Hatena::ブログ(Diary)

山猫亭雑記帳

2017-09-04 秋晴れ、残暑全開!

余生終了のお知らせ。

10:52

土日と立て続けに、親しい友人が飲みに誘ってくれた。

土曜日は、昔一緒にモンハンしてた青森友達

今は十和田に転勤になったし、頻繁に会えなくなった。

でも、引きこもりな俺にいつも優しく構ってくれる。

美味しいお酒だった、友人と飲むと質や量じゃない気がする。

ちょっと美味しい酒が、少しあるだけでいいみたい。

いろいろなことを話して語った、とてもいい夜だったンゴ!


日曜日は、千葉に住む十年来の友人が遊びに来てくれた。

函館に大変な用事があっての帰路で、途中下車してくれた。

そして、ゆっくりプラモを見たりしてからお酒を飲んだね。

前言撤回友達と酒を飲めば話が弾んでとても楽しい。

しかし、時にはガッツリ浴びるように飲むのも楽しいのである。

誰だよ、ちょっと美味しい酒が少しでいいなんて言った奴。

同じ世代、同じ作品を愛し、模型を趣味にし、頑張ってる。

辛いこともお互いあって、そういう近況も語り合う。

そうして、再会を約束してさっき新青森駅で別れてきた。


よく、俺は自分の現状を「余生」と称することがある。

卑屈や自嘲も勿論あるし、全力で戦って敗北した、終わったと思う。

勿論、自分の稚拙さ至らなさに悔いは残るけど、戦いは終わった。

敗北だったし、もう次の戦いを始める気概がなかなか難しい。

機会を自分で作ろうとはしているが、どこか諦観の念もある。

身体も病気でままならない日が多く、なにかとアレコレしんどい。

そういう訳で、今は余生なんだなと思ってマターリ生きてました。

結構不摂生だと思うし、自堕落に飲んで食っての日々でもある。

ただまあ、そういうのを少し改めてみようかなとも思ったよ。

友人達との時間が、ちょっとだけ心境の変化をもたらしたんだ。

青森に、都会に、ネット上に、あちこちに親しい友人がいる。

親の世話をして看取るくらいしか将来を考えてない俺に、だ。

そして、創作仲間と読者がいる…そう思ったら元気出た気がした。

少し生活を改めて、少しでいいから前向きになりたいと思った。

悟ったように隠者を気取ってるのもいいけど、少しガラじゃない。

そう思えたのはやっぱり、友人知人がありがたいからなんだよなあ。

sealseal 2017/09/04 20:22 素敵なことだと思います!
青森までなら足を伸ばせそうなので、何時かおあいしたいものです

ながやんながやん 2017/09/10 21:58 >sealさん
ありがとうございます、少し自分を見つめ直したかもです。
お忙しいかと思いますが、よければ是非お愛したいです!
自分は家庭の事情で青森からなかなか出られません。
でも、皆様にお会いしたいなあと思うんですよね…
ゆっくりまったりお話したいでっす!
11月、もしご都合があえばよろしくお願いします〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagamono/20170904/1504489970