Lステンレススチールであると箱に書いてある。自分の場合はこれは大丈夫そうなので、今回も安心ではある。

今後、普段はこのバンドを使おうと思う。

2015.12.01

Apple Watch磁気充電ドックを買った

https://farm1.staticflickr.com/602/23332360872_259b49da66.jpg

Apple Watchの充電は、付属のMagSafeアダプタを使うのが普通だと思う。でもこれは単なるケーブルなので、いざ充電しようと思ったときに、コネクタ部分を探すところから始まるのがつらい。

机の上を片付けろっていう指摘はごもっともなんだけど。

そこで、Apple Watchを置くだけで充電できる台があると便利。今回はApple純正のものが出たので、さっそく買ってみた。

それまで使っていたSpigenのスタンド

これまでは、MagSafeケーブルを埋め込めるApple Watchスタンドを使っていた。

これについては、上記の記事で一番最後に書いてる。

https://farm1.staticflickr.com/303/18804696705_8e65e26ba9.jpg

写真だけ貼っとくとこんな感じ。

Apple純正品が出た

そんな中、Apple純正の充電台が登場した。Spigenので特に不満はないけど、まあ純正があるなら使ってみたいよね。

https://farm1.staticflickr.com/701/23358349681_7d3b08eef6.jpg

真ん中がMagSafeのコネクタなんだけど、これが角度を自由に変えられるようになっていて、完全に寝かせることもできるし、Apple Watchを横画面の状態で立てかけて充電することもできる。

またこの充電台自体への電力供給はLightningケーブルを使う。長いタイプが1本付属している。

MagSafe部分をめがけてパッと置くだけで充電が始まるのでケーブルより楽だし、充電中の安定感もすごくいい。さすが純正。

まあ「こんなの必要なの?」って言われたら、必要ってわけではないと思う。1万円以上もするし。必要ってわけじゃないけど、あるとそれなりに便利って感じ。

充電中に横置きして置き時計モードを使いたい人(枕元において目覚まし時計として使ってる人とか)や、充電のコネクタ部分をよく見失う人は、まあ一応検討してみればいいと思う。

またうれしいのは、これによって従来使っていた充電ケーブルが1本あまるので、別な部屋やカバンの中に常備させられるようになる。

Apple Watch、使ってる人がいるんだかいないんだかよくわからないけど、自分の場合は意外と使ってる。革新的だとは言わなくても、無いと普通に困る程度には役立つよ。

2015.09.05

Apple Watchのバンドをスポーツバンドに交換してみた

Apple Watchの話。これまでの経緯は以下の通り。

現在は買ってから3ヶ月以上はたってる。今のところの感想もあんまり変わって無くて、

  • 時間がわかるのと、通知がわかるのと、運動量を記録してくれるのは便利。
  • しかしそれだけなので、買う理由としては弱いと思うけど、もう買って持ってるなら腕に着けておく理由としては十分。

って感じで、毎日、地味に便利に使ってる。

レザーループじゃないのが欲しい

で、ひとつ不満というか、困ってるのがバンド。

自分は金属アレルギーがあるので、Apple Watchはレザーループのモデルにしていた。レザーループは、腕に当たる部分がすべてレザーで、金属部分が無いようになってる。まあそもそもApple Watch本体が金属なので心配だったけど、316Lステンレススチールという素材はアレルギーが出にくいらしく、実際、自分が使っていても何の問題もないっぽい。

そんな中、レザーループのバンドを変えたくなってきた。

  • レザーなので、水分に弱く、汗とかもよくない
  • お手入れをちゃんとやれば大丈夫なんだけど、そのお手入れが結構大変っぽい

Appleの説明を見ても、レザーはちょっと気をつけないといけない感じがわかる。

一般的な腕時計でもレザーのバンドはよくあるので、そういう一般的なレザーの腕時計のメンテナンス方法についても調べてみたけど、やはりなかなか大変そう。専用の石けんとか、磨くための道具があったり、一日使ったら一日休ませろとか書いてある。

オシャレな人は大変だな。。。ってことで、オシャレじゃない自分としてはこんな面倒なのは無理で、そのうちレザーループをダメにしてしまうと思う。

そんなわけでレザーループじゃないバンドが欲しくなった。

スポーツバンドの金属部分

レザーループの代わりとして、スポーツバンドなら安いし、着け心地などの評判もいい。しかしこれは金属アレルギーの心配があった。

https://farm1.staticflickr.com/780/21124457025_217c6a1fed.jpg

この部分が金属。何の素材なのか調べてみると、

Apple Watch の素材について

(略)

