Hatena::ブログ(Diary)

山猫亭雑記帳

2017-08-15 青森、超晴天!

この日、この時、この瞬間。

19:26

今日という日は、日本にとって特別な日です。

普段、戦争を知らない、忘れていられるのはとても幸せなこと。

そして、若い世代の方は必要最低限知識があればいい筈です。

一年でたった一日、今日だけ思い出してくれれば嬉しいです。

そしてまた、平和な毎日に感謝し、日常を謳歌しましょう。

亡くなった方への最大の敬意は「普通に暮らすこと」です。

今の暮らしがあるのは、確かに偉大な先達、先人達のおかげです。

だからこそ、感謝の気持ちを込めて普通に、楽しく暮らしましょう!


f:id:nagamono:20170815162245j:image

あ、さて…ねんがんの サーバインを てにいれたぞ!

長かった…この一年、ずっとAmazonの値段を恨めしく見てました。

再販されました、わずか一年での再販は超スピードに思えます。

ROBOT魂は一番最初のダブルオーガンダムからずっと好きです。

流石に全部は買えませんが、欲しいものだけちょこちょこと。

可動、造型、値段、そしてラインナップ…俺はとても好きですね。

今度はコードギアスが劇場版と新作を控えてるので、これは…

KMFの再販祭クルー!?ランスロットアルビオンが欲しいです。

さて、サーバインです…格好いいですね、OVA版のオーラバトラー

この機体は今まで、ガレージキット等でしか立体物がなかった。

昨年夏、ROBOT魂で発売された時には、全ファンが狂喜しました。

しかし、手にしたファンは驚くほど少なかった…何故でしょう?

今日は少し、転売屋の話をしたいと思いました。


転売屋とは「限られた数の品を独占し、高額で売る業者」のことです。

個人でやっていても、業者だと自分は思ってます…営利目的なので。

ただ、転売屋が営利目的で転売をしてる、これの証明は不可能です。

実は営利目的のこうした活動には「古物商の免許」が必要になります。

しかし、営利目的でない(Yahooオークション等)の場合、不要です。

そして、営利非営利かは自己申告で、法では分別ができません。

また、転売屋が高額な値段を提示しても、それを裁く法がありません。

遊園地や映画館の中では、自動販売機のドリンク等が高いですよね?

場所や時間帯等、限られた状況下で値段が変動するのは合法です。

しかし、その変動が適正か否かは法が裁けず、介入もできません。

こうした中、コンサートチケット等では対策が取られ始めています。

チケット使用時、購入者本人と証明できるもの(免許書等)の提示義務。

これをやることで、転売屋からのチケットはただの紙切れになりました。

ただ、あくまで一部のグループのコンサート等に限った話みたいです。

また、転売ダフ屋行為とも解釈できますが、証明ができないんですね。


では、法を犯していない、法で裁けないということは…転売はOKか?

個人的には答はNOですが、現在は転売は「やった者勝ち」ですね。

簡単に言うと「ネトゲで運営側が取り締まれないバグを使ったチート」です。

取り締まれないからOKだと言っても、チートチート、卑劣なズルです。

チートとは本来、cheat(ズル、騙す)という意味で、ルール違反なのです。

また、ルールで取り締まられないとしても、マナー違反は歓迎されません。

普段であれば、ルールもマナーも守らぬ人間は無視され、淘汰されます。

しかし、転売屋は「数の限られた希少品」を転売するので、恐ろしいのです。

新発売のフィギュア、コンサートのチケット、壁サークルの同人誌

そういった意味では、コミケ徹夜組も「取り締まれないが、悪」ですね。

主催者や販売元が「やめて」と言えば、法的拘束力がなくても従うべきです。

何故なら、マナー違反の無法者によって発生した経費は客全員の負担だから。

よく転売屋は「欲しい人も買えるよう、市場で品を回している」と言います。

これを詭弁と言います…何故なら、転売屋が「買えない人」を産んでいるから。

正当なルートでは買えない人、悔しいのはわかります、欲しいのもわかる。

しかし、転売屋からチケットやフィギュアを買うなら覚えててください。

それは「本来買えた人」の心を踏み躙って転がり込んだ、イリーガルな品です。

コミケ徹夜組の人も「本来並ぶ人」の席を奪って、警備費を発生させてます。

徹夜組のために警備費がかさみ、それがサークル参加費を高騰させてます。

法で裁けずとも、主催者や販売元の呼びかけに応じぬ者は悪だと思います。


俺はね、辛かった…とても悲しかった、この一年間ずっと耐えてきた。

アラフォーのオッサンがなにをと笑われても、別にいい…俺も少し思うし。

でも、あの日を忘れない…ROBOT魂サーバインの予約開始日の一瞬を。

16時ジャストにAmazonへアクセスした瞬間、全て売り切れていた。

SOLD OUTの横には、二倍近い値段のサーバインが既に出品されていた。

Ex-Sガンダムの時もそうだった…間違いなく転売屋による買い占めでした。

俺は転売屋を憎み、現状で唯一の対抗手段である「買わない」を実行中です。

でも、何度も…何度も何度も心が折れそうになった、誘惑されました。

サーバインが欲しかった、ずっと聖戦士気分でブンドドしたかった。

俺は最近「希少性ありと思えるフィギュアは地元ショップで買う」です。

顔馴染みの店員さんが親切で、早めの予約をいつも受け付けてくれます。

ずっと指を咥えて見ていたサーバインも、再販分を取り置きしてくれました。

俺は声を大にして言いたい…法に触れずとも、道徳や人道を犯す行為はある。

法は万能ではないし、法で裁けぬ悪に我々法治国家の市民は無力です。

ただ、法を整備し規制を強めても、根本的な解決にはならないでしょう。

法整備と同時に、買い手側の学習も必要だし、売り手側もそれは同じです。

現状、一部のメーカー…それこそ叶姉妹のお二人みたいな方達もいます。

ありがたいです、嬉しいです、本当にありがとうございます、ファビュラス!

でも、それは全てメーカーや主催者のコストとなって跳ね返ります。

それがあるから、対策ができない人もいて、それは絶対責めれません。

ですから、我々が「プロの買い手」になりましょう…格好つけましょう。

意地張って粋がって、絶対に転売屋からはなにも買わないようにしましょう。

そうすることが結果的に、自分が買えなくても業界をよくしていきます。

あなたの好きなアイドルも喜ぶし、好きなメーカーも喜んでくれますよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagamono/20170815/1502792817