Hatena::ブログ(Diary)

nagisa74の日記

2013-01-30

高見盛が引退した!

仕切りの最後に胸などを叩いて気合を入れる独特のポーズが人気で、館内は勿論、テレビ視聴者を喜ばせた。私もその一人。外国力士に席巻された大相撲f:id:nagisa74:20130130113218j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130130113230j:image:w360:right

日本人力士横綱が見えない中、高見盛の健闘に日本国民は溜飲を下げたのではないか。私にとって"舞の海"以来のフアン力士であった。ご苦労様。

■青森県出身で、日大時代はアマチヤ横綱。同期に琴光喜関などがいる。1999年春場所初土俵小結まで昇進したが、最近は体がボロボロで遂に涙の引退となった。また一つ、大相撲を見る楽しみがなくなった。

■「角界ロボコップ」とも呼ばれて親しまれた。

ロボコップ」とは、1988年に公開されたアメリカ映画に登場する架空のロボットのニックネーム。殉職した警官の遺体の一部を再生してロボット警官「ロボコップ」が活躍するSFアメリカ映画。暗黒街のマフィアに殺された警官の復讐に次々と警官を送り出すが、みな殺されてしまう。そこで、殉職した警官の体の一部を利用してロボット警官「ロボコップ」が誕生。大活躍が始まり、ついに犯人を仕留めるという痛快な活劇。高見盛が大きな外国人力士を投げ飛ばすシーンと重なってこのあだ名がついたのかも。

f:id:nagisa74:20130130114257j:image:w360:left■次は結婚?女性にも大もてで巨乳(爆乳)の松坂南との交際が報じられているが・・・・。

2013-01-29

101歳の詩人・柴田トヨさんが死去しました。

f:id:nagisa74:20130130145911j:image:medium:left101歳の奇跡の詩人?『柴田トヨ』さんが去る1月20日、亡くなった。その半年前に息子の健一さんに囁いた辞世の句(詩)。f:id:nagisa74:20130129081626p:image:w360:right

皆様に

お迎えが何度か来たけど口実を作ってお断りしました。

でも、私も101歳。次は無理かも知れない。

私のお葬式、たくさんの人が来てくれるかしら。

その時は悲しまないで、トヨさん頑張ったねと声をかけてね。

その言葉を励みに天国でもしっかりと暮らしてゆきます。

皆様のご多幸を日射となり、そよ風となって応援します。

今までありがとう御座いました。

倅夫婦をよろしくお願いします。柴田トヨ

私の人生の目的「幸せに生きて、幸せに死ぬ」(QOLとQOD)を実現してくれたモデルです。      そして私の人生の目標「元気な高齢者づくり」は「絵手紙」で、トヨさんは「詩作」で。f:id:nagisa74:20130131062743j:image:w360:right

■心からご冥福をお祈りします。合掌

2013-01-26

『喜寿の実り』(渚の歴史) (23)私の第二・第三のライフプラン

f:id:nagisa74:20111004142910j:image:w360:leftf:id:nagisa74:20130126222311j:image:medium:left■私は60歳で凸版印刷を退職し、トッパンレーベル(株)と云うシール関連の子会社の監査役に就任した。"ブルドーザーの小川"(ライバルに負けている得意先は全て小川に任せろ!)の異名を取ったぐらいの営業の神様?の私が何故監査役に?瞬間的には腐ったが、そこはネアカでプラス思考の私のこと。頭を切り替えて,役員の給料はくれるし、時間は山ほどあるじゃないか、この監査役時代(4年間)に退職後の長い長い第二の人生プランを構築し,『定年チャンピオンになってみせると決意した。現実に全くその通りになった。まさに「ライフプラン」さま様である。

f:id:nagisa74:20130126085044j:image:w640:left

■左の表はある講演のためにまとめた私のライフプランである。私のライフプランに対する考え方。

・船の航海には「海図」「羅針盤」、会社経営には社長方針に基づく各部門の短期・中期・長期経営計画が不可欠のように、人生も全く同じである。

而も平均寿命が延びて、人生は既に"90年〜100年時代"になった。定年退職後の30〜40年の自由時間も現役時代の時間と同じくらいある。この長い人生を元気で生きがいをもち、有意義に過ごすには「第二の人生プラン、第三の人生プラン」が不可欠。海図なき人生航海など考えられない。

・独学でまとめた私のライフプランは"家づくり"に例えて。

「家を建てる」=人生の目的(万人共通)−「幸せに生きて、幸せに死ぬ」(QOLとQOD)

「土地」=人生の目標(各人各様)−「元気な高齢者づくり」(私の目標)

「土台」=家庭経済、健康

「柱の骨組み」(生きがい)=家族、地域活動、趣味、生涯学習、資格、人脈、終の棲家

「屋根」=ライフワーク

■第二のライフプランをまとめた60歳の時、これから益々進むであろう日本の高齢社会を見据えて、私の第二の人生を微力ながら"元気な高齢者づくり"に捧げることにした。この人生目標を決めたことで、その後の第二の人生が想定以上にうまく展開している。元気な高齢者づくりのために、まずは「健康・生きがいづくりアドバイザーの資格取得、さらには自分の特技を身に着けるために絵手紙講師」の資格認定を受けた。絵手紙は高齢社会と共に受けに受けている。カルチャーセンター、デイサービス、立川シルバー大学、桜美林大学の市民講座、介護支援センター等々、留まるところ知らない。全て元気な高齢者づくりに結びつく。生徒の95%以上が女性(オバサン?)のお蔭で老け込まずに済むし、小遣いは稼げる、生活リズムが確保できるなどいいこと尽くめだ。而も、定年がない!

