Hatena::ブログ(Diary)

[旧爆]職域安全案簿+はてな身の回り整頓録他

SpamCop.net - Spam reporting for the masses
1001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1002 | 06 | 12 |
1003 | 01 | 02 |
1004 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 06 | 07 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2009 | 05 |
2013 | 12 |

(旧「誤爆誘発キーワードに噛みつくメモその他」)
基本の日記は/.-Jを参照のこと。旧題での活動がそのままだらだら続くかも。アンテナも使ってやってください。こちらもいろいろ実験中。
コメントは当面「はてなユーザーモード」で運用します。以前に「はてな連合」と称したコメントスパムを実行していたキーワードでの荒らしを実行していたりといった方からのコメントや、実際の荒らしコメントについては、問答無用で削除を含む何らかの対処を取ることがありますので念のため。メールで連絡はこちら。連絡内容を開示する権限は保留させていただきますので、ご承知置きください。返事がなくてもご容赦を。Add to ?ARSS!

2004-08-24(火)

[]メンテナーがいないキーワードですか… 22:06 メンテナーがいないキーワードですか…を含むブックマーク

「新しい登録スコアがいつも100」を解決するのに事前のキーワード調査をさせるべきでは?と考えたことがありましたが、それを応用できないかな…?

[]アレルゲンのたとえ 22:19 アレルゲンのたとえを含むブックマーク

「アレルゲン」の認知→隔離の過程はルールで処理するよりもシステムで対処できる方がよい
それはぼくの方も「システム対処」と考えています。だってどっちも悪くない事例(「なっち」など)があるわけで。それは「「そばアレルギー患者が確認できたから、そば製造禁止ね」とならないのと同じことだと思いますよ。意固地なのは困るがモーオタを虞犯者視するのも変でしょう?
機械的に処理するならそれこそ「簡易評議会」で良いと思います。「「近寄らない」が最大の対策」というのをを最大限に生かせるようなシステムの構築も視野に入れたいところです*1
「アレルゲンは最終的には削除」「そしてアレルゲンを持ちこむ人自体を隔離する」
「失敗」と「愉快犯的犯行反抗*2」を一緒くたにするととんでもない管理社会を作ってしまう気がしますが。「好き」と「だめ」とが共存できる仕組みの方が重要だとは思いませんか?
ぢやあ持ち点(仮に二十点)分は好きにさせてもらふよ
点数制は基本的に「どんくさい人を退場させる仕組み」でしょう。愉快犯を特定して排除する仕組みではない。
まとめ
失敗により入り込んだアレルゲンにはシステムで。愉快犯的反抗には禁止事項で対処するのが良いのでは、と、今のところは考えています。
んで
結局システム提案にまではまた行けずorz

[]いのちのはてなダイアリー 22:21 いのちのはてなダイアリーを含むブックマーク

たぶん使い物になりませんって。下手に見せ物にされるとご本人さらにめげちゃって逆効果になる気がするんですが。

専門家のご意見を聞きたいところですが、以前DSM-IVを当てにしてたぐり、たぐった相手先にひどく迷惑を掛けたことがあるので、ここで「教えてはてなダイアリー」と宣言させてもらいます。

#これはinfo@ものかもですねぇ。

[]むー。 22:25 むー。を含むブックマーク

始終掛かるんですがメンテナー/エンコードって作っておいた方がいいのかしら…。

*1:人別を持ち込みたくはありませんが、例えば常習プリテンダーが作るのは長めでないと自動リンクも捕捉も始まらない、とか。

*2:もう「反抗」でいいでしょう。


Windowsサーバー Hacks ハニーネットプロジェクト 「SELinuxシステム管理―セキュアOSの基礎と運用」 今夜わかるHTTP 実践 企業情報 ネットワークの保護管理 ~セキュリテイの意識を具現化するためのガイドライン ネットワークアドベンチャーへ、出かけよう WebDAVシステム構築ガイド(萌えバナーその3) 強いWindowsの基本 インシデントレスポンス 今夜わかるTCP/IP アンドキュメンテッドMicrosoftネットワーク