NAKAMOTO PERSONAL このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012年09月30日(Sun) 十五夜 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今宵は十五夜

雨だけれど.....。


月はタルホ。

『見てきたことを云う人』


「きみはあの月も 星も あんなものが本当にあると思ってるのかい」

 とある夜ある人が云った

「うん そうだよ」

 自分がうなずくと

「ところがだまされているんだ あの天は実は黒いボール紙で そこに月や星形のブリキが貼りつけてあるだけさ」

「じゃ月や星はどういうわけで動くんかい」

 自分が問いかえすと

「そこがきみ からくりさ」

 その人はこう云ってカラカラと笑った 気がつくとたれもいなかったので オヤと思って上を仰ぐと 縄梯子の端がスルスルと星空へ消えて行った


 ではグッドナイト! お寝みなさい 今晩のあなたの夢はきっといつもと違うでしょう

── 稲垣足穂『一千一秒物語』

一千一秒物語 (新潮文庫)

一千一秒物語 (新潮文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20120930

[ new profile diary racing book music photo bbs link mail top ]