■大学の同窓会、同期会の会長を引き受けたのは、大学の同窓生の仲間を元気にしようと考えたから。また、地元立川で市民交流大学の開校に奔走したのは、団塊世代の一斉退職を考えてその受け皿にと思ったから。全てが私の人生の目標="元気な高齢者づくり"に直結します。

■この人生の目標をクリアしながら、究極の人生の目的=「幸せに生きて、幸せに死ぬ」を目指したい。

2013-01-25

『喜寿の実り』(渚の歴史) 村井勉さん

f:id:nagisa74:20130125113954j:image:medium:left再建屋の異名で有名な『村井勉さん』と私は従兄弟の関係。私の父のすぐ上の姉が福岡県小倉市の"円応寺"(現在は南小倉に移転)の住職に嫁ぎ、二男として生まれた。細かい経緯は分からないが、若くして村井家の養子になった。何でも義父は住友銀行頭取か副頭取?だったと子供の頃耳にしたが・・・・。

■村井勉さんは現・一橋大学入学して夏休みになると毎年、フィアンセの富子さん(村井家の御嬢さん)を連れて我が家に遊びに来た。その美しさと云ったら

原節子に勝るとも劣らない?子供(小学高学年?)ながらまぶしくてよく見れなかった。

■略歴f:id:nagisa74:20130125114614j:image:w360:right

・大正7年(1918)、小倉市に生まれた。小倉中学から現・一橋大学に。バレーボール部のキャップテンとして活躍。

住友銀行東洋工業(現・マツダ)→アサヒビール→JR西日本と転籍。倒産寸前の各々の会社を全て立て直して”再建屋"の村井勉と云われた。

・特に、倒産寸前のアサヒビールに社長として赴任して最初に感じたことは、社内の雰囲気が暗い。社員は上司の顔色ばかり伺う?飲みに連れて行けば悪口と責任の擦り合い。これではダメだと先ずは社内の雰囲気を明るくするように努力。責任は全て社長の私が取るから、特に若い社員は思い切ってやりなさいと発破をかけた。この社風を変えた土壌から奇跡の"スーパードライ"が誕生した。f:id:nagisa74:20130127095152j:image:medium:right

・後任の樋口社長になって爆発的に売れ出したので、樋口社長の功績(勿論あるが)だとの評価が一般的だが、知る人ぞ知るで、そのドライを開発したのは村井勉さんだ。彼がキリンの後追いではない、斬新で女性が好んで飲むようなビールを開発しなさいと指示。つまり、それまでは"ビールは苦いもの"が当たり前で、女性には人気がなかったのだ。後任に樋口社長を指名したのも勉さん。村井−樋口コンビで、じり貧のアサヒキリンを抜いてしまった。企業も政治も要は人次第!

・私の親戚では多くの姪や甥が就職でお世話になった。極め付きは、私の息子・素直が博報堂に挑戦、自力で5次試験まで立ち上がってきた。最後のとどめを勉さんにお願いした。当時、JR西日本の会長で大阪に。私も大阪に転勤中、JRの会長室を訪ねてお願いしたら、即、OK。一緒に上京して当時の磯部社長に面会。

これにて一件落着。100人に1人という超難関の博報堂に合格した。同期に王貞治氏の御嬢さんもいたと。因みに大学は安倍総理と同じ成蹊大学法学部

私の娘・善美が一橋大に合格した時は、わが親戚にようやく一橋の後輩ができたと喜んでくれたf:id:nagisa74:20130215154829j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130126105843j:image:w360:right小泉さんとの写真の左端が娘の善美

・私が凸版印刷時代、私の上司の役員アサヒの村井社長に合うと必ず"小川渚は頑張っていますか?よろしくお願いします"と云われたそうだ。顔、風貌、ネアカの性格など村井社長にそっくりだとよく云われた。

平成20年(2008)、肺炎のため死去。享年90の大往生。ご冥福をお祈りします。合掌

2013-01-24

『喜寿の実り』(渚の歴史) ァ〇笋良・小川素光

私の父で、現代(口語)俳句の先導者"小川素光"のプロフィール

明治33年(1900)、福岡県築上郡千束村吉木に小川武次郎・ヨシの二男として生まれた。名は政次郎、素光は俳号。f:id:nagisa74:20130124165800j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130124165818j:image:w360:right ツショットの写真は昭和13年、恩師の吉岡禅寺洞氏と。因みに私は昭和11年生まれ。

・前回の『小川宗』の開祖・小川独笑の孫にあたる。

・豊津中学から明治大学商科に入学。大正10年(1921)、長兄が亡くなり大学を中退して家業の木材商を継ぐも"武家の商法"?で敢え無く倒産

・大正15年(1926)、築上高等女学校に事務員として就職。仕事の傍ら国語教師の資格を取得。後、築上北高校、東筑紫学園等に奉職。多くの学生に俳句を指導。

・その教え子の一人によれば「小川素光先生は俳句のために生まれて来て、生涯を俳句一筋、数々の業績を残して俳句人生を謳歌した幸せな人」と。教職人生では大学中退のこともあり、教頭・校長になれずに悔しい思いをしたと思うが、その後の俳句人生で大逆転をした。而も、毎日のぶらり自転車回遊の途中で倒れ(心筋梗塞?)、一週間後に穏やかに旅立った。理想のPPKであり、満足死であった。うらやましい!享年82歳。

・新興俳句の先駆者吉岡禅寺洞先生に師事してから一段と俳句の才能が開花。俳号の"素光"は吉岡先生の命名。因みに、私の息子"素直"の一字は素光から。

昭和29年(1954)、地元の仲間と「新墾」(にいはり)(口語自由律俳誌)を創刊。素光口語俳句の全国的展開の足掛かりとなり、その動向に俳句界が注目した。

素光の句集

 「郷」(昭和14年) 「紺」(昭和22年) 「谺」(こだま)(昭和44年) 「豊前野」(昭和45年)等。

・代表作品

 *紺一色に乾く ふるさと彼岸花 *神楽億年 森にあつまるもの みな百姓 *冷泉を浴びる神 彼岸花

■『新墾300号(2008年)発刊を迎えて』と題して、長女で新墾副代表の泉 喜代子が巻頭言を寄稿

豊前市千束で小川素光によって発刊された口語俳句の小冊子新墾が300号を出すことになったことは、あの世で素光が一番喜んでいることと思います。その間、代表の青木比呂先生をはじめ多くの皆様の並々ならぬご努力のお蔭でこの偉業を達成できたとものと感謝の言葉も御座いません。ありがとう御座いました。

