Hatena::ブログ(Diary)

長野幸浩のブログ『We Believe』

2017-06-23

[]24年間の軌跡

 社歴24年は、ある意味で私より長い。聞くと、高柳工場の新築と共に入社したそうだ。その時、高柳工場の事務所には三人しか人が居なかったと言って居た。

 高柳工場の生き字引として見えないところで製造の事業をバックアップしてくれた。

 残念だが、この度、長野ポンプを卒業することになった。今日の送別会は関連会社も含め42人の社員が参集してくれた。

 これは、彼女の人徳だろう。いつも、叱られながらもひょうひょうとしてニコニコ笑っていた。男所帯の製造現場の紅一点としても職場を和ませてくれた。

 今は、まだ生活のペースがつかめていないといっていたが、すぐに自分のペースを見つけるだろう。多くの仲間も名残惜しく思っていたに違いない。

 最後まで、ひょうひょうと、そしてニコニコしていたのが印象的だ。何時でも遊びに来ればいいと、みんなから声をかけられていた。

 本当に24年間お疲れ様。心から感謝申し上げたい。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2017-06-22

[]芸子さんのはなし

 これは、二年ほど前にブログに記したものを再編集した記事である。

 所属する金沢ロータリークラブのクラブ協議会が、金沢市内の料亭で開催された時の話だ。

 金沢の三茶屋街の芸子さんと宴席の料理の話していると、『この料亭の花板さん(料理長のこと)はとても素晴らしい』とおっしゃる。

 どうしてかと尋ねると、このお店の厨房の調理器具はピカピカで、お鍋は顔が映るくらい綺麗だと言う。

 それを見ていれば、料理が素晴らしい事は食べなくても分かるというのである。

 長い間、芸子をしていると、間違いなくそうなのだそうだ。

 学生時代、夜間アルバイトでホテルの厨房の清掃をしたことがある。低層階のテナントのレストランは、換気扇にべっとりと油が付着し、掃除するのに苦労したが、高層階のホテルレストランは掃除をする場所がないほど綺麗だった事を思い出す。

  ものづくりの現場でも、道具を大事にしている企業、そしてものづくりの現場の整理整頓が行き届いているところは、生み出される製品の品質は大体予測できるものだ。

 私たちは、正しい業務フローに沿った仕事を、そして計画を立てたものづくりを目指している。しかし、その原点は、凡事徹底であり、5Sであり、整理整頓だと感じるのである。

 『トイレの汚い店に名店なし』先日聞いた言葉を思い出した。私たちは・・

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

↑ポチっと押して頂ければ幸いです

2017-06-21

[]たらいの水

 子供の頃、たらいの泡の話を聞いた事があった。たらいにの表面に浮かんだ泡を集めて見なさいと言われ、自分のところに引き寄せても、引き寄せても泡は手の間をすり抜けてしまう。

 しかし、その泡を向こう側に押しやれば、泡は自然と向こう側にかたまるのだ。

 実はこの話は二宮尊徳のたらいの水の話が大元だったようだ。

 水を自分のほうに引き寄せようとすると向こうへ逃げてしまうが、相手にあげようと押しやれば自分のほうに戻ってくる。

 幸福を独り占めしようとすると逃げてしまうが、相手のために尽くしていると幸福は勝手にやってくる、という教えである。

 しかし、この話には前段があるそうだ。自分自身は、空っぽの『たらい』として生まれてきたのだ。そして、いま入っている水は、両親やすべての先人、先輩たちに頂いたものだという『有り難さ』に気がつくことが出発点なのだ。

 人は自分自身で勝手に大きくなったのではない。自分の計り知らないところで、自分のたらいに水を満たしてくれた人たちがいる事実に考えを巡らす。

 自らに反省・・・

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

2017-06-20

[]これが本当の高校生ならすごい事だ

 今日は、10時15分のフライトで東京に向った。飛行機の中で新聞を読んでいると投書欄に目が止まった。

 投稿者は、わずか17歳の高校生である。その投書の内容は、高校生とは思えない内容だった。一方で、現役の高校生がこのように考えてくれることに若者もまだまだ捨てたものではないと思ったのである。

 『審議の妨害はやめて議論を』にはこのように書かれている。

 『国会の会期末、民進党ら一部の野党テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案の成立を阻止しようと徹底抗戦を行なった。内閣不信任決議案や大臣の問責決議案などを次々と提出。実にくだらないやり方だと思う。安全保障関連法を戦争法とレッテルを貼りで攻撃したり、テロ等準備罪治安維持法と同一視したりして国民の不安を煽流だけで、真っ向から法案について議論しようとはしない。

