ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

仏の顔も3℃まで このページをアンテナに追加 RSSフィード

狭く浅くしなやかに。惰性の赴くまま更新。用量・用法を守って正しく服用を。リンク・アンテナもお気軽に。                            現在、鋼のシスコン番長と全国の貞夫さんと西住殿マジ軍神を応援しつつ、サイト休止中…。説得力皆無ですが画像の無断転載はご勘弁下さい。   初めてお越しの方は、プロフィール画面での御案内を確認頂けると幸いです。
↑web拍手です。ここで会ったのも何かのご縁。うっかり読んじゃった記念に押して下さいませ。

2010-08-06 ダブルオークアンタ…刹那・F・セイエイ、出る!!

[][]バンダイ HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ

最終決戦(来るべき対話)の始まり。それは、人類の目覚め(挨拶





先月の購入物がまだ残っている状況ですが、劇場公開よりも随分と早くリリースとなったので、いてもたってもいられず組んでみました。

HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ (機動戦士ガンダム00)

HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ (機動戦士ガンダム00)

1/144 HG00シリーズより、劇場版機動戦士ガンダム00の主役機、ダブルオークアンタを紹介です!




f:id:nagiichi:20100806220310j:image

ツインドライヴを搭載していたダブルオーライザーの後継機。

形式番号の「T」はツイン(TWIN)を意味する。機体名のクアンタとは「量子」の意。

イノベイターへと覚醒した刹那の能力は、並みのMSでは活かしきる事が出来ないため、専用機としてこのクアンタが開発された。

GNソードの発展型、及び遠隔攻撃端末であるGNソードビットも装備。

また、刹那イノベイターとしての能力に反応するモードへの移行が可能となっているが、それがどのような現象を引き起こすかは設計担当者であるイアン・ヴァスティにも想像できない、とのこと。丸投げっすかおやっさん…。


キットは完全新規造形。とはいえ、関節機構など構造自体はダブルオーガンダムと非常に似ています。

つまり、変態可動再び。

劇場公開前でまだまだ情報が出揃わない状態ですが、予習がてら、クアンタのキットを弄ってみようと思います。






f:id:nagiichi:20100806220207j:image

f:id:nagiichi:20100806220208j:image

前後から。左右非対称のデザインが非常に好み。

左肩のシールドを除いた本体は、余計な装飾を感じないプレーンなシルエットになっています。



f:id:nagiichi:20100806220209j:image

f:id:nagiichi:20100806220210j:image

f:id:nagiichi:20100806220211j:image

f:id:nagiichi:20100806220212j:image

f:id:nagiichi:20100806220213j:image

f:id:nagiichi:20100806220217j:image

f:id:nagiichi:20100806220214j:image

f:id:nagiichi:20100806220215j:image

f:id:nagiichi:20100806220216j:image

全身をぐるっと。

胴体部分に太陽炉を配置、胸部にビー玉クリアパーツが復活しています。

各部の円形のコンデンサーが結構目立つ印象。

顔はへの字ダクトがなくなり、エクシアのフェイスに近いですね(少しリボーンガンダム意匠も混じってる?)

フェイス部分だけではなく、全身がダブルオー+エクシアデザインをミックス、少しリボガン風味といった感じ。

左右非対称なのはシールドだけではなく、肩と下腕部の形状も異なります。

右腕のプロテクターは、スサノオの左腕に装備されていたような、粒子制御能力を高めるような効果があるんでしょうか。


成型色の段階で非常に細かく色分けされています。が、ダクト内部や脚部など、グレーの配色が足りない部分がちらほら。

自分で色を足して、スミ入れ、仕上げにつや消しを吹いておしまい。

コンデンサー部分はシールの上に無色のクリアパーツを被せるおなじみの仕様

シールの上にガンプラマーカーのメタリックグリーンを塗って、乾かした後貼り付けてみました。




f:id:nagiichi:20100806220218j:image

エクシア(R2)、ダブルオーと並べてみます。せっさん搭乗機、進化の歴史。

こうして見ると、エクシアからダブルオーは分かりやすい「強化」というイメージなんですが、ダブルオーからクアンタへのバージョンアップは「洗練」という言葉がしっくり当て嵌まるように見えます…言葉遊びではありますが。