私どもには6人の兄弟がいますが、父の後を継いで俳句をしているのは私一人で御座います。東京長男・渚が、定年後に絵手紙の先生として幅広く活躍しているようなので、絵手紙に添える言葉を俳句にしたらと勧めていますが・・・・。(中略)皆様方の今後のより一層のご支援をお願いします」。私も少しかじったが止めた。

父の想い出f:id:nagisa74:20130124171052j:image:w360:right

・反抗ばっかりで父とはじっくり話し合った記憶はない。その間に入って母が苦労したものと思う。

・浪人1年目の受験勉強(科目の少ない私立大学早大とか同志社など)中に、父が定年退職した。国立大学以外は経済的に難しいと脳天を割られるような宣告を受けて大ショック!苦手な数学と理科に独学で挑戦、2浪して何とか長崎大学経済学部に合格。当時の長崎は超難関でわが築上中部高校からは4年〜5年に一人合格できるかどうかと云った状況だった。長崎経済の合格者が久々に出たと母校などでは大騒ぎ?になった。

・父が殊の外に喜び、小学校の恩師の岡崎 晃先生、私のクラスメイトなどを招待して祝宴を開いてくれた。国立大学で負担を強いたとの思いがあったのかも。

・もう一つの忘れられない父との想い出は、大学一年の夏休み、私がダンスを習っていると云うと駅の近くの父の馴染みのクラブ"ロジータ"に案内してくれた。女性に息子と踊ってやって下さいと頼み、私が軽快に?踊るのを見て目じりを下げていた数少ない父との想い出。親不孝の息子ですみませんでした。

・写真の説明

‐紊涼羆が父、前列の帽子を被っている右から3番目が私(小学1年)。後列の左から2番目が母の貞子。前列の真中が祖母のヨシ。一番左が次女(故人)の蓉子、右端が長女の喜代子、その左が三女の芙津子。この写真では昭和16年生まれの二男・甲機と20年生まれの三男・三月季は登場していない。父の右が叔父の武。下の左が母・貞子(上京記念)1Δ家内と長女・善美げ汎發醗Ω"ビーちゃん"

2013-01-22

『喜寿の実り』(渚の歴史) せ笋料樵追・小川独笑と小川宗

「東洋のルーテル」とうたわれた明治宗教改革者・小川独笑が開祖の『小川宗』とは?

●「小川独笑」の生い立ち(私の曽祖父)f:id:nagisa74:20130123082154j:image:w360:right

・本名は小川丈平、独笑は雅号。天保5年(1834)3月9日福岡県上毛郡(現在の豊前市)千束村吉木の豪農にして庄屋の小川勘右衛門の長男に生まれた。

・生来優れた人で、幼児の頃から村の師匠習字漢文素読を学び、20歳の時、慶応義塾大学の創始者である福沢諭吉と共に中津藩の儒者・手島物斉の漢学塾に入門した。小川が塾頭、福沢が副塾頭、当時、地元では二賢人と云われた。

福沢諭吉とは長崎に遊学するなど意気投合し、一緒に江戸に出て日本の改革をしようと誓い合ったが、小川は長男として小川家継承のため父親の許可が得られず、無念にも地元に残り、福沢は小川と涙の袂を分かち単身で上京したという。

・地元に残った小川は銀行の創立や県会議員など地元政財界の要職を務めた。f:id:nagisa74:20130123104000j:image:w360:right

明治6年(1873)、住居付近の松林を開墾して"夕照山"(私の実家)という草庵を建て、子弟に漢学を講じた。

明治20年(1887)、52歳の時、深く感ずるところがあって、単身この草庵に篭り、家族を遠ざけ自弁自炊しながら仏典を繙き、大蔵経8534巻を3度読破、大蔵経抜鈔5巻を完成した。

・その後、約20年間にわたって仏典の考究を続けたが、その究極の結論は「後世往生の道は一切の他事を交えず、只々一向に称名念仏あるのみ」ということであった。この結論から『専修念仏小川宗』を創立し、遠近からの聴聞者に説法をした。

・『小川宗』の実相は、当時、貧困にあえぐ庶民に対して容赦なく強いられていた宗教的負担の軽減にあった。具体的には「お布施は要らない」「仏壇は不要ゆえ焼却」と云うのがその根幹であった。更にはお寺も僧侶も要らず、葬儀は簡素そのもの。小川宗の葬儀には僧侶は呼びません。只々信者だけで「南無阿弥陀仏」を唱えるだけの「称名念仏」である。私も『小川宗』による葬儀を3度経験しているが、僧侶は一人も呼ばず、信者だけで執り行う超簡素なものだった。現在、主流になりつつある「家族葬」を約100年前の明治の時代から『小川宗』では、既に当たり前のように行っているたのだ。お寺に高いお布施をしても何のご利益もない。"戒名"などもっての外。お金を溝に捨てるようなもの。『小川宗』では戒名は不要。強いてやるなら自分で俗名か南無阿弥陀仏を書けばよいと。私もそのつもり。

戦後処理吉田茂総理を助けた白洲次郎の"葬式無用、戒名不用"が有名だが、明治35年(1902)兵庫県伊丹市生まれの白洲次郎は両親などから『小川宗』の影響を少しは受けていたのかも知れない。当時、兵庫県には『小川宗』の信者が大勢いたと云うから。

・さて、明治44年(1911)の夏、『小川宗』は既成の教団から邪宗視され、遂には京都東本願寺に於いて「異安心問答」(小川宗退治のため)と云う宗教論争をが行われた。この様子を当時の朝日新聞全国紙が連日大きく報道したので一躍全国に小川宗の名が轟き、宗教界に一大旋風を巻き起こした。このお蔭で、逆に小川宗信者集団は京阪神より西の各地に次々と結成され、『小川宗と小川独笑』の名声は広く喧伝された。現在でも脈々と息づいている。

明治宗教哲学者加藤弘之博士は、小川独笑を評して「東洋のルーテル」と呼んだ。

・しかし、この小川宗は既存の仏教界から猛烈な反発を招き、全国各地で目に余る迫害をうけることになった。中には、村八分に合い川で入水する者もいた。

・総じてバブルになると豪勢な葬儀などが流行り、今のような不況の時代になると『小川宗』や「家族葬」がもてはやされるようだが、『小川宗』は終始一貫変わることはない。私の葬儀は当然ながら『小川宗』で。四代目当主である私の弟で三男の小川三月季(小川家を引き継ぐ)にお願いしている。

『小川宗』とは?

