Hatena::ブログ(Diary)

枕流亭ブログ

2016-08-06

[][]秦の大将軍について

キングダムで信・王賁・蒙恬は大将軍になれますか?(Yahoo!知恵袋)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11162587416

無粋な歴史の話をすると、そもそも秦に大将軍の官がなかったんじゃないかという深刻な疑いがありましてな。

『通典』は大将軍の官が戦国時代の楚に置かれたことを指摘しています。

「大將軍、自戰國時楚置」(『通典』巻19職官1)

「自戰國置大將軍,周末又置前後左右將軍,至秦,將軍之官多矣。漢興,置大將軍、驃騎將軍,位次丞相。車騎將軍、衛將軍、左右前後將軍,皆金印紫綬,位次上卿」(『通典』巻28職官10)

時代的には秦に大将軍があっても良さそうなんですが。

しかし秦代についての根史料というべき『史記』には、秦の「将軍」の例が複数あるものの、秦の「大将軍」の例をひとつも見出せないんですよね。

「秦昭王怒,使將軍摎攻西周」(『史記』周本紀)

「八年,使將軍羋戎攻楚,取新市」(『史記』秦本紀)

「其十月,將軍張唐攻魏,為蔡尉捐弗守,還斬之」(同上)

「五十一年,將軍摎攻韓,取陽城、負黍,斬首四萬」(同上)

「麃公等為將軍」(『史記』秦始皇本紀)

「晉陽反,元年,將軍蒙驁擊定之」(同上)

「十月,將軍蒙驁攻魏氏畼、有詭」(同上)

「五年,將軍驁攻魏,定酸棗、燕、虛、長平、雍丘、山陽城,皆拔之,取二十城」(同上)

「將軍驁死」(同上)

「八年,王弟長安君成蟜將軍擊趙,反,死屯留,軍吏皆斬死,遷其民於臨洮。將軍壁死,卒屯留、蒲鶮反,戮其屍」(同上)

「桓齮為將軍」(同上)

「秦使將軍王賁從燕南攻齊,得齊王建」(同上)

「始皇乃使將軍蒙恬發兵三十萬人北擊胡,略取河南地」(同上)

「右丞相去疾、左丞相斯、將軍馮劫進諫曰」(同上)

「將軍章邯、長史司馬欣、都尉董翳追楚兵至河」(『史記』六国年表)

「誅丞相斯、去疾,將軍馮劫」(同上)

「昭王即位,以冄為將軍,衞咸陽」(『史記』穰侯列伝)

「穰侯力能立昭王,為將軍,衞咸陽」(同上)

「今扶蘇與將軍蒙恬將師數十萬以屯邊」(『史記』蒙恬列伝)

ちなみに『史記』にも、戦国時代の楚の大将軍の記述は見えます。

「秦大敗我軍,斬甲士八萬,虜我大將軍屈匄、裨將軍逢侯丑等七十餘人」(『史記』楚世家)

また戦国時代の趙の大将軍も出てきます。

「趙王與大將軍廉頗諸大臣謀」(『史記』廉頗藺相如列伝)

「趙乃以李牧為大將軍,擊秦軍於宜安」(同上)

さらに漢代になると、出典省きますが、韓信・劉沢・灌嬰・陳武・竇嬰・衛青など大将軍の官に就いた人々がやはり複数確認できます。

なぜ秦の大将軍だけ確認できないのかという疑問が湧くわけです。

最後に李信がらみで言うと、『新唐書』に問題の記述がありまして。

「生信,字有成,大將軍、隴西侯」(『新唐書』宗室世系表上)

これを信じるなら、李信は大将軍になっているじゃないかという話になります。ですが残念ながら、『新唐書』の世系表の史料的信憑性はきわめて低いとみなされていることを申し添えておきます。

2015-08-08

[][]『仙術士李白』

葉明軒『仙術士李白』(角川コミックス・エース)が出ていました。台湾角川の電子雑誌『FORCE原力誌』で連載中の葉明軒『大仙術士李白』の日本語版です。

ちなみにComicWalkerで最新話が読めたりします。

http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_TW01000001010000_68/

仙術士の設定は、葉明軒の独創によるものですが、登場人物たちは李白の伝記や盛唐の実在の人物たちをわりかしなぞって作られています。

主人公の李白は、言わずと知れた詩仙・酒仙のあの人です。作中15歳、若いです。水面に映る月に溺れることは当面ないでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%99%BD

