Hatena::ブログ(Diary)

深呼吸する言葉・michiko

深呼吸する言葉ネットワーク

2014-01-22

サヨナラPCパソコン

16:49

XPパソコンと別れの時がきた。危ないだの陳腐だのって強制的に、「8.1」が身内になる。距離の近さに親密よりも緩やかなつながりで、新しい光と影の暮らしを始める。

2014-01-15

正月15日

15:29

正月15日「成人の日」が似合う年齢層だ。ムダに過ごした時間、役に立たないと思ったあまたの追憶から、干した洗濯物が白い息をゆらゆら。面白いと突然、心が開く。

2014-01-08

裸木

16:11

新しい年の空の青に枝や幹をむき出し繰り出すハダカ木は、寒中水泳の最中だ。凍てる事があっても、陽光が当たったりして春の支度は忘れない。裸一貫だからできること。

NoPinChanNoPinChan 2014/01/14 23:05 深呼吸する言葉に関連する告知をさせてください!
深呼吸する言葉の中心人物、橘川幸夫さんの新刊「森を見る力」の出版記念会が2/6に行われます。

出版記念会内で
深呼吸する言葉のシステム開発を担当された有限会社フレンドリーラボの後藤さんが、
深呼吸する言葉に関するブースも出展します!

ご都合がよろしければ、ぜひぜひご参加ください!
https://greenfunding.jp/miraifes/projects/655-cf

告知、申し訳ありません。失礼いたしました!

出版記念会スタッフ 小川

2013-12-18

白い犬

17:11

白い大きなふわふわの犬が、知り合いのように近づく。いい目を見た時、つとかき寄せられて見上げる頭に、枯れ葉が一枚目立つ。おめかしした飼い主にぴったりでしょと言って笑いを残す。

2013-12-11

落葉掃き

16:15

小さな公園の大きな落葉樹たちは、ご近所に交流を仕掛ける。降り敷く葉を掃きなら、

一時、目が合い言葉を交わす手のひらサイズの温もりは、冬空に心地よい。