・小川独笑は釈尊以来の諸聖の言行を究明したが、釈尊の仏説以外は全て排除した。当時、横行していた慣習形式や因習等も一掃し、ひたすら阿弥陀(西方極楽浄土に住み、全ての人を救う仏)の大本願たる他力本願の教義、念仏成仏を推し進めた。

・独笑は浄土宗法然浄土真宗親鸞の両聖人(鎌倉時代)を深く敬慕し、その思想形成に大きく影響を受けた。両聖人入寂後の今日(明治)の世相を危惧して、貧富平等の正教を説き、法然親鸞の昔に戻るべきだと強く説いたので、晩年、「大正の法然上人」と囁かれたとも云われている。

・もう少し分かりやすく説明すれば、『小川宗』とは、只々、「南無阿弥陀仏」(阿弥陀仏を信じてすがること、つまり帰依すること)と念仏(仏の名を唱えること)を称える念仏一筋(専修念仏)に徹すればその他のことは一切不要で、凡人も聖人も等しく救われると云う宗旨である。

・従って、「お寺も要らない」「お布施も不要」「仏壇も不要ゆえ焼却」「偶像もまつらず」「宗規も設けぬ」。そして極め付きが「念仏葬」。お寺も僧侶も必要ない。

ただ、家族と親族が集まってひたすら「南無阿弥陀仏」を称えるだけでよい。これが「小川宗の念仏葬」。現在の僧侶を呼ばずに家族だけで故人を見送る「家族葬」の先駆けであると云っても過言ではない。

・前述の東京帝国大学の総長も務めた加藤弘之博士は、「現代の我が国の仏教は腐敗の極みだ。このような時代に真の宗教改革ができる人物は豊前の小川独笑をおいて他にいない。小川独笑こそ東洋のルーテルである」と称賛した。

明治36年(1903)頃の我が国の葬儀は、虚礼虚飾のはなはだしいひどいものだった。お寺に葬式をお願いして僧侶がお経を読めば死者が浮かばれるとか、地獄行きが免れると云うのは、葬式仏教の「お布施」が目的の口実に過ぎないと云うのが小川独笑の主張であった。

・従って、『小川宗』の葬式には位牌、提灯、幟、供花など一切なく、ただ家族や親族、同信者らが集まって棺を囲み、静かに「南無阿弥陀仏」と念仏を称えるだけ。

出棺の際に独笑が作った「葬文」を読み上げるだけである。位牌がないのだから戒名院号もない。墓標には、表に「南無阿弥陀仏」と大書し、裏に俗名と亡くなった年月日と享年を記すだけである。

・この小川独笑の宗教(葬式)大改革は、16世紀の宗教改革者マルテイン・ルターの免罪符批判(免罪符を販売して寺院建立の資金に)に端を発した宗教改革に通ずるものがあると云われたのである。独笑は「明治維新で国政は改革されたが、宗教だけは旧弊である」と周りの人に嘆いたと。信者は地元をはじめ、岐阜京都広島鳥取その他の府県に急激に広がりを見せた。

■21世紀の現在でも、仏教界は「葬式仏教」に成り下がり、葬式や戒名等で何百万円という根拠のない法外な費用を貧しい市民からぼったくて平気である。独笑が生きていてこの現状を見たら何と言って嘆くだろうか。

2013-01-21

『喜寿の実り』(渚の歴史) 魁…杭蠡膤愀从儚愽同窓会『瓊林友の会』の会長に就任

平成21年(2009)、名門・長崎高商、長崎経専、長崎大学経済学部の同窓会『瓊林友の会』(ケイリン)の会長を拝命した。"瓊林友の会"会報誌(第59号)に掲載された会長就任のご挨拶から。f:id:nagisa74:20130121101910j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130121102025j:image:w360:right

「創立30周年という大変おめでたい年に、「瓊林友の会」の会長という身に余る大役を拝命しました。謹んでご挨拶申し上げます。野田前会長(高商37回)から、一気に15回飛び越えて、学部卒では初めての会長就任であります。因みに私は学部9回卒であります。もとより浅学非才ではありますが、持ち前の・若さと体力、・ネアカの性格、・プラス思考の三つを武器にしながら、諸先輩の方々、役員、会員の皆様方のご協力、ご支援を頂いて精一杯務めて参りますのでよろしくお願いします。

 前会長野田 操様におかれましては、6年8ケ月という長きにわたり大変ご苦労様で御座いました。その功績は、到底、筆舌に尽くせるものでは御座いません。

これからも常任相談役として、若返った執行部を温かく見守って頂きながら、時に気付かれた点は厳しくご指摘をお願いします。

 さて、我が国は「人生100年時代」という超高齢社会に入りました。会社を終えたサラリーマンには、30年〜40年という現役時代に匹敵する長い第二の人生が待ち構えています。一番苦労するのが会社に替わる「心の拠り所」(居場所)を見つけることです。家で毎日ブラブラしていると山の神に睨まれますし、健康的にもよくありません。「地縁」を求めて地域の自治会・町内会・ボランテイア活動などに顔を出してみても何となく馴染めません。やはりここは「学縁」という絆で結ばれた『瓊林友の会』の出番であります。f:id:nagisa74:20130126163246j:image:w360:right

