Hatena::ブログ(Diary)

PB memo このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-24 ruby-trunk-changes r58067 - r58076

[][]ruby-trunk-changes r58067 - r58076

今日は主に Unicode 関係のデータファイルのダウンロードを抑制するためのビルドプロセスの修正がありました。CI 環境でダウンロードに失敗するようになったので対応したみたいです。

nobu: r58067 2017-03-24 00:47:26 +0900

common.mk で name2ctype.h の依存関係で $ALWAYS_UPDATE_UNICODE が yes だったら update-unicode ターゲットを実行するようにしています。

svn: r58068 2017-03-24 00:47:27 +0900

version.h の日付更新。

nobu: r58069 2017-03-24 00:49:10 +0900

enc/unicode/data にダウンロードする Unicode 関係のファイルのうち GraphemeBreakProperty.txt を auxiliary/GraphemeBreakProperty.txt とサブディレクトリの下にダウンロードするようにしています。

nobu: r58070 2017-03-24 00:55:00 +0900

tool/enc-unicode.rb で Unicode 用データファイルの1行目のバージョン番号のチェックのための正規表現に使うファイル名を basename を利用するように修正しています。

nobu: r58071 2017-03-24 08:55:29 +0900

Travis CI や appveyor で Unicode.org からのデータファイルのダウンロードを毎回行なわないようにタイムスタンプファイルを生成させるようにしています。

nobu: r58072 2017-03-24 10:10:46 +0900

Unicode 関係のデータファイル用のタイムスタンプファイルの更新時にディレクトリを作成するようにしています。 $(@D) は make の記法かな。

nobu: r58073 2017-03-24 11:44:21 +0900

r58071 で導入した Unicode データ用タイムスタンプファイルを更新するターゲットを touch-unicode-files に変更しています。

nobu: r58074 2017-03-24 12:42:28 +0900

Travis CI と appveyor での Unicode.org からのダウンロード抑制の追加。 make after-update でも更新されるのを防ぐため UNICODE_FILES=. を追加して、tool/make-snapshot で生成する Makefile に touch-unicode-files ターゲットを追加するようにしています。 common.mk にあるのではだめなのかな。

nobu: r58075 2017-03-24 13:37:28 +0900

r58067 で ALWAYS_UPDATE_UNICODE = yes の時に Unicode 用データファイルをダウンロードするようにしていたのをリファクタリングしています。

normal: r58076 2017-03-24 16:29:33 +0900

標準添付ライブラリ logger で case 文の when 節に書かれている文字列リテラルに .freeze が書かれていましたが、when はコンパイル時の最適化で内部的に fstring 化されていて .freeze する必要がないということで .freeze を削っています。ほほー。

2017-03-23 ruby-trunk-changes r58057 - r58066

[][]ruby-trunk-changes r58057 - r58066

今日は striongio の default gem 化に伴なう依存関係などの追加修正や、Onigmo の更新に伴なう enc/unicode/9.0.0/name2ctype.h の再生成などがありました。

nobu: r58057 2017-03-22 22:55:03 +0900

拡張ライブラリ stringio で 2.3以前向けに RB_INTEGER_TYPE_P が未定義の場合の代替定義を追加しています。 なるほど default gem 化によって過去のバージョンでも動くようにするためこういった変更が入るわけですね。

nobu: r58059 2017-03-22 23:06:57 +0900

拡張ライブラリ stringio の gemspec ファイルの ruby要求バージョンを 2.2 以上に修正しています。 rb_get_kwargs() が必要だったので 2.2 以上でないといけなかった模様。

stomar: r58062 2017-03-23 05:23:42 +0900

IO#puts の rdoc 用コメントに特殊変数 $\ には影響を受けないことや引数文字列配列が混ざっていてもいいことなどを追記しています。 [ruby-core:80081] [Bug #13306]

svn: r58063 2017-03-23 05:23:42 +0900

version.h の日付更新。

nobu: r58064 2017-03-23 16:53:35 +0900

Onigmo の更新によって enc/unicode/9.0.0/name2ctype.h を再生成して更新しています。

nobu: r58065 2017-03-23 16:59:56 +0900

tool/enc-unicode.rb で name2ctype.h を生成する時に uniname2ctype_offset() というマクロを定義して短く書けるようにして、もう一度 enc/unicode/9.0.0/name2ctype.h を再生成しています。

nobu: r58066 2017-03-23 16:59:57 +0900

tool/enc-unicode.rb の ifdef というメソッドでブロックを受け取るようにしてブロックを渡した時はブロック内の処理を呼んだ後で自動的に endif メソッドを呼んで ifdef/endif の対応を付けるようにしています。

