naieの文字霊日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-06 文字霊日記・2491日目

 2491日目・・・「コマンチェロ」・・・「テキサスの開拓村、コマンチ族の襲撃が頻発、コマンチに武器を密売して牧場を襲わせる“コマンチェロ”と 呼ばれる白人悪党集団がいた」・・・「南北戦争で使用した中古の銃を売捌いていた日本人がいた・スプリングフィールド銃は、アメリカの南北戦争の後、幕末の日本に大量に輸入・1861年、アメリカ南北戦争で北軍はスプリングフィールド銃、南軍はイギリス製のエンフィールド銃を使用・南北戦争(1861-1865) が終結し、大量の銃や弾薬などの兵器が在庫となり、兵器を製造していた会社は極度の 経営難に陥り、余った兵器は上海の市場に溢れ、ミニエー銃、エンフィールド銃、スペンサー銃は幕末の日本へ」・・・

 「1867年10月29日・1867年11月9日・1867年11月15日・1868年1月3日・1868年1月26日〜27日」・・・「慶応四年」・・・「鳥羽(トリのハネ)・伏見(フセてミル)=超(チョウ・越)得伏(イ犬)懸」・・・「コマンチェロ・The Comancheros・アメリカ映画の西部劇・1961年制作・ジョン・ウェイン主演・コマンチェロ=コマンチ族に武器を密売する白人・」・・・
 ダンダン、混乱してきた・・・調べていたモノがトンで、何処に接続させるべきか忘れてしまった・・・随分と重複も・・・
ーーーーー
 「ブンヤ」って?・・・新聞屋・・・新分野・・・眞文?・・・マサかネッ・・・「まさか=今まさに物事が目の前に迫っていること・予期しない緊急の事態にあること」・・・「まさか=よもや〜ではアルマイなっ・よもあらじ・今のまさか・やはか・よもや」・・・
  ↓↑
 「文室 浄三(ふんや の きよみ)
  持統天皇七年(693年)
  〜
  宝亀元年十月九日(770年10月31日)
  奈良時代の皇族臣籍降下
  初名は
  智努王・知努王・珍努王・茅野王(ちぬおう)
  天武天皇の孫
  一品
  長親王の子
ーー↓↑ーー
 ・・・アレレッ、なんで、ヒロブミちゃん・・・「百姓」の成り上がり「貴族」・・・ヒヨシマルは「ウリウリ・ハリうり」・・・タナカさんは「ドケンヤ」・・・前漢の劉邦は「百姓・宿屋の仕切り人」・・・ナリキンで、オウを仕留めるコトができるか?・・・
 ↓↑
 伊藤 博文
 天保12年9月2日
 (1841年10月16日)
 〜
 明治42年
 (1909年)10月26日
 位階勲等爵位
 従一位大勲位公爵
 諱は博文(ひろぶみ・ハクブン)
 幼名は利助(りすけ)
 吉田松陰から俊英の
 俊を与えられ
 俊輔(しゅんすけ)
 春輔(しゅんすけ)と改名
 号は春畝(しゅんぽ)
 春畝公と表記されることも
 小田原の別邸・滄浪閣を所持し
 滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)
 を称して落款とした
 ↓↑
 周防国出身
 長州藩私塾
 松下村塾に学び
 幕末期の
 尊王攘夷・倒幕運動に参加
 維新
 薩長の藩閥政権内で力を伸ばし
 岩倉使節団の副使
 参議兼工部卿
 初代兵庫県知事(官選)
 大日本帝国憲法の起草の中心者
 初代・第五代・第七代・第十代
 の内閣総理大臣
 初代枢密院議長
 初代貴族院議長
 初代韓国統監
 を歴任
 内政で
 立憲政友会を結成し
 初代総裁
 外交
 日清戦争の勝利に伴う
 日清講和条約の起草・調印
 により
 清國から
 朝鮮を独立させた(第一条)
 元老
 ↓↑
 1909年
 ハルビン駅で
 朝鮮民族主義活動家韓国人
 安重根に暗殺
 ↓↑
 1885年12月22日
  〜
 1888年4月30日
 太政官制度廃止
 内閣制度創設
 伊藤博文
 初代内閣総理大臣就任
 (第1次伊藤内閣)
 ↓↑
 666年
 丙寅年
 天智天皇五年