■運営の基本方針

・楽しい『瓊林友の会』

・元気をもらう『瓊林友の会』

・心の拠り所になる『瓊林友の会』

「楽しい・元気・拠り所」をキーワードとして、「人生100年時代」という前例のない超高齢社会を楽しく、元気に過ごすために大いに寄与する『瓊林友の会』を目指して頑張りますのでよろしくお願いします。

■『瓊林友の会』の『瓊林』(ケイリン)とは。瓊林とは、雪を被って光り輝く林の意で、その林を成している数多くの木々はどれを見ても全て「玉」である。いわゆる玉石混交ではなく優秀な人材揃いである。

また、長崎は昔から「瓊の浦」(タマノウラ)と呼ばれているので『瓊林』の名称がつけられた。

2013-01-20

『喜寿の実り』(渚の歴史) 澗膤愼唄の"燦禄会”会長に就任(昭和36年長崎大学経済学部卒業)

平成20年(2008)、大学同期の"燦禄会"、三代目の会長を拝命した。翌、平成21年1月に発行した"燦禄会だより"(創刊号)の私の新会長就任挨拶と抱負から。f:id:nagisa74:20130120200642j:image:w360:right写真は第5回全国大会(嬉野温泉)で私が会長に就任した嬉野温泉ナンバーワンの和楽園旅館の前で。

『燦禄会三代目の会長に就任しました小川 渚で御座います。改めてよろしくお願いします。去る11月26日の第5回燦禄会全国大会(嬉野温泉)は、山口前会長をはじめ、森 保彦長崎燦禄会会長を中心とした準備委員会の皆様方のご努力で、大成功裡に終了しました。心より御礼申し上げます。ありがとう御座いました。

 さて、人生の実りの秋とも云うべき70代を元気で楽しく過ごすためには燦禄会の存在は欠かすことはできません。遠矢、山口両先輩会長の路線を踏襲しながら、私の掲げる二つの重点施策を中心に燦禄会を運営して参ります。

(1)「燦禄会だより」の発行:年1回、お正月のお年玉として発行して会員同士のが情報を共有し、絆を深めることを目的とする。

(2)「地区活動・地区間交流の活性化」:全国大会は従来通り隔年に開催。第6回全国大会は卒業50周年の節目になります。平成23年(2011)、四国松山の道後温泉で開催することが決まりました。全国大会の合間は地区活動・地区間交流の活発化で埋めてほしいのです。例えば、福岡長崎で九州大会を開催する、東京と関西で東西交流会などであります。都合のつく方は自由に参加して大いに盛り上げて下さい。

以上2点を重点施策として、会員の皆様の「健康・生きがい寿命」延伸に繋がるような燦禄会を目指しますので、よろしくご支援・ご協力をお願いします』。f:id:nagisa74:20130125092128j:image:w360:right

■去る1月14日、近年にない大雪の日に無事第5号の発送を終えました。役員、会員の皆様方の絶大なるご協力で、就任時に掲げた私の重点施策は想定以上に実現しています。会長冥利に尽きます。来る10月29日〜30、第二の青春の故郷長崎雲仙の燦禄会第7回全国大会</span<span class="deco" style="font-size:medium;">>をもちまして全国大会は終わりにします。後は地区活動、地区間交流会を従来以上に活発化して参ります。同窓会,中でも生涯の友となる同期会に勝る元気の素は御座いません。生涯会長の心意気で、仲間の元気と生きがいづくりに全力投球でやらせて頂きますのでよろしくお願いします。

2013-01-17

宮崎県綾町がユネスコエコーパークに登録された!

"有機農業の町""照葉樹林都市"をスローガンにして、町おこしに成功したのが宮崎県綾町。人口は約7200人前後の小さな照葉樹林と農業の町。

綾町が昨年の7月、32年振りに日本では5番目のユネスコエコーパークに登録された。ちなみに先輩のパークは、白山、大台ケ原・大峰山志賀高原屋久島の4か所でいずれも1980年の登録。f:id:nagisa74:20130117093938j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130117093954j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130117094010j:image:w360:right

白山石川県白山市岐阜県大野郡にまたがる標高2702mの山。富士山立山と共に日本三名山のひとつ。f:id:nagisa74:20130117103607j:image:medium:rightf:id:nagisa74:20130117103640j:image:medium:right

志賀高原長野県下高井郡上信越高原国立公園 日本一スキー場メッカ

大台ケ原奈良県吉野熊野国立公園f:id:nagisa74:20130117160110j:image:medium:right

屋久島鹿児島県大隅半島の南南西約60kに位置する島。屋久杉が有名。f:id:nagisa74:20130117103546j:image:medium:right

ユネスコエコーパークとは、貴重な自然を守るだけでなく、その自然を生かした地域の文化と伝統を大事にして、持続的に維持、利用することを云う。

ユネスコとは国際連合教育科学文化機関。UNESCOの頭文字をとって命名。

■日本各地から移住者が後を絶たないと。定年後に終の住処として移住する人、東日本大震災放射能汚染を避けて子育てのために移住す人など大人気とか。

約7200人の人口の1割強が他県からの移住者。ユネスコエコーパークに登録されたことで、ますます人気が高まるであろう。

観光の目玉は、"照葉大吊橋"1984年完成、長さ250m、高さ142m。2006年、大分県九重町の九重"夢"大吊橋(高さ173m)ができるまでは、日本一高い吊橋であった。下の写真は九重の吊橋。f:id:nagisa74:20130117095740j:image:w360:right

高所恐怖症の私は、数年前、九重の大吊橋を訪れた時、50mくらい歩いたところで引き返して、女房に笑われた苦い思い出がある。

2013-01-16

「風呂敷」が静かなブーム!?

