Hatena::ブログ(Diary)

枕流亭ブログ

2008-06-26

[]諸葛長民の「君は劉、俺は諸葛…」発言について

諸葛長民という男が「あんたは劉でおれが諸葛だから一緒に国を造ろう」と持ちかけたときに「おれは劉でも漢王朝の血はひいちゃいないよ」と応えた男だから、国号も劉の姓には珍しく漢にしないで宋とした。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/9156/REKISI/nanboku.html

魏晋南北朝時代、東晋を簒奪して宋を建てた「南朝宋の武帝」こと

【劉裕】(356〜422)は、ある時【諸葛長民】という人物と知り合う。

「俺たちは昔の劉備諸葛孔明そっくりの名前だ。俺があんたの孔明になってやるよ」

「馬鹿馬鹿しい俺は漢室の子孫じゃなくて貧民の倅だ」

やっぱりこっちの諸葛は孔明にはなれず、最後は劉裕に粛清されたとか。

http://history.log.thebbs.jp/1080651360.html

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

さて、諸葛長民の本伝は『晋書』巻85列伝55にあるのですが、まずこれにこの発言は見えません。

『晋書』『宋書』『南史』(『南史』では避諱により「諸葛長人」と書く)など正史に見えません。

『資治通鑑』にも見えません。

…ということで、この発言のそもそもの出典が分かりません。かりに漢籍の出典がほかにあったとしても、信憑性はかなり低いと思いますね。吉川忠夫『劉裕−江南の英雄宋の武帝』(中公文庫)も、この話を取り上げていません。

だいたい劉裕は漢の楚元王劉交の二十一世の孫を自称していたりするんですよね。

残念ながら諸葛長民は「君は劉、俺は諸葛…」とか言ってないだろうと思われます。

諸葛長民の台詞としてあと知られてるのは、「むかし彭越がひしびしおにされ、韓信が殺された。(そういう粛清の)禍がやってきたぞ!」とか、「貧しいときには富貴になることばかり考えるが、富貴になると必ず転覆の危険にさらされる。こんにち丹徒の布衣に戻りたいと思っても、どうしてできようか!」とか、なにやら成り上がりの哀愁ただよう発言があるのですが、「君は劉、俺は諸葛」ほどのインパクトは持っていないですね。

太白太白 2008/07/02 11:05 俺にもありました(笑)
この話は講談社文庫の『中国帝王図』で読んだ気がするけど・・・劉裕の項は誰の担当だったっけかなぁ(その本自体が発掘できなくてスイマセンw)。

nagaichinagaichi 2008/07/02 12:18 『中国帝王図』で劉裕の項は井上祐美子さんが書いてますが、諸葛長民のことは書いてませんよ。文庫版を確認したのみですけど。

太白太白 2008/07/03 11:07 これは申し訳ない。あやふやな記憶だけで書き込みするのはいけませんねやっぱり。
大変失礼いたしました。

しかし私のような者でさえ知ってるということは、信憑性はさておきそこそこ有名な逸話なんでしょうけど・・・。

nagaichinagaichi 2008/07/03 14:59 僕も元がどこだったか思い出せないので、似たようなものです。そこそこ知られてる逸話ですよねえ。

vunovuno 2008/12/22 00:07 はじめまして。
これは確か、中国武将列伝の檀道済あたりだったんじゃないかと。

nagaichinagaichi 2008/12/23 01:14 はじめまして。どうもありがとうございます。
田中芳樹『中国武将列伝上』(中央公論社、1996)ハードカバーP169で確認できました。
これが元なのか、さらに元があるのか、ぼちぼち探してみたいところです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20080626/p1
Viva Technoliberation!
就是这股生命的泉水,日夜流穿我的血管,也流穿过世界,又应节地跳舞。
就是这同一的生命,从大地的尘土里快乐地伸放出无数片的芳草,迸发出繁花密叶的波纹。
就是这同一的生命,大潮汐里摇动着生和死的大海的摇篮。
我觉得我的四肢因受着生命世界的爱抚而光荣。我的骄傲,是因为时代的脉搏,此刻在我血液中跳动。
We historians are tomb raiders, who search for the truth.
この日記のはてなブックマーク数 人気ブログランキング にほんブログ村 歴史ブログへ 誰も祝わないから、自分で祝う!2009年3月29日にWEB枕流亭は10周年を迎えます