f:id:nagiichi:20100806220219j:image

f:id:nagiichi:20100806220220j:image

次いで、ダブルオーライザーセブンソード/Gともそれぞれツーショット。

セブンソードレビューの際に、クアンタの実験機…みたいなことを書いたような気がしますが、並べてみるとその推測は間違いでもなさそう。




f:id:nagiichi:20100806220221j:imagef:id:nagiichi:20100806220222j:image

可動箇所。前述したとおり、ダブルオーと非常に似ています。

頭部はポリパーツでのダブルボールジョイント。



f:id:nagiichi:20100806220223j:image

肩と胴体でボール接続。ボール受けとなるポリキャップが前後にスイング

肩部分で横方向スイング。上腕でロール。肘二重関節。

手首部分で上下スイング+ボールジョイント。

右肩にだけ一回り大型のアーマーが設けられており、そちらも独立可動。

ただ、若干ですが腕と干渉する為、左腕よりも右腕の自由度は狭い印象。



f:id:nagiichi:20100806220224j:imagef:id:nagiichi:20100806220225j:image

腰と腹部でそれぞれボール接続。二点可動。

左右ロールは勿論、少し関節を引き出す事で前後可動、横方向に捻る動きも可能。



f:id:nagiichi:20100806220226j:image

股関節は軸可動一点。基部でロール可動。

ダブルオー譲りの足首の関節構造(左右ロール+ボールジョイント+横スイング)のお陰で、驚くほどに接地性が高いです。



f:id:nagiichi:20100806220227j:image

腿で大きくロール可能。膝二重関節。脛の青い装甲が独立可動するので、膝の可動を妨げません。


総じて、可動に関しては実に良好です。

(肩のシールドについては後述)





f:id:nagiichi:20100806220228j:image

f:id:nagiichi:20100806220229j:image

GN粒子をイメージした、ラメ入りクリアグリーンのスタンドが付属しています。

フレーム部分の差し替えで角度変更が可能ですが…使い勝手は微妙。

なお、左手には交換用の平手が付属しています。




f:id:nagiichi:20100806220230j:image

ここからは武装を紹介。まずは右手に装備したメインウェポン、GNソードV。

グリップ部分の角度、及び刀身の向きを変更することで、遠近両方の戦闘に対応可能。

刀身はグリーンのクリアパーツになっています。


あれ?ダブルオーライザーが最終決戦に使ったのがGNソードIIIで、エクシアR2のはGNソード改。

…GNソード「IV」は…?



(2010/10/1追記…GNソードIVは、クアンタ用のオプション兵装『GNソードIVフルセイバー』として装備されるようです。

 12/25発売のホビージャパン2011年2月号付録として、1/144スケールのフルセイバーが発売予定)






f:id:nagiichi:20100806220231j:image

f:id:nagiichi:20100806220232j:image

f:id:nagiichi:20100806220233j:image

f:id:nagiichi:20100806220234j:image

f:id:nagiichi:20100806220235j:image

f:id:nagiichi:20100806220309j:image

格闘戦用のソードモード。

腕部コネクタにカバーを接続できるようになってますが、保持力は殆どなし。

握り手だけでしっかり保持できるのですが、動かしていると白い手甲部分がポロリ多発します。

組み換えで大型武器を構える必要もあるので、手首パーツは自己責任で接着しちゃった方がいいかも。




f:id:nagiichi:20100806220236j:image

f:id:nagiichi:20100806220237j:image

f:id:nagiichi:20100806220239j:image

f:id:nagiichi:20100806220238j:image

f:id:nagiichi:20100806220240j:image

続いてライフルモード。

根元の上下二点のスリットが銃口…ということでいいのでしょうか。

それともソード部分に粒子を溜めて射出とか?




