Hatena::ブログ(Diary)

nagisa74の日記

2013-01-06

紅白歌合戦を盛り上げた美輪明宏の『ヨイトマケの唄』!

■久々に紅白歌合戦を観た。女性陣の司会を務める"梅ちゃん"こと堀北真希さんを応援したいと云うたわいもない理由から。f:id:nagisa74:20130106113059j:image:medium:right

■感想は、一口で云えば紅白も随分進化したものだ。まるで宇宙人?のお祭りの感あり。もう、われわれ高齢者の出番ではない。歌手でも演歌北島三郎森進一五木ひろしなどの時代は過ぎ去ったのではの印象を受けた。

■ところが、77歳にして初出場の美輪明宏が日頃のきらびやかな衣装から一変して黒装束で現れて『ヨイトマケの唄』を歌いだした時に受けた衝撃は筆舌しがたい。f:id:nagisa74:20130106112232j:image:medium:leftこれまでホモセクシャルの美輪は好きでなかったが、見方が変わってしまつた。年齢は私より一つ年上で古希の77歳。更には、長崎出身で原爆被災者という。われわれ後期高齢者を元気づける応援歌となリ、急に親近感が出てきた。我ながらその単純さに驚いている。

略歴

・1935・5・15、長崎市の「丸山遊郭」街生まれの77歳。f:id:nagisa74:20130106112209j:image:medium:left本名は丸山臣吾。161cmで52k以外に小柄である。稼業はカフエ、金融業の裕福な家も原爆倒産

シャンソン歌手でスタートしたが売れずに、一時は新宿駅ホームレスの経験あり。ただその美貌で三島由紀夫など有名な作家の支持を受け、36歳で芸名を「美輪明宏」に改名してから徐々に頭角を現す。

・40年前に、紅白出場の依頼があるも「ヨイトマケの唄」6分を3分に短縮するように云われて拒否。歌詞の中の「土方」も差別用語として嫌われたいた?

・今回の紅白初出場は記録ずくめ。77歳での初出場は史上最年長、デビュー60年で初出場も史上最長記録。歴代全体の年齢から見ても、第40回(1989年)に満78歳で出場した藤山一郎に次いで歴代2位。

紅白の瞬間視聴率はSMAPの49.4%などに続いて45.4%と高い。話題性はダントツで、白組勝利の立役者ではないか。

海星高校同級生に元代議士の故西岡武夫氏がいる。性格が豪快で男性的であったので、女性的な自分とはなぜかウマが合ったと。

・好きな食べ物はと聞かれると、迷わず「人の悩みを食べ、涙を飲んで生きている」と答える。華やかなフアッションに似合わず苦労の人生を歩いて来たのだ。

f:id:nagisa74:20130106112152j:image:medium:leftヨイトマケの唄」 

作詞・作曲・唄 美輪明宏                                                          美輪の幼少時の友人の亡き母を回顧する唄。「ヨイトマケ」とは、工事現場で地固めをする際に、重量のある槌を数人がかりで滑車で上下する時の掛け声の

「ヨイと巻け」から。私も子供のころ、建築現場でよく耳にした威勢のよい掛け声。普通は男性の職場(土方)だが、父親がいないのでお母さんが働きに。

歌詞の一部

父ちゃんのためなら エンヤコラ 母ちゃんのためなら エンヤコラ もひとつおまけに エンヤコラ

今も聞こえるよヨイトマケの唄 今も聞こえるよあの子守歌 工事現場のひるやすみ

タバコをふかして目を閉じりゃ 聞こえてくるよあの唄が 働く土方のあの唄が 貧しい土方のあの唄が

・・・・・・・・・・・

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagisa74/20130106/1357438632
リンク元
Connection: close