Hatena::ブログ(Diary)

長野幸浩のブログ『We Believe』

2019-01-28

[]それってつくれるの?

 『それってどうやってつくるんだ!』

 何時になく、強い口調で話しているのは現場で叩きあがりの古参の社員だ。彼は高校を卒業し直ぐに弊社の門を叩いた。

 現場で消防車両の製造の一から十までを学んだ。当時はポンプユニットそのものを弊社の鋳物工場で鋳造していた。それを知る最後の社員だ。

 現在分業化された中で、現場を知らない技術者も増えてきた事も事実だ。図面はある意味で絵に描いた餅だ。それが実現可能なのかは、どうつくるか、どう組み立てるかを知る必要がある。

 そのような状況の中で彼のサゼッションには若手の技術者にとって重要なヒントが詰まっている。最初は何を言われているのかすら分からなかったようだ。頭の中でイメージを膨らませ、手順を確認する事で彼が言っている事を租借し理解したようだ。

 『現場・現物・現実』

 コンピューターシュミレーションの精度がいかに向上しようとも、最後は現場で、現物を確認し、現実を知る事が私たちが目指すものづくりに繋がる。

 私たちは、消防車づくりを通じて、消防職員をサポートし社会に貢献するものづくり企業である。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2019-01-27

[]予知能力

 仕事が計画通りに進まなくなると、隠れたハザードが顔を出し始める。マネージャーに求められるのはそれを察知する能力だ。

 それは感や予知能力の様なもので、先を読む力とは別の力だ。インスピレーションとでも言えばよいだろうか。『おかしいな・・・と感じる力』と言った方が分かりやすいだろうか。

 その力は現場に精通する事で磨かれる。そこには誰にも負けない強い責任感も必要だ。

 そして、仕事全体を見渡す大局感と『おかしいな・・・と感じる』為のインターフェイスであるコミュニケーション力が何よりも必要になる。

 責任感、大局感、コミュニケーション力の三つが予知能力を磨く要素なのではないかと思っている。

 組織は生き物だ。昨日まで問題がないから今日も問題が無いとは限らない。常に変化をしている。だからこそ予知能力をフルに働かせ、問題の種を種のうちに摘んで欲しいのだ。

 現場はマネージメント力を磨く宝の山なのである。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2019-01-23

[]命を懸ける人たちのために

 私たちは誰のために消防車両をつくるのか。

 最終的には市民の安心安全の為に、消防車づくりの角度から消防職員、分団員をサポートするのが私たちの使命だ。

 私たちのものづくりに『まあ、これでいいか』という言葉があってはならない。ひとつの妥協は全ての妥協に繋がるからだ。

 よりシンプルに、より使いやすく、そして信頼性の高いものづくりが全てだ。一分一秒を無駄にすることなく現場で命を懸ける消防士の皆さんの安全を守る事が出来るように、使い手の立場に立ったものづくりを目指そう。

 彼らの殉職の報に接するたびに胸を締め付けられる気持ちになるのは私だけではあるまい。今回、秋田県能代市で消火活動中に犠牲になられた二人の消防士に心から哀悼の意を表し、ご冥福を祈りたい。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2019-01-20

[]単純であることは究極の洗練

 レオナルド・ダ・ヴィンチは『単純であることは究極の洗練だ』と言い、『何も取り去るものが無くなった時が最高のデザインだ』と言ったのはパタゴニア創業者イヴォン・シュイナードだ。

 そしてアントワーヌ・ド・サン・テグジュペリは『完璧とは、付け加えるべきものがないということではなく、取り去るべきものがないということだ』と言った。

 全てに共通している事はシンプルである、という事だ。シンプルとは誤魔化しがきかない。だからこそ難しい。

 私たちの製造する消防車両はシンプルだろうか。それはデザインや構造だけではなく、操作もそうだ。シンプルとは必要なものがあるべき所にある状態だ。

 また、組織も肥大化すると複雑になる。

 複雑には不合理や非効率が見え隠れするのだ。何故それを行うのだろう。私たちの存在意義は、お客様から何を期待されているのだろう。

 単純である事は究極の洗練なのである。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2019-01-16

[]登り手と支え手

f:id:naganop:20190108202403j:image:left

 過去にも書いたことがあるが、加賀鳶の代名詞とも言われる梯子登りは、明治二年、江戸から三十八名の加賀鳶金沢に召し寄せられ、その間金沢町火消しに梯子登りの技が伝承された。

 登り手ばかりに目が行くが、実は梯子を鳶口で支える、支え手が微妙に梯子の傾きをコントロールしている事を知っている人は少ない。

 梯子の上で技を披露している演技者の動きを良く見て、梯子の傾きを前後左右に調節いているのだ。

 当然、支え手の息がぴったり合っていなければ梯子を前後左右に微調整する事すらできない。梯子登りは演技者が皆さんの目に留まるが、実は支え手あっての登り手なのだと言われたことを梯子登りを見るごとに思い出す。

 企業でも見えないところに実は大切な部分があり、それがしっかりしてはじめて企業活動が円滑に行える事と似ている。華麗な演技は実は、あまり目に付かない支え手により支えられ、その技がさらに引き立つのである。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2019-01-15

[]山を見るのではなく、自分を見て登れ

 昨年の5月21日、一人の日本人登山家が8度目のエベレスト登山に挑戦しこの世から去った。

 彼の行動については様々な意見があるが、一部しか知らない自分が論じることは出来ないと考えているし、論じるべきではないことは明らかだ。

 彼が7回目のエベレスト挑戦に失敗し、アドバイスを求めた登山家がいる。優秀な登山家に送られるピオデドール賞(金のピッケル賞)を受けた花谷泰宏氏その人だ。

 花谷氏は彼に『山を見て登るのではなく、自分を見て登れ』と語ったという。行きたいから行くのではなく自分の実力を見極め、登れる山に登れと言ったのだ。

 登山は冒険の一種なのかも知れない。そこからリスクをすべて取り去り登るなら、それは魅力に満ち溢れているとは言い難い。自分の実力を認識し、最善の準備を行い、そこにあるリスクを理解し、挑戦するからこそ面白いのだ。

 また、ビジネスの世界もリスクを取らずして、得るものはないと承知している。自らの実力と現在地を十分に認識し覚悟して挑戦する事だ。そう、物事を動かすのは覚悟なのだと思う。

 不確実な未来を確実に近づけるためには根拠をつくり続ける事しか方法は無いのである。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2019-01-10

[]消防人生42年

 金沢市内には1ミリも雪がないが奥能登は雪の世界だ。今日は新年のご挨拶に能登半島を一巡してきた。この時期になると退任の話もちらほらと聞こえてくる。

 消防人生42年といえば、高校を卒業してから一生を通じて消防を勤め上げると言う事だ。昨今、キャリアアップのため、仕事が自分に合わない、人間関係がと転職の理由は様々だ。ひとつの仕事を勤め上げると言うことはその様な様々な問題や困難を乗り越えやり通したと言う事だ。

 自分たちの若いころのこと言えば、もう老害と言われる歳になったが敢えて言えば、仕事がまだまともにできないのに向いているいない等と言うなと言われたことを思い出す。

 仕事は、出来なかったことができるようになる事で自らの成長を感じ、モティベーションが上がる。他人から授けられるものではないのだ。そして、それが天職になるまで仕事をやり続けるからプロになっていく。天職とは巡り合うものではなく自らがつくりだすものだ。

 そして我慢強くやり続ける事で得られるものは、何事にも変えられないほど大きく、自らの中で息づくのである。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです