のびゆく麻帆良市

2013-12-19

[]影を引きずるものに、評価はできない

UQ HOLDER!」1巻が発売されましたね。
書店で見かけましたが、裏表紙まで1枚絵だったり、あらすじが書かれていたりと、今までの赤松作品とはかなり違った雰囲気を見せています。

しかし、現時点では私は買うつもりはありません。そもそも3話以降マガジンも読んでません(あらすじは赤松総研さんなどで確認しておりますが)。
理由は「まだ面白いと思えないでいる」というのが大きいでしょうか。「悠久ホルダー」という組織も登場しましたが、刀太の明確な目標はまだ固まっていませんし。

それにしても、この作品を読む人の多くはまだ「ネギま!」の影を引きずっている人々の割合が多そうですね。
赤松先生にとっては今までの作風と180度異なる「新たな冒険」でしょうが、我々はどこかに「ネギま!」とのつながりを追い求めてしまうのです。それではちゃんとした評価はできないでしょう。

ネギま!」を全く読まずに「UQ」を読み始めた新世代の読者がファンコミュニティの中心に出てくる時を待ちたいところです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/naidesu1120/20131219/1387461311