昔懐かしいあの「風呂敷」が静かなブームとか。中でも「唐草模様」がダントツの人気らしい。f:id:nagisa74:20130116111614g:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130116111633g:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130116111651g:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130116111707g:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130116111734j:image:w360:right

■買い物をしても、プレゼントを頂いてもゴミの山。昔の先人達の知恵に学んで、エコーバックとしての風呂敷が若者の間でナウいフアッションとして人気を呼んでるらしい。f:id:nagisa74:20130116113021j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130116113033j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130116113048j:image:w360:right

■一番人気の模様は、緑地に白の唐草模様。植物の中でもツル草の茎はどこまでも伸びて行くので、長寿や子孫繁栄の象徴として特に人気が高いと。

唐草模様と云えば、お正月の獅子舞のかぶりがお馴染み。でも、漫画やコントでは泥棒の小道具に使われ、マイナスのイメージもあり。f:id:nagisa74:20130116112553j:image:w360:right

f:id:nagisa74:20130116111846j:image:medium:leftf:id:nagisa74:20130116111815j:image:medium:left■今は亡き、お笑い芸人東京ぼん太唐草模様の衣装で「夢もチボーもないね」「イロイロあらなあ」と栃木県訛りで、一時、人気を博した。

2013-01-13

江戸独楽(こま)職人「広井政昭」さん

お正月にふさわしい”独楽”(こま)のお話f:id:nagisa74:20130113103820j:image:w360:right

日本でただ一人の江戸独楽職人・広井政昭さん江戸独楽を作り続けて60年。江戸独楽職人の4代目。東京下町から海老名市に移り住んで、現在も江戸独楽の

創作を行っている。f:id:nagisa74:20130113104132j:image:medium:rightf:id:nagisa74:20130113104111j:image:medium:rightf:id:nagisa74:20130113104014j:image:medium:rightf:id:nagisa74:20130113103957j:image:medium:rightf:id:nagisa74:20130113103938j:image:medium:rightf:id:nagisa74:20130113103835j:image:medium:right

・活動は国内に留まらず、フランスルーブル美術館に200点の作品が展示され、永久保存されていると。また、アメリカシアトルではその功績を称えて名誉市民の称号を授かっている。

江戸独楽は内独楽と云って、室内で回す独楽のこと。お座敷独楽ともいい、色彩の美しいのが特徴だ。

私の小学生の頃(終戦の昭和45年,私は小学3年生)の遊びと云えば、メンコ、ビー玉、竹馬凧揚げ、コマ(ひもを巻いて回す投げコマ、喧嘩コマ)などで、すべてが野外

の遊びであった。今のようなテレビゲームなど想像もつかない。それも、竹馬など大半は手作りであった。ナイフや鉈など刃物を使うので、よく怪我をしたもんだ。それでも逞しく、親も危ないのでやめなさいと止めることはなかった。大雪の日は手作りの竹馬で学校(約2k)に通い、得意満面で女の子の前で片足とびなど披露した懐かしい思い出がある。f:id:nagisa74:20130113103913j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130113103853j:image:w360:right

私たちのコマ遊びは、相手のコマにぶっつける"喧嘩コマ"だった。鉄のしんをヤスリで削って鋭角にし、時には相手のコマを割ってしまうこともあった。

2013-01-09

4月の絵手紙カレンダーは『赤レンガの新東京駅』!

f:id:nagisa74:20130109083241j:image:w360:left ■希望の4月の絵手紙カレンダーは、復元なった東京の、いや日本のシンボルである東京駅丸の内側の『赤レンガ駅舎』

■この赤レンガ駅舎は、1914(大正13年)、当時の日本の建築界の重鎮・辰野金吾氏の設計で建設された。ルネッサンス建築の赤レンガを採用。

赤レンガ駅舎の中央に駅長室(写真)がある。f:id:nagisa74:20130109083335j:image:w360:right東京駅の駅長は、JR東日本でただ一人の重役(取締役)で、他の駅長とは格が違うらしい。

■駅舎内にある東京ステーションホテルも、同時にリニューアルオープンしたが、なんと一泊80万8500円の超高級の「ロイヤルスイート」(3046号室)があると。

誰が泊まるのでしょうか?昨秋、オープン早々に、田舎の高校クラス会を同ホテルのレストランで開催したが、高い割に今一の印象だったが・・・・。

■駅舎ドーム内のレリーフの一つに、今年の干支(己)(写真)があり、観光客の人気を呼んでいるとか。f:id:nagisa74:20130109085727j:image:w360:right

2013-01-08

北風三郎の歌

■今朝のラジオ深夜便ラジオ歌謡特集で、今の季節にピッタリの「北風三郎の歌」が流れた。戦後のラジオ歌謡は戦後復興にひた走る日本国民に勇気と元気を与えた。私は新制中学から高校生の頃で、家族みんなでラジオを聴くのが唯一の娯楽だった。昔の家は隙間だらけで、北風が遠慮なくどんどん入ってきたものだ。

f:id:nagisa74:20130108085215j:image:w360:left■「北風三郎の歌」f:id:nagisa74:20130108084351j:image:w360:right

昭和29年12月、作詞−丘十四夫、作曲−古関裕而、歌−伊藤久男

・歌詞

北風三郎は 淋しがり屋だ 夜中に家の扉をたたく

入ってこいよ 遠慮はいらぬ 膝つきあわせて 語り明かそう

北風三郎は 淋しがり屋だ 毎晩家の扉をたたく

入ってこいよ 遠慮はいらぬ 昔のことでも 語り明かそう

一人は誰でも 嫌なものだよ なんだか今夜はとても寒いね

北風三郎は どこに住んでる あの山超えて そのまた奥だ

入ってこいよ 遠慮はいらぬ 見かけは荒いが とても純情だ

子供が元気に 駆けてるようだ

2013-01-06

紅白歌合戦を盛り上げた美輪明宏の『ヨイトマケの唄』!