f:id:nagiichi:20100806220241j:image

f:id:nagiichi:20100806220242j:image

左肩のGNシールド。

ソードビットキャリアーも兼ねるバインダーはフレームを介してバックパックに接続されています。

フレームの自由度が高いので、前方に構えて防御姿勢も問題なし。



f:id:nagiichi:20100806220243j:image

ちなみにシールド裏面はこんな感じ。

中央のグレーのパーツが太陽炉。技術革新でしょうか、やたら小さくなってます。



f:id:nagiichi:20100806220244j:image

さらに謎ギミック。シールド上部のカバーが開閉可能となっています。

キットの箱イラストでもこちらのカバーは開いていて中からGN粒子が放出されていたので、後方に展開して高機動モードとか、広域散布とかに使用されるのでは。






f:id:nagiichi:20100806220247j:image

f:id:nagiichi:20100806220245j:image

f:id:nagiichi:20100806220248j:image

f:id:nagiichi:20100806220249j:image

f:id:nagiichi:20100806220250j:image

マントの様に後方に流してみたり、打突武器として突き出したり。

色々な表情を見せてくれます。




f:id:nagiichi:20100806220251j:image

f:id:nagiichi:20100806220252j:image

続いてはGNソードビット

ABC三種類の形状×2、合計六基のビットが装備されています。

GNソードと合わせて、クアンタもセブンソード

ソードの刀身と同様、ビットのブレード部分もクリアパーツとなっています。




f:id:nagiichi:20100806220253j:image

f:id:nagiichi:20100806220254j:image

f:id:nagiichi:20100806220255j:image

展示用のスタンドやエフェクトパーツなどは無いので、魂STAGEフル活用。

撮影するためにビット配置するだけで一苦労じゃよ…orz

なお、ソードビットはそれぞれグリップが内蔵されていてクアンタの手持ち武器として使用できるらしいのですが、実際にキットで保持できるのは小型のBタイプビットのみ。AとCタイプのビットではオミットされています。




f:id:nagiichi:20100806220256j:image

f:id:nagiichi:20100806220257j:image

f:id:nagiichi:20100806220258j:image

f:id:nagiichi:20100806220259j:image

GNソードVの刀身をスクラム用のパーツに差し替えて、ソードビットをまとめる事で…大型のバスターソードになります。

手首は接着しておけばバラける事はありませんが…肩のポリキャップの保持力が心配。




f:id:nagiichi:20100806220300j:image

f:id:nagiichi:20100806220301j:image

f:id:nagiichi:20100806220302j:image

Aビットの配置をずらし、ライフルモードへ移行することで、バスターライフル完成。




f:id:nagiichi:20100806220303j:image

なお、ビットを射出したGNシールドを背面と平行になるように移動させ、シールド側の太陽炉を起こして…。



f:id:nagiichi:20100806220304j:image

二基の太陽炉を直列・連結させる謎モードがあります。



f:id:nagiichi:20100806220305j:image

そのままシールドのカバーを開くと、しっかり太陽炉が見えるわけで…。

キットインストではこのモードへの変形方法のみ図解されていますが、実際にどういう機能があるのか、名称は…といった詳細には一切触れられていませんでした。

これは一体…気になるのは、この状態だとソードビットを綺麗に収められない点。



f:id:nagiichi:20100806220306j:image

これが、イアンも知らない効果をもたらす「イノベイターモード」なんでしょうか。




(2010/10/1追記…こちらの太陽炉直結は、高濃度圧縮粒子を開放して、生命体としての「種族の壁」をも超越した意識共有を可能とさせる『クアンタムバースト』発動時の状態となります。実際は、さらにダブルオークアンタ本体も「変貌」するのですが…)





f:id:nagiichi:20100806220307j:image

f:id:nagiichi:20100806220308j:image

おまけ。

胴体だけダブルオーと差し替えて、トリプルドライヴ状態に。

…でもクアンタってシンプルさがウリな印象が強いので、ダブルオーの時ほどてんこ盛りが楽しめない。

面白味に欠けるなぁ…まあ、シンプルイズベストって事で。






というわけで。

f:id:nagiichi:20100806220246j:image

以上!HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタでした!

早い、早いよ!なキットリリースのタイミングとなりましたが、出来は秀逸です。流石は主役機。

非常に組みやすく、ビットの組み換えでプレイバリューも上々。

エクシアダブルオーのプラキットで培った技術・経験値のフィードバックがしっかりクアンタのキットに現れている点が、劇中と重なっているようでニヤリとさせられます。




HG 1/144 GN-010 ガンダムサバーニャ (機動戦士ガンダム00)

HG 1/144 GN-010 ガンダムサバーニャ (機動戦士ガンダム00)

HG 1/144 GN-011 ガンダムハルート (機動戦士ガンダム00)

HG 1/144 GN-011 ガンダムハルート (機動戦士ガンダム00)

HG 1/144 CB-002 ラファエルガンダム (機動戦士ガンダム00)

HG 1/144 CB-002 ラファエルガンダム (機動戦士ガンダム00)

残りの面子も続々とHG化。楽しみです。




しかし、予習と言いつつ…キットを組んだら益々劇場版が観たくなってしまっただけ、というワナ。

そんなこんなで!

