強火で進め このページをアンテナに追加 RSSフィード

整理された情報は こちら へどうぞ。

2011年06月25日

[]かかわずと!第20回の「cocos2dで始めるiPhoneゲーム開発入門」のUstreamが良かった

「かかわずと!」でのcocos2dのUstが良かったので紹介。

cocos2dをまったく知らない人向けに丁寧な解説されているので、まだcocos2dを触った事が無い人にもお勧め。

00:05:50くらいから実際の解説が開始します。

スライドはこちら。

紹介されてた書籍。

cocos2dで作る iPhone&iPadゲームプログラミング

cocos2dで作る iPhone&iPadゲームプログラミング

[][]ARライブラリ「String」を使って出来る事を調べてみた

f:id:nakamura001:20110625204901p:image

以前、紹介したARライブラリの「String」。どんな事が出来るのか色々と試してみたのでここにまとめておきます。

Q. サンプルではARのマーカーは枠線が付いているけどこれは無くてもOK?

A. 枠線が無いとダメ。


Q. マーカーは同時に複数認識できる?

A. Demo版などライセンスによっては1つのマーカーしか対応していない場合が有る。Developerライセンスなど対応しているライセンスであれば複数のマーカーを同時に認識可能。

同一のマーカーがカメラ内に複数写った場合は選択されるのはいずれか1つのみ。

f:id:nakamura001:20110625204902p:image


Q. ビルド後のアプリのファイルサイズは?

A. サンプルの3つのマーカー、それぞれ赤、緑、青のCubeを表示するというシンプルなものでも約30MB。3G回線ので配布は諦めましょう。

  • モデルのアニメーションなど基本的にUnityで実行出来るものはそのまま実行可能。
  • 複数のマーカーを同時に認識するのでそれぞれのマーカーに表示させたキャラクター同士を戦わせる様なアプリも作成可能。
  • 表示されたモデルをタップすると何かアクションをさせるものや指定のURLに飛ばす、動画を再生(※)などが可能。

※これについては「UintyがiPhone Pro版 or プラグイン作成」の必要有り。

  • OpenGL ES環境向けのライブラリも同梱。試して無いけど付属のドキュメントによると、Xcode上でOpenGL ESを使って組み込むという方法でもこのライブラリを使えるみたい。

[][]iPhoneで動画再生が出来ない場合のチェック項目

iPhoneで動画を再生させるメソッド iPhoneUtils.PlayMovie() で動画が再生されなかった時のチェック項目。

  • 使用しているUnityはiPhone Proライセンスが含まれているか?
  • 動画ファイルは StreamingAssets フォルダに置いて有るか?
  • 対応しているフォーマットの動画で有るか?対応しているフォーマットは以下
    • H.264 Baseline Profile Level 3.0 video, up to 640 x 480 at 30 fps. Note that B frames are not supported in the Baseline profile.
    • MPEG-4 Part 2 video (Simple Profile)

関連情報

Unity Script Reference – iPhoneUtils.PlayMovie

http://unity3d.com/support/documentation/ScriptReference/iPhoneUtils.PlayMovie.html