 唐=乾封元年
 唐の高宗が泰山で封禅の儀
 高句麗の泉蓋蘇文、死没
 ↓↑
 2月2日(天智天皇四年十二月二十三日)
 定恵(藤原鎌足長男不比等の兄)
 学僧(643年〜)死亡
 ↓↑
 令狐徳棻(レイコトクフン)
 唐の歴史家(583年〜)
 本貫
 宜州華原県
陝西省
 銅川市
 耀州区)
 唐初
 「梁、陳、北斉北周
 及び
 「隋の正史」の修訂を奏請
 龍朔二年(662年)
 金紫光禄大夫
 『周書』の主編者
 太宗即位を奏請する書を募り
 「宏文殿に四部の書を聚めて
  群書は二十余万巻・『唐会要』宏文館」
 「創修撰之源、徳棻より始まるなり
  (趙翼《二十二史箚記》)」
 「二十四史
  徳棻が貢献したものは
  『梁書・陳書・北斉書・周書
   隋書・晋書・南史・北史』
 の八部・・・
ーー↓↑ーーー
 以下は
 Copyright (C) 2007〜2017
 「日本伝承大鑑」制作委員会
 の原文を参照抜粋したモノ
 ↓↑
 青森県上北郡東北町家ノ下タ
 1949年昭和24年)6月21日
 当時
 甲地村の
 石文集落近くの
 赤川上流で
 千曳在住の
 川村種吉により発見
 高さ1.5mほど
 自然石に
 「日本中央」
 と刻まれた碑
 ↓↑
 日本中央の碑
 青森県
 上北郡
 東北町
 家ノ下タ
 「日本中央の碑」
 典拠は
 歌学者の
 藤原顕昭が出した
 『袖中抄』に
 「陸奥には
  つぼのいしぶみ
  という石碑があり
  蝦夷征討の際に
  田村将軍(坂上田村麻呂)
  が矢筈を使って
  “日本中央”
  という文字を刻んだものである」
 との一説・・・
 それ以降、
 東北の歌枕として
 和歌の中に使われ
 また幻の遺跡として考えられてきた
 ↓↑ 
 江戸時代
 宮城県
 多賀城の碑が
 “つぼのいしぶみ”
 と目されていたが
 ↓↑
 明治九年
 天皇の東北行幸
 宮内省から青森県
 “つぼのいしぶみ”
 発見の要請があった
 そこで
 田村麻呂が石を埋めたという
 伝承の残る
 千曳神社で大掛かりな
 発掘作業が行われたが
 結局発見には至らなかった
 ↓↑
 1852年11月3日(嘉永五年九月二十二日)13時頃
 1912年明治四十五年)7月30日午前0時43分
 ↓↑
  1867年1月30日〜1912年7月30日
 慶応二年十二月二十五日〜明治四十五年七月三十日
ーー↓↑ーー
 大炊王(おほけ)
 淳仁天皇(ジュンニン-テンコウ)
 天平五年(733年)
 〜
 天平神護元年十月二十三日(765年11月10日)
 第四十七代天皇
 在位=天平宝字二年八月一日(758年9月7日)
    〜
    天平宝字八年十月九日(764年11月6日)
 諡号明治時代に付けられ
 古文書では
 廃帝、または淡路廃帝
 母は
 当麻老(たまぎのおゆ)の娘
 当麻山背(たまぎのやませ)
 ↓↑
ーーーーー
 稻城(いなぎ・トウキ)・古名「稻壩」
 東漢時代
 為
 白狼羌の地・・・白狼の羌
 唐時代
 屬
 吐蕃(トッパン)・・・凸版(印刷)?
 元
 屬
 吐蕃
 等路宣慰司(トウロセンイシ)・・・問う路線の石(医師)?
 明時代
 屬
 朵甘行都司(カンコウグンシ)・・・換項郡市?
 清時代
 屬
 理塘土司(リトウドシ)・・・離島怒偲?
 光緒三十三年(1907年)
 設
 「稻成縣(トウセイケン)」・・・稲の成るに懸ける?
 宣統三年(1911年
 正式
 核准置(ガイジュンチ)・・・画意(雅意)淳地(ぬまち)
 「稻成縣(トウセイケン)」・・・稲の成るに懸ける?
 隸
 康定府(コウテイフ)=四川省西部の都市・薬種・毛皮を産する
            漢族とチベット族の交易の地
            もと西康省の省都
            旧名は「打箭炉(ダセンロ)」
                カンティン
 民國二十八年(1939年
 西康省成立
 改名
 「稻城縣」・・・稲の城に懸ける?