サードサード 2010/08/07 10:35 最初はシンプル過ぎてどうかなと思っていたんですが、情報量の多いシールドがよいアクセントになっていますね。
加えて相変わらずの変態稼動でポーズが決まるようで。
セブンソードにも似てるんですが、ビットや大剣があるのでスローネツヴァイにも似てますね。

せっさん搭乗機の進化の歴史は「フリーザ様の変身みたいな変化だな。」と言ってる人がいましたが、そんな感じですね。
その考えだと、あと変身を1回隠しているのか・・・

よくは知らないんですがGNソード?は、ダブルオーリペアとかいう機体が持ってるのかもしれませんね。

AXEAXE 2010/08/08 22:03 こんにちは〜。
やっぱりGNソード?は気になりますよね。
さらりとMSVか外伝で出そうな気もしますが…。
ガ系の欠番のこともあるし、なかなか出てこない可能性も…。

ビットがやっぱりνガンダムちっくですね。
初見だとこれどうやってくっついてるの?感が…。

左右非対称ボディ見て、やっぱり左右対称ビット再現したくなり、お値段がそこまででないのも相まって、二つ買っちゃいました。
ちょいと手を入れないと駄目っぽいですけど…。

お次はライフル不足が確定っぽい鯖にゃんなのに良かったのか?って感じはしてますが…。

nagiichinagiichi 2010/08/09 01:01 コメント有難うございます!


>サードさん。
ビットあり、大剣ありだと確かにツヴァイと攻撃レンジは似ているのかも。プラスしてバスターライフルとかも加わってますけどね。

「クアンタはあと一回の変身を残している。この意味が分かるな…?」
こうですね、わかります(えー
フリーザよりはセルの変身かなーとか思いましたが、それこそ五十歩百歩だったwコンセプトは同じだよww


ダブルオーリペア…太陽炉が足りず、コンデンサーで起動するとか…ですかね?




>AXEさん。
ソードIVについては続報待ちっす。

左右対称ビットは自分も考えたのですが、今回は何故か「てんこ盛り」に気持ちが動かないんですよね…。
自分の中で相当、今回のシンプル・左右非対称のシルエットがツボにはまったみたいです。
でも両肩にバインダーを設置する場合、バックパックに加工が必要ですね。ダブルオーのバックパックとツインドライヴを保持するアームを流用とか?

エヴァ人(・ω・)エヴァ人(・ω・) 2010/08/22 08:41 初コメです^^
やっぱりカッコイイですね♪
劇場版公開したら見に行きます・ω・
質問なのですが、ダブルオーライザーの背中に
ビットはどうやって付けるのでしょうか?
教えていただけると幸いです。

nagiichinagiichi 2010/08/23 00:10 コメント有難う御座います!


>エヴァ人(・ω・)さん。
いやはや、公開がほんとに待ち遠しいですなぁ…。

ダブルオーライザーの背中にビット…というのは、
↑おまけ画像のトリプルドライヴの事でしょうか?
あれは、胴体部分をダブルオーに交換しているので、バックパックにオーライザー接続用の3mm穴が設けられています。
そこに、クアンタの左肩から外したGNシールドを(フレームごと)装着させただけです。特に接着とかはしてないです。

写真では誤魔化していますが、フレームの長さ&角度から、背面の中心にそって綺麗に接続できているわけではないんですよね…微妙に右にずれていたりします(汗

エヴァ人(・ω・)エヴァ人(・ω・) 2010/08/23 09:14 返答をありがとうございました^^
今後も拝見させて頂きます☆

nagiichinagiichi 2010/08/24 16:37 いえいえどういたしまして〜♪

これからも宜しくお願い致します。

ギャンダムギャンダム 2010/10/01 19:53 こんにちは
GNソード?は12月発売のホビージャパンに付録で付いてきますよ〜
あと、背中に太陽炉を二つ付けるギミックは、クアンタムシステムを使うときになるらしいです。

nagiichinagiichi 2010/10/01 22:00 コメント有難う御座います!



>ギャンダムさん。
せっかく頂いたコメントなのですが…。
GNソードIVと太陽炉直結は、私も雑誌と映画本編でそれぞれ確認しました。
今回のクアンタレビュー記事の後に、サイト上でも記事にさせてもらっております…。

ただ、今回はレビュー記事がそのままだったが為のご指摘かと思います。追記しておきます〜。

AAAA 2010/10/18 17:23 初コメですw
おまけの画像見ましたかっこいいですね^^
いきなり失礼だと思いますが自分は胴体がダブルオーで足がダブルオー(セブンソード)で両腕がダブルオー(セブンスソード)で
両肩がダブルオークアンタのビットで
背中がオーライザーなんですけど・・・・・
背中のあれをマネさせてもよろしいでしょうか?
無理っておっしゃるならやめます♪
今後も拝見させていただきますw

nagiichinagiichi 2010/10/18 22:44 コメント有難う御座います!