  • Sport:フルオロエラストマー、ステンレススチールまたは 18K ゴールド
Apple Watch のお手入れ - Apple サポート

というわけで、本体は316Lステンレススチール、スポーツバンドはステンレススチールという説明。ってことはスポーツバンドは316Lじゃないステンレススチールであるように読める。

316Lステンレススチールならすでに自分には金属アレルギーの心配が無いことがわかってるんだけど、そうじゃないステンレススチールは謎なので不安。

ググった感じの情報では、スポーツバンドの金属部分も316Lだって書いてる人もいるけど、サラっと書いてるだけで、もしかしたらちゃんと確認したんじゃなく本体が316Lだからバンドも同じって勝手に思ってるだけかも知れない。だって上記の通り、Appleの公式サイトでは、あえて316Lとそうじゃないのと、表記を分けている。金属アレルギーが出たらイヤなので我ながらここは用心深い。

しかし大丈夫だった

仕方ないからApple Storeの店員さんに聞こうと思って、お店に行ってみると、普通にスポーツバンド単体の箱が並んでいて、そこに思いっきり316Lって書いてあった。

https://farm1.staticflickr.com/661/21140398125_6763f1dae9.jpg

なあんだ、普通にスポーツバンドの金属部分も316Lじゃん、なんでWebサイトにあんな意味深な書き方するんだよ。。。ちなみに、スポーツバンドだけじゃなく、ミラネーゼループもリンクブレスレットもモダンバックルもクラシックバックも金属部分は316Lだった。つまり全部。もちろん18Kゴールドは除く。

ってことで安心して買った。黒にした。

交換してみた

さっそく交換してみた。

https://farm1.staticflickr.com/728/21130204342_d0b4caf2cc.jpg

まあみんな知ってると思うけど、こんな感じに、裏側のボタンを押しながら横にスライドするとバンドだけ外すことができて、簡単に交換できる。上下どちらのバンドも同じ仕様なので、上下を入れ替えることもできて、右腕に着けたい人などはそれをやる。

https://farm1.staticflickr.com/671/20952491818_a5b72cb2c3.jpg

完成。

ふむ、まあいいんじゃないかな。 もともとこの組み合わせのセットも売ってるし、普通なんだと思う。

2本入ってる

まあこれも知ってると思うけど、スポーツバンドは、1つ買うと2種類入ってる。S/Mサイズの人用と、M/Lサイズの人用のと。

https://farm1.staticflickr.com/564/21114166506_2b10251ace.jpg

時計の上側(金属のピンがある方)は1つだけで、下側(ピンを挿すための穴が開いてる方)が2つ。

自分の手首はちょうどMくらいだったらしく、どっちも着けることができた。まあでもM/Lの方は一番キツいところじゃないとダメで、S/Mだとちょうど真ん中あたりだったので、S/Mを普段使うことにする。

これ、両方使う人なんていないと思うから、1本だけにしてその分値段を安くしてよっていう気もするけど、まあそれも当然検討した上でこういう形になってるんだろうね。

着け心地はいい

さすがスポーツバンドって感じで、着け心地もいい。買ってからもう2日間くらい着けてるけど、レザーループよりも心地良いと言える。

さらさらのゴムっぽくて、やわらかさもちょうどいいし、ほんの少しだけゴムゆえのすべり止め感もあって、それによって少しゆるめに着けてもパカパカ動かない。

ただ、着けたり外したりサイズを調整したりする操作は、レザーループの方が圧倒的に簡単。一日の中で体調とか環境とかの要因で手首の太さが変わるみたいなので、調整が簡単っていうのも大事なポイントなんだけど、そこはレザーループよりスポーツバンドの方が面倒。

あと、金属のピンが、ちょうど手首の手のひら側の真ん中あたりにくるので、キーボードを打ってるときとかに、MacBookの手首を置く部分や机にコツコツ当たる。自分の場合、手首を置いて指だけ動かしてキーを打つと言うよりは、手首を浮かせて腕も移動しながら打つ方のなので(ホームポジションとかちゃんと練習してない自己流だからかも知れない)、まああんまり気にならないけど、人によっては気になると思う。その問題が無いのはたぶんレザーループだけなのかな。

使い分け

とりあえず今後は、気が向いたときだけレザーループを使いつつ、基本的にはスポーツバンドになるのかなー。

使い分けがよくわからん。レザーループは、いくらレザーだからってクラシックバックルと違ってフォーマル向けってほどでもない気がするし。どうなんだろ。