強火で進め このページをアンテナに追加 RSSフィード

整理された情報は こちら へどうぞ。

2010年09月06日

パーティクル作成ツール「Particle Designer」が凄い!!

パーティクル作成ツール「Particle Designer」がとにかく凄いです。

Particle Designer - Information

http://particledesigner.71squared.com/index.html

とても分り易い解説ムービーが掲載されているのでそちらを見て貰うのが一番かと良いかとは思いますがちょっと長いので簡単に特徴を紹介。

※ムービーで使われているものは多少バージョンが古い様で一部インターフェースが異なるみたいですが操作を理解する分には全然問題無かったです。

まずはインターフェース、パーティクル作成に必要な要素を全て網羅してるのでは?という勢いの豊富な機能が付いています。テクスチャ用のファイルをドラッグしてテクスチャを使ったパーティクルの作成も可能です。

f:id:nakamura001:20100905212758p:image

このインターフェースの左にはこの様なプレビューが表示されます。プレビューはiPhoneiPadを選択可能です。パラメータの値を変更すると即座にここに反映されます。

f:id:nakamura001:20100905212803p:image

ベースとするテンプレートもとても豊富で一部を紹介するだけでも隕石、滝、炎、太陽など様々なパターンが存在します。

f:id:nakamura001:20100905212802p:image:w320

f:id:nakamura001:20100905212801p:image:w320

f:id:nakamura001:20100905212800p:image:w320

f:id:nakamura001:20100905212759p:image:w320

作成した結果はXMLベースのPEXというファイルで書き出せる他、cocos2d向けにも出力可能で簡単にcocos2dで利用出来る様です。

基本はiPhone向けのツールですがPEXであればXMLベースで有るため他の環境でも容易に活用できそうです。

後、これはちょっと本来の機能とはズレますが調整可能なパラメータの1つとしてOpenGL ESのブレンド関数( glBlendFunc() )のパラメータの選択が可能です。

そのためブレンド関数のそれぞれのパラメータが実際の描画にどの様に影響するのかを実際の結果を見ながら分り易く理解できます。

f:id:nakamura001:20100905214637p:image:w320

こちらのツールはシェアウェアで$7.99、PayPalで決済出来ます。

決済が終了すると直ぐにメールが届きました。添付のライセンスファイルをDLし、ダブルクリックすると登録が完了しました。

メールにはPEXファイルを利用するiPhone向けのサンプルプロジェクトのダウンロードURLも記載されています。

こちらのサンプルは自分のプログラムに組み込む時や他の環境向けに移植するときにとても役立ちそうです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

リンク元