NAKAMOTO PERSONAL このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013年10月06日(Sun) 『月夜のプロージット』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

「原材料は月の石?!その名も『天空の宝石ビール』」(IRORIO)

 → http://irorio.jp/kaikuroiwa/20131006/80470/

 米デラウェア州ミルトンビール会社Dogfish Head Breweryが、非常に変わった材料を用いてビールを作り話題になっている。その材料とは、なんと正真正銘の月の石だ。

 月の石の主成分はミネラルと塩分。粉々に砕かれた上で、他の材料とともに醸造工程に用いられたのだとか。完成したビールはエールタイプで、アルコール度数は5%。気になるお味の方は「微かながら複雑な素朴さがある」(同社)という。

 どうやって本物の月の石を入手したのかが気になるところだが、近くにあるILC Doverという会社の協力で手に入れたのだとか。実はこの会社、NASAの宇宙服やハッブル宇宙望遠鏡の伸縮カバー、火星探査機マーズ・パスファインダーの着陸用エアバッグ等を開発・製造しているメーカーなのだ。下の写真にあるグラス保冷カバーも、宇宙服と同じ素材を用いた同社の特製だそうだ。

f:id:nakamoto_h:20130922164010j:image

「Celest-jewel-ale」というロマンチックな名前(和訳すれば「天空の宝石エール」といったところ)が付けられたこのビール、非常に残念ながら、デラウェア州リホボスにあるDogfish Head社直営のパブでしか飲めない限定商品とのことだ。


まるで足穂の世界。


タルホ。

イナガキタルホ

 さあ皆さん どうぞこちらへ! いろんなタバコが取り揃えてあります どれからなりとおためし下さい

月光密造者』

 ある夜 明けがたに近い頃 露台の方で人声がするので 鍵穴からのぞくと 黒い影が二つ三つなにか機械を廻していた──近頃ロンドンで発明されたある秘密な仕掛けによって 深夜月の高く昇った刻限に 人家の露台で月の光で酒を醸造する連中があるという新聞記事に気がついた 自働ピストルを鍵穴に当ててドドドドド・・・と射った 露台の下の屋根や路上にあたってガラスの割れる音がした

 扉を開けてとび出そうとすると 入れかわりに風のようなものが流れこんできて 自分を吹き倒した 気がついて露台に出てみると たれもいなくなっていた びんが一つ屋根の端に止っていたので ひろってきてすかしてみると 水のようなものがはいっていた 振っていたらコルクがひとりでにぬけた ギボン! 静かな夜気にひびくと びんの口からおびただしい蒸気が立ち昇って 見る見る月の光にとけてしまった・・・

 自分はびんの中に何もなくなってしまうまで見つめていたが それッきりであった ただ月が平常よりほんの少うし青かった

『星を食べた話』

 ある晩露台に白ッぽいものが落ちていた 口へ入れると 冷たくてカルシュームみたいな味がした

 何だろうと考えていると だしぬけに街上へ突き落とされた とたん 口の中から星のようなものがとび出して 尾をひいて屋根のむこうへみえなくなってしまった

 自分が敷石の上に起きた時 黄いろい窓が月下にカラカラとあざ笑っていた

『星でパンをこしらえた話』

 夜更けの街の上に星がきれいであった たれもいなかったので 塀の上から星を三つ取った するとうしろに足音がする ふり向くとお月さまが立っていた

 「おまえはいま何をした?」

 とお月様が云った

 逃げようとするうちに お月様は自分の胸をつかんだ そしていやおうなしに暗い小路にひッぱりこんで さんざんにぶん殴った そのあげくに捨てセリフを残して行きかけたので 自分はその方へ煉瓦を投げつけた アッと云って敷石の上へ倒れる音がした 家へ帰ってポケットの中をしらべると 星はこなごなにくだけていた Aという人がその粉をたねにして 翌日パンを三つこしらえた

『月夜のプロージット』

 時計が十一時を打った時 おとぎばなしの本をよんでいた男が 思い出したように立ち上がって 窓を開けた そしてそこに青い光がいっぱい降っているのを見ると半身をつき出しながらどなった

「おいやろうぜ」

 すると隣の窓から返事がした

「OK!」

 やがて青い電気に照らされた舞台のように青いバルコニーに 円テーブルが持ち出された 二つの影がそのまわりに立って 互いに差し上げた片手の先でカチッと音をさせた

 A votre santé!

 双方のグラスには いつのまにか水のようなものがはいっていた それを一息に呑むと 一方が云った

「だんだんうまくなるじゃないか」

 他方が答えた

「そうさ 十三夜だもの」

土星が三つ出来た話』

 街かどのバーへ土星が飲みにくるというので しらべてみたらただの人間であった その人間がどうして土星になったかというと 話に輪をかける癖があるからだと そんなことに輪をかけて 土星がくるなんて云った男のほうが土星だと云ったら そんなつまらない話に輪をかけて しゃれたつもりの君こそ土星だと云われた

 『A MOONSHINE』

 Aが竹竿の先に針金の環を取り付けた

 何をするのかとたずねると 三日月を取るんだって

 ぼくは笑っていたが きみ おどろくじゃないか その竿の先に三日月がひッかかってきたものだ

 さあ取れたと云いながら Aは三日月をつまみかけたが 熱ツッと床の上へ落としてしまった すまないがそこのコップを取ってくれって云うから 渡すと その中へサイダーをいれたのさ

 どうするつもりだって問うと ここへ入れるんだって そんなことしたらお月様は死んでしまうよと云ったが なあに構うものかと鉛筆で三日月を挟んで コップの中へほうりこんだ

 シャブン! ってね へんな紫色の煙がモヤモヤと立ち昇った それがAの鼻の孔へはいったもんだ 奴(やっこ)さんハクション! とやる つづいてぼくもハクション! そこで二人とも気が遠くなってしまった

 気がつくときみ 時計は十二時を廻っている それにおどろいたのは三日月のやはり窓のむこうで揺れていたことだ

 Aは時計の針と三日月とを見くらべてしきりに首をふっていたが ふとテーブルの上のコップに気づいて顔色を変えた コップの中には何もなくなっているのだ 只サイダーが少し黄色くなっていたかな Aはコップを電燈の下ですかしながら見つめていたが やにわに口のそばへ持って行った

 止(よ)せ! 毒だよとぼくは注意したが 奴さんは構うもんかと云って その残りのサイダーをグーと飲んじまった きみそれからだよAがあんなぐあいになっちまったのはね

 でもそれからぼくは いくら考えても判らないものだからS氏のところへ行って 話したんだ

 デスクの前でS氏は ホウホウと云って聞いていたが

 まさかと云うから ぼくは

 いや現に眼の前に見たことですよって云うと S氏は フンそれでその晩のお月様は照っていたかいって聞くんだ ぼくは

 そりゃすてきな月夜で そこらじゅう真青でしたと云うと

 S氏はシガーの煙を環に吐いて

 ムーンサンシャインさ! って笑い出したのさ

 いったい話はどうなっているんだって云うのかね? そうさ それが今日に至るまでも判然としないものだから きみにきいてみようと思っていたのだよ

 ではグッドナイト! お寝(やす)みなさい 今晩のあなたの夢はきっといつもとは違うでしょう

── 稲垣足穂『一千一秒物語』

一千一秒物語』(松岡正剛の千夜千冊) http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0879.html

一千一秒物語 (新潮文庫)

一千一秒物語 (新潮文庫)

一千一秒物語

一千一秒物語


 夜になったら、星をながめておくれよ。ぼくんちは、とてもちっぽけだから、どこにぼくの星があるのか、君に見せるわけにはいかないんだ。だけど、そのほうがいいよ。きみは、ぼくの星を、星のうちの、どれか一つだと思ってながめるからね。すると、きみは、どの星も、ながめるのがすきになるよ。星がみんな、きみの友だちになるわけさ。

── サン=テグジュペリ『星の王子さま』

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20131006

[ new profile diary racing book music photo bbs link mail top ]