■久々に紅白歌合戦を観た。女性陣の司会を務める"梅ちゃん"こと堀北真希さんを応援したいと云うたわいもない理由から。f:id:nagisa74:20130106113059j:image:medium:right

■感想は、一口で云えば紅白も随分進化したものだ。まるで宇宙人?のお祭りの感あり。もう、われわれ高齢者の出番ではない。歌手でも演歌北島三郎森進一五木ひろしなどの時代は過ぎ去ったのではの印象を受けた。

■ところが、77歳にして初出場の美輪明宏が日頃のきらびやかな衣装から一変して黒装束で現れて『ヨイトマケの唄』を歌いだした時に受けた衝撃は筆舌しがたい。f:id:nagisa74:20130106112232j:image:medium:leftこれまでホモセクシャルの美輪は好きでなかったが、見方が変わってしまつた。年齢は私より一つ年上で古希の77歳。更には、長崎出身で原爆被災者という。われわれ後期高齢者を元気づける応援歌となリ、急に親近感が出てきた。我ながらその単純さに驚いている。

略歴

・1935・5・15、長崎市の「丸山遊郭」街生まれの77歳。f:id:nagisa74:20130106112209j:image:medium:left本名は丸山臣吾。161cmで52k以外に小柄である。稼業はカフエ、金融業の裕福な家も原爆倒産

シャンソン歌手でスタートしたが売れずに、一時は新宿駅ホームレスの経験あり。ただその美貌で三島由紀夫など有名な作家の支持を受け、36歳で芸名を「美輪明宏」に改名してから徐々に頭角を現す。

・40年前に、紅白出場の依頼があるも「ヨイトマケの唄」6分を3分に短縮するように云われて拒否。歌詞の中の「土方」も差別用語として嫌われたいた?

・今回の紅白初出場は記録ずくめ。77歳での初出場は史上最年長、デビュー60年で初出場も史上最長記録。歴代全体の年齢から見ても、第40回(1989年)に満78歳で出場した藤山一郎に次いで歴代2位。

紅白の瞬間視聴率はSMAPの49.4%などに続いて45.4%と高い。話題性はダントツで、白組勝利の立役者ではないか。

海星高校同級生に元代議士の故西岡武夫氏がいる。性格が豪快で男性的であったので、女性的な自分とはなぜかウマが合ったと。

・好きな食べ物はと聞かれると、迷わず「人の悩みを食べ、涙を飲んで生きている」と答える。華やかなフアッションに似合わず苦労の人生を歩いて来たのだ。

f:id:nagisa74:20130106112152j:image:medium:leftヨイトマケの唄」 

作詞・作曲・唄 美輪明宏                                                          美輪の幼少時の友人の亡き母を回顧する唄。「ヨイトマケ」とは、工事現場で地固めをする際に、重量のある槌を数人がかりで滑車で上下する時の掛け声の

「ヨイと巻け」から。私も子供のころ、建築現場でよく耳にした威勢のよい掛け声。普通は男性の職場(土方)だが、父親がいないのでお母さんが働きに。

歌詞の一部

父ちゃんのためなら エンヤコラ 母ちゃんのためなら エンヤコラ もひとつおまけに エンヤコラ

今も聞こえるよヨイトマケの唄 今も聞こえるよあの子守歌 工事現場のひるやすみ

タバコをふかして目を閉じりゃ 聞こえてくるよあの唄が 働く土方のあの唄が 貧しい土方のあの唄が

・・・・・・・・・・・

2013-01-05

76歳にして初めて出会った楽器『ヘルマンハープ』!

■ご存じですか?ヘルマンハープのこと。今朝のラジオ深夜便に「音楽のバリアフリーを目指して」のタイトルで、日本ヘルマンハープ協会理事長の梶原千沙都さんが登場。梶原さんは、たまたま10年前にドイツで出会ったヘルマンハープでその人生が一変してしまっと。こんなことってあり?人生には無限の可能性があることを改めて確認させられた。ただ、旺盛な好奇心とチャレンジ精神がなければ単なる"猫に小判"で終わっていただろう。

ヘルマンハープ」とは何か?f:id:nagisa74:20130105105235j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130105105319j:image:w360:right

ヘルマンハープ1987年ドイツの農場主ヘルマン・フエーがダウン症の息子のために開発した楽器。動機は障碍者も健常者と同じように音楽の楽しさを味わってほしいとの願いから。

ヘルマンハープは、ドイツで個別に職人の手でハンドメイドされている。構造は響板の上に弦が張られていて、楽譜をスライドして演奏するやり方。

・詳細は分からないが、楽譜が読めなくても弦の下に現れた音符を上から順番にはじくことでメロデイーを演奏することができるらしい。だから、障碍者や生涯、楽器には縁のなかった人や高齢者に急速に普及していると。私も挑戦してみようかな。絵手紙に次ぐ第二のライフワークの目標として。

日本での普及

2005年、梶原理事長が日本ヘルマンハープ協会を設立。全国でインストラクターの育成や教室の開拓、チャリテイー演奏会などを全国規模で開催している。2012年現在、全国に約170の教室がある。f:id:nagisa74:20130105105955j:image:medium:rightf:id:nagisa74:20130105105829j:image:medium:right

梶原千沙都理事長のプロフィール

1960年大阪生まれ。奈良女子大卒。結婚後、夫の転勤で通算10年間をドイツスイスオーストリアで過ごす。その間に、人生を一変させた運命のヘルマンハープに出会う。それにしても女優顔負けの美人である。旦那がうらやましい!

障碍者、健常者、年齢差、性別、音楽経験の有無を超えたバリアフリーの教授法とヘルマンハープ独自の演奏法を開発、全国への普及に尽力。

・2010年、「音楽的弱者の文化的な参加、活動を可能にした音楽家・歌手である」として、"ヘルマンハープ歌手"の称号を授与された。

・著書に、「ヘルマンハープの奏法」(基礎編)−音楽之友社 エッセイ集「ハルツの森のメルヘン」などがある。

2013-01-04

1月の絵手紙は「水仙」

凍てつくような寒空の下でも、けなげに可憐な花を咲かせる「水仙」の花。殺風景の冬景色の中で、希望の春の到来近しを予言する貴重な花である。 f:id:nagisa74:20130104112216j:image:w360:right                                          ■水仙」について

・原産地は主にスペインポルトガル地中海沿岸。

・日本には中国経由で室町時代に入ってきて、改良が繰り返されて「ニホンスイセン」が誕生した。

ヒガンバナ科で有毒植物。特に球根に毒成分が多い。よく、ニラと間違えて食べて食中毒を起こすことがある。

・日本では本州以南の温かい海岸近くに野生化して、群生している。越前海岸の「水仙」が有名。福井県県花

・ニホンズイセン、ラッパズイセン、キズイセン、クチベニスイセンなどの種類がある。

・「水仙」は中国の古典に由来。「仙人は、天にある天仙、地にある地仙、水にあるを水仙という」。水辺に咲く姿を仙人に例えたと。

花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」など。f:id:nagisa74:20130104112429j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130104112352j:image:w360:rightf:id:nagisa74:20130104112302j:image:w360:right

2013-01-03

人生は生涯挑戦!