 国会議論する場であり、決議の乱発、委員会本会議の欠席、不規則発言などで議事の信仰を妨げるのは、国会議員としての職務を放棄している』

 まさしく正論。恐れ入った。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

2017-06-19

[]偉大さの重圧に

 6月の通常総会一般社団法人石川県消防設備協会会長職を務めることになった。四十年の歴史の中で創立から今日まで偉大な会長の下組織は運営されてきた。

 特に米沢前会長は、青年会議所時代の大先輩でもあり米沢グループを率いる偉大な経営者でもある。そんな、後をお引き受けするのは非常にプレッシャーがあるのも事実だ。

 諸先輩方からはあなたのカラーを出して行けばよい、とのアドバイスも頂いた。ともかく協会の使命を再確認し、全力で努めていきたい。

 昨日は、長年会長職を務めて頂いた米沢前会長の送別会が開催された。多くの役員理事が参加し、米沢前会長と楽しいひと時を過ごすことが出来た。

 偉大な先駆者は、偉大な実績を残し、その後に続く者は、目的を明確に定め、新たな道を進んでゆきたいと思う。菅家社の皆様にご協力、ご鞭撻をお願い申し上げたい。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

2017-06-18

[]ポンプ車操法に強い車をつくるには・・その3

 前回のブログでも記した様に送水効率を向上させるには、ポンプ装置の絶対的性能ではなく、吸水導管の吸水抵抗を取り除く事がポイントである。

 おさらいの為にもう一度記すが、ポンプ車操法では吸水管一本のみ使用するのでポンプ装置の絶対性能はあまり関係がない。

 それよりも、吸水管、吸水導管の吸水抵抗を徹底的に排除する事が大切なのだ。何故ならば、入ってくるから出せるのであって、ポンプ装置の性能をいたずらに求めても、入ってこないものは出せないのである。

 すなわち多くの水が入って来るからこそ多くの水を出す事ができる。したがって繰り返すが、いかに吸水管から吸水導管の抵抗を小さくするかがポイントであ

 また、送水技術は入りと、出のバランスを念頭に置く必要がある。入って来るより出そうとすればポンプ中心に大きな負圧を生じ、キャビテーションを発生させてしまう。

 これはポンプ効率を極端に低下させ送水スピードを減じてしまうのである。

 送水を効率よく行う為に大切なのがキャビテーションポイントの解明だ。それぞれのポンプ車によってこのポイントは異なる。しかし、キャビテーションポイントを理解して送水すれば最大の効率で送水する事が可能になる。

 もし詳しくお知りになりたい方は弊社までお問い合わせいただきたい。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ

2017-06-17

[]ポンプ車操法に強い車をつくるには・・その2

 昨日は、消防ポンプ車操法に強い車をつくるには、その1をブログに記した。今日はポンプ装置についてお話ししたいと思う。

 ポンプ車操法の場合は吸水管一本で2線放水を行う事が一つのポイントである。したがって、ポンプ装置の絶対放水量よりもサクション側(吸水側)の吸水抵抗をいかに小さくするかに気をつけてデザインしなければならない。

 1.75mm吸水管の限界吸水量:自然水利を使用するポンプ車操法では、吸水時に発生する負圧により吸水管の内径は縮んで小さくなってしまう。これが、大きな吸水抵抗となり吸水量を減少させてしまう。

 2.吸水導管の太さと曲がり:吸水管から押し上げられた水は吸水導管を経て、ポンプ装置に供給されるが、吸水導管が1回曲がるだけで約30リットル近くの水量が減じてしまう事はあまり知られていない。また、吸水導管の太さは吸水導管内流速に影響を及ぼす。すなわち流速が速くなればなるほど、吸水抵抗は大きくなるため、同じ水量を吸水するとすれば、細いものよりも太いものが管内流速を抑える事ができる。長野ポンプでは直径4インチ以上(100mm以上)を使用している。

 3.放水口に溜まる圧縮空気の処理:水利がポンプユニットとほぼ同じ高さのポンプ車操法では、真空ポンプにより真空度が上昇しきらないうちにサイフォン現象でポンプユニット内に水が流れ込んでしまう。また、自動放口閉止弁によりデリバリーパイプ(放水導管)内の空気は排除されないため、放水口付近にデリバリーパイプの容積以上の圧縮空気が溜まってしまう。

 これが送水時に送水抵抗となり、送水スピードの低下を招くのである。長野ポンプでは、放水口に溜まる圧縮空気を強制的に排除するNRVS装置を標準で装備し、送水効率の向上を図っている。

 今回はポンプユニットについて記した。参考になれば幸いである。

にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