Hatena::ブログ(Diary)

nagisa74の日記

2013-02-28

祝・ブログ開設2周年!!ホスピスの母『シシリー・ソンダース』とは

f:id:nagisa74:20110602052456j:image:w360:leftブログを開設して満2周年となりました。ホスピスの母「シシリー・ソンダース」とは?

・1918〜2005 英国の女性。看護婦、保健婦時代に末期がんの患者を多くお世話した。

・当時はガンは不治の病で医者も治療を放棄。患者は苦悶の果てに死亡した。

・彼女はその悲惨な状況を見兼ね、ついに自分が医者になることを決意。

・何かいい方法はないかと考えた末に、麻薬を含めた鎮痛剤を使用すれば解決できることを発見。"死者の顔を変えた女性"とも云われる。

・そして、末期ガンの患者を収容し鎮痛剤で痛みを抑え、最期まで尊厳を全うする施設を作った。1967年、近代ホスピスの誕生。

・ホスピスとは中世のヨーロッパでカトリック教会の巡礼者を宿泊させる施設だったが、彼女は医療施設に変えた。そのご世界に広がった。

・日本に最初にホスピスが出来たのが1981年、浜松市の聖隷病院でその後全国に普及し、現在では153の施設があると。ガン患者の急増に比べてまだ足りません。

日本人で初めて彼女の指導を受けた女性が緩和ケアの草分け的存在の「内藤いづみ」先生。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagisa74/20130228/1362013266