強火で進め このページをアンテナに追加 RSSフィード

整理された情報は こちら へどうぞ。

2018年07月17日

[] Android の 64bit 対応の apk ファイルの作成方法

Android アプリは2019年8月に64bit対応が必須化されます。

Androidアプリ、2019年8月に64bit対応を義務化。2018年にはOreo以降をターゲット化へ - Engadget 日本版

https://japanese.engadget.com/2017/12/20/android-2019-8-64bit-2018-oreo/

Unity の対応としては 2018.1 から 64bit(ARM64) ビルドが追加されていました。

What's new in Unity 2018.1 - Unity

https://unity3d.com/jp/unity/whats-new/unity-2018.1.0

しかし、このバージョンでは Experimental(実験的) の文字が付いていました。

2018.2 ではその文字が消えました。テストをする場合には 2018.2 を使うようにしましょう。

テストする時には特に使用しているプラグが64bit対応しているか?などを重点的にチェックしておきましょう。

64bit 対応ビルドの方法

64bit対応の apk ファイルの作成はとても簡単で基本的には ARM64 にチェックをするだけです。しかし、 ARM64 対応には IL2CPP が必須なので Scripting Backend を IL2CPP にしておく事を忘れない様にして下さい。

f:id:nakamura001:20180717190431p:image

確認方法

念の為、ちゃんと 64bit 対応になっているか確認する事にしましょう。

確認には aapt を使うのでまだパスを通して無い人はパスの設定方法を調べて、事前にパスを通しておいて下さい。

コマンドとしてはこの様になります。

aapt dump badging test.apk

※ test.apk の部分は作成した自分の apk ファイルのパスを指定して下さい。

コマンドの出力から native-code: と書かれた部分を見つけ、値を確認します。ここに arm64-v8a が含まれていたら無事、 ARM64 対応の apk が作成できています。

ちなみに ARMv7/ARM64/x86 全てにチェックを付けてビルドした apk ファイルではこの様な値が出力されました。

native-code: 'arm64-v8a' 'armeabi-v7a' 'x86'

関連情報

Google Developers Japan: 今後の Google Play でのアプリのセキュリティおよびパフォーマンスの改善について

https://developers-jp.googleblog.com/2017/12/improving-app-security-and-performance.html

Meeting Google Play requirements in the future – Unity Blog

https://blogs.unity3d.com/jp/2017/12/20/meeting-google-play-requirements-in-the-future/