中川昌三オフィシャルブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-8-18 フルートセクション このエントリーを含むブックマーク

[日記]東邦音大卒業生のアンサンブル

f:id:nakagawamasami:20140818082613j:image:w360:left

フルートセクションのアンサンブルの練習で二日間の合宿を敢行しました。

音楽大学の先生としてクラシックを教えてきた僕は卒業生が様々なクラシック以外の音楽に対応すべくクラブ活動をはじめる事にしました。

ブルース、フォロービートジャズエイトビートボサノヴァ民族音楽……といった様々なジャンルの音楽を取り上げて練習してみましたが、ここまでやればリズムセクションにも参加してもらいましょうかね!

2014-8-6 志賀高原からの帰路 このエントリーを含むブックマーク

(日記)志賀高原からの帰路はロードスターでドライブ

f:id:nakagawamasami:20140806081329j:image:w360:left

何回か志賀高原に来ていますが、帰路は今回、長野へは出ず横手山に向かってみた 。

折角車で来ているのでドライブを楽しんだ!

横手山ヒュッテで暫し車を止めて雄大な景色を堪能した。

空気は澄み切っていて、ここには何回か来ているのだが今回は最高!!

更に…草津方面へは何回も立ち寄っているので、今回は嬬恋方面へ下山してみた。

途中、(嬬恋牧場)があったので暫し休憩。

僕は定番の牧場のソフトクリームを食べながら素敵な景色を堪能。

ふとポニーに目を向けてみると、エサの人参を買い込んでポニーにあげているこの方…僕の奥さんで、作曲家の中川いづみさんでーす。

それにしても、ここには、やたら愛妻…愛妻…という看板があり、

僕の

耳元に何処からか……「カミサンを大事にしてるでしょうね!」…

という声が聞こえてきたのは気のせいか……

2014-8-5 ベルソナ・コンサート このエントリーを含むブックマーク

(日記)フルートオーケストラBEL. SONA

f:id:nakagawamasami:20140803212900j:image:w360:left

2014年志賀高原カレッジコンサートの初日、8月3日、志賀高原総合会館において、我が東邦音楽大学フルートオーケストラのBEL. SONA が出演した。

曲は、モーツアルトバーンスタインガーシュインバッハプッチーニドヴォルザーク、小島佳男、ブラームス等、盛沢山のプログラムだった。

20名ほどの少数精鋭のメンバーで構成され、明快で若々しい音を聴かせてくれた。

コンサートマスター兼、コンダクター岩間先生の吹きながら指揮をする「吹き振り」は本当に素晴らしかったし、

中村先生や益田先生のソロもすばらしく、感動した!

わざわざ志賀高原に聴きに行った甲斐がありました。

フルートオーケストラはどうも少数で構成した方がクリアーな音がして気持ちが良いようだ。

ブラボー!!

2014-7-19 大塚グレコで遠藤律子さんと・・

{日記}大塚グレコで遠藤律子さんとライブ!! {日記}大塚グレコで遠藤律子さんとライブ!!を含むブックマーク

f:id:nakagawamasami:20140719122342j:image:w360:left

今週木曜日に大塚グレコで遠藤律子(ピアノ)さんと山口彰(ベース)さんと僕のフルート中川昌三)のトリオでライブを敢行しました。

(写真はグレコに置いてあった人形!!)

遠藤さんとライブで一緒に演奏するのは10年ぶりぐらいかなあ・・・・

コロンビア、ヴェネズエラ、キューバ他・・・彼女がリーダーのの”FRV”(ファンキー・リツコ・ヴァージョン)というバンドでツアーしてきました。サックスピアノ、ドラム。ベース、パーカッション二人、それにフルートという大所帯で旅したのですからノリノリのツアーでした。

現地の流しのバンドとセッションしたり、バンド全員で代わる代わる風邪をひいたり・・大変でしたが、

これも含めて、凄く楽しい思い出として残っています。

当夜のライブは彼女のオリジナル中心でしたが、久し振りにキューバのノリ・・で軽快に演奏。

大満足・・でした!!

2014-7-5 今日は生徒のコンサート このエントリーを含むブックマーク

(日記)僕の生徒のリサイタルなのです。

f:id:nakagawamasami:20140705092816j:image:w360:left

今日は東京オペラシティーのリサイタルホールで僕の学校生活最後の四年生…笠井柚花さんのリサイタル(30分)があります。

曲はヒンデミットフルートピアノの為のソナタ。そして、もう一曲はバルトークのSuite Paysanne Hangroise の2曲です。

四年間必死で練習したので練習の苦しさは学校に置いてきたと思います。…きっと…?

きっと今日は、楽しんで演奏すると思います。 笠井さん…頑張って!!