2017-03-22 ruby-trunk-changes r58049 - r58055

[][]ruby-trunk-changes r58049 - r58055

今日は stringio の default gem 化などがありました。

nobu: r58049 2017-03-22 10:58:17 +0900

拡張ライブラリ stringio に .gemspec ファイルを追加して default gem 化しています。

svn: r58050 2017-03-22 10:58:17 +0900

version.h の日付更新。

shyouhei: r58054 2017-03-22 15:00:18 +0900

tool/update-deps で common.mk および各拡張ライブラリの depend などを更新しています。 r57045 で入った Onigmo の更新で include/ruby/onigmo.h が追加されてあちこちで依存関係への追加が必要だったというのが動機としてあったみたいです。

kazu: r58055 2017-03-22 21:27:53 +0900

doc/ の古い ChangeLog や NEWS に書かれている URLschema を http から https に変更しています。

2017-03-21 ruby-trunk-changes r58037 - r58044

[][]ruby-trunk-changes r58037 - r58044

今日は StringIO#ungetc の挙動の IO#ungetc に合わせる修正などがありました。

stomar: r58037 2017-03-21 05:30:25 +0900

Array.new にブロックを渡した時にブロックパラメータインデックスが渡される仕様について rdoc 用コメントに追記しています。 [ruby-core:68442] [Bug #10944]

svn: r58038 2017-03-21 05:30:26 +0900

version.h の日付更新。

kazu: r58039 2017-03-21 09:11:46 +0900

README.md の win32/README.win32 についての記述で Markdown 形式のリンクを貼るようにしています。 https://github.com/ruby/ruby/pull/1538

nobu: r58040 2017-03-21 12:15:56 +0900

拡張ライブラリ stringio の StringIO#ungetc で引数に渡された整数が Encoding に対する codepoint として不正な時に RangeError が発生するようにしています。

nobu: r58041 2017-03-21 12:15:57 +0900

r58040 の続き。 StringIO#ungetc で int に収まらない大きさの整数を渡された時には TypeError を発生させていたのを RangeError を発生させるようにしています。 IO#ungetc と挙動を揃えているとのこと。

nobu: r58042 2017-03-21 14:28:38 +0900

String オブジェクトの Encoding 変更時に終端文字のサイズが変化する場合にバッファのサイズを調節する rb_str_change_terminator_length() で capa の初期値に oldtermlen を加えておくようにしています。しかし条件分岐も代入時も oldtermlen のぶん加減算しているので変化はないような気がするんですが、チケットをみると異常終了の修正みたいです。なんでだろ。 [ruby-core:80257] [Bug #13339]

nobu: r58043 2017-03-21 16:19:23 +0900

tool/downloader.rb に -n/--dryrun オプションを追加しています。

nobu: r58044 2017-03-21 17:03:49 +0900

.appveyor で appveyor DownloadFile コマンド? を使って Unicode 関係のファイルをダウンロードするようにして tool/downloader.rb によるダウンロードを避けるようにしているようです。

2017-03-20 ruby-trunk-changes r58033 - r58035

[][]ruby-trunk-changes r58033 - r58035

今日は mathn の default gem 化などがありました。

nobu: r58033 2017-03-20 10:33:08 +0900

sprintf.c の ruby__sfvwrite() で IO の書き込みサイズを文字列オブジェクトのサイズに割り当てる時に long 型に変換し、オーバーフローする時に例外を発生させるようにしています。

nobu: r58034 2017-03-20 10:36:08 +0900

sprintf.c の CHECK() マクロでサイズチェックのオーバーフロー対策のためチェックの方法を変更しています。

hsbt: r58035 2017-03-20 16:07:49 +0900

標準添付ライブラリ mathn を default gem 化しています。 [ruby-core:80248] [Feature #13335]