師匠の焦煉師は、李白の「贈嵩山焦煉師」の詩で知られる嵩山の女道士です。「其年貌可稱五六十」…には、漫画では見えませんね。南朝斉・梁のころに生まれたという妖……あ、いえ、何でもありません;;;

http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/68305580.html

呉指南は李白の四川時代の友人で、のちに李白とともに楚地を遊歴することとなります。

http://cogito.jp.net/tanaka/sanbun/rihaku03.html

司馬承禎は天台山の道士で、玄宗に召し出されて尊敬を受けた人物です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E6%89%BF%E7%A6%8E

呉道子は呉道玄のことで、盛唐の画家として知られる人です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%89%E9%81%93%E7%8E%84

東嚴子こと趙蕤は、字を大賓、あるいは雲卿といい、盛唐の術数家です。李白とともに「蜀中二傑」と併称された人物でもあります。

https://zh.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B5%E8%95%A4

王維は盛唐の詩人として有名な人で、李白と同年の説もありますね。若くして進士に及第して、唐の官界に入った人でもあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E7%B6%AD

李林甫は玄宗朝の宰相にのぼる人物ですが、作中のタイムラインではまだそこまで出世していないと思われます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%9E%97%E7%94%AB

最後に登場した杜甫、字は子美は、詩聖と呼ばれるこれまた有名な盛唐の詩人ですが、女子でも男の娘でもないと思われます;;

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%9C%E7%94%AB

さて、今回出版された日本語版は巻数が打たれていませんが、はたして続巻が出るでありましょうか。そこからまずは心配ですが、美少年?と師匠のボディに騙されて、多くの読者の手に取られれば、続巻刊行とあいなるかもしれません。期待して待ちましょう。

2015-07-03

[][]「向」の読みについて

またぞろ『キングダム』をタネに話を広げてみます。

宮女キャラに「向」というのがおりますね。「こう」と読まれているのは、ご存じのとおりです。

漢和辞典を引けば分かりますが、「向」の読みは、呉音が「コウ」で、漢音が「キョウ」です。

中国の人名の読みは基本的に漢音を取りますので、これは「きょう」と読むべきでしょう。

たとえば前漢末に「劉向」という人物がいるのですが、これは「りゅうきょう」と読みます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%89%E5%90%91

さて、少し不思議なことがありまして、三国の蜀漢に「向寵」という人物がいます。この人はなぜか「しょうちょう」と読みます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%91%E5%AF%B5

『康煕字典』の「向」の項は、『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』を引いて、「式亮切,音餉」という音を紹介しています。「式」(ショク)と「亮」(リョウ)の反切、つまるところ「ショウ」と読む場合があるのです。また胡三省の『資治通鑑注』は「向,式亮翻,姓也」と言っています。どうやら姓の場合は「ショウ」と読むらしいのです。

北宋の向太后なども、「しょうたいこう」と読んでますね。

https://kotobank.jp/word/%E5%90%91%E5%A4%AA%E5%90%8E-79490

ちなみに地名や国名(周代の諸侯にあったらしい)の「向」も、「ショウ」と読みます。「向潭鉄路」は「しょうたんてつろ」と読むのです。

「向かう」系が「コウ/キョウ」、固有名詞が「ショウ」と、分けられればいいのですが、そうスッパリともいかないあたり、漢字の音は難しいなあと、つくづく思う次第です。

2015-05-27

[]「王子に譲位」

『ヒストリエ』、言葉にできない(ヤマカム)

http://yamakamu.com/archives/4399196.html

ここの解釈が正しければ、例のマケドニア将棋の「王子に譲位」とかいうルールが伏線として機能するわけだな。

読んでるときには全く気づかないが、後になって振り返るととても分かりやすいというのが、伏線の理想型ではある。

2015-01-21

[][]『長歌行』その3

夏達『長歌行』の5巻と6巻が同時に刊行されてますね。

われらが女主角の李長歌も朔州・突厥・契丹と流れ流れて、唐土に立ち戻り、洛陽は流雲観編です。

流雲観は架空の道観(道教寺院)なのですが、その名はおそらく崑崙山の西王母の宮殿とされる「金丹流雲宮」から取っているものと思われます。流雲観の観主の静澹真人が西王母をイメージして造型されているとはさすがに思えませんが、女性観主を自然にみせるための舞台装置かなと思います。ちなみに唐代にも女性の道士はいたようです。本作よりは時期がやや下りますが、司馬承禎と同時期に華陽の謝自然(『續仙傳』巻上)のような女真人が見えたりもしています。

