Hatena::ブログ(Diary)

PB memo このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-27 ruby-trunk-changes r55509 - r55513

[][]ruby-trunk-changes r55509 - r55513

今日は標準添付ライブラリ fileutils の FileUtils#install の機能追加などがありました。

nobu: r55509 2016-06-27 08:56:57 +0900

VM 命令列へのコンパイル時に trace 命令を埋め込む ADD_TRACE() マクロで行番号が 0以下の時に trace 命令を生成しないようにしています。そんなことあるのかな、と思いましたが RubyVM::InstructionSequence.compile に行番号 0 を渡した時にエラーになってたみたいです。 [ruby-core:76141] [Bug #12517]

svn: r55510 2016-06-27 08:56:58 +0900

version.h の日付更新。

nobu: r55511 2016-06-27 10:24:46 +0900

標準添付ライブラリ fileutils の FileUtils::Entry_#copy_metadata で同じ処理をまとめるリファクタリング

nobu: r55512 2016-06-27 16:55:17 +0900

標準添付ライブラリ fileutils の FileUtils#install の keyword 引数に owner と group を追加してファイルの所有者情報を可能なら変更するようにしています。

nobu: r55513 2016-06-27 16:58:34 +0900

標準添付ライブラリ fileutils の FileUtils#install の mode に整数だけでなく "rwx" などの文字を使った指定を受け付けるようにしています。

2016-06-26 ruby-trunk-changes r55505 - r55508

[][]ruby-trunk-changes r55505 - r55508

今日は Win32API の cygwin での不具合修正がありました。

nobu: r55505 2016-06-26 09:28:13 +0900

cygwin/GNUmakefile.in と template/GNUmakefile.in で MAKEFLAGS から -j オプションの指定を削るようにしています。 sub make に並列度オプションを渡さないようにしているみたいです。

svn: r55506 2016-06-26 09:28:14 +0900

version.h の日付更新。

nobu: r55507 2016-06-26 10:20:27 +0900

拡張ライブラリ win32 の Win32API で dll ファイルを探索する時に拡張子 ".dll" をつけたファイルも試すようにしています。 cygwin でうまく動かなくなっていたのを修正しているようです。 [ruby-list:50339] [ruby-list:50341]

nobu: r55508 2016-06-26 19:35:53 +0900

r55507 の再修正。 拡張ライブラリ win32 の ext/win32/lib/Win32API.rb の magic comment frozen_string_literal を false から true にしています。また Fiddle::Function 用の型の変換処理を最初にやっておくようにリファクタリングしています。

2016-06-25 ruby-trunk-changes r55502 - r55504

[][]ruby-trunk-changes r55502 - r55504

今日は LibreSSL の不具合でこけるテストの対応がありました。

rhe: r55502 2016-06-25 10:08:15 +0900

拡張ライブラリ opensslOpenSSL::OCSP 関係のテストで LibreSSL 2.3.1 以降の不具合で失敗する可能性のあるテストで例外捕捉して skip する workaround を入れています。

nobu: r55503 2016-06-25 11:32:06 +0900

r55502 で時刻のチェックに余裕をもたせたところを assert_in_delta で幅を持たせつつ小さすぎる値もエラーにするようにしています。

kazu: r55504 2016-06-25 17:54:41 +0900

r55497 の ChangeLog エントリの typo 修正。

2016-06-24 ruby-trunk-changes r55492 - r55501

[][]ruby-trunk-changes r55492 - r55501

今日は rubygems の更新、psych の更新と BasicObject を継承したオブジェクトを Marshal.dump する時の不具合修正などがありました。

nobu: r55492 2016-06-24 09:17:17 +0900

r55486, r55488, r55489 のリベンジ。 Unicode 関連のデータファイルのダウンロードなしでビルドできるようにしています。 環境変数に ALWAYS_UPDATE_UNICODE=yes がセットされていなかったら enc/unicode/casefold.h の再生成を抑制しています。 [ruby-dev:49681]

svn: r55493 2016-06-24 09:17:18 +0900

version.h の日付更新。

nobu: r55494 2016-06-24 09:23:46 +0900

r55492 の続き。 enc/unicode/case-folding.rb で入力ファイルがない時に出力先のファイル(ヘッダファイル)の更新時刻を更新するようにしています。

hsbt: r55495 2016-06-24 13:13:11 +0900

rubygems を 2.6.6 に更新しています。 リリースノートは https://github.com/rubygems/rubygems/commit/656f5d94dc888d78d0d00f3598a4fa37391aac80https://github.com/rubygems/rubygems/commit/ccb9c3300c063f5b5656669972d24a10ef8afbf5 を参照。 trunk/2.4 の Integer 統合への対応が入っているみたいですね。

nobu: r55496 2016-06-24 14:29:28 +0900

enc/unicode/case-folding.rb でデータファイルを読む時に mode: "rb" を追加してバイナリモードで読むようにしています。

hsbt: r55497 2016-06-24 18:06:08 +0900

拡張ライブラリ psych を 2.1.0 に更新しています。 0 ではじまる文字列を quote しないため, YAML 1.2 では float と解釈されてしまう可能性があるのを修正しています。 [ruby-core:72850] [Bug #11988]

svn: r55498 2016-06-24 18:06:09 +0900

r55497 の行末の空白除去。

hsbt: r55499 2016-06-24 18:07:22 +0900

r55495 の ChangeLog エントリの名前が nobu のものになっていたのを修正しています。

nobu: r55500 2016-06-25 02:33:35 +0900

vm_respond_to() で respond_to? の method entry がみつからない時に TRUE(1) を返していたのを -1 を返して method_missing を呼ばせるようにしています。 チケットは Marshal.dump で BasicObject を継承したオブジェクト(respond_to? も定義されてない)を dump する時に marshal_dump メソッドが呼べるかチェックしているところで誤判定されてしまって動かないという問題のものですが、Marshal のコードで vm_respond_to() を呼ぶようになったので表面化したけど vm_respond_to() に元々修正漏れがあったという感じですね。 [ruby-core:75377] [Bug #12353]

svn: r55501 2016-06-25 02:33:36 +0900

version.h の日付更新。

2016-06-23 ruby-trunk-changes r55489 - r55491

[][]ruby-trunk-changes r55489 - r55491

今日は、というか昨日からの変更が revert されて実質変更ありませんでした。

nobu: r55489 2016-06-23 14:27:35 +0900

昨日の r55486、r55488 の続きで enc/unicode/casefold.h の生成規則で ALWAYS_UPDATE_UNICODE=yes だったらコマンドに exit を仕込むようにしています。これ条件逆じゃないのかな。

svn: r55490 2016-06-23 14:27:36 +0900

version.h の日付更新。

naruse: r55491 2016-06-23 21:42:48 +0900

と思ったら r55486, r55488, r55489 は RubyCI のビルドで失敗していたので revert されています。