Hatena::ブログ(Diary)

nagisa74の日記

2013-02-17

『喜寿を迎えて』(渚の歴史) (29)表紙絵"ぶどう"と裏の東京駅"赤レンガ駅舎」について

f:id:nagisa74:20130223083737j:image:w360:left「表紙絵"ぶどう"(巨峰)について」

■『喜寿を迎えて』(渚の歴史)を生かすも殺すも「表紙絵」で決まると云っても過言ではない。いろいろ考え、悩んた。ある時点までは"富士山"(今年、世界遺産に?)に決めていたが、考え直して秋の実りの"ぶどう"に変更した。f:id:nagisa74:20111208085601j:image:w360:right

"ぶどう"(巨峰)に決めた理由

―の果物の王様"ぶどう"(巨峰)は、私の目指す「定年チャンピオン」に通ずる。

⊇の実りの"ぶどう"は、私の77年の人生"喜寿の実り"に通ずる。

今は亡き母が晩年、我が家の畑で"ぶどう"の栽培を始め、収穫したらいの一番に最もおいしい"ぶどう"を子供たちに送ってくれた。ぶどう栽培が母の健康と生きがい、そして少々の小遣い稼ぎになり、お蔭で95歳の天寿を全うした。

そに河口湖のリゾートマンション(平成元年購入→平成25年売却)に行くと、必ず勝沼で"ぶどう狩り"をした懐かしい思い出。

ゲ汎發凌得未笋世話になった友人などへの贈り物は勝沼の"ぶどう"であった。

Υ堽颪里祝いに着るのは「赤」の"ちゃんちゃこ"だが、喜寿は「紫」とのことで"ぶどう"の紫に通ずる。Ч垢鳳召Δ覆、"ぶどう"が原料の赤ワインは私の大好物である。

以上の理由から表紙絵は私の絵手紙で"喜寿の実り"(ぶどう)にしました。

f:id:nagisa74:20121024112546j:image:w360:left一方、裏の絵はリニューアルなった東京駅の「赤レンガ駅舎」にしました。未来に羽ばたく日本の玄関口・赤レンガ駅舎にあやかり、残りの人生を気分も新たに元気に生き抜こうと云う私の決意からであります。f:id:nagisa74:20130109083241j:image:w360:right