        ・・・稲の毛(け・モウ)一族
 ↓↑
 1950年12月至1955年
 屬
 西康省
 藏(チベット)族
 自治
 ↓↑
 1955年10月
 西康省
 撤銷
 屬
 四川省
 甘孜藏(チベット)族
 自治州
 至今
ーー↓↑ーー
 「つぼのいしぶみ」
 ↓↑
 昭和24年6月
 千曳神社近くの
 青森県
 東北町
 石文(いしぶみ)
 という所で
 「日本中央」
 と刻まれた石碑が
 発見、出土
 発見された場所が
 「石文(いしぶみ・いわぶみ・セキブン)」
 そのすぐそばには
 「都母(つぼ)」・・・都母=つも・とも
               都の母
 と呼ばれる地域がある
 「つぼのいしぶみ」
 の名と一致・・・?
 刻まれた文字は
 「日本中央」
 で、
 この文字の碑が
 日本の最北部に当たる
 青森県のコトなのか・・・
 「日本」の領土ではなく・・・蝦夷地
 「日本」という
 国号が使われていなかった
 この碑を刻んだとされる
 坂上田村麻呂
 はこの地まで遠征していない
 後任の
 征夷大将軍
 ↓↑
 文屋綿麻呂=文室綿麻呂(ふんや の わたまろ)
 ↓↑延暦十一年(792年)
   智努王 (文室浄三) の孫・・・茅渟王?
   父(三諸大原)と同時に
   「文室真人」
   から
   「三諸朝臣
   へ改姓
ーーーーー
 ↓↑
 ・・・「文屋」⇔「陽侯」氏に告発・・・密貿易?
   陽侯麻呂(やこ の まろ)
   姓は史
   官職
   大隅国守
   陽侯氏(陽侯史=陽侯忌寸)
   隋の煬帝の子孫
   達率
   楊候
   阿子王
   の末裔を称する
   渡来系氏族
   氏は楊候・楊胡・陽候・陽胡
   文武天皇四年(700年)
   僧侶の
   通徳
   が還俗して
   陽侯(やこ・ヨウコウ)史の姓と
   久爾曾(くじそ・クジカイ?)
   の名を与えられ
   勤広肆に叙
 ↓↑↓↑   
   陽侯麻呂が
   国司に任命されたのは
   南九州中国大陸の間に
   古くから何らかの関係があった・・・
   大隅国守在任中・・・大隅(おほすみ)の国=九州
   養老四年(720年)
   反乱した
   隼人に殺害
   その知らせは
   同年二月二十九日
   に
   大宰府から朝廷に届けられ
   「隼人の反乱」と呼ばれた
   戦闘が勃発
 ↓↑
 田村麻呂
 文屋のワタマロ
 が
 はじめてこの地域一帯まで
 足を運んだのが史実・・・
 一説によると
 田村麻呂は
 北海道
 千島列島
 までを
 日本の領土とみなし
 ここを中央と確定した・・・無理・・・
 「国威発揚的発想」は明治・・・
 ↓↑
 刻まれた
 「日本」
 という文字は
 「ひのもと」と
 平安初期には
 「東北地方」一帯を指す言葉だった・・・
 「日本中央」とは
 坂上田村麻呂
 以下の
 蝦夷征討軍
 が敵地の中央部分に当たる場所とした・・・
 ↓↑
 「日本中央」の碑
 昭和24年
 川村種吉
 が発見
 祠に雨晒しになっていたが
 平成七年に発見地近くに
 公園施設を作り
 保存館を設けて保存
 ↓↑ 
 藤原顕昭
 1130?〜1209?
 平安末〜鎌倉初期の
 歌僧
 六条藤家の中心的存在
 (本人は藤原氏の出身ではなく
  養子として姓を賜う)
 当時最高峰の歌合と言われた
 「六百番歌合」
 にも参加。
 『袖中抄』は
 文治年間(1185〜1190年)
 に出されている
 ↓↑
 「つぼのいしぶみ」
 歌枕
 和泉式部・寂蓮・西行慈円などが詠む
 「遠くにあるもの」
 「どこにあるか分からないもの」
 という意味で使用・・・
 ↓↑
 多賀城
 江戸時代初期に発見された古碑
 発見当初より
 「つぼのいしぶみ」
 であるとされてきた
 松尾芭蕉
 『奥の細道』で
 「つぼのいしぶみ」
 と記している碑
 ↓↑
 坂上田村麻呂
 758〜811
 平安初期の武官
 797年
 征夷大将軍
 蝦夷征討の最高責任者
 801
 遠征で大勝
 翌年
 胆沢城(岩手県奥州市)建設
 さらに次の年に
 志波城(岩手県盛岡市)建設
 東北地方の多くの社寺の
 創建伝説、伝承
 多数登場するが
 そのほとんどは
 後年の創作・・・
ーー↓↑ーーー
 文屋(文室)綿麻呂
 765〜823
 平安初期の武官
 ↓↑
 810年
 薬子の乱
 薬子の側(平城上皇)に付き捕縛・・・?
