It’s by design. このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-19 他店の割引券が使用できるサービス

他店の割引券が使用できるサービス 他店の割引券が使用できるサービスを含むブックマーク 他店の割引券が使用できるサービスのブックマークコメント

また間が開いてしまった。継続しないとなぁ。


一人暮らししてるとやっぱり外食が多い。最近気になるのが、割引券サービス。吉野家を初めとしてどこでもやってる。

んで、ふと思ったんだけど、松屋が「吉野家のサービス券使えます!」とかサービスしたりしたらどうなんだろう。法的に無理なんだろか。


味に自信があるなら、同業他社の割引券を使えるようにして客寄せやっちまうというのもありなんじゃないかと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagwiki/20091119

2009-11-04 Androidのデバッグ環境で何となく思い出した話

あるチップセットメーカーの思い出 あるチップセットメーカーの思い出を含むブックマーク あるチップセットメーカーの思い出のブックマークコメント

Androidってのは、デバッグ環境が充実してる。Dev Phoneなんかのアンロックされた端末を使えば、ソフトのみでgdbでブレークできるのは有名な話。


ここから思い出話。ある携帯電話向け有名チップセットメーカーに開発協力をあおぐために海外出張をしたことがある。基本的にデバッグはうちでやるんだが、ときどきメーカーのエンジニアデバッグを手伝ってくれる。ThinkPadアップルのシールを貼り付けたおちゃめな中東系の人が手伝ってくれてたときのこと。ターミナルのようなものをおもむろに立ち上げ、端末と接続して何やらニヤニヤしている。普通、端末のデバッグにはICEを使ってやるもんだが*1、その頃すでにAndroidでいうadbのようなものをどっかに仕込んでいたんだろう。


「このデバッグツールすげーよ、くれない?」


と片言の英語で頼んでみたけど、答えはもちろんノー。


まさか三年後にAndroidで再会するとは。

あのイラン人元気にしてるかな。もちろんこの話は推測であって、果たして技術を提供したのかどうかはわからない。けれども、そのチップセットメーカーはOHA立ち上げの頃から設立メンバーの一つだったりする。

*1:うちに提供されてるログモニタその他のデバッグツールと異質なのはすぐにわかった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagwiki/20091104

2009-06-05 iTunesStoreでクレジット情報なしで、無料アプリを入手する方法

[]iTunesStoreでクレジット情報なしで、無料アプリを入手する方法 iTunesStoreでクレジット情報なしで、無料アプリを入手する方法を含むブックマーク iTunesStoreでクレジット情報なしで、無料アプリを入手する方法のブックマークコメント

英語の記事の紹介。

iTunesStoreのアカウントを取得するためには、今までクレジットカードギフトカードの情報を入力する必要があったと思ってたんだけど、こと無料のアプリを入手することに限って言えば必要ないみたい。


手順としては以下のとおり。

  1. アカウントをログアウトしておく。
  2. 無料アプリを何でもいいからダウンロードしようとする。
  3. Create New Accountを選択する。
  4. 支払い方法の選択画面まで薦めると、カードのアイコンの一覧の右端に、"None"が出ている。
  5. Noneを選択して、そのまま薦めればメールを送ってくるので、メール内のリンクをクリックすればOK。

これでやっとPandoraが聞けるよーと思ったら、やっぱりアメリカ以外からはシャットアウトされたままのようで。iPhoneアプリでもダメなことはダメだった。残念なり。


ただ、外国でしか売ってない変な無料アプリを手に入れるには面白そう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagwiki/20090605

2009-06-04 共同作業

[]共同作業って 共同作業ってを含むブックマーク 共同作業ってのブックマークコメント

難しいですね。なんか疲れたので、今日はAndroidの勉強辞めてiKnow*1でもするよ。

自己啓発だいじ。

*1smart.fmだっけか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagwiki/20090604

2009-06-02 attachでけた。

[]attachでけた。 attachでけた。を含むブックマーク attachでけた。のブックマークコメント

昨日の続き。


emulatorでemulator起動するとこまで。

どうもドキュメントが古いらしくて、なかなか上手いこといかん。

LinuxLinuxでどのディストリどのバージョンかで細かい動作が違うみたいだし。

で、色々やった結論だけど、


昨日の翻訳どおりにEclipseAndroidのプラットフォームごとぶっこむ。

ターミナルから

. build/envsetup.sh

emulator

エミュレータ起動。このとき、英文にはddmsを起動しろ〜とかあったけど必要ない。

むしろEclipseADTプラグインを入れてるとEclipse上に既にddms組み込まれてるので無駄っぽい。

起動させたら、Run->Debug Configulations...というのをメニューから選択。

"Remoto Java Application"を選択する。Press New button...と説明ある横のアイコンと同じ物をクリックして新しいコンフィグを作成する。Nameをお好きに。hostはlocalhostのままで。Portは8700番に変更する。

右下のDebugボタンを押すとAttachできる。


なんだか、コツがいるようで、

ここを参考にするかぎり、うまくいかなかったら、emulatorを終了させて、adbというプロセスが残っているのでこれもしばき倒してやり直すといいみたい。

adbしばき倒してもダメなこともあって、そういうときは、しばらく待ってやり直すとつながったりする。


なにこのファジー*1な感じ。


成功したら、Debugパースペクティブに切り替えると、スレッドがぞろぞろ表示されてるのでそれを目安に。

ちなみに

この方法、実機のアプリデバッグするときにも当然使えるようで、覚えておいて損の無いテクニックな模様だ。

しかしすごいな。これ。Eclipseがすごいのか、JavaがすごいのかAndroidがすごいのか。Java開発者じゃないのでわからん。

VMから上を好き放題にデバッグできるのはすごいぞ。

もひとつおまけ。

emulatorとddmsがあればEclipseなんて軟弱なものなどいらん。

という人は、

cd /path/to/android/root

. build/envsetup.sh

lunch 1

development/tools/eclipse/scripts/create_ddms_symlinks.sh

ddms

でddms単体で起動できる。ddmsはプロジェクトの依存関係がひどいらしく、ビルドできる環境作るのが面倒そうなのでこれがお手軽。

情報源はここ

追記。

attachはDDMSで目的のプロセスを選択してから、Debugメニューを選択すると必ず成功するっぽい。


だけど、マルチプロセスでがんがん動いているので、アプリデバッグじゃない場合は、すぐにプロセス同士の同期が異常になってしまってうまく動かなくなってしまう。地道にログを追ってデバッグしていくしかないか。

意外に、奥深いな、Android

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nagwiki/20090602