>AAさん。
背中のあれ…というのは、おまけのトリプルドライヴの事ですよね。
同じ様なパーツ装着やポージングをされる分には一向に問題なしですよ〜
(別に画像を転載するわけでもないのですから、ご自分のプラキットのポージングに取り入れて頂くのはご自由にどうぞw)
ただ上の画像では、背中のパーツはオーライザーではなくてクアンタのシールドになっていますのでご注意を。

AAAA 2010/10/23 21:07 管理人さんw
僕やってみました。でも・・・僕のはちょっとちがうんですけどね・・・僕の場合はトリプルドライブではなくファイブドライブって言うのかな?

nagiichinagiichi 2010/10/23 23:08 コメント有難う御座います!


>AAさん。
ファ…多いっすねw

AAAA 2010/11/28 19:53 ザンユニットってもう手に入らないのですかね?

nagiichinagiichi 2010/11/30 00:28 コメント有難う御座います!


>AAさん。
模型誌の付録ですからね…イベントとかで再販も…難しいのかな?

時々、イエローサブマリンとかの模型店でのパーツばら売りコーナーとか、レンタルショーケースとかで目にする事はありますけどねー。お値段の方はちょっと…という感じでした。

刹那刹那 2010/11/30 18:20 スミいれペンは何を使っていますか?

nagiichinagiichi 2010/12/01 01:02 コメント有難う御座います!


>刹那さん。
スミ入れは、メインで使っているのがバンダイの「スミ入れペンSHARP 0.3mm」で、部位によっては「ガンダムマーカー スミ入れ用」のグレーとブラックを使ってます。
今回のクアンタでは、ほぼスミ入れペンSHARPだけで全体のスミ入れをしてますねー。

ぶんぶんぶんぶん 2010/12/09 03:59 はじめまして!

質問なんですがソードビットを飾っている時のアームは何ですか?
またアマゾンなどで買えますか?

nagiichinagiichi 2010/12/10 00:45 コメント有難う御座います!


>ぶんぶんさん。初めまして!
ソードビットをクアンタの周囲に配置する際に使用しているのは、バンダイの「魂STAGE ACT.4 for Humanoid クリア」というスタンドに付属しているものです。
(ちなみにクアンタ本体には「魂STAGE ACT5 アクションサポートタイプ forMechanics クリア」という商品を使用してます)

どちらもアマゾンとか、ROBOT魂やフィギュアーツを販売している玩具店、量販店、アマゾンなどの通販で在庫を目にします。
今でもアマゾンなら普通に購入できるかと〜。

orennzikouorennzikou 2011/08/24 18:58 久しぶりです!nagiichiさん!
僕のプログ、名前変えたんでよろしくお願いします!!
「流星の波√」。読みは・・分かりますかね?
ところでクアンタですが・・今日やっと買えました!お店に1つだけあって助かった・・・ww
完成したらプレビューしようかな??
フルセイバー作ろうかな〜〜

nagiichinagiichi 2011/08/25 00:39 コメント有難う御座います!



>orennzikouさん。
自分のサイトの更新にしか手が回らず、たいへんご無沙汰しております…。
新しいブログのお名前…実際にサイトを拝見して分かりましたw

クアンタ購入、ラス1とは…おめでとう御座います♪

zoidszoids 2012/10/15 17:02 HGとは思えないほどスタイリッシュでかっこよくできていますね
すごいです
ところで胸や頭のメタリックな部分はどうやって再現したので
すか?
自分もそれをやってみようと思いまして

nagiichinagiichi 2012/10/15 22:25 コメント有難うございます!


>zoidsさん。
HG00シリーズはどれも良くできてますね^^
御指摘のメタリック部分ですが、レビュー記事でも少し触れたとおり、付属のシールを貼る前に、台紙に付いたままガンダムマーカーのメタリックグリーンで塗ってあります。
乾いたらそのまま貼り付ける、といった感じです。

High νHigh ν 2012/11/20 23:26 撮影環境が素晴らしいですね
ガンダムは色が多いため背景色と同化して見えてしまうこともしばしば
このバックに使ってる紙って特別なもの使ってるんですか

nagiichinagiichi 2012/11/21 01:15 コメント有難うございます!


>High νさん。
撮影環境は毎回試行錯誤しているので、気にかけて頂けて嬉しいっすw
背景に使用しているのはレザック紙と呼ばれるものです。
大きめの文具店や手芸店などで探すと割合簡単に見つかるかと思います。
撮影用のグラデーションペーパーと比べて安価ですし、(お店の品揃え次第ですが)色や模様も豊富にありますよ〜。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証