 坂上田村麻呂の
 助命嘆願により救われ
 田村麻呂の軍に加わって功を上げる
 811年
 征夷将軍(大将軍ではない)
 蝦夷
 爾薩体
 と
 弊伊(青森南東部から岩手県北部)
 を平定
 ↓↑
 延暦十四年(795年)
 従五位下
 右大
 舎人
 に叙任
 ↓↑
 桓武朝後半
 延暦十五年(796年
 近衛将監
 延暦二十二年(803年)
 近衛少将
 近江大掾
 出羽権守
 播磨
 と地方官兼任
 この間の
 延暦二十年(801年)
 坂上田村麻呂
 らと共に
 蝦夷征討に
 東北地方派遣
 田村麻呂
 らと共に昇叙され
 正五位上に昇進
 ↓↑
 大同元年(806年)
 平城天皇即位に伴って
 従四位下に叙
 侍従
 中務大輔を兼ね
 天皇の身近に仕える
 平城期
 右兵衛督
 右京大夫
 大舎人
 を歴任
 大同四年(809年)
 三山朝臣
 次いで
 文室朝臣
 を賜与
 同年四月
 平城天皇
 から譲位された弟の
 嵯峨天皇
 が即位
 左兵衛督に転じ
 大膳大夫
 兵部大輔
 播磨
 を務める
 ↓↑
 大同五年(810年)九月
 薬子の変
 ↓↑
 平城上皇と共に
 平城宮にいたが
 平安京に召還され
 左衛士府に拘禁
 ↓↑
 大納言となっていた
 田村麻呂が
 「東国へ向かった
  平城上皇
 を迎え撃つために
 美濃道に向かう際に
 武術に優れ
 辺境での戦闘の経験が
 豊富であることを理由に
 綿麻呂
 を同行させたい旨を上奏
 上奏は認められ
 文屋綿麻呂は
 正四位上
 参議に叙任され
 同行
 綿麻呂は
 歓喜勇躍し
 乗馬で出撃・・・・「ブンヤ」って新聞記者
 ↓↑
 「薬子の変」後
 大蔵卿
 陸奥
 出羽
 按察使を兼ね
 東北地方駐在
 蝦夷征討
 弘仁二年(811年)
 十二月
 蝦夷を制圧
 辺境の防衛体制を解除させ
 従三位
 勲五等の叙勲
 ↓↑
 二月五日
 陸奥国出羽国
 の兵士26,000人を動員し
 「爾薩体」・・・爾薩体村(にさったいむら)
 (岩手県二戸郡青森県南部の一帯)
 「弊伊(へい)」
 (岩手県上閉伊郡下閉伊郡
 の蝦夷二村征討の準備完了
 六月上旬に出撃する旨を上奏
 三月九日
 兵士1万人の減員を上奏
 三月二十日
 蝦夷征討の出撃許可
 兵士1万人の減員は不要との勅
 四月十七日
 征夷将軍
 五月十日
 城柵の周辺に居住している
 俘囚が増加し
 出兵中に野心を起こして
 騒擾が発生することを防ぐため
 「綏撫」を加えることを上奏
 五月十九日
 蝦夷征討の準備の上奏から
 二月の上奏と矛盾があるとし
 朝廷から準備不足と判断され
 翌年六月に出撃すべき旨の勅
 七月四日
 俘囚の兵1000人を
 「吉-弥侯-部-於-夜志閇」・・・人名
    弥侯=陽侯
 に委ねて
 「弊伊村」を襲伐すべきと上奏
 七月十四日
 朝廷から
 「弊伊村の夷俘」は仲間が多いため
 陸奥出羽両国
 「俘囚の兵1000人」ずつを動員し
 八〜九月の間に
 左右に軍を展開して攻撃すべきこと
 副将軍陸奥出羽両国司と
 詳細な征討計画
 上奏すべき旨の勅を受ける
 九月二十二日
 兵員不足および兵糧の輸送の遅滞を理由に
 陸奥国の兵士1000人の追加を上奏
 十月四日
 兵士の追加が朝廷より許可
 十月五日
 蝦夷に対する攻撃
 蝦夷を多数殺害・捕獲し
 降伏させたこと
 蝦夷朝廷
 進上したい旨を上奏
 十月十三日
 朝廷より
 降伏した蝦夷
 希望により内国に移住させ
 既に帰順していた俘囚は
 陸奥出羽国に配置させ
 新たに捕獲した蝦夷のみ
 朝廷へ進上させるべき旨の勅を受ける
 閏十二月十一日
 蝦夷を全滅させたことにより
 兵士配備の縮小
 百姓に対する徴兵の廃止
 四年間の課税免除を上奏
 許される
 ↓↑
 後に衛門督・右近衛大将を経