■超高齢社会の日本で、高齢者に元気と勇気を与え続ける80歳のプロスキーヤー三浦雄一郎』氏が今朝のラジオ深夜便に登場。その挑戦し続ける姿に

ただただ驚嘆し、感服した。f:id:nagisa74:20130103114326j:image:w360:right

略歴                                       ・1932年(10/12)、青森県生まれの80歳。子供の頃は病弱で劣等生だったが、スキーと出会って人生が一変したと。

・父・敬三氏は山岳スキーヤー長男・雄太氏は競技スキーヤー、次男はオリンピック代表選手とスキーヤー一家。

北海道大学獣医学部卒、同期に作家の渡辺淳一氏がいる。f:id:nagisa74:20130103143538j:image:medium:right

1966年富士山での直滑降に成功。この時使用したパラシュートが、後のパラグライダー誕生の切っ掛けになった。

・54歳から世界七大陸最高峰に挑み、全峰からの滑降に成功した時は60歳の還暦を過ぎていた。後はのんびりと余生を楽しめばよいと決めた。

人生の目標をなくし、連日の暴飲暴食でみるみるメタボになった。164cmの身長で、20キロ増の90キロの体重でお相撲さんのような体形になった。

血圧は200を超え、持病の不整脈も出て、不健康極まりない体に成り下がってしまった。

・そんな時、99歳でモンブランを滑走する父の姿と、さらに100歳の誕生日に「明日はもう少しスキーが上手になりたい」と云った父に触発され、自分の現在の体形と生活スタイルを猛省、一念発起して人生に再挑戦する決意をした。

70歳で世界最高峰のエレベスト(チョモランマ、8848m)登頂を目標に掲げて成功f:id:nagisa74:20130103115148j:image:medium:right

f:id:nagisa74:20130103114723j:image:medium:left三浦雄一郎氏のメッセージ

「エレベストの頂上は、歩いて行ける宇宙だ。成功するか否かはやってみないとわからないが、人間の限界に挑戦する。"もう歳だから"ではなく、"人生これからだ"の心意気で。夢に年齢は関係ない。生涯、目標があるからこそ老い先が楽しいのだ」と。恐れ入りました。成功を心からお祈りします。

ちなみに、私の「人生の目的と目標」f:id:nagisa74:20121103173000j:image:w360:right

・「人生の目的」=「幸せに生きて、幸せに死ぬ」(QOLとQOD)−[万人共通]

・「人生の目標」=「元気な高齢者づくりに第二の人生を捧ぐ」−[各人各様]。私の場合、絵手紙講師や高齢者向け各種講演、大学のOB会会長などの活動を通うして元気な高齢者づくりに微力ながら貢献している。

2013-01-02

明けましておめでとう御座います。今年もよろしくご愛読ください。トップバッターは『八重の桜・綾瀬はるか』

■新年のブログの幕開けを飾るのは、NHK大河ドラマ八重の桜」((1/6スタート)の主演を演じる綾瀬はるかさん紅白歌合戦でも審査員を務めた。f:id:nagisa74:20130102113941j:image:w360:right

プロフィール

昭和60年(1985)広島生まれ、27歳。16歳で上京、俳優を目指して数多くのオーデイションを受けるもことごとく失敗し、失意の時代を過ごす。

・転機は2004年、ヒロインに抜擢されたドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」。以来、俳優の道をひた走る。「その時その時の役に全身全霊で向き合うこと]

を忘れずにやってきて、ついに大河ドラマの主役を射止めたシンデレラ

「ならぬことはならぬ」、ドラマ冒頭、籠城戦中に八重は、力強く言い放つ。会津藩の気骨あふれる精神を示す言葉。

綾瀬さんにとっての「ならぬこと」とは、「手を抜くこと。芝居や日常生活で、どんなにつらい時でも諦めないことが大事」。八重の生き方に重なります。

大河ドラマ八重の桜」については、昨年・6/23のブログですでに紹介済みだから、重複を避けて要点のみを。

f:id:nagisa74:20130102114448j:image:w360:left幕末の和製ジャンヌ・ダルク」と評された八重の生い立ち。

会津藩砲術師範の家に生まれた。男勝り、男装、ハンサムウーマンと呼ばれ戊辰戦争では銃を手に男子に混じって籠城。ちなみに、「ハンサムウーマン」とはアメリカ帰りの新島襄が、八重は男以上に活発で、魅力的であると云ってつけた呼び名。

明治になり、同志社大の創設者・新島襄と再婚。後に、同志社女子大の創設に尽力。f:id:nagisa74:20130102155953j:image:w360:right

・日清、日露戦争では看護婦として従軍、傷病者の手当てに献身。晩年は茶道に進み、穏やかな余生を過ごして88歳で没す。

ジャナリストの桜井よしこさんは、現在の日本は苦悩する幕末会津にそっくりだ。この苦境を打開するためには、八重のような「女だてらに」と陰口を叩かれても意に介せず、己の信じる「生き方」を貫いた強力なリーダーが不可欠であると。

f:id:nagisa74:20130102155607j:image:w360:leftちなみに、本家のジャンヌ・ダルク(1412〜1431)は、英仏百年戦争で、フランスが敗戦続きの窮地の時、ある預言者が一人の少女が現れ、フランスを救うと予言した。予言どうりにオルレアンを開放してフランスを勝利に導いた。しかし、その後の戦いで捕虜になり、宗教裁判で異端者と断罪され、ルーアンで火刑になった。