ところで「薬王」孫真人こと孫思邈は、実在の人物です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E6%80%9D%E3%83%90%E3%82%AF

西魏に生まれて唐の高宗の末年まで生きていたという140歳超えの長寿伝説を持つ人物ですが、実際は隋の開皇初年の生まれだろうと思います。それでも充分に長生きです。孫思邈は漢方の医学と薬学に功績を残した人ですが、煉丹と服食で長生成仙を求めた道教の系譜の人でもあるわけです。あと黒色火薬の発明に先立って、硫黄と硝石を混合してよく燃える薬を作った人(『諸家神品丹法』巻之五)でもあります。これも本来は丹薬として呑むために作ってたんですよね。

あと司徒郎郎という人は実在してないはずですが、『雍正剣侠図』の司徒朗ってキャラがモデルなのかもしれません。ややトリックスターめいたキャラですが、よく分からないです。

http://baike.baidu.com/item/%E5%8F%B8%E5%BE%92%E6%9C%97

6巻は長安編に入って、物語も佳境を迎えそうですね。長歌が労咳っぽくなって、先行き心配です。

長歌行 5 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)

長歌行 5 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)

長歌行 6 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)

長歌行 6 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)

さて、恒例の重箱の隅つつきをば。とくに6巻がツッコミ甲斐がありました。翻訳・校正はしっかりしてほしいものです。

f:id:nagaichi:20150121092837j:image

5巻P60 「孫思邈」に「そんしぼう」とルビが振られています。「そんしばく」です。

f:id:nagaichi:20150121092901j:image

6巻P17 幼女の長歌かわいい…ではなく、「魏征」(ぎせい)って誰やねん。「魏徴」(ぎちょう)です。簡体字を変換し損ねています。

6巻P93 頡利可汗が吉利可汗になってるのは、もとからでしょうか。最初のほうの巻も読み直さないといけませんね。

f:id:nagaichi:20150121092929j:image

6巻P97 誤りとまではいえないけど、「靖安坊」が「ちんあんぼう」と中途半端な中国語読み。ちなみに初唐の長安の108坊のうちに「靖安坊」というのはないみたいです。

f:id:nagaichi:20150121092945j:image

6巻P102 注釈の誤り。尚書=「国防の職位」なのではありません。行政統轄機関である尚書省のトップが尚書令あるいは尚書僕射であり、尚書省の下に行政官庁ともいうべき六部があります。六部のそれぞれの最上位の職位が「〜部尚書」です。俗っぽく現代の「〜大臣」の感覚で捉えても、そう間違いではありません。李靖はこのころ兵部尚書の任にあったので、李靖が「国防の職位」にあったことそのものは誤りではありません。しかし尚書の説明としては完全に誤っています。

6巻P103 こちらではちゃんと「魏徴」(ぎちょう)になっています。しかし「諌議大夫」(ざんぎたいふ)という読みは残念です。正しくは「諫議大夫」(かんぎたいふ)です。あと「諫議大夫」はあっても「諌証君側」なんて官位は存在しません。魏徴も王珪もともに諫議大夫の任にありました。君主に諫言をおこなうのを役目とする官職ですね。

6巻P142 「張氏出塵」って何だろうと思ったら、李靖の妻の役を振られた「張出塵」という伝奇キャラがいるんですね。

http://www.zwbk.org/zh-tw/Lemma_Show/444238.aspx

「張氏出塵」という表現が妙なのは、言わずもがなかと。

Viva Technoliberation!
就是这股生命的泉水,日夜流穿我的血管,也流穿过世界,又应节地跳舞。
就是这同一的生命,从大地的尘土里快乐地伸放出无数片的芳草,迸发出繁花密叶的波纹。
就是这同一的生命,大潮汐里摇动着生和死的大海的摇篮。
我觉得我的四肢因受着生命世界的爱抚而光荣。我的骄傲,是因为时代的脉搏,此刻在我血液中跳动。
We historians are tomb raiders, who search for the truth.
この日記のはてなブックマーク数 人気ブログランキング にほんブログ村 歴史ブログへ 誰も祝わないから、自分で祝う!2009年3月29日にWEB枕流亭は10周年を迎えます