 弘仁九年(818年)
 中納言に昇進
 弘仁十四年(823年)四月二十六日薨去
 享年五十九
 最終官位
 中納言
 兼
 右近衛大将従三位
 勲等は勲四等
ーーーーー
 ・・・
 薬子の変平城太上天皇の変
 中納言
 藤原縄主の妻
 三男二女の母
 幼少の長女が
 桓武天皇皇太子
 安殿親王(平城天皇
 室になりこれに伴って宮仕え
 東宮宣旨
 安殿親王との関係で
 桓武天皇により宮中から追放
 安殿親王が平城天皇即位して
 薬子は宮廷に復帰
 典侍から
 尚侍=内侍司の女官は天皇に近侍し
    奏請と伝宣(内侍宣)
    宮中の礼式等を司った
    天皇に近侍し奏請・伝宣などを
    つかさどったが、のちには
    女御・更衣に準じて後宮に列した
 藤原薬子=父は
      長岡京造設中に暗殺された
      藤原種継
      事件の結果は
      平城太上天皇は自ら出家
      藤原薬子は服毒自殺
      薬子の兄
      藤原仲成は射殺された
 大同五年(810年)
 平城上皇(安殿=あて)親王
 と
 嵯峨天皇神野=かみの)親王
 とが対立
 嵯峨天皇側が迅速に兵を動かし
 平城上皇出家して決着
 ↓↑
 平城上皇
 愛妾の尚侍
 藤原薬子
 その兄である
 参議
 藤原仲成らが処罰
 ↓↑
 嵯峨天皇は、
 平城上皇
 作り上げた
 平城京
 政務機能をすべて廃止
 嵯峨天皇自身は譲位
 嵯峨院へに隠居し
 上皇とはならず
 権力はスベテ天皇にあるとした
 嵯峨院京都市嵐山にある
 「大覚寺」・・・「不覚寺」・・・?
 「僧・空海は嵯峨天皇側の勝利を祈念し
  日本仏教界の実力者になった」
 ↓↑
 嵯峨天皇
 坂上田村麻呂に上皇の東向阻止を命じ
 田村麻呂は出発に当たって
 蝦夷征討の戦友
 文屋綿麻呂
 ↓↑長皇子の子の
   智努王(文室浄三)が父
   大市王(文室大市)は
   舎人親王薨去
   天平勝宝四年(752年)
   文室真人姓を下賜され
   臣籍降下した
   (栗栖王の系統は
    曾孫の助雄がはじめて
    同姓の下賜を受けた)
   その後
   浄三・大市は
   他の天武系皇族が相次いで
   政争により粛清された中
   生き延び
   神護景雲四年(770年)
   称徳天皇崩御時に
   吉備真備によって
 ↓↑皇嗣候補に推された
 の禁錮・・・・・・・平城上皇派と見られ拘束
 を解くことを願い
 文屋綿麻呂は許され
 参議に任じられ
 平城上皇の討伐を指揮・・・
 捕えられた藤原仲成は、
 紀清成、住吉豊継等の手で
 右兵衛府において
 この日(十一日)の夜に射殺
 ↓↑
 平安時代の政権
 律令に基づいて
 死刑として処罰した数少ない事例
 これ以降
 保元元年(1156年)
 「保元の乱」で
 源為義死刑執行されるまで
 「約346年間」一件も無かった・・・
ーー↓↑ーー
 「文室宮田麻呂
  承和七年(840)
  筑前
  新羅の商人
  「張宝高」
  と交易
  筑前守を解任され十年に
  反乱をくわだてたとして
  伊豆に流された
  貞観五年の御霊会で
  御霊祭神としてまつられた
 ↓↑
 「承和六(839)年
  従五位上
  翌七年
  筑前
  同九年に前筑前
  この間任を離れているが
  そのまま現地にとどまり
  来日中の新羅
  廻易使
 「李忠」
  らと折衝
  翌十年
  従者の
  陽侯氏雄
  から謀反を企てていると
  密告され
  新羅使との接触がかかわっているのか
  京および難波宅の捜索を受け
  兵具を押収され
  伊豆に配流
  子の
  忠基(佐渡)
  安恒(土佐)
  らもそれぞれ流刑」
ーーーーー
 ・・・・???・・・レレレレッ・・・